ランサムウェア攻撃からの予測可能な復旧を実現

ランサムウェア攻撃からの復旧のための、自動化されたガイド付きワークフローを利用して、リカバリ ポイントの特定、検証、復元を統合します。

リカバリ ポイント候補の特定

ガイドに従ったリストア ポイント選択のプロセスでは、VMDK の変更率やファイルのエントロピーなど、リカバリ ポイント候補に関するインサイトが提供され、異常なアクティビティを特定できます。

リストア ポイントの検証と再感染の防止

オンデマンドで利用できる IRE でリストアを行う前に、統合 UI で脆弱性評価を実施して、パワーオン状態のリカバリ ポイント候補を検証します。

ダウンタイムとデータ損失の最小化

リカバリ ポイントに関する反復プロセスを無停止で迅速に実行し、粒度の高いリカバリの実施を可能にして、データ損失を最小限に抑えます。

製品の主な機能

オンデマンドで利用できる隔離されたリカバリ環境

VMware が保護、構築、管理するため、確実に制御された安全なリカバリを実現できます。

組み込みの次世代アンチウイルスと振る舞い分析

パワーオン状態のワークロードを隔離して検査することで、リストアの実行前に異常な振る舞いを検知します。

簡単なボタン操作による仮想マシン ネットワークの隔離レベルの変更

リストア時に仮想マシン間を分離して、ランサムウェアのラテラルムーブメントと本番環境への再感染を防止します。

ランサムウェア攻撃からの復旧ワークフロー

個々のステップで構成されるガイド付きワークフローにより、リカバリ ポイントの特定、検証、復元を統合して単一の UI で実行できます。

ガイドに従ったリストア ポイントの選択

VMDK の変更率やファイルのエントロピーなど、リストア ポイントの候補を選択するうえで役立つインサイトが提供されます。

エアギャップで隔離された変更不可のリカバリ ポイント

格納先は、VMware マネージドの安全な Scale-out Cloud Filesystem です。

関連リソース

ランサムウェア対策に求められる抜本的な手段:DRaaS(パート 1)

ランサムウェアに対する防御における DRaaS のメリットをご紹介します。

ランサムウェア対策に求められる抜本的な手段:DRaaS(パート 2)

VMware Cloud Disaster Recovery を使用してランサムウェアからデータを保護する方法について解説します。

お客様事例:Merrick

VMware Cloud DR を使用してランサムウェアに備える強固な体制を確立した、Merrick のお客様事例をご覧ください。

ご興味をお持ちの方はこちら