業界をリードするクラウドサービス デリバリ プラットフォーム

VMware Cloud Director を使用すると、世界中の企業や IT 部門にセキュアかつ効率性と伸縮性に優れたクラウド リソースを提供できます。VMware Cloud Director はクラウドサービス ビジネスの運用と管理における成功を支援します。

VMware Cloud Director の機能

柔軟かつセキュアな仮想データセンター

コンピュート、ストレージ、およびネットワークとセキュリティに対するポリシーベースのアプローチにより、各テナントは、セキュアな方法で分離された仮想リソース、独立したロールベースの認証、利用するパブリッククラウド サービスに対するきめ細かい制御を利用できます。

マルチサイトの管理

複数のサイトや地域にまたがってデータセンターを拡張できます。複数のサイトが一元的に表示される直感的な単一の管理画面でリソースを監視することが可能です。また、管理とアクセスについては、既存の専用 vCenter に接続することも、VMware Cloud Director にオンボーディングすることもできます。

充実した独立系ソフトウェア ベンダー(ISV)のエコシステム

さまざまな分野の主要ソフトウェア ベンダーの製品が、オープンな拡張性フレームワークを使用して VMware Cloud Director とネイティブに統合されています。その分野としては、クラウドネイティブ、Dell Data Protection や Veeam などのバックアップ、DRaaS、Palo Alto などのセキュリティ パートナー、CloudianDell ECSAWS S3 などのストレージなどが含まれます。クラウド プロバイダーは Cloud Director を活用することで、差別化されたカスタマー エクスペリエンスを提供し、サービス提供の機会を拡大することができます。

ワークロードの保護とクラウド移行

Cloud Director 用の VMware Cloud Director Availability プラグインにより、仮想マシンをシンプルかつセキュアな方法で保護、移行できます。エンタープライズ クラスに対応したセルフサービス型の DRaaS により、オンプレミスからクラウド、およびクラウドからクラウドへのシームレスかつセキュアな保護を提供します(移行方法はコールド/ウォームを選択可能)。

運用の可視化とインサイト

新しくなったダッシュボードと単一の管理画面で、一元化されたマルチテナント クラウド管理用のビューを利用できます。vRealize Operations の高度な分析、チャージバック、および Tenant App を介した VMware Cloud Director へのネイティブ統合を活用して、顧客の環境を詳細に可視化し、カスタム レポートを作成できます。

クラウドネイティブ アプリケーションと開発

VMware Cloud Director は、vSphere with Tanzu、Kubernetes、Tanzu Kubernetes Grid Integrated をネイティブにサポートしており、開発者がサンドボックスでの検証やアプリケーションの展開に利用できる、使いやすいプラットフォームを提供します。開発者は、VMware Cloud Marketplace のシンプルで使いやすいカタログを介して、テスト済みのセキュアな数百のアプリケーションにアクセスできます。Helm チャートの追加により、あらゆるターゲット エンドポイントがサポートされるようになりました。

自動化

vRealize Orchestrator やオープンソースの vCD Terraform Provider など、業界をリードする自動化ツールと高度に連携します。クラウド プロバイダーは VMware Cloud Director を利用することで、アクセス コントロールと可視性を維持しながら、複雑な Infrastructure as Code やタイル UI ベースのワークフローを自動化して XaaS を展開できます。

サービスとしてのアプリケーション プラットフォーム(aPaaS)

自社独自のカタログベースのアプリケーションや VMware Cloud Marketplace 認定のサードパーティ製クラウド アプリケーション、カスタム カタログ アプリケーションを、VMware Cloud Director のプラグインである App Launchpad のシンプルなカタログ インターフェイスを介して顧客に直接配信できます。この機能により、クラウド プロバイダーは「サービスとしてのアプリケーション プラットフォーム(aPaaS)」を提供できます。aPaaS は、展開するカタログ アプリケーションをサポートするエンドポイント インフラストラクチャが仮想マシンかコンテナかといった情報を知る必要のない顧客に適しています。

Cloud Director のメリット

運用効率

VMware Cloud Director は、分離されたセキュアで伸縮自在な仮想データセンターのコンピュート、ネットワーク、ストレージ、およびセキュリティを、セルフサービス モデルの形で提供します。インフラストラクチャの優れたマルチテナンシー、デフォルトで利用可能なパブリッククラウドとプライベートクラウド、使いやすいアプリケーション ポートフォリオといった多彩なメリットと高度な自動化を組み合わせることで、約 51% の成長率向上(『IDC Business Value Snapshot 2020』)と運用コストの大幅な削減をサポートします。

収益化

VMware Cloud Director では導入初日からサービスを提供することができ、一般的なケースで、サービスによる収益を全体で約 32% 増加させます(『IDC Business Value Snapshot 2020』)。クラウド プロバイダーは、エコシステムがサポートするネイティブに統合されたソリューションを、コンテキスト認識型のワークフローを介して利用し、インフラストラクチャとアプリケーション プラットフォームレベルのサービスを数分で立ち上げて顧客や企業に提供できます。

ハイブリッド化とセキュリティ

NSX-T との緊密な連携により、クラウド プロバイダーは、グローバル規模で複数の仮想データセンター間でネットワークを延伸できます。VMware Cloud Director のクラウド環境は、オンプレミスとクラウド間のワークロードのシームレスなモビリティを備えているため、ディザスタ リカバリおよびバックアップのターゲットとして利用できます。レイヤー 4 およびレイヤー 7 分散ファイアウォールの強力なセルフサービス型セキュリティ機能により、顧客のセキュリティ ニーズに対応できます。NSX Advanced Load Balancer(旧 Avi Networks 製品)により、新しいハイブリッド アプリケーションやデジタル トランスフォーメーションの取り組みに適したロードバランシング機能を利用できます。

クラウド対応アプリケーションの構築

DevOps への対応

顧客の DevOps チームのニーズに対応します。vCD Terraform Provider を用いた「Infrastructure as Code」サービスのプロビジョニングと管理では、コードから直接インフラストラクチャを提供できるため、開発者にとって大きなメリットとなります。Python および vCD API、Object Storage API、App Launchpad API により機能が補完されているため、開発者はコードを通して必要なあらゆる機能にアクセスできます。

差別化

VMware Cloud Director ベースの環境には、世界トップクラスの実力を備えた革新的な VMware Cloud Provider がサポートしていることを示す「VMware Cloud Verified」認定が付与されます。VMware Cloud Director は高度な拡張とカスタマイズが可能なため、クラウド プロバイダーは独自のテーマ、ブランディング、サービスを顧客に対してアピールできます。

Developer-Ready Cloud(開発環境に対応したクラウド)

vSphere Tanzu のネイティブ サポートと Container Service Extension プラグインにより、ネイティブ Kubernetes クラスタや Tanzu Kubernetes Grid Integrated の Kubernetes クラスタをサポートしています。

関連リソース

Dell Technologies Cloud Platform と Cloud Director

Dell のハードウェア、ライフサイクル管理、VMware Cloud Foundation に VMware Cloud Director を新たに組み合わせることで、クラウドの柔軟性を最大限に活用し、コストを最適化できます。

VMware Cloud Director パートナー向けトレーニング

パートナー様向けに無料のトレーニング ビデオを用意しています。VMware Cloud Director で収益の向上を実現する方法や、サービスのパッケージ化と競争力のある価格設定により将来の変化に対応可能なサービスを実現する方法をご紹介しています。

クラウド プロバイダー向けの Validated Design:スケーラビリティとパフォーマンス

クラウド プロバイダー向けの VMware Validated Design と VMware Cloud Director 10.1 を使用すると、クラウドサービスを迅速に本番環境にリリースできます。

ATEA
  • Case Studies
US Signal
  • Case Studies
Revera
  • Case Studies
Zettagrid
  • Case Studies
iland
  • Case Studies
Center Technologies
  • Case Studies
VMware
  • Case Studies
Navisite
  • Case Studies
EBRC
  • Case Studies
PhoenixNAP
  • Case Studies
Strencom
  • Case Studies
Immedion
  • Case Studies
Container Service Extension
  • Technical Documentation
App Launchpad Documentation
  • Technical Documentation
Partner Testimonials
  • Partner Solution Resources

導入に向けて

業界をリードするクラウドサービス デリバリ プラットフォームである VMware Cloud Director は、クラウドサービス ビジネスの運用と管理を支援します。