<script type="application/ld+json"> [{ "@context": "http://schema.org/", "@type": "Product", "name": "Fusion", "description": "VMware Fusion gives Mac users the power to run Windows on Mac along with hundreds of other operating systems side by side with Mac applications, without rebooting. Fusion is simple enough for home users and powerful enough for IT professionals, developers and businesses.", "brand": { "@type": "Thing", "name": "VMware" } }, { "@context": "http://schema.org", "@type": "BreadcrumbList", "itemListElement": [{ "@type": "ListItem", "position": 1, "item": { "@id": "https://www.vmware.com/products.html", "name": "Products" } }, { "@type": "ListItem", "position": 2, "item": { "@id": "https://www.vmware.com/products/fusion.html", "name": "Fusion" } }] } ] </script>

VMware Fusion:強力でシンプルな Mac 向け仮想マシン

VMware Fusion:強力でシンプルな Mac 向け仮想マシン

Fusion は、ホーム ユーザーでも簡単に使用できる一方で、IT プロフェッショナル、開発者、ビジネス ユーザーにとって強力なツールとなる製品です。

Fusion の購入

Fusion Pro と Fusion Player のデスクトップ ハイパーバイザーを使用することで、開発者や IT プロフェッショナルは、デスクトップおよび「サーバ」の仮想マシン、コンテナ、Kubernetes クラスタを Mac 上で利用できます。

無償の「個人利用」ライセンスの入手

学生、ホーム ユーザー、オープンソース コントリビューターは、非営利の目的に限り、VMware Fusion Player を無償で利用できます。

VMware Fusion:強力でシンプルな環境へ

Mac 上であらゆるオペレーティング システムを実行

Mac 上で Windows を実行することは、機能のごく一部にすぎません。VMware Fusion では、Linux の各種ディストリビューションから最新の Windows 10 リリース、さらには macOS まで、サポートされる数百種類のオペレーティング システムのなかから選択して、デスクトップ上で macOS の最新リリースと同時に実行できます。

高度なソリューションの設計とデモ

1 台の Mac 上で、Kubernetes などの仮想クラウド スタック全体の実行が可能なため、ソリューションをすべてリアルタイムでデモンストレーションでき、以前の安定した構成に安全にロールバックすることもできます。すべてのコンポーネントを 1 台のノートブックで実行できるため、ソフトウェアに関する一連の業務をノートブックで完結させることができます。

任意のプラットフォームで開発とテストを実行

Fusion を使用すると、ほぼすべてのクラウド、プラットフォーム、またはデバイスに対応したアプリケーションの構築とテストが可能になります。新しい CLI ツール「vctl」により、マネージド クラウド環境がなくても、既存の既製オプションの実行、フル カスタムの OCI コンテナの構築、Kubernetes を使用したアプリケーションやサービスの設計ができます。アプリケーションと仮想マシンは安全なローカル サンドボックスで実行され、ローカルのソース ファイルとソース フォルダを複数の仮想マシンまたはコンテナで同時に共有できます。

企業のデスクトップをローカルで実行

Fusion を使用することで、企業のデスクトップを物理デバイスから分離し、「場所を選ばない働き方」という運用モデルを推進することができます。コピー アンド ペースト、ドラッグ アンド ドロップ、共有フォルダ、USB デバイスへのアクセスを無効にして、デバイスをロックダウンできます。暗号化とパスワードで保護された制限付き仮想マシンを実行することで、許可されたユーザーのみが企業のデータを利用できるようになります。

VMware vSphere への接続

vSphere および ESXi サーバにセキュアに接続し、仮想マシンと物理ホストの両方を起動、制御、管理できます。共通の VMware プラットフォームにより、仮想マシンを vSphere データセンターから Mac デスクトップに転送して、Fusion で実行することも簡単にできます。

Mac 上で Windows を快適に使用

Fusion を使用すると、複雑化することなく、Windows 環境と Mac 環境がシームレスに融合します。2 つの環境をセキュアに分離することも、1 つのシームレスな環境として統合することも柔軟に選択できます。Windows 10 などの最新のオペレーティング システムのインストールや、古い PC の仮想 PC への変換も容易に行うことができます。

機能

macOS Big Sur に対応

macOS Big Sur に対応

再起動することなく、ほぼすべてのオペレーティング システムを macOS 11 Big Sur 上で実行できます。最新の Fusion には、Big Sur 上でカーネル拡張機能を使用せずに動作するためのサポートが追加されています。これにより、macOS 10.15 Catalina 上での動作を継続しながら、安全性を高めて将来の macOS に対応する事ができます。

新しいコンテナと Kubernetes のサポート

新しいコンテナと Kubernetes のサポート

新しい CLI ツール「vctl」を使用して、OCI コンテナ イメージとローカル Kubernetes クラスタを実行できます。開発者は、本番環境同様のローカル環境でモダン アプリケーションを構築してテストできます。また、IT プロフェッショナルは、多額の費用をかけることなく最新のクラウド テクノロジーを習得することができます。

eGPU による強力なグラフィックス

eGPU による強力なグラフィックス

Fusion は、大幅に強化された 3D グラフィックス エンジンにより、複雑で GPU 負荷が高いアプリケーションやゲームに対応できます。新たに eGPU デバイスのサポートが追加されたことで、ハードウェア アクセラレーション対応の DirectX 11 と OpenGL 4.1 の機能を Windows と Linux の仮想マシンで活用できるようになりました。さらに、仮想マシン 1 台あたり最大 8 GB の vRAM が搭載可能となり、グラフィックスのレンダリングで特別な「サンドボックス」プロセスが採用されたため、仮想マシンのグラフィックスのパフォーマンス、精度、セキュリティを大きく高めることができます。

大規模な仮想マシンのサポートと互換性の向上

大規模な仮想マシンのサポートと互換性の向上

Fusion Pro と Fusion Player では、新しい Mac Pro のような強力なハードウェアを搭載したシステムで、最大 32 個の CPU コア、128 GB の RAM、10 TB の仮想ディスク、8 GB の vRAM を搭載した大規模な仮想マシンがサポートされるようになりました。また、Fusion 12 では USB 3.1 デバイスとの互換性も追加され、ローカル環境とリモート接続の両方で vSphere 7 がサポートされます。

vSphere との接続の改善

vSphere との接続の改善

ESXi または vCenter Server に接続し、仮想マシンと ESXi ホストの起動、制御、構成を行うことで、データセンターとホストのトポロジーの可視性を改善できます。Fusion Pro では VMware ハイパーバイザーが共通の基盤として使用されているため、簡単なドラッグ アンド ドロップ操作で仮想マシンを転送したり、企業のデータセンターにある仮想マシンを自分の Mac から直接制御したりできます。(Fusion Pro でのみ利用可能)

プロフェッショナル向けの仮想ネットワーク

プロフェッショナル向けの仮想ネットワーク

Fusion Pro では仮想ネットワーク構成の管理も可能で、新しいネットワークの作成、サブネット設定の変更、MTU サイズの変更、NAT ポート転送の構成などを行うための UI を備えています。Wireshark などの標準的な PCAP リーダーを使用して各仮想ネットワークのトラフィックを表示し、組み込みの「vmnet-sniffer」ユーティリティでキャプチャできます。さらに、パケット ロス、帯域幅制限、遅延などをシミュレートして、アプリケーションやサービスの耐障害性をテストすることもできます。

機能性に優れたスナップショットとクローン

スナップショット機能を使用してロールバック ポイントを作成すると、必要に応じてその時点に復帰できます。これはソフトウェアのテストや、リピート再生可能なデモの作成に最適です。クローン機能により、同じ OS の構成を何度も展開することなく、さまざまなシナリオを簡単にテストできます。クローン機能は VMware Fusion Pro エディションでのみ使用できます。

アクセシビリティ

VMware は、米国リハビリテーション法第 508 条の規制への準拠など、すべての方が Fusion および Fusion Pro を容易に利用できるよう、アクセシビリティの確保に努めています。Mac の支援テクノロジーと Fusion を組み合わせて Windows の要素と連携させることで、独自のアクセシビリティ コントロールをアプリケーションで実現します。VMware のアクセシビリティへの取り組みに関する詳細をご覧ください。

Boot Camp の機能を補完

Windows と Mac のどちらを利用するかを、起動時に選択する必要はありません。Fusion では、再インストールや再起動なしで、既存の Boot Camp パーティションから直接起動して、Windows と Mac のアプリケーションを同時に実行できます。

OS のインストールが容易

Fusion では、OS のインストール方法として、Boot Camp パーティションから Windows を実行する、Windows ディスクからインストールする、既存の PC から移行する、macOS をリカバリ パーティションから仮想マシンとしてインストールする、といった方法が選択できます。Fusion なら、シンプルかつカスタマイズ可能な方法で、複数のオペレーティング システムを Mac にインストールできます。新たに OVF のサポートがアップデートされ、これには VMware vCenter Server Appliance OVA のインストール手順も含まれています。

統合された環境

Windows と Mac の間でのコピー アンド ペースト、ドラッグ アンド ドロップによるファイル共有、フォルダの共有とミラーリング、さらにネットワークの利用や印刷を、設定なしでシームレスに行うことができます。その一方で、高度なカスタマイズ機能により、専門的なユースケースや高度なユースケースへの対応も可能です。

Retina と 6K ディスプレイに対応

VMware Fusion は、iMac の最新の 5K ディスプレイや Apple Pro XDR の最新の 6K ディスプレイでも最適な表示を実現できます。また、Retina と Retina 以外の組み合わせもサポートします。Retina の MacBook Pro に標準的な DPI のディスプレイを組み合わせたり、お使いの環境に 4K ディスプレイを追加したりするのも簡単です。使用しているディスプレイの種類にかかわらず、Fusion では Windows の表示画質がアップします。

サンドボックス環境

統合機能を無効にして Mac を Windows から分離することもできるため、各オペレーティング システムを安全に保護できます。VMware Fusion では、コンピューターを 2 台使用しても実現できない機能を提供します。

ユースケース

VMware Fusion はあらゆる Mac ユーザー向けに設計されています。IT 担当者、開発者、ビジネス ユーザーから選ばれる VMware Fusion Pro は、幅広い OS のサポート、ゆるぎない安定性、高度な機能など、仮想化環境ならではのメリットを実現します。

IT 担当者向けソリューション

ほぼすべてのデバイス、プラットフォーム、クラウド向けのソフトウェア ソリューションを設計、テスト、デモンストレーションできます。

開発者向けソリューション

アプリケーションとオペレーティング システムを簡単に構築し、テストできます。

ビジネス向けソリューション

企業のデスクトップとアプリケーションを場所を問わずあらゆるユーザーに提供することで、BYO を可能にします。

技術仕様

Fusion 12

VMware Fusion のシステム要件は以下のとおりです。

ハードウェア

2012 年以降にリリースされたすべての Mac* と、次の Mac をサポートしています。

 

  • Mac Pro 6 コア、8 コア、12 コアの 2010 年モデル

* 例外として、次の Mac はサポートしていません。

 

  • Intel Xeon W3565 プロセッサー搭載の
    Mac Pro クアッド コア 2012 年モデル

ソフトウェア

Fusion 12 は、macOS 11.0 Big Sur および macOS 10.15 Catalina を搭載した Mac をサポートしています。Fusion 12 は macOS 10.14 以前では動作しません。

Metal ホスト グラフィックス レンダリング エンジン

Metal レンダリング エンジンを実行するには、
Metal サポート対象の Apple Mac コンピューターが必要です。Metal サポート対象の Mac については、次の URL から Apple のドキュメントを参照してください。https://support.apple.com/ja-jp/HT205073

仮想マシンで DirectX 11 3D アクセラレーション機能をサポートするための要件

ハードウェア

  • Mac Pro 2013 以降
  • iMac 27 インチ 2014 以降
  • MacBook Pro 13 インチ 2015 以降
  • MacBook Pro 15 インチ 2015(デュアル グラフィックス)以降
  • MacBook Air 2015 以降
  • MacBook 2015 以降
  • iMac 21 インチ 2015 以降
  • iMac Pro 2017 以降
  • MacMini 2018 以降

関連製品を OS から選択

Workstation Pro

IT プロフェッショナルおよび開発者向けの業界をリードするデスクトップ ハイパーバイザーです。

Workstation Player

強力なローカル デスクトップ仮想化機能を軽量のパッケージで提供します。

Fusion と Fusion Pro の比較:お客様に最適なバージョンをご検討ください

全般

Fusion Player

Fusion Pro

新しい仮想マシンの作成

   

大規模な仮想マシンの作成(32 個の仮想 CPU、128 GB の RAM)

 

仮想マシンへの PC の変換

   

大規模展開

   

 

 

 

ホストとゲストの統合

Fusion Player

Fusion Pro

ホストとゲスト間でのファイル共有

   

共有フォルダ/ミラー フォルダ

   

Linux 仮想マシンへのワンクリック SSH 接続

   

異なる表示モードでの仮想マシンの実行

   

ユニティ モード(Windows ゲストのみ)

   

 

 

 

グラフィックス

Fusion Player

Fusion Pro

DirectX 11 と OpenGL 4.1 による 3D グラフィックス

   

大容量グラフィックス メモリ:8 GB

   

 

 

 

デバイスのサポート

Fusion Player

Fusion Pro

4K/5K/Retina ディスプレイのサポート

   

幅広い仮想デバイスのサポート

   

USB スマート カード リーダーのサポート

   

USB 3.1 デバイスのサポート

   

支援デバイスのサポート(セクション 508 への準拠)

   

複数言語対応キーボードのサポート

   

仮想 TPM(Trusted Platform Module)デバイス

   

仮想 NVMe デバイス

   

 

 

 

セキュリティ機能

Fusion Player

Fusion Pro

Microsoft 仮想化ベースのセキュリティ(ゲスト)のサポート

   

仮想 Trusted Platform Module(vTPM)

   

UEFI ブートのサポート

   

UEFI セキュア ブートのサポート

   

GPU サンドボックス レンダラー

   

スナップショット

   

暗号化された仮想マシンの作成と管理

   

 

 

 

ホスト OS

Fusion Player

Fusion Pro

Windows 10 ホスト

   
Linux:Ubuntu、CentOS、Debian、Fedora、RHEL、SUSE、openSUSE    
macOS 11 以降    

 

 

 

ゲスト OS

Fusion Player

Fusion Pro

200 以上のオペレーティング システムのサポート(Linux、旧バージョンの Windows、BSD)

   

Windows 10 ゲスト

   

macOS ゲスト

   

 

 

 

Mac ホスト固有の機能

Fusion Player

Fusion Pro

macOS 11 ホストのサポート

   

macOS ゲストのサポート

   

Mac の Dock への Windows アプリケーションの格納

   

Linux 仮想マシンへのワンクリック SSH 接続

   

Metal グラフィックス エンジン

   

Boot Camp のインポート/起動

   

Boot Camp のインポート/起動

   

 

 

 

Windows ホスト固有の機能

Fusion Player

Fusion Pro

Windows 10 ホスト

   

DirectX 12 レンダリング エンジン

   

Hyper-V モードのサポート(Device Guard、WSL)

   

 

 

 

Linux ホスト固有の機能

Fusion Player

Fusion Pro

Vulkan レンダリング エンジン

   

ホストのサポート:Ubuntu、CentOS、Debian、Fedora、RHEL、SUSE、openSUSE

   

 

 

 

高度な機能

Fusion Player

Fusion Pro

コマンドライン操作:vmrun と VIX

   

vCenter Server Appliance の展開が容易

   

REST API

   

Nautilus Container Engine

   

仮想ネットワークのカスタマイズ(NAT、ネットワーク名の変更)

   

仮想ネットワークのシミュレーション(パケット ロス、遅延、帯域幅)

   

vSphere ホストのリモート電源管理

   

リンククローンの作成

   

フルクローンの作成

   

仮想マシンの暗号化

   

 

 

 

ライセンス

Fusion Player

Fusion Pro

個人利用は無償

   

商用ライセンス

   

評価版ライセンス

   

 

 

 

VMware Fusion

VMware Fusion では、macOS、Windows、Linux、その他の x86 ベースのオペレーティング システムを仮想マシンとして実行できます。これらのオペレーティング システム上で実行されるほぼすべてのプログラムを、VMware Fusion で実行することが可能です。実行可能なプログラムは、Microsoft Office などの一般的な業務スイートをはじめ、DirectX 11 が必要となる AutoCAD や SolidWorks といったグラフィックを多用するプログラム、カスタム アプリケーションなど多岐にわたります。Fusion Player および Fusion Pro では、どちらも組み込みの CLI ツール「vctl」を使用してコンテナと Kubernetes クラスタを実行することもできます。

はい。VMware Fusion 12 は、ハードウェア アクセラレーションを使用した 3D グラフィックスをサポートしています。Windows 仮想マシンについて、Fusion は DirectX 11(Shader Model 5.0)以前をサポートしており、Windows および Linux ゲストについては、OpenGL 4.1 機能を提供しています。Fusion は、Apple の Metal グラフィックス テクノロジーを使用して、互換性のある Mac システム上の仮想マシンに、ハードウェア アクセラレーションを使用する 3D グラフィックスをレンダリングします。詳細については、VMware Fusion のシステム要件をご確認ください。

Fusion と Windows

はい。VMware Fusion には、シンプルな Windows 用移行アシスタントが搭載されており、PC 全体を 1 台の仮想マシンに変換し、迅速かつ容易に Mac 上に移行できます。シンプルなアプリケーションを PC にインストールして Mac に接続すれば、VMware Fusion が PC を検出し、移行手順を実行します。

はい。VMware Fusion で仮想マシンを実行するには、オペレーティング システムのインストールが必要です。VMware Fusion にはオペレーティング システムは付属していないため、古い PC から既存の Windows を移行するか、新しい Windows をインストールします。Windows 仮想マシンを実行するには、ライセンスが付与された Windows オペレーティング システムを準備するか、新しい Windows のライセンスを購入する必要があります。

仮想マシンの互換性

はい。VMware Fusion 12 Pro および Player では、システムの CPU、RAM、ディスク ストレージが対応している場合、複数の仮想マシンを同時に実行できます。VMware Fusion では、特許取得済みのメモリ共有手法により、複数の仮想マシンを同時に実行する際に必要なメモリ量が大幅に低減されています。

1 つの VMware Fusion のライセンスで作成できる仮想マシンの数に制限はありません。ただし、各仮想マシンにインストールするオペレーティング システムとライセンスは、個別に準備する必要があります。

ダウンロードと評価版

評価期間が終了すると、ライセンス キーを入力するように求められます。製品を購入すると、ライセンス キーが提供されます。表示されるメッセージに従って、購入したライセンス キーを入力することで、ソフトウェアの「無期限」バージョンのロックが解除されます。最大 18 か月間の E メールによる無償サポートを利用するには、ライセンス キーを登録する必要があります。VMware オンライン ストアから製品を購入した場合は、ライセンス キーが自動的に登録されます。リセラーから購入した場合は、My VMware でライセンス キーを手動で登録していただく必要があります。ライセンス キーの登録手順については、ナレッジベースの記事 [JC(1] を参照してください。

[JC(1] 記事の URL を追加

いいえ。VMware Fusion でライセンス キーをアップデートするだけで変換できます。[VMware Fusion] メニューで [ライセンス] をクリックし、新しいライセンス キーを入力してください。

ライセンスとアップグレード

VMware Fusion Player および Fusion Pro は無期限ライセンスとして付与されます。アップグレードやトラブルシューティングのセキュリティを強化するための、サポートおよびサブスクリプションのアドオンも用意されています。

VMware Fusion にライセンスを適用するには、製品のインストール時に表示されるライセンス キー フィールドに、購入したライセンス キーを入力します。または、製品内の [VMware Fusion] ドロップダウン メニューで、シリアル番号/ライセンス キーを入力することもできます。ドロップダウン メニューで [ライセンス] を選択し、シリアル番号/ライセンス キーを入力して [OK] をクリックします。

VMware Fusion の有償ライセンス キーを登録するとすぐに、E メールによる無償サポートが有効になります。

VMware Fusion Pro には個人利用と商用利用の有償ライセンスが用意されており、VMware のオンライン ストアまたは認定リセラーおよびパートナーから購入できます。

VMware Fusion Player はデュアルライセンスで、個人利用または商用利用のライセンスを選択できます。Fusion Player の個人利用ライセンスは、vmware.com に登録することで無償で入手できます。

VMware Fusion Player の商用ライセンスは、VMware のオンライン ストアまたは認定リセラーおよびパートナーから購入できます。

VMware オンライン ストアから製品を購入した場合は、ライセンス キーが自動的に登録されます。リセラーから購入した場合は、My VMware でライセンス キーを手動で登録していただく必要があります。ライセンス キーの登録手順については、ナレッジベースの記事を参照してください。

サポート

無償サポート期間は、VMware Fusion のライセンスを登録した日から開始されます。VMware のオンライン ストアで製品を購入した場合、登録は自動的に行われます。リセラーから購入した場合は、My VMware でライセンスを登録していただく必要があります。ライセンス キーの登録手順については、ナレッジベースの記事を参照してください。

VMware Fusion Player および VMware Fusion Pro の無償サポートは、製品の登録日から起算して 30 日間有効です。