将来の変化に対応可能な、現代のビジネスのためのアーキテクチャ

VMware Cloud Universal とは

新しいマルチクラウド サービスには、VMware Cloud Foundation サブスクリプション(Tanzu Standard を含む)が含まれているため、柔軟な期間ベースのライセンスをオンプレミスへの展開に利用することができます。

VMware Cloud Foundation の新機能

統合型のコンテナ オーケストレーションや VMware Tanzu の管理ツールなど、業界をリードする先進的なハイブリッドクラウド プラットフォームの最新機能をご紹介します。

VMworld 2021 のハイライトを視聴

クラウド ジャーニーの加速とキャリア アップに必要なイノベーション、情報、トレーニングの機会を存分にご活用ください。

VMworld の無料パスを獲得する

ハンズオン ラボで VMware の最新テクノロジーを試すと、抽選で 20 名の方に VMworld 2021 の無料プレミアム パスが進呈されます。

マルチクラウドおよびモダン アプリケーション向けのプラットフォーム

VMware Cloud Foundation は従来のエンタープライズ アプリケーションとモダン アプリケーションの両方をサポートしており、コンピュート、ストレージ、ネットワーク、セキュリティ、Kubernetes、およびクラウド管理のための、安全性に優れたソフトウェアベースの包括的なサービスを提供します。プライベートクラウドとパブリッククラウドにまたがる一貫性のあるインフラストラクチャと運用を通じて、企業の俊敏性と柔軟性の向上に貢献します。

管理の簡素化

VMware Cloud Foundation with Tanzu で提供される統合型のコンテナ オーケストレーションを使用することで、仮想マシンと Kubernetes クラスタの両方のパフォーマンス、耐障害性、可用性を最適化できます。

コストの削減

一貫性のある運用と幅広い導入オプションにより、設備投資コスト、運用コスト、および TCO を削減できます。

一貫性のあるアーキテクチャ

標準化されたフルスタックのハイパーコンバージド インフラストラクチャによって運用を簡素化し、エンタープライズクラスの Kubernetes の利用に対応した Developer-Ready インフラストラクチャを提供します。

仮想マシンとコンテナの統合管理

既存のエンタープライズ アプリケーションと最新のコンテナ化されたアプリケーションの両方に対応する一貫性のあるインフラストラクチャを使用することで、大規模なワークロードを妥協なく実行できます。

VMware Cloud Foundation のメリット

柔軟な導入オプション

幅広い導入オプションが用意されており、プライベートクラウドとパブリッククラウドのどちらも利用できます。自社管理または as-a-Service モデルのいずれかの導入オプションからお選びいただけます。

スケーラビリティと効率性

同じインフラストラクチャ、運用、ツール、プロセスをあらゆる環境で利用できるようにすることで、オンプレミスとクラウド双方のワークロードを管理できます。

本質的なセキュリティ

従来の仮想マシンのワークロードと最新のコンテナのワークロードを統合できるフルスタックの HCI プラットフォームにより、エンタープライズクラスのセキュリティを確保できます。

関連リソース

VMware Cloud Foundation を構成および使用する方法

Software-Defined Data Center(SDDC)を導入して管理し、運用からライフサイクル管理その他に至るまでのさまざまな作業を非常に効果的に行う方法をご紹介します。

Tech Zone のテクニカル リソース

VMware Cloud Foundation をより深く理解するための資料として、リファレンス アーキテクチャ、設計ガイド、デモなどをご覧いただけます。

アプリケーションとクラウドのモダナイゼーションの 5 つのステップ

ハイブリッドクラウドを利用するクラウド運用への移行を加速させる、5 つのステップで構成されるフレームワークをご紹介します。

VMware Cloud Foundation の各エディションの比較

Starter

インフラストラクチャの展開とプロビジョニングを自動化できます。従来の仮想マシン ワークロードに対応する VMware のコア ハイパーコンバージド スタックのライフサイクル管理を含みます。

Standard

オンプレミスのデータセンターにクラウド管理機能を導入し、Tanzu Standard と仮想マシン管理を統合できます。

Advanced

高度なクラウド管理ツール、Tanzu Standard との統合、仮想マシン ワークロードの自動化により、VMware 製品をベースとする高度なクラウド運用モデルを実現できます。

Enterprise

管理、ネットワーク、ストレージの高度な機能、Tanzu Standard との統合による最適化、仮想マシン ワークロードの自動化機能を備えた、エンタープライズクラスのクラウド運用モデルを導入できます。

FAQ

VMware Cloud Foundation の Standard、Advanced、Enterprise、および Subscription の各エディションには、Tanzu Kubernetes Grid(Tanzu Standard エディションの機能)が統合されています。また VMware Cloud Foundation Starter エディションには標準の仮想マシン ワークロード管理が含まれており、Tanzu Standard エディションは Tanzu Kubernetes Grid クラスタを管理するためのアドオン SKU です。

既存の移行方法に加えて、VMware Cloud Foundation 3.10.1.2 以降のリリースから VMware Cloud Foundation 4.3.1 へのインプレース移行に対して、VMware プロフェッショナル サービス(PSO)による限定的なサポートが提供されます。環境を移行するための最適な方法については、担当のセールスチームまたはチャネル チームまでお問い合わせください。

VMware Cloud Provider Program(VCPP)からサービス プロバイダーを選択できます。CenturyLink、OVH、Rackspace などのプロバイダーが、VMware Cloud Foundation を使用するクラウドサービスを提供しています。VMware Cloud on AWS は、VMware が運用、管理、販売するオンデマンド サービスです。その他にも、Azure VMware Solution や Google Cloud VMware Solution などのソリューションを提供しています。

VMware Cloud Foundation は、次の 5 つの方法で購入できます。(1)VMware から直接購入する(無期限ライセンスまたは VMware Cloud Universal によるサブスクリプション)、(2)VMware の販売パートナーから購入する、(3)OEM ベンダーから統合システムの一部として購入する、(4)パブリッククラウド サービス プロバイダーからサブスクリプション サービスとして購入する、(5)VMware Cloud Universal のサブスクリプション サービスとして購入する。

VMUG
  • Communities

ご興味をお持ちの方はこちら

市場をリードする VMware のハイブリッドクラウド プラットフォームでは、あらゆるアプリケーションを実行および管理できます。