展開方法の決定時に必要な主な確認事項

ロケーション

展開先はパブリッククラウドですか?またはオンプレミスでしょうか?集中化された展開ですか?それとも各拠点に展開しますか?プライベートクラウド向けには、業界をリードするセルフマネージド型の展開オプションである vSAN ReadyNode が用意されています。リモート環境向けには専用の Edge ReadyNode も提供されています。複数サイトにまたがるフットプリントの簡素化および標準化には、HCI アプライアンスをご検討ください。

継続的な管理

お客様自身で管理する予定ですか?それともパートナーが管理するソリューションを検討されていますか?VMware のソリューションはいずれも対応します。運用管理の簡素化が優先課題に挙がっていますか?展開のスピードや柔軟性の向上、インフラストラクチャの管理に要する時間の削減には、パブリッククラウドの as-a-Service のオプションが役立ちます。プライベートクラウドについては、HCI アプライアンスを使用することで、継続的な管理を大幅に簡素化できます。

ベンダー選定

現在のベンダーに満足していますか?新しいベンダーを検討していますか?VMware は、主要なベンダーとパートナーシップを締結しているため、ニーズに応じたベンダーを選定いただけます。

ユースケース

HCI のサポート対象は仮想デスクトップですか?それともミッションクリティカルなアプリケーションでしょうか?強化されたストレージや、パフォーマンスに優れた構成が必要ですか?vSAN ReadyNode は、どのようなワークロードも処理できるよう、構成の自由度が極めて高くなっています。

パートナーが提供する豊富なセルフマネージド オプション

サービスとしての HCI(HCI-as-a-Service)展開オプション

パブリッククラウドに拡張してより迅速に展開し、インフラストラクチャの管理にかける時間を短縮するには、as-a-Service オプションが最適です。

クラウド戦略の加速

使い慣れた VMware テクノロジーと、世界有数のパブリッククラウドである AWS を組み合わせることで、シームレスに統合されたハイブリッドクラウド環境を実現できます。AWS の柔軟なインフラストラクチャと、VMware のエンタープライズ機能で、変化するビジネス ニーズに迅速に対応できます。

VMware Cloud on AWS は、AWS を使用して vSphere ベースのアプリケーションをモダン化、保護、拡張できるハイブリッドクラウド ソリューションです。

その他の as-a-Service オプション

Microsoft Azure

Microsoft が提供する、Azure インフラストラクチャ上で実行可能な VMware 認定済みのサービスです。

Google Cloud

VMware と Google Cloud がオープン プラットフォームで共同開発したソリューションです。

IBM Cloud

IBM Cloud を使用することで、VMware のワークロードをモダン化して移行できます。

Oracle Cloud

再設計や変更を行わずに VMware のソリューションをクラウドに移行できます。

オンプレミスの IaaS オプション

プライベートクラウド環境でもパブリッククラウド環境でも、サービスとしてのインフラストラクチャ(IaaS)を選択できます。オンプレミスのデータセンターとエッジ ロケーションに展開することが可能です。

VMware Cloud on Dell EMC

パブリッククラウドの俊敏性およびシンプルさと、サービスとして提供されるオンプレミスのインフラストラクチャを組み合わせて、セキュリティと管理の強化を実現します。

HPE Synergy with VMware Cloud Foundation

自動化されたソリューションで一貫性のあるハイブリッドクラウド環境を構築することで、複雑さを軽減してコストを削減できます。

HCI の展開のためのテクニカル リソース

リファレンス アーキテクチャ

Oracle、Microsoft、SAP などのアプリケーション向けの vSAN の技術文書をご確認ください。

設計とサイジングのガイド

StorageHub で vSAN のネットワーク、ストレージ、ホストなどを設計する際の検討事項をご確認ください。

ハイブリッドクラウドに向けた次のステップ

VMware Cloud Foundation について

VMware の統合プラットフォームには、フルスタックのソフトウェアベースのインフラストラクチャ(コンピュート、ストレージ、ネットワーク、セキュリティ)と、導入から運用まで自動化されたライフサイクル管理が含まれます。ハイブリッドクラウドの実現を加速させる強力なソリューションです。多数のパブリッククラウドに拡張可能なエンタープライズクラスのプライベートクラウドを構築して、真のハイブリッドクラウド アーキテクチャを実現することが可能です。

ご興味をお持ちの方はこちら