サイバー レジリエンスの実現

ランサムウェア攻撃に確実に対応し、データの可用性を確保して事業継続を支えます。業界をリードするランサムウェア対策機能を活用することで、データをいつでもリカバリできる安全な状態に維持し、クリーンなリカバリ ポイントをすばやく特定できるとともに、高度に自動化されたワークフローによってフェイルオーバーとフェイルバックをダウンタイムなしでテストできます。

ミッションクリティカルなデータの容易なリカバリ

変更不可能なスナップショットの詳細な履歴を、分離されたオフサイトの暗号化されたクラウド ファイル システムに保存し、データの整合性を毎日チェックします。

リカバリ ポイントの効果的な特定

仮想マシンを即座にパワーオンできる機能を利用して、データのコピーなしで反復的な評価を実施できるほか、個々のファイルをリカバリして重要なデータを抽出できます。

ダウンタイムを発生させないディザスタ リカバリ プランのテスト

攻撃に先立って、強力なディザスタ リカバリ オーケストレーターを使用してダウンタイムなしでテストを実行し、攻撃の発生時には、高度に自動化されたフェイルオーバーとフェイルバックによって大規模なリカバリを実施できます。

関連リソース

ランサムウェア対策に求められる抜本的な手段:DRaaS(パート 1)

ランサムウェアに対する防御における DRaaS のメリットをご紹介します。

ランサムウェア対策に求められる抜本的な手段:DRaaS(パート 2)

VMware Cloud Disaster Recovery を使用してランサムウェアからデータを保護する方法について解説します。

VMware Cloud Disaster Recovery の新機能(VMworld 2021)

VMware Cloud Disaster Recovery の最新の機能強化により、ディザスタ リカバリを改善する方法をご確認ください。

導入に向けて