VMware Horizon FLEX による Workstation デスクトップおよび Fusion デスクトップのリモート管理

契約社員、外出先で作業するユーザー、および従業員が、オフラインの個人所有 PC や Mac をセキュアに使用できる環境を提供できます。

(3:26)

ユーザーの状況に応じたアクセスの提供

Horizon FLEX では、ユーザーが、セキュリティと企業コンプライアンスを維持しながら、場所を問わずに企業のネットワークにアクセスできます。

Horizon FLEX の機能

 

Horizon FLEX は、Workstation デスクトップと Fusion デスクトップを一元管理するためのソリューションです。会社が承認した第 2 のデスクトップにポリシーをプッシュし、アクセスを認可する仕組みを備えており、管理者は、USB アクセスやホスト コンピューターとの通信を制限し、必要に応じてこれらの設定を更新できます。

 

  • 柔軟な展開
  • 統合されたポリシー
  • ネットワークへの接続が不要な作業環境
  • Windows の管理
  • コストの削減

個人所有 PC と Mac に対応

契約社員、外出先で作業するユーザー、およびフィールド スタッフの PC および Mac 上に、ポリシーの一元管理とセキュアでコンテナ化された企業デスクトップを提供します。リモート システムからは、会社が承認したサードパーティ製デバイスのみと送受信が可能なため、安心して作業できるほか、リモート デスクトップの無効、あるいは有効期限の設定をすることで、Windows のライセンスを再利用できます。ユーザーには使用するハードウェアやホスト オペレーティング システム (Windows 10 や macOS Sierra など) を選択できる柔軟性を提供しながら、デスクトップのセキュリティは高い水準で維持できます。

レガシー システムの延命

一元管理されているローカル仮想デスクトップを最新のハードウェア上で使用することで、レガシー アプリケーションの寿命を延ばすことができます。コンプライアンスと脅威に対する最新の管理テクノロジーを活用しながら、ミッション クリティカルなレガシー アプリケーションを最新のハードウェアに展開できるほか、Windows XP のアプリケーションを仮想コンテナとしてパッケージングし、信頼性の高い環境でこれまでと変わらずに実行できるため、高額なサポート契約は必要ありません。

コストの抑制

一元管理されたローカル仮想マシンをクラウドに分散することで、リモート ラップトップの運用に関連する設備投資コストおよび運用コストの両方を削減できます。複数の Windows デスクトップと Linux デスクトップを 1 台のラップトップ上で同時に実行することで、フィールド ワーカーやエンジニアの作業環境に柔軟性と利便性がもたらされるため、設備投資コストが最大 75 % 削減可能です。また、USB やクラウドを介して会社標準のデスクトップを配布することで、M&A、新しい従業員への対応、メンテナンス、更新サイクルなどの際、ラップトップを展開する必要がなくなるため、運用コストが低下します。

スポットライト 

Horizon FLEX は、契約社員を雇用する際の設備投資コストと運用コストを削減することが実証されています。

(1:21)

Horizon FLEX: 契約社員の ROI

大幅なコスト削減を実現するソリューションを、ビデオまたはインフォグラフィックでご紹介します

FLEX を試用できます

ハンズオン ラボで実際にお試しいただけます

主な機能

ポリシー ベース

ローカル仮想デスクトップを、70 以上のポリシー制御ポイントとともにリモート ユーザーに提供します。

Active Directory との連携

Active Directory の認証情報を使用して、ネットワークに接続していないリモートのユーザーにデスクトップおよびポリシーを割り当てます。

データ制御

暗号化、クリップボード、およびファイル共有ポリシーを使用して、物理コンピューターとローカル仮想デスクトップの間のデータの流れを制御できます。

USB 制御

ローカル仮想デスクトップで使用できる周辺カテゴリや外部デバイスの種類を指定できます。

ライセンス制御

リモート ロック、リモート ワイプ、および自動無効化機能によって、仮想デスクトップの有効期限を制御できます。

レガシー アプリケーション

レガシー アプリケーションやレガシー オペレーティング システムを、最新のハードウェアで安全に実行できます。

ネットワーク制御

仮想イーサネット カードの設定を指定できるほか、コンソールから MAC アドレス範囲も設定できます。

Windows の管理

VMware Mirage を使用することで、次世代 Windows のイメージ、バックアップ、リカバリを統合管理できます。

技術仕様

検証済みのホスト OS

VMware は、次のホスト OS で Horizon FLEX Client との互換性を確認しています。

  • Windows 10
  • Windows 8.1 Pro
  • Windows 8.1 Enterprise
  • Windows 8
  • Windows 7
  • macOS 10.12 Sierra
  • OS X 10.11 El Capitan
  • OS X 10.10 Yosemite
  • OS X 10.9 Mavericks

検証済みのローカル仮想デスクトップ

VMware は、次のゲスト OS で Horizon FLEX Client との互換性を確認しています。

  • Windows 10
  • Windows 8.1
  • Windows 7
  • Windows XP
  • Ubuntu 16.04
  • Ubuntu 15.10
  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2016

比較

機能
Fusion および Workstation
VMware Horizon FLEX
機能 Windows および Mac のサポート
Fusion および Workstation *両方を購入する場合のみ
VMware Horizon FLEX
機能 ネットワーク制御
Fusion および Workstation
VMware Horizon FLEX ポリシーの適用
機能 リソース制御
Fusion および Workstation
VMware Horizon FLEX ポリシーの適用
機能 USB デバイスのアクセス
Fusion および Workstation
VMware Horizon FLEX ポリシーの適用
機能 Active Directory との連携
Fusion および Workstation
VMware Horizon FLEX
機能 統合管理
Fusion および Workstation
VMware Horizon FLEX
機能 リモートからのポリシーの適用
Fusion および Workstation
VMware Horizon FLEX
機能 デスクトップの展開と権限付与
Fusion および Workstation
VMware Horizon FLEX
機能 Windows の管理
Fusion および Workstation
VMware Horizon FLEX
機能 Windows のバックアップとリストア
Fusion および Workstation
VMware Horizon FLEX
機能 リモート ロックとリモート ワイプ
Fusion および Workstation
VMware Horizon FLEX

ライセンス

 

Horizon FLEX は、10 ライセンス パックとして提供され、次のものが含まれます。

  • Horizon FLEX Policy Server のライセンス × 1
  • VMware Mirage Server のライセンス × 1
  • Horizon FLEX Client (Fusion Pro または Workstation Player) ライセンス × 10
  • VMware Mirage Client のライセンス

Horizon FLEX クライアントのライセンスに地域制限はありません。