OpenStack で 5G およびエッジ コンピューティングへの移行を加速

 

VMware Integrated OpenStack は、本番環境で実績のあるキャリア グレードの OpenStack ソリューションです。通信サービス プロバイダー(CSP)向けの新機能により、OpenStack 環境にサービスを極めて迅速かつ容易に展開できます。世界有数の通信サービス プロバイダーの多くが VMware Integrated OpenStack を使用して最新のクラウド コンピューティング スタックを構築しており、ネットワーク、運用、ビジネス モデルを改革することで、新しい収益の創出、運用コストの削減、5G の推進を行っています。

  • VMware の先進的なエッジ コンピューティング、Software-Defined WAN(SD-WAN)、テレコム クラウドにより、あらゆる場所や時間、デバイスにおけるサービスの改革と開発期間の短縮を促進します。
  • 広範にわたる自動化と継続的なネットワーク パフォーマンスの最適化により、運用コストを削減します。
  • データセンターの設置面積とライセンス コストを削減することで、利用者あたりの設備投資コストを低く抑えられます。

OpenStack の TCO の経済的分析

vCloud NFV OpenStack はコスト効率に優れ、迅速に展開可能な、キャリア グレードのソリューションで、総所有コスト(TCO)を 47 % 削減します。

vCloud NFV OpenStack Edition データシート

OpenStack 上への NFV の迅速かつ容易な展開

VMware Integrated OpenStack Edition の特長

導入と展開の簡素化

VMware Integrated OpenStack によって、完全な OpenStack 環境を極めて迅速に構築できます。本番環境向けの OpenStack インフラストラクチャは、vSphere Web Client を使用して仮想アプリケーションとしてダウンロードでき、必要なすべての要素とともに簡単に導入できます。

運用の簡素化

全体の状況の可視化、プロアクティブな予測分析、問題の分離、根本原因の分析、スピーディーな修正対応などの機能を活用できます。VMware vRealize Operations Manager、vRealize Log InsightvRealize Network Insight が統合されているため、単一の管理画面からリアルタイムで運用を監視して分析することが可能です。

シームレスかつヒットレスなアップグレード

VMware Integrated OpenStack は、制御プレーンとデータ プレーンが分離されています。VMware vCenter メンテナンス モードでは、アップグレードとパッチ適用をヒットレスで実行できるため、メンテナンス サイクル中も継続的にネットワーク サービスを提供できます。

クラウドネイティブ アーキテクチャ

VMware Integrated OpenStack と、VMware Essential PKS のサポートにより、次世代のコンテナ ベースのアプリケーションおよびサービスの展開、オーケストレーション、管理にかかる時間を短縮できるだけでなく、耐障害性と柔軟性を実現し、アップストリーム Kubernetes の最新リリースも利用可能です。

機能

OpenStack ディストリビューションがベース

Train ベースの OpenStack の最新リリースを使用した最新のアップストリーム機能を活用できます。

クラウドネイティブ アーキテクチャ

VMware Integrated OpenStack を含む、柔軟性とセキュリティに優れたクラウドネイティブ プラットフォームと、VMware Essential PKS のサポートにより、次世代のコンテナ ベースのアプリケーションやサービスの展開、オーケストレーション、管理ができます。また、VMware のサポートしている最新リリースのアップストリーム Kubernetes を利用できます。

NFV インフラストラクチャとの連携

サービス プロバイダーの要件に合わせて調整された、可用性の高い VMware の vCloud NFV マルチテナント プラットフォームを活用できます。NFV のワークロードに応じてリソース管理を最適化し、リソースの優先順位を設定できるため、重要なネットワーク サービスに対して、優れたパフォーマンス、スケーラビリティ、耐障害性が確保されます。

統合された運用とサービス保証

OpenStack ベースの環境で、リアルタイムの情報、サービスの影響および根本原因の分析(RCA)による包括的な可視化と修正ができます。これには、統合型のサービスの監視とネットワーク管理、高度なワークロード分析、リソースの予測スケジューリングとバランシング、単一の仮想インフラストラクチャ マネージャ(VIM)における仮想マシンとコンテナに対する高度なモニタリングが含まれます。

データ プレーンのパフォーマンスの向上

拡張データ パス モードの NSX-T Data Center 仮想分散スイッチ(N-VDS)と DPDK、さらに VMware vSphere で最適化されたデータ プレーン機能によってリソースの使用を最適化しながら、アプリケーション応答時間の大幅な短縮、ネットワーク遅延の低減、および優れたネットワーク パフォーマンスを実現できます。

マルチテナント リソースの柔軟なスケーリング

さまざまな vSphere クラスタに新しいリソースを動的に追加できる柔軟なサービス構成によって、トラフィックの状況にリアルタイムに対応できます。テナントに割り当て済みのリソース プールがほかのテナントに使用されたりアクセスされたりすることがないよう各テナントのリソースを分離して確保することで、可用性とスケーラビリティに優れたネットワークを提供します。