Horizon Cloud を活用したクラウド ホスト型の仮想デスクトップおよびアプリケーションの提供

VMware Horizon Cloud では、クラウド ホスト型の仮想デスクトップや仮想アプリケーションを、デバイスや場所を問わずに、単一のクラウド制御プレーンを通じて提供できます。

(3:04)

Horizon Cloud の概要

Horizon Cloud は、圧倒的なシンプルさと柔軟性によって従来の仮想デスクトップ インフラストラクチャ(VDI)を変革します。

仮想デスクトップとアプリケーションのクラウドでの展開

Horizon Cloud を使用することで、任意のインフラストラクチャ上に仮想デスクトップとアプリケーションを展開し、単一のクラウド制御プレーンから管理できる柔軟性を得ることができます。

eBook を読む
(2:07)

Horizon Cloud on Microsoft Azure

Microsoft Azure のインスタンスを Horizon Cloud の制御プレーンに接続することで、仮想デスクトップと Windows アプリケーションをセキュアに提供できるソリューションが実現します。

Horizon Cloud on Microsoft Azure:最新情報

仮想デスクトップとアプリケーションをサービスとして提供することのメリットと、使用量に応じたパブリック IaaS の柔軟性を組み合わせて、より優れた、費用対効果の高いデジタルワークスペースを実現します。

ブログを読む

Horizon Cloud のメリット

Cross-Cloud Architecture

Horizon Cloud では、クラウド環境向けに最適化されたマルチテナント アーキテクチャを採用しており、仮想デスクトップとアプリケーションを、VMware マネージド クラウド、BYO クラウド、またはその両方など、ニーズに応じて配置できます。

将来のニーズへの対応

VMware の幅広いエンド ユーザー コンピューティング ポートフォリオを活用して、ニーズに応じて仮想デスクトップとアプリケーションをクラウドに移行し、現在の投資を最大限に活用できます。

デジタルワークスペースの活用

エンド ユーザーは、使用するデバイス、時間や場所を問わず、デジタル ワークスペースへのセキュアなアクセスをこれまでになく容易に実行できます。

コストと複雑さの低減

Horizon Cloud は、使用量に応じて課金されるサブスクリプション モデルを採用することで、従来のデスクトップやアプリケーションの仮想化を大きく変革します。

スポットライト:Horizon Cloud on Microsoft Azure

(2:55)

Horizon Cloud on Microsoft Azure のデモ

Horizon Cloud と Microsoft Azure の優れた相乗効果について詳しく説明します。

Horizon Cloud on Microsoft Azure を使用する理由

Windows 10 への移行を加速し、仮想デスクトップとアプリケーションの管理を合理化するうえで、VMware と Microsoft とのパートナーシップがどのように貢献しているのかをご紹介します。

Microsoft Azure への投資効果の最大化

Horizon Cloud で Azure への投資効果を最大化し、仮想デスクトップの管理を簡素化するための 3 ステップ ガイドをご覧ください。

ニーズに応じた Horizon Cloud インフラストラクチャの選定

VMware Horizon Cloud は、複数の導入オプションで拡張できる専用のクラウド プラットフォームを使用して、豊富な機能を備えた仮想デスクトップや仮想アプリケーションを提供します。独自のクラウド インフラストラクチャを利用するか、VMware からクラウド ホスト型インフラストラクチャを購入することができます。

Horizon Cloud ホスト型

VMware が提供するマネージド インフラストラクチャにより、独自のインフラストラクチャを管理する手間やコストを省き、クラウド上で仮想デスクトップとアプリケーションを提供できます。

 

メリット

  • エンタープライズクラスのセキュリティ、本番環境レベルのサポート、連続稼動時間 99.9 % のサービス レベル アグリーメント(SLA)
  • 従来のオンプレミス環境と比較して短時間での拡張
  • 複数のデスクトップ構成、アプリケーションの提供、グローバルに展開されたデータセンター拠点
  • シンプルで予測可能な、ユーザー単位のライセンスによる、容易なコスト予測

 

  詳細情報

Horizon Cloud on Microsoft Azure

ご利用中の Microsoft Azure インフラストラクチャを Horizon Cloud 制御プレーンに接続することで、Microsoft Azure データセンターにホストされた仮想デスクトップとアプリケーションをセキュアに提供できます。

 

メリット

  • キャパシティに応じた分単位の従量課金制で、先行投資や解約料が発生しない
  • 全世界で数多く展開されている Azure データセンター リージョンを活用
  • Azure インフラストラクチャと Horizon Cloud 制御プレーンをペアリングすることで、クラウド ホスト型の仮想アプリケーションを簡素化
  • インフラストラクチャ プロバイダーを追加せずに、クラウドから容易に仮想アプリケーションを管理、提供

 

   詳細情報

比較

Horizon 製品

  • Horizon 7既存のデータセンターからオンプレミスの仮想/ホスト型のデスクトップやアプリケーションを提供できます。
  • Horizon Cloud Hosted:VMware マネージド パブリック クラウド インフラストラクチャから、クラウド ホスト型の仮想/ホスト型のデスクトップやアプリケーションを提供できます。
  • Horizon Cloud on Microsoft Azure:既存の Microsoft Azure インフラストラクチャから、クラウド ホスト型のデスクトップやアプリケーションを提供できます。

機能の比較を表示する

製品名
ライセンス タイプ
製品名 Horizon Cloud アプリケーション
ライセンス タイプ 指定ユーザー:月額 8.25 ドル
同時接続ユーザー:月額 13.40 ドル
製品名 Horizon Cloud デスクトップおよびアプリケーション
ライセンス タイプ 指定ユーザー:月額 16.50 ドル
同時接続ユーザー:月額 26.70 ドル
製品名
ライセンス タイプ
製品名 Horizon Cloud with Hosted Infrastructure(クラウドホスト型)
ライセンス タイプ 標準キャパシティ:1 ユニットあたり月額 16.50 ドル
ワークステーション キャパシティ(M10):1 ユニットあたり月額 70 ドル
ワークステーション キャパシティ(M60):1 ユニットあたり月額 300 ドル
製品名 Horizon Cloud on Microsoft Azure
ライセンス タイプ お客様所有の Microsoft Azure アカウント
標準キャパシティ
ワークステーション キャパシティ(M10)
ワークステーション キャパシティ(M60)
価格
標準キャパシティ 1 ユニットあたり月額 16.50 ドル
ワークステーション キャパシティ(M10) 1 ユニットあたり月額 70 ドル
ワークステーション キャパシティ(M60) 1 ユニットあたり月額 300 ドル
プロセッサー
標準キャパシティ 仮想 CPU 1 個分
ワークステーション キャパシティ(M10) 仮想 CPU 2 個分
ワークステーション キャパシティ(M60) 仮想 CPU 4 個分
メモリ
標準キャパシティ 2 GB の vRAM
ワークステーション キャパシティ(M10) 4 GB の RAM
ワークステーション キャパシティ(M60) 16 GB の RAM
ハード ディスク
標準キャパシティ 30 GB
ワークステーション キャパシティ(M10) 30 GB
ワークステーション キャパシティ(M60) 120 GB
GPU メモリ
標準キャパシティ
ワークステーション キャパシティ(M10) 1 GB
ワークステーション キャパシティ(M60) 2 GB
デスクトップ構成
標準キャパシティ 1 ユニット:仮想 CPU 1 個分、2 GB vRAM、30 GB ストレージ
2 ユニット:仮想 CPU 2 個分、4 GB vRAM、60 GB ストレージ
4 ユニット:仮想 CPU 4 個分、8 GB vRAM、120 GB ストレージ
8 ユニット:仮想 CPU 8 個分、16 GB vRAM、240 GB ストレージ
ワークステーション キャパシティ(M10) 1 ユニット:仮想 CPU 1 個分、2 GB vRAM、30 GB ストレージ、1 GB のビデオ メモリ
2 ユニット:仮想 CPU 2 個分、4 GB vRAM、60 GB ストレージ、2 GB のビデオ メモリ
ワークステーション キャパシティ(M60) 1 ユニット:仮想 CPU 4 個分、16 GB vRAM、120 GB ストレージ、2 GB のビデオ メモリ
2 ユニット:仮想 CPU 8 個分、32 GB vRAM、240 GB ストレージ、4 GB のビデオ メモリ
4 ユニット:仮想 CPU 16 個分、64 GB vRAM、480 GB ストレージ、8 GB のビデオ メモリ
デスクトップの種類
標準キャパシティ パーシステントおよびフローティング
ワークステーション キャパシティ(M10) パーシステントおよびフローティング
ワークステーション キャパシティ(M60) パーシステントおよびフローティング
ホストテッド アプリケーション
標準キャパシティ
ワークステーション キャパシティ(M10)
ワークステーション キャパシティ(M60)
対象ユーザー
標準キャパシティ タスク ワーカーおよびナレッジ ワーカー:業務アプリケーションやインターネット ブラウザーを主に実行
ワークステーション キャパシティ(M10) タスク ワーカーおよびナレッジ ワーカー:Windows 10 の実行またはビデオ コンテンツへのアクセス
ワークステーション キャパシティ(M60) パワー ユーザー:グラフィック処理の多い 3D アプリケーションの実行

Horizon Cloud パートナー ネットワーク

クラウドへの移行にあたり、デスクトップとアプリケーションの管理サービスを検討されていますか?VMware は、世界中の主要なマネージド サービス プロバイダー(MSP)と連携して、包括的なエンド ユーザー コンピューティング(EUC)ソリューションをサービスとして提供しています。Horizon Cloud MSP パートナーのリンク先から、お客様の Horizon Cloud 導入環境を補完するサービスの詳細情報をご覧ください。

Horizon Cloud のパートナーリセラーに関する詳細は、VMware までお問い合わせください。

リソース