費用対効果に優れたシンプルなディザスタ リカバリと移行

クラウドへのオンボーディング、移行、ディザスタ リカバリの統合を実現

VMware Cloud Director Availability は、マルチテナントの VMware Cloud 環境において、オンプレミスからクラウドまたはクラウド間で費用対効果に優れたシンプルかつセキュアなオンボーディング移行ディザスタ リカバリのサービスを実現するために構築された強力なソリューションです。

メリット

使用の容易さ

使い慣れたツールを基盤とする統合管理ソリューションで、最新の HTML-5 インターフェイス、VMware Cloud Director とのネイティブな統合、スピーディに導入できるアプライアンス型の展開モデル、テナントとサービス プロバイダー向けの単一のロールベース アクセス コントロール(RBAC)ポータルなどを利用できます。状況に応じた直感的なネイティブの DRaaS と、さまざまなワークロードの重要度に対応するシンプルな階層型オプションにより、利用量と安定性が向上します。サービスのキャパシティ要件を理解し、ソリューション全体で運用上の認識を統合することで、クラウド プロバイダーは追加の運用コストをかけずに、自信を持って多くの顧客向けの環境を展開し管理することができます。

管理の統合

VMware Cloud Director Availability は、クラウド導入の大幅な簡素化、費用対効果に優れた可用性とリカバリ、クラウド プロバイダーとそのエンドユーザーによるセキュアな運用を実現するために、VMware Cloud Provider Platform の一部として設計されました。このソリューションは状況に応じて VMware Cloud Director と連携し、DRaaS、セルフサービスのオンボーディング、および VMware Cloud Director ベースのクラウドへの移行を可能にします。

優れた費用対効果

サブスクリプションベースで非常にお求めやすい価格のソリューションです。コア機能に絞った設計によりコストを最小限に抑えており、緊密な統合により運用管理コストも軽減されます。VMware vSphere Replication からのストレージの分離、テナントのセルフサービスによる保護、フェイルオーバーおよびフェイルバックのワークフロー、仮想マシン単位または vApp 単位のきめ細かい制御により、さらに優れた柔軟性と経済性が提供されます。

サービスの階層化

すべてのワークロードが同じというわけではありません。顧客はコストを重要度に応じて調整する必要があり、サービス プロバイダーは運用コストや安定性の問題を発生させることなく、個々の顧客に合わせたサービスを提供する必要があります。DRaaS の SLA プロファイルでは、クラウド プロバイダーが行うパーソナライズによって顧客向けのサービスがシンプルに階層化されるため、プロバイダーは顧客のワークロードに合わせた適切な階層化を行ってサービスの収益を増やすことができます。

リソース

ご興味をお持ちの方はこちら