Horizon (with View) により、仮想 / リモート デスクトップまたはアプリケーションを単一のプラットフォームを通じて提供できるようになります。また、エンド ユーザーは、すべてのデスクトップおよびアプリケーションに単一の統合ワークスペースからアクセスできます。

Horizon 6 マーケテクチャ

Horizon 6 マーケテクチャ

デスクトップおよびアプリケーションを単一の VDI プラットフォームで提供

単一の仮想デスクトップ インフラストラクチャ (VDI) プラットフォームを通じて仮想 / リモート デスクトップおよびアプリケーションを提供することで、管理を効率化し、エンド ユーザー権限を容易に設定できます。また、ユーザーが望むスピードで必要な Windows リソースを迅速に提供します。

Horizon 6 では次のことを新たにサポートします。

  • ホストされたアプリケーションと Microsoft Windows リモート デスクトップ サービスを実行するデスクトップを提供するための単一のプラットフォーム

Horizon 6 における RDS ホスト型アプリケーション

Horizon 6 における RDS ホスト型アプリケーション

Horizon 6 における RDS ホスト型アプリケーション (4:17)

操作性に優れた統合ワークスペース

Horizon 6 により IT 部門は、Blast Performance を使用した統合ワークスペースを通じて、デスクトップやホスト型のリモート デスクトップ サービス (RDS) アプリケーション、ThinApp のパッケージされたアプリケーション、SaaS アプリケーション、さらには Citrix 社の仮想アプリケーションまでをも含むアプリケーションを提供できます。これにより、いかなるデバイス、場所、メディア、および接続環境を使用しても優れた操作性を実現できます。

  • XenApp 5.0 以降、Microsoft のホスト型 RDS アプリケーション、および Windows Server 2008 以降を搭載したデスクトップ、SaaS アプリケーション、および ThinApp 5.0 でパッケージングされたアプリケーション

Blast Performance には次が含まれます。

  • Blast Adaptive UX:WAN と LAN を通しての HTML ブラウザ経由、または専用のデスクトップ プロトコルである PCoIP を使用したアクセスの最適化
  • Blast Multi-media:高性能のマルチメディア ストリーミングにより、優れた使用環境を実現
  • Blast 3D:ワークステーション レベルのパフォーマンスをクラウドから実現する機能豊富なグラフィックス仮想化機能
    • VMware Horizon with NVIDIA GRID vGPU が、デバイスや場所を問わず、高性能の 3D グラフィックス機能をクラウドから低コストで提供
  • Blast Live Communications:完全に最適化されたユニファイド コミュニケーションや、リアルタイムのオーディオおよびビデオのサポート。Horizon 6 は、Windows 8 上での Microsoft Lync の使用をサポート
  • Blast Unity Touch:デバイスを問わず状況に合わせ直感的に使用できるユーザー環境を提供。これにより、Windows をモバイル デバイスで容易に実行することが可能
  • Blast Local Access:USB や周辺機器などのローカル デバイスへのアクセス
  • Horizon Clients with Blast:デバイスの種類や場所を問わず、一貫した最高の使用環境を実現する統合クライアント

仮想デスクトップ インフラストラクチャ (VDI) によるクローズド ループ型の管理と自動化

Horizon 6 は、IT 部門によるユーザーのコンピューティング リソースの確実な管理、提供の自動化、および保護を可能にします。

Horizon 6 により、次のことがサポートされます。

リアルタイムでのアプリケーションの配布と管理

  • 大規模環境でアプリケーションを迅速にプロビジョニング
  • ユーザーがデスクトップにログインしているときにも、アプリケーションをユーザー、グループ、またはデバイスに動的に関連付け
  • アプリケーションをリアルタイムでプロビジョニング、配布、アップデート、および運用終了

ポリシーおよびイメージ管理

  • デスクトップおよびアプリケーションのプロビジョニングと、View を通じた権限付与のサポート
  • 物理デバイスおよびフル クローンの仮想マシンを効率的に管理するため、Mirage の統合イメージ管理をサポート
  • Cloud Pod アーキテクチャにより、データセンターやサイト全体での View Pod の特定と移動が容易に実現

分析および自動化

  • VMware vRealize Operations for Horizon を使用したクラウド分析により、デスクトップ環境全体の包括的な視認性を確保できます。IT 部門は、デスクトップ サービスやアプリケーション サービスの健全性とパフォーマンスを最適化できるようになります。

オーケストレーションとセルフ サービス機能

  • vRealize Operations によって、デスクトップ ワークロードを統合管理するためのプラットフォームが提供されます。
  • IT 部門は VMware vRealize Orchestrator のプラグインを通じて VMware vRealize Automation を活用し、デスクトップとアプリケーションのプロビジョニングを自動化できます。

Horizon vRealize Orchestrator のプラグイン

クローズド ループ型の管理および自動化

Horizon vRealize Orchestrator のプラグイン (3:41)

Software-Defined Data Center に対しての最適化

vSphere で培った知識や経験を活用、応用することで、デスクトップやアプリケーションの提供を簡素化することが可能です。Horizon 6 では、仮想コンピューティング、仮想ストレージ、および仮想ネットワークの仮想化機能とセキュリティ機能を拡張することで、コスト削減、ユーザー環境の向上、およびより優れたビジネス俊敏性を提供します。

Horizon 6 により、次のことがサポートされます。

仮想コンピューティング

  • Space Efficient Disk Utilization、Virtual Array Integration、Storage Acceleration などの vSphere が提供するストレージ最適化機能を活用することで、優れた使用環境をユーザーに提供しながら、ストレージにかかるコストを削減できます。

VMware Virtual SAN

  • Virtual SAN は、ストレージのプロビジョニングを自動化し、直接接続型ストレージ リソースを活用して、デスクトップ ワークロードにかかるストレージ コストを削減できます。

Horizon 6 および VMware Virtual SAN

Horizon 6 および VMware Virtual SAN

Horizon 6 およびVMware Virtual SAN (2:34)