VMware Dynamic Environment Manager によるエンドユーザー プロファイルの管理の簡素化

Dynamic Environment Manager は、仮想、物理、クラウドベースの Windows デスクトップ環境全体にパーソナライゼーションと動的なポリシー設定を提供する製品であり、次世代のデスクトップおよびアプリケーション提供方法である JMP の主要コンポーネントです。顧客の課題にフォーカスし、強力で拡張性に優れたこのソリューションは、デスクトップの日常的なサポートや運用コストを削減しながら業務の生産性を向上するように設計されています。

VMware Dynamic Environment Manager の概要

Video Play Icon
(2:45)

VMware Dynamic Environment Manager の概要

IT 部門の Jim が、VMware Dynamic Environment Manager を使用して仮想デスクトップ、公開アプリケーション、物理デスクトップ、クラウド環境でユーザー プロファイルとポリシー設定をどのように管理しているかご紹介します。

Dynamic Environment Manager の機能

パーソナライゼーションと動的なポリシー設定

仮想、物理、クラウドベースの Windows デスクトップ環境全体でプロファイルとポリシーを管理できます。

デスクトップおよびアプリケーションへの迅速なアクセス

肥大化するローミング プロファイルや、複雑でメンテナンスが困難なログイン スクリプトはもう不要です。ネットワーク設定やプリンターの追加などの環境設定をマッピングし、エンドユーザーのセキュリティ ポリシーとパーソナライゼーションを動的に適用します。

エンドユーザーのプロファイル管理の簡素化

既存のインフラストラクチャを活用する、軽量で拡張性に優れた単一のソリューションを提供します。

スポットライト 

テクニカル デモ:Dynamic Environment Manager

Video Play Icon
(3:36)

テクニカル デモ

Dynamic Environment Manager の主なユースケースを紹介します。

Horizon Advanced Edition または Enterprise Edition の詳細情報

vSAN と vRealize Operations for Horizon が含まれる Horizon Enterprise にアップグレードすることで、最高レベルの自動化および管理が可能です。

詳細情報

パーソナライズされた動的なポリシー構成の作成

Video Play Icon
(6:40)

パーソナライズされた動的なポリシー構成の作成

Dynamic Environment Manager を使用して、複数のデバイスや場所にわたるユーザー設定を管理する方法を解説します。

Dynamic Environment Manager のコミュニティ

Dynamic Environment Manager のコミュニティで、技術的なヒント、ベスト プラクティス、FAQ などの情報をご確認いただけます。

詳細情報

特長

ポリシーと設定を基に簡素化されたユーザー環境の統合管理

シンプルに設計されたこのソリューションは、スクリプトや複雑なユーザー インターフェイスを使用しなくても容易に管理できます。

デバイスや場所を問わず一貫性のあるパーソナライズされた使用環境を実現

コンテキストに応じたポリシーに基づくユーザー設定管理によって、エンドユーザーのデバイスや場所に対してポリシー設定をマッピングできます。

エンタープライズクラスの拡張性

仮想環境、物理環境、およびクラウドホスト型の環境をサポートする単一のソリューションを利用してサービスをスケール アウトできます。

JMP の構成要素

JMP(「ジャンプ」と発音)はデスクトップとアプリケーションの次世代配信プラットフォームで、VMware Horizon Enterprise に搭載されています。インスタントクローン、App Volumes、Dynamic Environment Manager などのテクノロジーを活用し、オペレーティング システム、アプリケーション、ユーザー設定を高速で最適化できます。断片化したすべてのコンポーネントを統合でき、必要に応じて再構成することで、あらゆるインフラストラクチャ トポロジーのデバイスに Just-in-Time のデスクトップとアプリケーションを提供できます。