VMware Fusion: 強力でシンプルな Mac 向け仮想マシン

VMware Fusion を使用することで、Mac ユーザーは、Windows をはじめとするさまざまなオペレーティング システムを Mac 上で、Mac アプリケーションと同時に再起動することなく実行できます。Fusion は、ホーム ユーザーでも簡単に使用できる一方で、IT 担当者、開発者、ビジネス ユーザーにとって強力なツールです。

(1:43)

VMware Fusion の概要

Mac 上で Windows を容易に実行

Fusion の購入

Fusion および Fusion Pro は、IT 担当者、開発者、ビジネス ユーザー、そして一般的な Mac ユーザー向けに、機能性に優れた Mac 環境でのデスクトップ仮想化を実現します。

VMware Store からオンラインで購入

教育機関向けの特別割引

対象となる教育機関の学生、ご両親、教職員、スタッフは、大幅な割引価格でご購入いただけます。

詳細情報

VMware Fusion: 強力でシンプルな環境へ

Mac 上であらゆるオペレーティング システムを実行

Mac 上で Windows を実行することは、ほんの一部の機能にすぎません。VMware Fusion では、Linux ディストリビューションから最新の Windows 10 リリースまで、数百ものオペレーティング システムがサポートされています。

VMware vSphere への接続

vSphere、ESXi、Workstation サーバーにセキュアに接続し、仮想マシン (VM) と物理ホストの両方を起動、制御、管理できます。共通の VMware プラットフォームにより、仮想マシンを vSphere データセンターから Mac デスクトップに容易に移行して Fusion で実行できます。

任意のプラットフォームで開発とテストを実行

Fusion によって、ほぼすべてのオペレーティング システムとアプリケーションを Mac 上で容易にテストできます。サンドボックスでアプリケーションの構築とテストを行いながら、ローカルのソース ファイルとフォルダーを安全に共有できます。Fusion Pro に新たに加わった RESTful API により Docker、Vagrant、Ansible、Chef などの最新の開発ツールと連携すれば、今日のアジャイルで DevOps 志向の開発パイプラインにおいて、VMware の機能を最大限に活用できます。

高度なソリューションの設計とデモ

1 台の Mac 上で仮想クラウド スタック全体の実行が可能なため、ソフトウェア ソリューションをリアルタイムですべてデモンストレーションでき、以前の構成に安全にロールバックすることもできます。ソリューションの設計やデモンストレーションなど、ソリューション アーキテクトとしての一連の業務が、ノートブック 1 台で完結します。

企業のデスクトップをローカルで実行

コピー アンド ペースト、ドラッグ アンド ドロップ、共有フォルダー、USB デバイスへのアクセスを無効にして、企業のデスクトップを個人所有デバイスから分離します。暗号化とパスワードで保護された制限付き仮想マシンを実行することで、許可されたユーザーのみが企業のデータを利用できるようになります。

Mac 上で Windows を快適に使用

Fusion は、Windows 環境と Mac をシームレスに融合します。2 つの環境のセキュアな分離や、1 つのシームレスな環境としての統合など、柔軟に選択できます。Windows 10 などの最新のオペレーティング システムのインストール、古い PC から仮想 PC への変換も容易に行うことができます。

機能 

macOS High Sierra と Touch Bar に対応

APFS に対応し、macOS 10.13 Sierra を搭載した Mac 上で仮想マシンを起動できるほか、現在使用している Mac に影響を与えることなく、サンドボックス内で最新の macOS を安全にテストできます。UI がアップデートされ、最新の Touch Bar 搭載モデルにも対応するなど、Fusion の機能がさらに強化されました。

強力なグラフィックス機能

Fusion では、ハードウェア アクセラレーションを使用する 3D グラフィックス エンジンにより、DirectX 10 と OpenGL 3.3 の機能を Windows や Linux ベースの仮想マシンで活用できるため、高度なグラフィックスを使用するアプリケーション、ゲーム、機能豊富な最新のユーザー インターフェイスに対応できます。Fusion 10 では、Apple 社の Metal グラフィックス技術を新たにサポートしています。そのため、グラフィックス性能とバッテリー寿命が向上しています。

vSphere との接続

vCenter、ESXi、Workstation Pro サーバーなどに接続し、仮想マシンや ESXi ホストの起動、制御、構成を行います。シンプルなドラッグ アンド ドロップ操作で、仮想マシンの転送も簡単に完了します。Fusion を使用することで、基盤となる共通のハイパーバイザーを利用して、企業のデータセンターにある仮想マシンを Mac から簡単に実行、管理できます。*Pro バージョンのみ

ユニティ モード

Fusion のユニティ モードでは、Windows デスクトップを非表示にした状態で、Windows アプリケーションを Mac アプリケーションと同じように使用できます。Windows アプリケーションを Dock、Spotlight、Launchpad から直接起動できます。起動後も、Mac アプリケーションと同じように、Exposé、Spaces、Mission Control で表示できます。 

機能性に優れたスナップショットとクローン

スナップショットを使用してロールバック ポイントを作成すると、必要に応じてその時点に復帰できます。これはソフトウェアのテストや、リピート再生可能なデモの作成に最適です。クローン機能により、同じ OS の構成を何度も展開することなく、さまざまなシナリオを簡単にテストできます。

Boot Camp の機能を補完

Windows と Mac のどちらを利用するかを、起動時に選択する必要はありません。Fusion では、既存の Boot Camp パーティションから直接起動して、再インストールや再起動なしで Windows と Mac のアプリケーションを同時に実行できます。

クローンによる迅速な複製

同じ構成の仮想マシンを繰り返し作成する際の時間と工数を削減できます。「リンク クローン」 を使用すると、仮想マシンの複製をすばやく行うのと同時に、物理ディスクの使用量を大幅に削減できます。また、「フル クローン」を使用すれば、完全に分離された複製を作成し、ほかの Fusion や Workstation ユーザーと共有することもできます。*Pro バージョンのみ

アクセシビリティ

VMware は、米国リハビリテーション法第 508 条の規制に準拠し、障害を持つ方々が Fusion および Fusion Pro を利用しやすいよう、アクセシビリティの確保に努めています。Mac の補助技術と Fusion を組み合わせて Windows の要素と連携させることで、独自のアクセシビリティ コントロールをアプリケーションに実現します。

Windows 10 Fall 2017 Creators Update のサポート

Mac 上で仮想マシンとしての最新バージョンの Windows 10 を完全にサポートし、最新のテクノロジーに対応します。

仮想ネットワーク機能を強化

仮想マシン用に IPv4 または IPv6 の複雑な仮想ネットワークを作成することも、サードパーティ製ソフトウェアと連携して、実際のルーティング ソフトウェアとツールを使用した完全なデータセンター トポロジーを設計することもできます。Fusion Pro には新たに、パケット ロス、遅延、帯域幅の制約を再現できるネットワーク シミュレーション機能が加わりました。 *Pro バージョンのみ

Fusion の REST API

Fusion Pro では新たに、自動化やサードパーティ製ソフトウェアとの連携に使用するセキュアな RESTful API を提供しています。Swagger ベースのフレームワークを活用する Fusion API は、標準の HTTP/HTTPS と JSON を使用して 20 以上の仮想マシンとホストの動作を制御します。また、開発ツールをカスタマイズして macOS as a Service を提供する、Fusion を最新かつ反復型の開発パイプラインと連携させて自動テストを行う、といった作業が可能になります。*Pro バージョンのみ

最新の仮想ハードウェア プラットフォーム

Fusion では、次世代の vSphere ハイパーバイザー プラットフォームを活用しているため、データセンターのテストや企業のセキュリティをさらに強化できます。新たに仮想 TPM (Trusted Platform Module) が加わり、Device Guard、Credential Guard をはじめ、UEFI セキュア ブート、仮想 NVMe デバイスといった、Microsoft 仮想化ベースのセキュリティ技術もサポートしています。

統合された環境

Windows と Mac との間でのコピー アンド ペースト、ドラッグ アンド ドロップによるファイル共有、フォルダーの共有とミラーリング、ネットワークの利用、印刷を、設定なしでシームレスに行うことができます。また同時に、専門的なユース ケースや高度なユース ケースへの対応も可能です。

サンドボックスを使用した環境

統合機能を無効にすることで Mac を Windows から分離して、オペレーティング システムをほかのオペレーティング システムから安全に保護できます。VMware Fusion では、コンピューターを 2 台使用しても実現できない機能を提供します。

OS のインストールが容易

Fusion では、Boot Camp パーティションから Windows を実行する、Windows ディスクからインストールする、既存の PC から移行する、macOS をリカバリ パーティションから仮想マシンとしてインストールする、といった作業が可能になります。Fusion なら、シンプルかつカスタマイズ可能な方法で、複数のオペレーティング システムを Mac にインストールできます。新たに Open Virtualization Format のサポートがアップデートされ、これに VMware vCenter Server Appliance OVA のインストール手順も含まれています。

Retina と 5K ディスプレイに対応

VMware Fusion は、iMac の最新の 5K ディスプレイでも高画質を維持します。また、Retina と Retina 以外を組み合わせた設定、Retina を使用しない設定もサポートします。Retina の MacBook Pro で標準の DPI ディスプレイを使用したり、4K ディスプレイを設定に簡単に追加したりできます。使用しているディスプレイの種類に関わらず、Fusion によって Windows を高画質で実行できます。

使用事例

VMware Fusion はあらゆる Mac ユーザー向けに設計されています。IT 担当者、開発者、ビジネス ユーザーから選ばれる VMware Fusion Pro は、幅広い OS のサポート、ゆるぎない安定性、高度な機能など、仮想化環境ならではのメリットを実現します。

IT 担当者向けソリューション

ほぼすべてのデバイス、プラットフォーム、クラウド向けのソフトウェア ソリューションを設計、テスト、デモンストレーションできます。

開発者向けソリューション

アプリケーションとオペレーティング システムを簡単に構築し、テストできます。

ビジネス向けソリューション

企業のデスクトップとアプリケーションを場所を問わずあらゆるユーザーに提供し、BYO を可能にします。

技術仕様

Fusion 10

ハードウェア

2011 年以降にリリースされた Mac がサポート対象です。ただし、次を除きます。

  • Intel® Xeon® W3565 プロセッサー搭載の Mac Pro (2012) クアッド コア モデル

また、次の Mac もサポート対象です。

  • Mac Pro (2010) の 6 コア、8 コア、12 コア モデル

ソフトウェア

  • OS X El Capitan 10.11 以降

Metal ホスト グラフィックス レンダリング エンジン

ハードウェア

  • MacBook (Early 2015)
  • MacBook Air (Mid 2012 以降)
  • MacBook Pro (Mid 2012 以降)
  • Mac Mini (Late 2012 以降)
  • iMac (Late 2012 以降)
  • iMac (Late 2013 以降)

ソフトウェア

  • macOS Sierra 10.12.5 以降

Metal に対応する Mac については、次の URL から Apple 社のドキュメントを参照してください。:  https://support.apple.com/en-us/HT205073
 

比較

Fusion と Fusion Pro の比較: お客様に最適なバージョンをご検討ください

  Fusion Fusion Pro

全般

複数のオペレーティング システムの仮想マシンとしての作成および実行
大規模な仮想マシンの作成 (64 GB の RAM)
大規模展開
複数のスナップショットの使用
仮想マシンへの PC の変換

macOS との統合

ホストとゲスト間でのファイル共有
共有フォルダー/ミラー フォルダー
さまざまな表示モードでの仮想マシンの実行
ユニティ モード
DirectX 10 と OpenGL 3.3 による 3D グラフィック

デバイスのサポート

最新の Mac OS 上での実行
高解像度の 4K/5K/Retina ディスプレイのサポート
幅広い仮想デバイスのサポート    
USB スマート カード リーダーのサポート    
支援デバイスとの連携 (セクション 508 への準拠)
複数言語対応キーボードのサポート

オペレーティング システムのサポート

Windows 10 仮想マシンのサポート
macOS High Sierra のホストとゲストのサポート    
200 以上のオペレーティング システムのサポート (Linux、旧バージョンの Windows、BSD)
BootCamp の仮想マシンとしての実行
仮想マシンへの BootCamp のインポート/変換

高度な機能

コマンド ライン操作: vmrun と VIX    
サードパーティとの連携
リンク クローンの作成  
完全なクローンの作成  
高度なネットワーク  
仮想マシンのセキュアな暗号化  
vSphere/ESXi サーバーへの接続  

新機能

新しいユーザー インターフェイス    
タッチ バーのサポート
vCenter Server Appliance の簡単な展開
Fusion の API
vSphere のリモート電源操作  
仮想ネットワークのカスタマイズ (NAT、ネットワーク名の変更)  
仮想ネットワークのシミュレーション (パケット ロス、遅延、帯域幅)  
仮想 TPM (Trusted Platform Module) デバイス
UEFI ブートのサポート
UEFI セキュア ブートのサポート
仮想 NVMe デバイス



FAQ

VMware Fusion

すべて表示 

VMware Fusion では、どのようなプログラムを実行できますか

VMware Fusion では、Windows XP から Windows 10 Fall Creators Update を含む 200 以上のオペレーティング システムを仮想マシンとして実行できます。これらのオペレーティング システム上で実行されるほぼすべてのプログラムを VMware Fusion で実行することが可能です。実行可能なプログラムは、Microsoft Office などの一般的な業務スイートをはじめ、AutoCAD や SolidWorks といったグラフィックを多用するプログラム、カスタム アプリケーションなど多岐にわたります。

仮想マシンで 3D ゲームをプレイできますか

はい。VMware Fusion 10 は高速の 3D グラフィックをサポートしており、Windows XP Service Pack 3、Windows Vista、Windows 7、Windows 8、Windows 10 の仮想マシンで、DirectX 10.0 Shader Model 3 または OpenGL 3.3 を必要とするゲームの多くをプレイできます。バージョン 10 は互換性のあるシステム上で、Apple 社の Metal レンダリングにも対応します。

Fusion と Windows

すべて表示 

レガシー Windows PC を VMware Fusion の仮想マシンに変換することはできますか

はい。VMware Fusion には、シンプルな Windows 用移行アシスタントが搭載されており、PC 全体を 1 台の仮想マシンに変換し、迅速かつ容易に Mac 上に移行できます。シンプルなアプリケーションを PC にインストールして Mac に接続すれば、VMware Fusion が PC を検出し、移行手順を実行します。

VMware Fusion 上で実行するための Windows を用意する必要はありますか

はい。VMware Fusion で仮想マシンを実行するには、オペレーティング システムのインストールが必要です。VMware Fusion には、オペレーティング システムは付属していません。古い PC から既存の Windows を移行するか、新しい Windows をインストールします。Windows 仮想マシンを実行するには、ライセンスが付与された Windows オペレーティング システムを準備するか、新しい Windows のライセンスを購入する必要があります。

仮想マシンの互換性

すべて表示 

1 台の Mac 上で複数の仮想マシンを同時に実行できますか

はい。VMware Fusion 10 では、システムの RAM とディスク ストレージのキャパシティに応じて、複数の仮想マシンを同時に実行できます。VMware Fusion では、特許取得済みのメモリ共有手法により、複数の仮想マシンを同時に実行する際に必要なメモリ量が大幅に低減されています。

1 つの VMware Fusion のライセンスで、仮想マシンをいくつ作成できますか

1 つの VMware Fusion のライセンスで作成できる仮想マシンの数に制限はありません。ただし、各仮想マシンにインストールするオペレーティング システムとライセンスは、個別に準備する必要があります。

ダウンロードと評価版

すべて表示 

評価版ライセンスを期限のない永続的なライセンスに変換できますか

評価期間が終了すると、ライセンス キーを入力するように求められます。製品を購入すると、新しいライセンス キーが提供されます。表示されるメッセージに従って、購入したライセンス キーを入力することで、ソフトウェアの 「無期限」 バージョンのロックが解除されます。E メールによる最大 18 か月間の無償サポートを利用するには、ライセンス キーを登録する必要があります。VMware オンライン ストアから製品をご購入いただいた場合、ライセンス キーは自動的に登録されます。リセラーからご購入いただいた場合は、My VMware でライセンス キーを手動で登録していただく必要があります。ライセンス キーの登録手順については、ナレッジベースの記事を参照してください。

評価版ライセンスを正規ライセンスに変換する場合、再度 VMware Fusion をダウンロードする必要がありますか

いいえ。VMware Fusion でライセンス キーを更新するだけで変換できます。[VMware Fusion] メニューで [License] をクリックし、新しいライセンス キーを入力してください。

ライセンスとアップグレード

すべて表示 

VMware Fusion にライセンスを適用する方法を教えてください

VMware Fusion にライセンスを適用するには、製品のインストール中に、購入したライセンス キーをライセンス キー フィールドに入力します。または、製品内の [VMware Fusion] ドロップダウン メニューで、シリアル番号 / ライセンス キーを入力することもできます。ドロップダウン メニューで [ライセンス] を選択し、シリアル / ライセンス キーを入力して [OK] をクリックします。

VMware Fusion のライセンス キーを登録するとすぐに、E メールによる無償サポートが有効になります。VMware オンライン ストアから製品をご購入いただいた場合、ライセンス キーは自動的に登録されます。リセラーから VMware Fusion をご購入いただいた場合は、My VMware でライセンス キーを手動で登録していただく必要があります。ライセンス キーの登録手順については、ナレッジベースの記事を参照してください。

VMware Fusion を VMware に登録する方法を教えてください

VMware オンライン ストアから製品をご購入いただいた場合、ライセンス キーは自動的に登録されます。リセラーからご購入いただいた場合は、My VMware でライセンス キーを手動で登録していただく必要があります。ライセンス キーの登録手順については、ナレッジベースの記事を参照してください。

サポート

すべて表示 

無償サポート期間は、いつから開始されるのですか

無償サポート期間は、VMware Fusion のライセンスを登録した日から開始されます。VMware のオンライン ストアで製品を購入した場合、登録は自動的に行われます。リセラーからご購入いただいた場合は、My VMware でライセンスを登録していただく必要があります。ライセンス キーの登録手順については、ナレッジベースの記事を参照してください。

無償サポートの期間はどのくらいですか

VMware Fusion および VMware Fusion Pro の無償サポートは、製品の登録日から起算して 18 か月間有効です。

関連製品を OS から選択

生産性の向上に役立つアプリケーションを、いつでもご利用いただけるようになります。macOS がメインのオペレーティング システムでない場合は、Windows および Linux 向けの Workstation 製品をご確認ください。

Workstation Pro

1 台の PC 上で複数のオペレーティング システムを同時に実行

Workstation Pro の詳細

Workstation Player

1 台の PC 上で、2 つ目のオペレーティング システムを分離して実行できます。

Workstation Player の詳細