ハイパーコンバージド インフラストラクチャ(HCI)とは

 

ハイパーコンバージド インフラストラクチャ(HCI)とは、ソフトウェア ベースのスケールアウトを容易に行えるインフラストラクチャで、フラッシュで高速化された業界標準のサーバでコア データ サービスを集約し、柔軟かつ強力な構成要素の提供と統合管理が可能です。緊密に連携したソフトウェア レイヤーでデータセンターの主要な機能を実行して、従来は専用ハードウェアが必要とされたサービスを提供できます。

 

HCI は、コンピューティングの仮想化、ストレージの仮想化、管理という 3 つのソフトウェア コンポーネントで構成され、仮想化ソフトウェアで基盤となるリソースを抽象化およびプール化し、仮想マシンやコンテナで実行されているアプリケーションへ動的に割り当てることができるため、コンピューティング、ストレージ、ネットワークを単一のツールで管理できる、新しい洗練された運用モデルを実現できます。高度な管理機能により、手作業の大幅な削減や、運用全体の自動化も可能です。

(2:23)

ハイパーコンバージド インフラストラクチャの概要

従来の 3 層アーキテクチャと比較した場合の HCI のメリット

vmware-operational-simplicity-gear-icon

容易な運用

従来は、コンピューティング リソース(サーバ)とストレージ リソース(外部ストレージ アレイ)を別々に調達しなければならなかったため、コンポーネントごとにサイロ化された運用の専門知識が必要なうえに、管理作業の多くが手動で行われていました。HCI では、ハードウェアとソフトウェアが緊密に統合されたソリューションにより、ファイバチャネル ネットワーク、専用ストレージ、および LUN の計画に関連する複雑さが解消されるため、運用コストを削減できます。また、コンピューティング リソースとストレージ リソースの両方を単一の IT チームが監視および管理できるようになり、必要な時間も短縮されるため、IT スタッフがほかの戦略的優先事項に集中できるようになります。

vmware-low-tco-icon-robotic

総所有コスト(TCO)の削減

多くの企業は現在、最大 5 年分の容量を備えるストレージ アレイを購入しています。さらに、外部ストレージ アレイには、ピーク時のパフォーマンスに対応するために、コストのかかる専用ネットワークが必要です。HCI では、業界標準の x86 サーバによるスケール アップ/スケール アウト アーキテクチャを使用して設備投資コストを削減できます。コンピューティング リソースやストレージ リソースを購入する際には、当面必要な分のみを購入し、後から必要に応じてキャパシティを追加できます。その際には、クラスタにノードを追加すること(スケール アウト)も、既存のノードにストレージ ドライブを追加すること(スケール アップ)も可能です。

vmware-300-dpIx-drone-icon-greater

俊敏性の向上

HCI では、最新テクノロジーの即日サポートが可能なため、インフラストラクチャを大きく変えることなく、アプリケーション(ビジネス クリティカルなアプリケーションから VDI まで)のパフォーマンスを強化できる俊敏性が得られます。また、フラッシュによる高速化に対応しているため、仮想デスクトップ インフラストラクチャ(VDI)やクラウドネイティブ アプリケーションなど、高スループット、低遅延のスケール アウト ストレージを必要とするワークロードによく使用されます。リレーショナル データベースなどのビジネス クリティカルなアプリケーションも HCI の主要なユースケースです。

業界をリードする VMware の HCI 向けソフトウェア

VMware のデジタル基盤の構成要素の 1 つである VMware vSAN は、唯一の vSphere ネイティブのハイパーコンバージド インフラストラクチャ向けソフトウェアです。vSAN を使用することで、一貫した操作性とオールフラッシュのパフォーマンスにより、最新のデータセンターにシームレスに移行できるため、オンプレミス環境とパブリック クラウド プロバイダーの両方で、もっとも選ばれている HCI ソフトウェアとなっています。

vSAN を利用した HCI の構成要素は次のとおりです。

  • vSphere:業界をリードする仮想化プラットフォームです。
  • vSAN:vSphere に組み込みまれている唯一の仮想マシンとコンテナ向けのストレージです。
  • vCenter Server:拡張性に優れた統合管理ソリューションです。

vSAN を利用した HCI は、さまざまなハードウェア展開オプションから選択できます。

  • vSAN ReadyNode プログラムでは、主要なサーバ ベンダーが提供する 500 を超える認定 x86 システムを利用できます。
  • VCE VxRail は、VMware と Dell EMC が共同で開発した、ターンキー ハイパー コンバージド インフラストラクチャ アプライアンスです。
  • Amazon や IBM など代表的なクラウド プロバイダーをはじめとする HCI のクラウド エコシステムから、HCI as a Service も提供されています。

VMware によるハイパーコンバージド インフラストラクチャのメリット

リスクの低減と拡張の両立

  • vSphere をストレージに拡張
  • ネイティブの HCI 暗号化を展開
  • 既存の投資を保護

TCO の削減

  • 低コストの x86 サーバを使用可能
  • ストレージの運用管理を削減
  • IT 全体の即応性が向上

将来に向けた拡張性

お客様事例

iGov:vSAN を活用した革新的な HCI をエッジで提供

「vSAN を実行しているこの非常に小さなサーバのパフォーマンスを見たときは、大変な衝撃を受けました。驚異的で、得られた成果はまさに信じられないものでした」- Software Engineering Manager、Tom Lynott 氏

Wachter:vSAN でストレージ コストを 80 % 削減

「従来の SAN のほとんどは、容量が 15 ~ 20 テラバイトで、コストはギガバイトあたり 5 ~ 7 ドルほどになりますが、新しい Cisco のサーバと vSAN の組み合わせにより、45 テラバイトのストレージをギガバイトあたり 1.50 ドル未満で購入できたため、従来の SAN の 5 分の 1 ほどにコストを節約できました。これは非常に大きな違いです」- IT Operations、Carl Shriver 氏

Union Hospital:ビジネス クリティカルなアプリケーション向けに vSAN を利用した HCI を採用

「vSAN 環境にアプリケーションを完全に移行してから、アプリケーションの応答時間が格段に速くなったとクリニックから電話があるほどです。 ... vSAN への移行が進むにつれて、利用希望者も増えているようです」- Network Systems Consultant、Chad Elliot 氏

リソース

Gartner のマジック クアドラント レポート

Gartner の 2018 年版 HCI マジック クアドラントで、VMware はリーダーに選出されました。

vSAN 6.7 の新機能

最新のイノベーションの詳細

vSAN アーキテクチャ 100 シリーズ ビデオ

vSAN を使用した HCI の詳細

StorageHub

vSAN の技術的な詳細情報

ソーシャル コミュニティ

HCI と vSAN に関する情報を Twitter(@vmwarevsan@VxRail)で発信しています。HCI と vSAN についての詳細は Virtual Blocks ブログでご覧いただけます。