VMware App Volumes によるアプリケーションの迅速な提供と管理の簡素化

VMworld での「VDIscover Experience」セッション

VDI コミュニティのトップ エキスパートによる対談をご視聴ください。パフォーマンス、スケーラビリティ、コスト、ユーザーの使用環境の最適化に取り組むうえで理解しておくべき、業界の現況、イノベーション、スキルについて解説しています。

App Volumes に関するブログ

App Volumes には、アプリケーション管理を簡素化し、ライフサイクル管理を革新する機能が搭載されています。ブログで詳細をご確認ください。

IDC MarketScape:VMware Horizon をリーダーに選出

IDC MarketScape のクライアント仮想化分野で、Horizon が「リーダー」のカテゴリに選出されました。

Citrix 環境に対応する App Volumes

Citrix Virtual Apps and Desktops の環境にリアルタイムでアプリケーションを配信し、統合管理を行います。

App Volumes の機能

俊敏性に優れたサービスの提供

VMware のインスタントクローン、App Volumes、ユーザー環境管理(UEM)などのテクノロジーを活用し、Just-in-time Management Platform(JMP)により、オペレーティング システム、アプリケーション、ユーザーのカスタム設定を高速で最適化できます。断片化したすべてのコンポーネントを統合し、必要に応じて再構成できるため、あらゆるインフラストラクチャ トポロジーのデバイスに Just-in-Time のデスクトップとアプリケーションを提供できます。

アプリケーションとユーザー管理の簡素化

VMware Horizon、Citrix Virtual Apps and Desktops による仮想デスクトップ環境や RDSH/公開アプリケーション環境において、アプリケーションとユーザー管理機能を利用できます。効率的なアップデートと割り当て、迅速かつ容易なロールバック、アプリケーションのライフサイクル管理などのエンタープライズ対応の機能をサポートします。

 

IT コストの大幅な削減

コストを削減しながら、ユーザーの使用環境に影響を与えることなく、真のステートレス デスクトップをサポートします。ダウンタイムなしのアップデート提供や一対多のプロビジョニングにより、ストレージおよび運用コストを削減します。

最新アーキテクチャによる信頼性の確保

アプリケーションの迅速なプロビジョニング、コンテキストに応じたユーザー ポリシーの提供、必要に応じたアプリケーションの分離により、信頼性が高く一貫性のあるパーソナライズされたユーザー環境の提供が可能です。

スポットライト

Horizon 環境と Citrix 環境を最適化

アプリケーションの提供とサポートを簡素化する方法をご確認ください(登録が必要)。

App Volumes を活用した収益の拡大とコスト削減

App Volumes を Citrix 環境に導入することでサービス収益を 700% 向上させた、OGL Computer の導入事例をご紹介します。

Enterprise Strategy Group のソリューション スポットライト

機能が強化された App Volumes によって、迅速にアプリケーションを提供できます。

自動化と管理の強化

Horizon Enterprise にアップグレードすることで、最高レベルの自動化および管理が可能です。

VMware App Volumes

設備投資コストと運用コストを最小限に抑えたアプリケーションの提供と管理

「VMware App Volumes は、当院で採用した最高のテクノロジーの 1 つと言えます。今ではアプリケーション イメージと OS イメージを分離できるようになったため、アプリケーションに変更が発生した場合は、ユーザーが必要とするタイミングで変更を適用できます。変更を希望するユーザーが 1 人だけだとしても、App Volumes を使用すれば、変更したアプリケーションをそのユーザーにだけ配布することができます。複雑な作業は一切発生しません。IT 部門はユーザーの要求にできる限り応えたいものですが、App Volumes なら、それが可能です」

 

LCMC Health、Principal Consultant、Austin Park 氏

メリット

アプリケーションとユーザーの効率的な管理

App Volumes を使用することで、仮想デスクトップ インフラストラクチャ(VDI)と公開アプリケーション環境において、アプリケーションの提供、更新、割り当てや、アプリケーションとユーザーのライフサイクル管理を容易に行えます。コンテキストに応じたユーザー ポリシーとプロファイル管理により、パーソナライズされたデスクトップとアプリケーションにセキュアにアクセスできます。

JMP の構成要素

JMP(「ジャンプ」と発音)はデスクトップとアプリケーションの次世代型配信プラットフォームであり、VMware Horizon Enterprise に搭載されています。JMP では、インスタントクローン、App Volumes、ユーザー環境管理(UEM)などのテクノロジーを活用し、オペレーティング システム、アプリケーション、ユーザーのカスタム設定を高速で最適化できます。断片化したすべてのコンポーネントを統合し、必要に応じて再構成できるため、あらゆるインフラストラクチャ トポロジーのデバイスに Just-in-Time のデスクトップとアプリケーションを提供できます。

 

ユーザーに影響を与えることなく IT コストを削減

App Volumes では、カスタマイズに対応した、デスクトップ セッションが変わっても一貫性が維持される使用環境を実現できます。1 台の仮想ディスクから多数のデスクトップまたは多数の公開アプリケーション サーバに対して効率的にアプリケーションを提供することで、管理コストを削減します。
コストを削減しながら、ユーザーの使用環境に影響を与えることなく、真のステートレス デスクトップをサポートします。大量のアプリケーションを一括管理し、ネットワークとコンピューティングのリソースに影響を及ぼすことなく、ストレージの容量要件を最大 70% 削減します。また、オペレーティング システムのイメージとアプリケーションを分離できるため、管理するイメージ数を最大 95% 削減できます。

クラウド環境への対応

アプリケーションの提供とユーザー管理のサービスは、クラウドベースに拡張可能なプラットフォーム上で構築されています。アプリケーションの提供、ユーザーの管理と監視といったサービスを、クラウドベースの環境にすぐに統合できます。

比較

App Volumes の各エディションには、次の 2 種類のライセンス モデルが用意されています。

  • 指定ユーザー単位:従業員が、それぞれ決まった仮想マシンに終日アクセスする仮想環境の場合に適しています。
  • 同時接続単位:仮想環境において、アルバイトやシフト勤務の従業員などの多数のシフト勤務スタッフが仮想マシンを終日共有する場合に適しています。

エディションの選択

 

エディション

説明

App Volumes Standard

VMware Horizon、Citrix Virtual Apps and Desktops、RDSH の仮想環境に適した、アプリケーションとユーザー管理のソリューションです。

App Volumes Advanced

VMware Horizon、Citrix Virtual Apps and Desktops、RDSH の仮想環境を使用する企業のお客様に適した、高度なアプリケーションとユーザーの管理ソリューションです。機能 すべて表示

 

 

機能

App Volumes Standard

App Volumes Advanced

リアルタイムでのアプリケーション配信

   

ユーザー プロファイルおよびポリシーの管理

   

クラウドベースのテクノロジーに対応するプラットフォーム

   

パッケージ ルーティングを使用したアプリケーションのパッケ ージングと仮想化

   

アプリケーション インベントリのメタデータ

   

AppIsolation:基盤となるオペレーティング システム/アプリケーションからアプリケーションを分離する、エージェント不要のアプリケーション仮想化ソリューション

   

 

 

 

サポートされている環境

App Volumes Standard

App Volumes Advanced

リアルタイムでのアプリケーション配信

   

ユーザー プロファイルおよびポリシーの管理

   

クラウドベースのテクノロジーに対応するプラットフォーム

   

導入に向けて

App Volumes を使用することで、仮想デスクトップ インフラストラクチャ(VDI)や公開アプリケーション環境へのリアルタイムでのアプリケーション配信や、ユーザー管理が可能です。

Horizon をご利用の場合

App Volumes は VMware Horizon Enterprise にのみ搭載されています。Horizon Enterprise にアップグレードして、デスクトップとアプリケーションの次世代型配信プラットフォームである JMP のメリットをご活用ください。すでに Horizon Enterprise をご利用のお客様は、バージョン 7 にアップグレードの上、JMP をご利用ください。

Citrix 製品をご利用の場合

VMware App Volumes Advanced を導入し、Citrix Virtual Apps and Desktops 環境を最適化することをおすすめします。App Volumes Advanced は、リアルタイムのアプリケーション配信、アプリケーションの分離、ユーザー管理が可能で、XenApp や XenDesktop への投資を最大限に活かす最適なソリューションです。

RDSH をご利用の場合

VMware App Volumes Advanced で RDSH 環境を強化することで、リアルタイムのアプリケーションの配布、アプリケーションの分離、ユーザー管理が可能になるため、お使いの環境を次のレベルに引き上げることができます。

リソース

ご興味をお持ちの方は、今すぐお問い合わせください。