Cloud Provider Pod:クラウド展開の自動化

VMware Cloud Provider Pod により、VMware 製品をベースとしたクラウドの展開を自動化できます。Cloud Provider Pod を使用して展開されたスタックは VMware Validated Design に従っており、相互運用性とパフォーマンスに関して徹底したテストが行われています。また、クラウド環境向けに最適化されているかどうかもテストされ、クラウド プロバイダーの厳しいワークロードを処理できるように構築されています。データセンターの拡張、クラウドへの移行、マルチテナント、チャージバックといったプロバイダーの中心的な機能に合わせたテクノロジーを導入して、VMware 製品ベースのクラウド サービスを最速で実現できるよう支援します。

vmw-cloud-provider-pod-3

Cloud Provider Pod の機能

クラウド設計のカスタマイズ

Cloud Provider Pod は、価値を提供するまでの時間を短縮し、運用コストを削減するとともに、クラウド環境をより細かく制御する機能をクラウド プロバイダーに提供します。

ワンクリックでの展開

迅速に展開できることで価値の提供を加速し、エラーの可能性を減少させ、運用コストを削減します。

シームレスなオペレーション

クラウド プロバイダーは、サービスの品質と差別化に集中できるため、カスタマー エクスペリエンスを向上させ、顧客の増加と定着を図ることができます。

機能

Custom Cloud Designer

クラウド プロバイダーは自社の仕様に従ってクラウドを設計でき、機能セットや製品を必要に応じて選択できます。また、従来のストレージについてもサポートを受けることができます。

展開時からの自動化

Cloud Provider Pod によってクラウド プロバイダーのフルスタックの展開が自動化されるため、容易に拡張して個別のプロビジョニング ニーズに対応できます。

展開と運用の詳細なガイドライン

Cloud Provider Pod では、クラウド プロバイダーが相互運用可能で検証されたスタックを展開するためのクラウドの設計情報に基づいて、カスタマイズされたドキュメントを生成します。

相互運用性と拡張性を保証

Cloud Provider Pod によって生成されたドキュメントは、最新の VMware Validated Design に従っており、クラウド プロバイダー環境に即した規模でテストされています。

マルチテナントでオープン、拡張性に富むクラウド

マルチテナントでセルフサービスのクラウド環境は、オープン(REST API、CLI、Python SDK)で、拡張可能(UI 拡張可能、Ansible および Terraform に準拠)であり、エコシステムのパートナーとネイティブに連携(EMC Avamar のデータ保護)できます。

コンポーネント 

Cloud Provider Pod 1.0 は以下の VMware Validated Design のコンポーネントをクラウド プロバイダーに展開します。  また、設計と運用に関するガイダンスを含むカスタマイズされたドキュメントを生成します。 

  • vSphere 6.5u2
  • vSAN 6.6.1
  • NSX 6.4.1
  • vCloud Director 9.1.0.1
  • vCloud Director Extender 1.1.0.1
  • vRealize Operations 7.4
  • vRealize Operations 7.0
  • vRealize Log Insight 4.6
  • vRealize Network Insight 3.7
  • Usage Meter 3.6.1
vmw-cloud-provider-pod

リソース 

このほかのリソースとドキュメントは順次公開予定です。