機能

柔軟かつ安全な仮想データセンター

コンピュート、ストレージ、ネットワークとセキュリティに対するポリシーベースのアプローチにより、セキュアな方法で分離された仮想リソース、独立したロールベースの認証、パブリッククラウド サービスのきめ細かい制御を各テナントにおいて利用できます。

マルチサイトの管理

複数のサイトや地域にまたがってデータセンターを拡張できます。マルチサイトがまとめて表示される直感的な単一の管理画面でリソースを監視することが可能です。管理およびアクセスには、既存の専用 vCenter に接続するか、VMware Cloud Director に導入することもできます。

充実した独立系ソフトウェア ベンダー(ISV)エコシステム

クラウドネイティブ、Dell Data Protection や Veeam などのバックアップ、DRaaS、Palo Altoなどのセキュリティ パートナー、CloudianDell ECSAWS S3 などのストレージといった幅広い分野における業界トップクラスのソフトウェア ベンダーの製品が、VMware のオープンな拡張性フレームワークを利用して VMware Cloud Director とネイティブに統合されています。ほかとは一線を画するカスタマー エクスペリエンスの提供と、より広範なサービス提供の機会の開拓に取り組むクラウド プロバイダーを支援するためのソリューションです。

ワークロードの保護とクラウド間/クラウドへの移行

Cloud Director 用の VMware Cloud Director Availability プラグインにより、シンプルかつセキュアな方法で仮想マシンを保護および移行できます。セルフサービスに対応したエンタープライズクラスの DRaaS を利用できるほか、オンプレミスからクラウド、クラウドからクラウドへのシームレスかつセキュアな保護と移行(コールド/ウォームの移行モデルを選択可能)を実行できます。

運用の可視化とインサイト

新しくなったダッシュボードと単一の管理画面により、一元化されたマルチテナント クラウド管理用のビューを利用できます。vRealize Operations の高度な分析、チャージバック、Tenant App を介した VMware Cloud Director とのネイティブ統合といった機能を活用して、顧客の環境に対する詳細な可視化とカスタム レポート作成機能を提供できます。

クラウドネイティブなアプリケーションと開発

VMware Cloud Director は、vSphere with Tanzu、K8s、VMware Enterprise PKS をネイティブにサポートしており、開発者がサンドボックスとして利用できるほかアプリケーションを展開できる使いやすいプラットフォームを提供します。開発者は VMware Cloud Marketplace にアクセスして、テスト済みのセキュアな数百ものアプリケーションを利用しやすいカタログから取得できます。Helm Chart の追加により、すべてのターゲット エンドポイントがサポートされるようになりました。

自動化

vRealize Orchestrator やオープンソースの vCD Terraform プロバイダーなど、業界をリードする自動化ツールと緊密に連携します。クラウド プロバイダーは VMware Cloud Director を使用することで、アクセス コントロールと可視性を維持しつつ、複雑な Infrastructure as Code やタイル UI ベースのワークフローを自動化して XaaS を展開できます。

サービスとしてのアプリケーション プラットフォーム(aPaaS)

VMware Cloud Director のプラグインである App Launchpad のシンプルなカタログ インターフェイスから、カタログ ベースの自社アプリケーションや VMware Cloud Marketplace で認定されているサードパーティ製クラウド アプリケーション、カスタム カタログ アプリケーションを、顧客に直接配信できます。この機能により、クラウド プロバイダーはサービスとしてのアプリケーション プラットフォーム(aPaaS)を提供できます。aPaas は、展開するカタログ アプリケーションをサポートするエンドポイント インフラストラクチャについて、それが仮想マシンかコンテナか知ることを必要としない顧客に適しています。

クラウド プロバイダーにとってのメリット

運用効率

VMware Cloud Director は、セキュアかつ柔軟で分離された、仮想データセンターのコンピュート、ネットワーク、ストレージ、セキュリティをセルフサービス モデルで提供します。インフラストラクチャにおける非常に多数のマルチテナント、すぐに利用可能なパブリッククラウドとプライベートクラウド、使いやすいアプリケーション ポートフォリオなどのすべてを高度な自動化と組み合わせることで、約 51% を超える成長(『IDC Business Value Snapshot 2020 』による)と大規模な運用コスト削減を推進できます。

ハイブリッド化とセキュリティ

NSX-T との緊密な連携により、クラウド プロバイダーはネットワークをグローバル規模で複数の仮想データセンターに拡張できます。VMware Cloud Director のクラウド環境は、オンプレミスとクラウド間でのシームレスなワークロードの可搬性をサポートするため、ディザスタ リカバリおよびバックアップのターゲットとして利用可能です。レイヤー 4 およびレイヤー 7 分散ファイアウォールの強力なセルフサービスのセキュリティ機能を提供し、顧客のセキュリティ ニーズに対応します。NSX Advanced Load Balancer(旧 Avi Networks 製品)により、最新のハイブリッド アプリケーションやデジタル トランスフォーメーションに向けた取り組みに適したロードバランシング機能を利用できます。

収益化

VMware Cloud Director は導入初日からすぐにサービスを提供でき、通常の場合、サービスによる収益を全体で約 32% 増加させます(『IDC Business Value Snapshot 2020』による)。クラウド プロバイダーは、コンテキスト認識型ワークフローにより提供される、エコシステムがサポートするネイティブに統合されたソリューションを利用して、インフラストラクチャおよびアプリケーション プラットフォームレベルのサービスを数分のうちに稼動させ、顧客や企業に提供できます。

DevOps への対応

顧客の DevOps チームのニーズに対応する機能を備えています。開発者が望む、コードからのインフラストラクチャの直接提供を可能にする「Infrastructure as code」サービスのプロビジョニングおよび管理を、vCD Terraform プロバイダーにより実現します。Python、vCD API、Object Storage API、App Launchpad API の機能により利便性を高めることで、開発者は必要なものすべてにコードによってアクセスできるようになります。

差別化

VMware Cloud Director ベースの環境は、世界トップクラスの卓越した VMware Cloud Provider であることを示す「Cloud Verified」認定を受けたプロバイダーがサポートしています。クラウド プロバイダーは VMware Cloud Director を高度に拡張およびカスタマイズして、独自のテーマ、ブランディング、サービスを顧客にアピールできます。

開発環境に対応したクラウド(Dev Ready Cloud)

vSphere Tanzu のネイティブ サポートと Container Service Extension プラグインにより、ネイティブ Kubernetes クラスタや PKS Kubernetes クラスタをサポートしています。

お客様事例

数多くのクラウド プロバイダーが、VMware Cloud Director を導入し、迅速なクラウド サービス デリバリを行っています。

TeraGo:VMware Cloud Provider ソリューションを活用した顧客のセキュリティ確保

Faction:VMware Cloud Director を活用したエンタープライズ向けビジネスの推進

スポットライト:VMware Cloud Director

VMware Cloud Director:クラウド プロバイダーの理にかなったパートナー

10 周年を迎えた VMware Cloud Director の歩みを振り返る

Dell のハイパーコンバージド プラットフォームと、Dell と VMware の共同設計による仕様を備えた VMware Cloud Director は、クラウド導入を開始するための最適なアプローチです。Dell のハードウェア、ライフサイクル管理、VMware Cloud Foundation に VMware Cloud Director を組み合わせることで、クラウドの柔軟性を最大限に活用し、コストを最適化することができます。

毎週金曜日に開かれる Feature Friday の YouTube セッションでは、VMware Cloud Director の機能に関するオープンなディスカッションとデモが行われており、最新情報を簡単に入手することができます。

将来の変化に対応可能なサービスの提供に向けて、VMware Cloud Director により収益を拡大する方法やサービスをパッケージ化して競争力のある価格を設定する方法に関する無料のパートナー向けトレーニング ビデオをご覧ください。

VMware Cloud Director 10.1 を対象とするクラウド プロバイダー向けの VMware Validated Design は、本番環境のクラウドを迅速に実現するうえで有効です。

リソース

エコシステム

ご興味をお持ちの方は、今すぐお問い合わせください。