VMware デスクトップ ハイパーバイザー:VMware Workstation と VMware Fusion:ローカルの Mac、Windows、Linux の仮想化
 

VMware のデスクトップ ハイパーバイザー製品は、IT プロフェッショナル、開発者、および企業に、あらゆる種類のアプリケーションを構築、実行、またはサポートするための強力なローカル仮想化サンドボックスを提供します。

VMware は、仮想化の分野における 20 年以上の実績と、業界で 50 を超える受賞歴を誇り、信頼性が高く、セキュアなローカル デスクトップ仮想化プラットフォームを提供しています。

Fusion 12 と Workstation 16 の購入

 

業界をリードする最新機能と機能強化を搭載したデスクトップ ハイパーバイザーを今すぐご購入いただけます。

 

デスクトップ ハイパーバイザー製品 

Windows および Linux 用の Workstation

Windows および Linux 用の業界をリードするデスクトップ ハイパーバイザーは、世界中の IT プロフェッショナルや開発者によって使用されています。OCI コンテナと Kubernetes がサポートされるようになりました。

Mac 用の Fusion

Mac 用のシンプルで強力な macOS デスクトップ ハイパーバイザー アプリケーションです。Windows、macOS、または Linux の仮想デスクトップを実行したり、OCI コンテナおよび Kubernetes クラスタを構築して実行したりすることができます。

最新情報

Workstation 16 と Fusion 12 の最新機能をご紹介します。ぜひ購入をご検討ください。

Workstation 16 の新機能 

VMware Workstation Player 16
VMware Workstation Pro 16

OS サポートのアップデート
Workstation 16 は、最新の Windows 10 バージョン 2004 をサポートしており、Device/Credential Guard や WSL を利用するための Hyper-V モードの互換性がサポートされます。また、Red Hat、Fedora、CentOS、Debian、Ubuntu などの広く利用されている Linux ディストリビューションの新しいリリースにも対応しています。

コンテナと Kubernetes クラスタ
Workstation 16 Pro および Player には、OCI コンテナと Kubernetes クラスタを構築して実行するための新しい CLI ツール「vctl」が用意されています。数千もの事前構築済みコンテナ イメージを使用できるだけでなく、標準の Dockerfile からカスタム イメージをビルドすることもできます。

Windows および Linux 用のグラフィックス エンジンの機能強化
Workstation 16 は、DirectX 11 および OpenGL 4.1 に準拠した仮想グラフィックス デバイスを Windows 仮想マシンに提供するため、新たに数百ものアプリケーションやゲームとの互換性が確保されるようになりました。Linux ホストでは、VMware の新しい Vulkan レンダリング エンジンにより Intel の統合 GPU を使用できるようになったため、強力な GPU を別途用意することなく、DirectX 10.1 と OpenGL 3.3 を仮想マシンに提供できるようになりました。

vSphere 7 との互換性
仮想マシン ハードウェア、リモート ESXi、vCenter Server 接続など、vSphere 7 との互換性機能が追加されました。

Workstation 16 を今すぐ購入

Fusion 12 の新機能 

Fusion 11.5 の新機能
Fusion 11.5 の新機能

Fusion Player
VMware の Fusion Player には、VMware Workstation 16 Player と同様に、個人利用の無償ライセンスと商用利用の有償ライセンスが用意されています。

Big Sur に対応
Fusion 12 Pro および Player は、macOS 11「Big Sur」と macOS 10.15「Catalina」をサポートしています。

コンテナと Kubernetes
Fusion 12 には、OCI コンテナと Kubernetes クラスタを構築して実行するための新しい CLI ツール「vctl」が用意されています。数千もの事前構築済みコンテナ イメージを使用できるだけでなく、標準の Dockerfile からカスタム イメージをビルドすることもできます。

DirectX 11 グラフィックス エンジン
Fusion 12 は、堅牢なDirectX 11 および OpenGL 4.1 対応の仮想グラフィックス デバイスを搭載しているため、これまで再生できなかった数百ものアプリケーションやゲームに対応できるようになりました。さらに、外部 GPU デバイスの使用がサポートされるようになり、フレームレートが大幅に向上しています。

Fusion 12 を購入

デスクトップ ハイパーバイザー ツール

IT プロフェッショナル 

Fusion と Workstation を使用することで、企業のデータセンターと互換性のある仮想マシン、コンテナおよび Kubernetes クラスタをラップトップから実行できます。Software-Defined Data Center 環境の展開、デモ、学習をオフラインおよび外出先で行うことができるほか、vSphere または ESXi のリモート環境に接続して、管理タスクを迅速に実行できます。さらに、Workstation Pro は革新的なネットワーク設計ソフトウェアもサポートしており、ネットワークのテスト ラボ環境を迅速に立ち上げて、ネットワークの基盤について確認したり、侵入およびセキュリティ テストを実施したりするなどのさまざまな作業に活用できます。

開発者 

Fusion と Workstation でオペレーティング システムとブラウザーの複数の組み合わせを作成して互換性をテストし、デスクトップからクロスプラットフォーム アプリケーションやクラウド環境向けに最適化されたアプリケーションを構築できます。iOS、Android、Linux を対象として開発する場合、Mac で Windows アプリケーションを構築する場合、Kubernetes などクラウド環境向けに最適化されたコンテナ オーケストレーション プラットフォームをシミュレーションする場合など、VMware はあらゆるプラットフォームに対応する優れたソフトウェアの構築を支援します。

企業 

第 2 のオペレーティング システムを実行するためのセキュアなサンドボックスを用意することで、各種のユースケースにおいて業務アプリケーション ユーザーのセキュリティを大幅に向上させることができます。VMware デスクトップ ハイパーバイザーのセキュリティ対策により、アプリケーション開発者から経営幹部に至るまで、どのようなアプリケーションも安全に実行できる非常に効果的に隔離された環境が利用できます。

デスクトップ ハイパーバイザー製品比較

各製品の機能の違いを簡単にまとめました。最適なバージョンの選定にご活用ください。

全般 WS Player Fusion Player WS Pro Fusion Pro
新しい仮想マシンの作成    
大規模な仮想マシンの作成(32 個の仮想 CPU、128 GB の RAM)  
仮想マシンへの PC の変換  
大規模展開    





ホストとゲストの統合 WS Player Fusion Player WS Pro Fusion Pro
ホストとゲスト間でのファイル共有    
共有フォルダ/ミラー フォルダ    
Linux 仮想マシンへのワンクリック SSH 接続    
異なる表示モードでの仮想マシンの実行    
ユニティ モード(Windows ゲストのみ)    





グラフィック WS Player Fusion Player WS Pro Fusion Pro
DirectX 11 と OpenGL 4.1 による 3D グラフィックス    
大容量グラフィックス メモリ:8 GB    





デバイスのサポート WS Player Fusion Player WS Pro Fusion Pro
4K/5K/Retina ディスプレイのサポート    
幅広い仮想デバイスのサポート    
USB スマート カード リーダーのサポート    
USB 3.1 デバイスのサポート    
支援デバイスのサポート(セクション 508 への準拠)    
複数言語対応キーボードのサポート    
仮想 TPM(Trusted Platform Module)デバイス    
仮想 NVMe デバイス    





セキュリティ機能 WS Player Fusion Player WS Pro Fusion Pro
Microsoft 仮想化ベースのセキュリティ(ゲスト)のサポート    
仮想 Trusted Platform Module(vTPM)    
UEFI ブートのサポート    
UEFI セキュア ブートのサポート    
GPU サンドボックス レンダラー    
スナップショット    
暗号化された仮想マシンの作成と管理      





ホスト OS WS Player Fusion Player WS Pro Fusion Pro
Windows 10 ホスト        
Linux:Ubuntu、CentOS、Debian、Fedora、RHEL、SUSE、openSUSE        
macOS 10.16 以降        





ゲスト OS WS Player Fusion Player WS Pro Fusion Pro
200 以上のオペレーティング システムのサポート(Linux、旧バージョンの Windows、BSD)    
Windows 10 ゲスト    
macOS ゲスト        





Mac ホスト固有の機能 WS Player Fusion Player WS Pro Fusion Pro
macOS 10.16 ホストのサポート        
macOS ゲストのサポート        
Mac の Dock への Windows アプリケーションの格納        
Linux 仮想マシンへのワンクリック SSH 接続        
Metal グラフィックス エンジン        
Boot Camp のインポート/起動        
アプリケーション メニュー        





Windows ホスト固有の機能 WS Player Fusion Player WS Pro Fusion Pro
Windows 10 ホスト        
DirectX 12 レンダリング エンジン        
Hyper-V モードのサポート(Device Guard、WSL)        
仮想マシンの共有(Workstation Server)        





Linux ホスト固有の機能 WS Player Fusion Player WS Pro Fusion Pro
Vulkan レンダリング エンジン        
ホストのサポート:Ubuntu、CentOS、Debian、Fedora、RHEL、SUSE、openSUSE        





高度な機能 WS Player Fusion Player WS Pro Fusion Pro
コマンド ライン操作:vmrun と VIX    
vCenter Server Appliance の展開が容易    
REST API    
Nautilus Container Engine    
仮想ネットワークのカスタマイズ(NAT、ネットワーク名の変更)      
仮想ネットワークのシミュレーション(パケット ロス、遅延、帯域幅)      
vSphere/ESXi サーバへの接続      
vSphere ホストのリモート電源管理      
リンククローンの作成      
フルクローンの作成      
仮想マシンの暗号化      





ライセンス WS Player Fusion Player WS Pro Fusion Pro
個人利用は無償        
商用ライセンス    
評価版ライセンス