ハイパーコンバージド インフラストラクチャとは

ハイパーコンバージド インフラストラクチャ(HCI)は、従来のデータセンターが持つストレージ、コンピューティング、ネットワーク、管理の要素をすべて兼ね備えた、ソフトウェアベースの統合システムです。この統合ソリューションでは、高価な専用ハードウェアの代わりにソフトウェアと x86 サーバを使用することで、データセンターの複雑性を低減し、スケーラビリティを向上させることが可能です。 

従来の 3 層アーキテクチャは構築費用が高く、運用が複雑で、拡張が困難です。モダン アプリケーションの要求をサポートできる IT インフラストラクチャが登場するまで待つ必要はありません。HCI を導入することで、管理性を維持しながらコストを抑え、セキュリティを確保することが可能です。

ハイパーコンバージド インフラストラクチャの概要 

HCI の概要

ハイパーコンバージド インフラストラクチャの詳細、切り替えのベネフィット、導入方法をご紹介します。

ビデオを視聴する(2:22) 

HCI を採用する 3 つの理由

ハイパーコンバージェンスとはなんでしょうか。ハイパーコンバージェンスの仕組みと、さまざまな業界の組織が複雑さ、コスト、リスクの低減を図るために統合を進めている理由についてご説明します。

eBook を読む 

 

 

ハイパーコンバージド インフラストラクチャのインフォグラフィック

ハイパーコンバージド インフラストラクチャの仕組み

ハイパーコンバージド プラットフォームは、次の 4 つのソフトウェア コンポーネントが緊密に統合され、成り立ちます。

  • ストレージの仮想化
  • コンピューティングの仮想化
  • ネットワークの仮想化
  • 自動化などの高度な管理機能

仮想化ソフトウェアが基盤となるリソースを抽象化およびプール化し、それらのリソースを仮想マシンまたはコンテナで実行されるアプリケーションに動的に割り当てます。構成はポリシーに基づきアプリケーションに合わせて行われるため、LUN やボリュームなどの複雑な構成要素が不要になります。

 

HCI で実現できること

  • プライベート クラウドの構築:クラウドのようなインフラストラクチャをオンプレミスで展開し、コストの低減、管理性とセキュリティの向上を実現します。使用するハードウェアは、VMware 認定パートナーが提供する多彩なオプションから選択できます。
  • パブリック クラウドへの拡張:業界最大級の HCI クラウド エコシステムから as-a-Service 型のオプションを選択し、展開の迅速化と、インフラストラクチャ管理に費やす時間の短縮を実現できます。
  • 真のハイブリッド クラウドの実現:VMware ハイブリッド クラウドでは、データセンター、パブリック クラウド、エッジなど展開の環境を問わず、仮想マシン ベースとコンテナ ベースのアプリケーションの両方を管理できます。

HCI 導入オプションを確認 >>

従来の 3 層アーキテクチャと比較した場合のハイパーコンバージェンスのメリット

HCI では、リソースをシンプルに統合管理できるため、従来の IT 運用モデルが変革され、次のようなメリットが得られます。

HCI で運用がシンプルに

IT 部門の効率性の向上

手動によるプロセスが排除され、サイロ化された運用環境が解消されます。統合された単一の IT チームがリソースを監視、管理し、ストレージ機能を向上させることができます。また、HCI では IT 環境のリソースが動的に割り当てできるストレージのプールとして表され、最適なキャパシティ、パフォーマンス、および保護を実現できます。

HCI でコストを削減

ストレージ機能の向上とコストの低下

業界標準の x86 サーバのみを使用してスケールアップ/スケールアウトでき、高コストな専用ネットワークを必要としないため、設備投資コストを削減できます。導入後も、ダウンタイムを発生させることなく、必要に応じて容易に容量を追加できます。HCI を利用するとベンダー ロックインを回避しながらオーバープロビジョニングを排除することができ、データセンター全体でのインフラストラクチャ コストを大幅に削減できます。

HCI で俊敏性が向上

優れた拡張性

急速に変化するビジネス ニーズへの即応性が高まります。ハードウェアのセットアップは数時間、ワークロードの追加は数分で完了します。また、リレーショナル データベースのようなビジネスクリティカルなアプリケーションのパフォーマンスが向上します。HCI は従来のインフラストラクチャよりも拡張性に優れています。スケール アップ/スケール アウトによりそれぞれのアプリケーションのニーズを容易に満たし、将来の変化にも対応できる IT 環境を構築することができます。

HCI が組織にもたらすメリット

従来のアーキテクチャと比較した HCI の主要なメリットをご紹介します。管理、導入、スケーリングなどの問題を簡素化できる仕組みについて VMware のリー・カズウェル(Lee Caswell)と IDC の Eric Burgener 氏が語ったインタビューをご覧ください。

インタビューを視聴する(20:28)

FAQ

ハイパーコンバージド インフラストラクチャに関して多く寄せられる質問の中から、回答の一部をご紹介します。

HCI ソリューションを導入すると、IT チームの業務はどのように効率化されるのでしょうか?

従来の IT のサイロ化を解消し、全体を単一のツールで管理できるようになるため、IT インフラストラクチャの運用コストと設備投資コストの削減を図ることができます。また、必要なセキュリティ、柔軟性、スケーラビリティが確保できます。HCI の効率性を容易に引き出せるかどうかは、ソリューションによって違いがあります。VMware の HCI が世界各地の本番環境でもっとも多く使用されている理由を、インフォグラフィックでご確認ください。

HCI は既存の環境とどのように連携しますか?

ハイパーコンバージド インフラストラクチャを構成する各コンポーネントは、既存のアーキテクチャと IT のニーズに応じて、一度に 1 つずつ、個別のものとして導入することができます。HCI ソリューションの可能性を十分に引き出すのに、特定のハードウェア プラットフォームは必要ありません。VMware の HCI により、最適なプラットフォームの選択、既存のインフラストラクチャとの完全統合、既存の投資の保護と最適化が、自由に行えるようになります。

HCI ソリューションは、場所、時間、用途を問わず、効率性と費用対効果に優れた方法で拡張できますか?

データセンターの拡張や刷新は、コストが高く複雑なプロセスになりがちです。そこで、必要に応じて拡張や変更が可能な HCI の主要なメリットが活用できます。特に VMware の HCI は、急速に変化するビジネス ニーズに対応できるよう、シンプルさとスケーラビリティを重視して設計されています。本番環境に対応する Software-Defined Data Center の構築に必要な一連の製品を提供できるのは、VMware の強みです。

ハイパーコンバージド インフラストラクチャとコンバージド インフラストラクチャの違いはなんですか?

ハイパーコンバージド IT インフラストラクチャとコンバージド IT インフラストラクチャは、いずれもデータセンターを構成するストレージ、コンピューティング、ネットワーク、管理の 4 つのコンポーネントを統合するテクノロジーです。ハイパーコンバージド システムはハードウェアに依存せず、ソフトウェアを使って構築します。一方、コンバージド ソリューションはハードウェアに依存します。コンバージド インフラストラクチャのデータセンターは、従来と同じ製品を多く使用しながらアーキテクチャを簡素化し、管理を容易にしたものです。

ハイパーコンバージド インフラストラクチャで実行されるアプリケーションはなんですか?

企業では、ハイパーコンバージド インフラストラクチャが備える高可用性を利用して、多くの種類のビジネスクリティカルなティア 1 アプリケーションの実行にハイパーコンバージド インフラストラクチャを使用しています。ハイパーコンバージド システムで実行されるその他の一般的なワークロードには、Oracle などのデータベース ソフトウェアや、仮想デスクトップ インフラストラクチャ、コラボレーション アプリケーション、分析、リモート管理、テスト環境などがあります。

HCI を使用して現在の SAN を管理できますか?

VMware HCI では、既存のストレージをハイパーコンバージド インフラストラクチャ ソリューションに組み込むことができます。vSAN は、ハイパーコンバージド インフラストラクチャ向けに VMware が提供している Software-Defined Storage ソリューションです。vSAN は VMware vSphere にネイティブに統合され、ストレージなどのコンピューティング リソースを管理します。これにより、従来のデータストアとハイパーコンバージド ストレージをすべて同じクラスタ内で利用することができます。

詳細については、ソリューションの概要を参照してください。

ハイパーコンバージド インフラストラクチャ アプライアンスとはなんですか?

ハイパーコンバージド インフラストラクチャ アプライアンスは、データセンターを構成するストレージ、コンピューティング、ネットワーク、管理のすべてのコンポーネントをまとめ、事前構成済みのハードウェア ボックス 1 つに収めたものです。アプライアンスを使用して HCI を導入することで、運用コストを削減し、セットアップおよびメンテナンスを簡素化できます。アーキテクチャの構築や基盤となるインフラストラクチャの構成、管理について心配する必要がなくなります。Dell EMC VxRail は、VMware と Dell が共同開発したターンキー型の HCI アプライアンスです。

ハイパーコンバージド インフラストラクチャはどのような場合に使用しますか?

ハイパーコンバージド インフラストラクチャの一般的な用途は次のとおりです。

  •  仮想デスクトップ インフラストラクチャ(VDI):HCI は、IT の複雑性やストレージのニーズを増大させる原因となる VDI を合理化、簡素化するのに役立ちます。HCI は VDI の提供に必要なあらゆる要素を 1 つのパッケージにまとめ、コスト効率を確保しながら必要なストレージを提供します。
 
  •  エッジ コンピューティング:HCI を使用すると、多数のオンサイト IT スタッフを必要としない小規模なエッジ環境や支社環境を容易に設計および構築し、必要に応じて迅速にスケール アップできます。
 
  • 一般的なワークロードの統合とファイル ストレージ:HCI を使用すると、ワークロードのサイジングと移行を簡素化できます。これらのワークロードには、インフラストラクチャ(DNS、DHCP、Active Directory、プリント サーバ)、データベース サーバ、アプリケーション サーバ、ファイル サーバが含まれます。 
 
  • テストと開発:HCI を利用すると、開発者は本番環境と同様に稼動する、多額の投資を必要としないコスト効率に優れたテスト環境を確保できます。
 
  • ハイブリッド クラウド環境の実現:HCI は、ハイブリッド クラウドへの移行時や、オンプレミス サーバとプライベート/パブリック クラウド間の仮想マシンの移動時に必要となる時間とコストを削減できます。

VMware のハイパーコンバージド インフラストラクチャのメリット

vsphere-icon

高い柔軟性

業界をリードする仮想化プラットフォームである vSphere を使用した、ハイブリッド クラウド全体にわたる共通の運用環境を確保できます。

  • ニーズに応じたベンダーが提供する認定ソリューションを利用可能
  • 既存の仮想化ツールを使用
  • エッジからコア、クラウドまで一貫性のある運用

 

Vsan-icon

フル スタックの HCI へのシンプルな進化

フラッシュ用に最適化され、vSphere に組み込まれた仮想マシンおよびコンテナ向けの唯一のストレージである vSAN を使用して、環境の変革をスムーズに進めることができます。

  • 既存のハイパーバイザーや主要なクラウドにネイティブに対応
  • 既存の投資の保護と最適化
  • TCO を最大 50 % 削減
  •  

NSX-icon

本質的なセキュリティ

NSX Data Center によって、L2 ~ L7 の包括的なネットワークとセキュリティ、および仮想化プラットフォームを実現できます。

  • 保存中および転送中のデータの保護により、本質的なセキュリティを確保
  • ワンクリックによるプロビジョニングをネットワークとセキュリティのサービスに導入
  • マルチクラウド環境における水平方向への脅威の拡散に対する防御
vrealize-icon

マルチクラウド機能

業界をリードするクラウド システム管理ソフトウェアである vRealize Suite を使用した最新のプラットフォームを活用し、インフラストラクチャの自動化、一貫性のある運用、ガバナンスを実現できます。

  • あらゆるクラウドのインフラストラクチャとアプリケーション リソースに容易にアクセス
  • ポリシーベースの管理によるリソースの統合
  • 数百のパブリック クラウド プロバイダーとの連携

 

事業継続性を実現するハイパーコンバージド インフラストラクチャ ソリューション

オンプレミスとパブリック クラウドのいずれでもスケールでき、ディザスタ リカバリを簡素化する俊敏性の高い IT プラットフォームにより、リモート ワークを実現します。 

ソリューションの概要を読む

vSAN:業界をリードする HCI 向けソフトウェア

最新のデータセンターへとシームレスに進化できることが、VMware のハイパーコンバージド インフラストラクチャが高く評価されている理由です。VMware vSAN は、プライベート クラウド環境とパブリック クラウド環境に対応する vSphere ネイティブのストレージです。一貫性のある運用環境とオールフラッシュによる高いパフォーマンスを提供し、完全なデジタル基盤の構築に必要な構成要素です。


ハイパーコンバージド インフラストラクチャに関する最新の Gartner のマジック クアドラントで、VMware が再びリーダーに選ばれた理由をご確認ください。

レポートをダウンロード >>

VMware ハイパーコンバージド インフラストラクチャのお客様事例

HCI は、ビジネス クリティカル アプリケーション(BCA)、仮想デスクトップ インフラストラクチャVDI)、ディザスタ リカバリなど、幅広いユースケースに対応します。VMware の HCI を活用し、複雑性の解消、コスト削減、高いスケーラビリティを実現されたお客様事例をご紹介します。

Cubic Mission Solutions:時間や場所を問わないシステムの展開

「ハイパーコンバージド インフラストラクチャに vSAN を採用する決め手となったのは、vSAN の安定性、すなわち信頼性の高さです。VMware のシステムは常時稼動を前提に設計されており、止まることはありません」

Director of Software Architecture、Tom Lynott 氏


ビデオを視聴する(2:22) 

Harro Höfliger:ハイパーコンバージド インフラストラクチャによる俊敏性の向上

「私たちは、全体的に、ハイパーコンバージド インフラストラクチャのパフォーマンス、高可用性、管理性、スケーラビリティにとても満足しています。Fujitsu Integrated System PRIMEFLEX for VMware vSAN のおかげです」

- Harro Höfliger、Division Leader of IT、Karsten Ehrlich 氏


お客様事例を読む 

Angel MedFlight:40,000 フィート上空での救命活動

「VMware なくして、世界各地の 40,000 フィート上空で救命活動にベストをつくす時間と信頼性を確保することは困難だったでしょう」

- Angel MedFlight、CIO、Paul Green 氏


ビデオを視聴する(2:37) 

ハイパーコンバージド インフラストラクチャの導入に向けて

無償の HCI Assessment

ハイパーコンバージド インフラストラクチャとハイブリッド クラウドへのシンプルな移行をご提案します。VMware の無償のオンライン評価ツールをご利用いただくことで、現在の環境を評価し HCI の導入に向けた必要な取り組みを整理することが可能です。

Assessment のリクエスト

VMware HCI Assessment

ハイパーコンバージド インフラストラクチャの詳細情報

従来のアーキテクチャからハイパーコンバージド インフラストラクチャへの移行  

今日の IT の課題を解決するためにハイパーコンバージド インフラストラクチャに切り替える企業が増えている理由を、インフォグラフィックでご紹介します。

vSAN:業界をリードする HCI 向けソフトウェア  

プライベート クラウド環境とパブリック クラウド環境に対応し、フラッシュ用に最適化された、唯一の vSphere ネイティブなストレージに関する詳細情報です。

ハイパーコンバージド インフラストラクチャの入門書(Dummies シリーズ)  

この Dummies ガイドでは、HCI の詳細、導入方法、HCI の価値を最大限に高める方法を解説しています。

HCI 導入オプション  

ハイパーコンバージド インフラストラクチャの導入時に考慮すべき要因と、数多くのオプションを確認してから、最適なものを選択していただけます。

チャットに参加する

Twitter(@vmwarevsan および @VxRail)で最新情報を発信しています。また、HCI と vSAN の詳細情報を Virtual Blocks ブログでお読みいただけます。