Microsoft と VMware、クラウドとクライアントの分野で提携しお客様のデジタル トランスフォーメーションを促進

 

VMware と Microsoft の協力関係から生まれる革新的なエンタープライズ ソリューションを利用することで、ユーザー体験と生産性を改善し、エンタープライズ セキュリティを向上させ、お客様のデジタル トランスフォーメーションとクラウドへの移行を促進することができます。

 

VMware と Microsoft はお客様第一の考え方を共有することで、古いマインドセットを捨て去り、より強固なパートナーシップを築き上げました。このパートナーシップは、ハイブリッドクラウド、アプリケーションのモダナイゼーション、本質的なセキュリティ、Virtual Cloud Network、デジタルワークスペースなど、VMware の提供するポートフォリオ全体に及んでいるため、お客様は両社の製品に対する既存および将来の投資を最大限に活用できます。

共同ソリューション 

Azure VMware Solution

 

Azure VMware Solution は、ソフトウェアベースの包括的なコンピュート、ストレージ、ネットワーキング、管理のソリューションである VMware Cloud Foundation を基盤としており、統合された一連の Azure サービスとともに Azure に展開されます。そのため既存の VMware 製品のツールやスキルを活かしながら、グローバルな Microsoft Azure インフラストラクチャを利用することができます。

 

Azure VMware Solution を使用することで、クラウドの導入を短期間で実現し、既存の VMware ワークロードをオンプレミス環境から Azure にシームレスに移行または拡張できます。アプリケーションの再設計や運用の変更に伴うコストや労力、リスクは発生しません。VMware 環境および Microsoft Azure 上でアプリケーションを構築、実行、管理、保護しつつ、使い慣れた既存の VMware 製品のツール、スキル、プロセスを活用することができます。

 

Azure は VMware ベースの Microsoft ワークロードに最適なクラウドであり、Windows や SQL サーバのワークロードについて比類のない価格上のメリットを得ることができます。Azure ハイブリッド特典は Azure VMware Solution にも適用されるため、Azure に移行または拡張することで、既存のオンプレミスの Windows Server や SQL Server のライセンスに対する投資の価値を最大限に高めることができます。また Azure VMware Solution をご利用のお客様は、Windows Server および SQL 2008 の拡張セキュリティ更新プログラムを 3 年間無料でご利用いただけます。

 

Azure VMware Solutions がサポートする一般的なシナリオとしては、アプリケーションの移行やデータセンターの拡張、ディザスタ リカバリと事業継続、モダン アプリケーションの開発などが挙げられます。

 

Azure サービスとのシームレスな統合により、ユーザーはクラウド コンピテンシーの強化を継続的に行い、時間をかけてクラウドをモダン化していくことができます。使い慣れたネイティブの VMware ツールや管理体験はそのままに、必要に応じて Azure の機能を段階的に活用することが可能です。

 

詳細については、Microsoft の Azure VMware Solution の Web サイトをご覧ください。

Microsoft Azure で利用可能な VMware Horizon

VMware と Microsoft は提携し、Microsoft Azure から仮想デスクトップとアプリケーションを提供するためのソリューションを 2 つ用意しています。Horizon on Azure VMware Solution と Horizon Cloud on Microsoft Azure です。この 2 つのプラットフォームは、連携することで最大の柔軟性を実現し、コスト管理、価値の提供、リスクの低減といったお客様の目標の達成を支援します。

 

Horizon on Azure VMware Solution

Horizon on Azure VMware Solution を使用すれば、現在利用している管理手法、ツール、スキルセットをそのまま活用しながら、オンプレミスのデスクトップ仮想化環境を Azure に直接拡張することができます。Azure VMware Solution は、Azure でマネージド サービスとして実行される vSphere なので、ユーザーは基盤となる SDDC ではなくデスクトップ仮想化コンポーネントの管理のみに集中できます。これにより、運用の一貫性を高度に保つことができ、価値実現までの時間も大幅に短縮できます。

 

Horizon Cloud on Microsoft Azure

Horizon Cloud on Microsoft Azure はクラウドネイティブの DaaS サービス です。Microsoft Azure Virtual Desktop と VMware Horizon が提供するすべてのメリットを活用し、Azure から Windows 10 を提供するうえでもっともコスト効率の高いアプローチを実現します。そうしたメリットには、Windows 10 Enterprise のマルチセッションのサポート、FSLogix と VMware Dynamic Environment Manager の統合による Outlook/OneDrive のキャッシュ ローミングのサポートと包括的なユーザー環境管理(UEM)、変化するネットワーク状況にリアルタイムで適応し Microsoft Teams 向けに最適化される先進の Blast Extreme プロトコルなどがあります。

 

Horizon Cloud on Microsoft Azure では、インフラストラクチャとデスクトップ仮想化インフラストラクチャは Microsoft と VMware がサービスとして管理するため、お客様はデスクトップとアプリケーションの管理に専念することができます。

 

ハイブリッド環境による究極の柔軟性の実現

Horizon Cloud on Microsoft Azure と Horizon on Azure VMware Solution はいずれも Horizon 制御プレーンを活用しているため、オンプレミスやクラウドのすべての Horizon 環境を単一の管理画面から統合、管理することができます。このハイブリッド機能により、管理サイクルが短縮されるだけでなく、テレワーク従業員の変動するニーズに合わせて非常に柔軟にスケール アップやスケール ダウンを行うことが可能になります。

VMware SD-WAN で Azure クラウドの導入を加速

VMware SD-WAN は、Microsoft Azure へのクラウド移行を加速させ、拠点から Azure クラウドサービス、SaaS ベースのアプリケーション、プライベート データセンターなどへのセキュアで信頼性の高い効率的なアクセスを可能にします。Microsoft との共同ソリューションを利用することで、IT 部門は VMware SD-WAN を介して新しい拠点を追加する際の Microsoft Azure への SD-WAN 接続を自動化し、手動での設定の手間を省くことができます。VMware SD-WAN は、ビジネス ポリシーを自動化して Office 365 や Skype などのアプリケーションの保護、優先順位付け、セグメント化を行い、シームレスで一貫性のあるユーザー体験を実現します。

  • シンプルなアクセス、自動化、運用:完全に自動化された拠点ネットワークの展開と、ビジネス ポリシーの一元的な自動化により、SD-WAN の提供を迅速化できます。いずれの拠点でも、必要なときにアプリケーションのパフォーマンスを可視化し、インサイトを得ることができます。
  • ローカル拠点への展開とグローバル規模のネットワーク:拠点から Azure WAN へのアクセスは SD-WAN Gateway と SD-WAN Edge のいずれからでも可能です。また、どちらからでも Microsoft のグローバル ネットワークにアクセスできます。
  • 本質的なセキュリティを備えた自動修復型ネットワーク:ビジネス主導型のセグメンテーションと、接続が不安定になった際の動的な修正により、アプリケーションのパフォーマンスが保証されます。組み込みファイアウォールのサポートに加え、サードパーティ製ファイアウォールを CWS または VNF として統合するオプションも用意されています。

CloudHealth by VMware

CloudHealth は、クラウドを活用したグローバル規模のビジネス変革の加速を支援する、非常に信頼性の高いソフトウェア プラットフォームです。最高レベルのデータ完全性とスケーラビリティを誇る CloudHealth を使用することで、Microsoft Azure 環境の最適化、保護、管理が可能になります。VMware ソリューションの一部となった CloudHealth は、大手の企業やサービス プロバイダーに選ばれるプラットフォームとなっています。

  • 財務管理の簡素化:コスト センターごとの支出レポートを作成し、予算の用途を明確化して、クラウドのコストを低減する機会を特定
  • 運用の効率化:カスタム ポリシーの作成により、日常的なクラウド運用業務の自動化、迅速な意思決定、リスクの低減を実現
  • セキュリティとコンプライアンスの強化:脆弱性についてのレポート作成により、リスクをプロアクティブに監視、検出し、リアルタイムに修正

VMware Tanzu™ による Azure でのアプリケーション モダナイゼーションの効率化

VMware Tanzu は、優れたソフトウェアを継続的に本番環境に提供することを共通の目的とする、アプリケーションとインフラストラクチャのモダナイゼーションのための製品/サービスのポートフォリオです。Tanzu ポートフォリオを利用することで、マルチクラウド運用を簡素化できるとともに、開発者は迅速に作業を進め、優れたアプリケーションのビルド(構築)に必要なリソースへアクセスできるようになります。VMware Tanzu を導入すれば、開発チームと運用チームが新しい方法で連携して、変革につながるビジネス成果を達成できるようになります。

Azure Spring Cloud

Spring Cloud と Azure Kubernetes Service を基盤とする Azure Spring Cloud は、マイクロサービス用のフルマネージド サービスであり、フルマネージドの Microsoft Azure 環境における Java アプリケーションの迅速な展開、運用、拡張を可能にします。

 

VMware と Microsoft は 2021 年 9 月 1 日、Azure Spring Cloud Enterprise Tier の提供開始を発表しました。詳細については、こちらをご覧ください。

Azure の Bitnami Community Catalog

現在は VMware の一員である Bitnami は、長年にわたって Microsoft と提携し、すぐに展開可能な VMware の幅広いオープンソース ソフトウェアへのアクセスを Azure ユーザーに提供してきました。このカタログは、常に最新かつ安全な「認証済み」の状態を保つよう継続的に維持管理されており、すべての展開先で機能テストが実施されたことを保証しています。Bitnami のコンテンツは、Azure Marketplace および Azure Stack Hub Marketplace から入手可能で、仮想マシン、コンテナ、ARM テンプレートの形式で提供されており、Azure、Azure Stack、AKS での簡単かつ迅速な展開が可能になっています。最近では VMware も Azure Data Services チームと協力して、Azure Managed Database サービスとすぐに連携できる事前統合済みのソリューションを開発しています。

Workspace ONE で Microsoft 365 の導入を加速

Microsoft 365 と VMware Workspace ONE を併用しているユーザーは、Microsoft と VMware の優れたテクノロジーを活用することで、デバイスのプラットフォームを問わずデジタルワークスペースを最大限に活用しながら、既存および将来の投資の価値を最大化することができます。Workspace ONE を利用すると、Microsoft EM+S や Azure Active Directory との統合を通じて、さまざまなデバイスで Office 365 の強力な生産性向上機能を管理し保護することができます。

Workspace ONE により最新の Windows 10 管理への移行を推進

VMware Workspace ONE は、クラウドベースの最新の PC 管理にインテリジェントなインサイトと自動化機能を組み合わせることで、IT 部門を支援し TCO の最小化を可能にしています。PC のライフサイクル全体を、他のエンドポイントとともに統合プラットフォームから管理、保護できる、極めてコスト効率の高いソリューションです。統合エンドポイント管理(UEM)テクノロジーは、従来の PC ライフサイクル管理の要件と最新のエンタープライズ モビリティ管理(EMM)アプローチとを組み合わせて、オンボーディング、ソフトウェア配布、パッチ適用、セキュリティといった従来の PC ライフサイクル管理タスクを刷新するものです。それにより、現在ではドメインの内外やユースケースを問わず、無線通信(OTA)での PC 管理が可能になっています。

 

Workspace ONE は、あらゆるユーザー、ユースケース、そして PC ライフサイクルの各フェーズの共存をサポートする、唯一の UEM プラットフォームです。このプラットフォームは Microsoft System Center Configuration Manager と柔軟に共存できるため、最新の PC 管理に移行する際のリスクと労力を軽減し、コストも迅速に削減できます。

NSX Cloud on Azure

VMware NSX Cloud は、Azure のようなパブリッククラウドでネイティブに実行される各種アプリケーションに、一貫性のあるネットワークとセキュリティを提供します。NSX Data Center と同じ制御プレーンおよびデータ プレーンを使用するため、データセンターとクラウドにわたるエンドツーエンドでのポリシー管理が可能です。NSX Cloud では、ワークロードで Azure のインフラストラクチャとアプリケーション サービスを引き続き無制限に使用しつつ、データセンターと同じネットワークとセキュリティの制御を維持することができます。NSX Cloud には次のようなメリットがあります。

 

  • クラウド間の一貫したセキュリティ
  • エンドツーエンドの運用管理と可視化
  • クラウド ネットワークのきめ細かな管理

Horizon プラットフォーム上での Skype for Business の最適化

Skype for Business 向けに最適化された VMware と Microsoft のソリューションを使用することで、優れたユーザー体験を実現できます。この統合ソリューションでは、ピアツーピアの直接的なエンドポイント仮想チャネルを構築し、メディア処理をエンドポイントにオフロードすることで、データセンターでの過剰な帯域幅の使用を防止することができます。それにより、モバイル ワーカーやリモート ワーカーが低速の公共 Wi-Fi やモバイル ネットワークから Skype にアクセスする際の生産性が向上します。

お問い合わせ

 

VMware と Microsoft のアライアンスや、関連する共同ソリューションの詳細については、MicrosoftBD@vmware.com まで E メールでお問い合わせください。