エッジへのアプリケーションの拡張

さまざまな企業が、広帯域幅、超低遅延のネットワークを必要とする、インテリジェントで臨場感のある体験を提供しています。そうした体験を提供するには、企業の要件やビジネス ロジックに対応できる俊敏なアプリケーション開発プラットフォームが必要です。

また、アプリケーションやワークロードをマルチクラウド全体に配置できる柔軟性も必要になり、ビジネス要件を満たすとともに自律的な運用、セキュリティ、ガバナンスを実現できるよう最適な配置を行う必要があります。

誤検知の削減

一貫性のあるマルチクラウド エッジ プラットフォーム

業界固有のエッジネイティブ アプリケーションをニア エッジおよびファー エッジで構築、実行、管理、接続、保護できるとともに、データセンターからクラウドまで一貫性のあるインフラストラクチャと一貫性のある運用を実現できます。

柔軟なスループットの実現

統合されたコンテキスト中心のセキュリティ

分散したユーザー、データ、アプリケーションをあらゆるレベルの脅威から保護します。アプリケーションやワークロードに固有のセキュリティ機能がプラットフォームに組み込まれているため、優れた保護性能が発揮されます。

ネットワーク アーキテクチャの簡素化

一貫性のあるマルチクラウド運用

集中管理されたポリシーの一貫した運用により、マルチクラウド全体の運用と管理が簡素化されます。

コンピュート キャパシティの使用効率の向上

イノベーション パートナー

イノベーションを促進して収益を拡大できます。アプリケーション開発者とのパートナーシップにより、新しいユースケースやアプリケーションの開発も促進されます。

STL Partners、2022 年の注目すべきエッジ企業に VMware を選出

STL Partners は、VMware がエッジ コンピューティングの分野に変革を起こしており、2022 年に注目すべき進展が見込まれると述べています。

ハイパーバイザーのメリットを生かしたベアメタル パフォーマンスの実現

VMware ESXi はリアルタイムのベンチマーク テストで、ベアメタルと同等のリアルタイム(RT)性能を示しているほか、パフォーマンスの一元管理や自動化によるワークロードの動的な配置と最適化など、さらなるメリットももたらします。

IDC のレポート:エッジ環境の簡素化と保護

IDC は、VMware Edge Compute Stack を利用して分散リソースやリモート リソースの運用を効率化することで、スケーリングとリソース管理の問題を解決できると結論付けています。レポートでその理由をご確認ください。

導入に向けて