アプリケーションの可搬性とインフラストラクチャのハイブリッド化

 

VMware NSX Hybrid Connect ではインフラストラクチャをハイブリッド化することで、データセンターとクラウド間でのアプリケーション ワークロードのシームレスな移行が可能です。拡張ネットワークの最適化を通じて、シームレスでセキュアなネットワーク ルーティングや、vSphere バージョン 5.0 以降の相互運用性を確保できるほか、アプリケーションを再構築することなく、複数のデータセンター サイトやクラウドにわたってアプリケーション ワークロードのライブ/バルク マイグレーションを行うこともできます。

NSX Hybrid Connect のデータシート

メリット 

インフラストラクチャの抽象化

NSX Hybrid Connect では、さまざまな vSphere バージョン間での相互運用が可能です。既存のインフラストラクチャをアップグレードすることなく、環境のモダン化によるメリットを得られます。

ワークロードの可搬性

vSphere をアップグレードすることなく、vSphere 5.0 以降のオンプレミス環境とクラウドの間でセキュアかつシームレスなアプリケーションの可搬性を実現することにより、データセンターを変革できます。ダウンタイムのないライブ マイグレーションや、計画的な短時間のダウンタイムによるバルク マイグレーションが可能です。

インフラストラクチャのハイブリッド化

一貫性のあるセキュアなファブリックで、統合的なガバナンスと制御を適用しながら、複数のデータセンターやクラウドを相互接続します。ハイブリッドな基盤であるため、ビジネスを中断することなくデータセンターをモダン化できます。

機能

Any-to-Any の可搬性

• ラウド上や最新のデータセンター上にある vSphere 5.0 以降のすべてのバージョン
• オンプレミスでのインフラストラクチャのアップグレードは不要
• オンプレミス環境では NSX や vSAN が不要
• すべての WAN(インターネット、X-Connect、MPLS)

ワークロードのバルク マイグレーション

• ライブ vMotion
• 双方向の可搬性
• 一括ウォーム マイグレーション
• IP の変更と NAT は不要

高度なセキュリティ

• 安全性の高い、ハイブリッド トラフィックの Suite B 暗号化
• Hybrid DMZ によりオンプレミスのセキュリティをクラウドにまで拡張
• 単一の SSO、単一のポリシー適用をサポート
• vMotion とレプリケーション トラフィック用のセキュアなプロキシ

優れたパフォーマンス

• WAN 向けに最適化されたマイグレーション用リンク
• ロードバランシングと TE
• 大規模なレイヤー 2 拡張
• インターネットや WAN の遅延を全体的に緩和

VMware NSX Hybrid Connect がもたらすメリット 

データセンターの統合とモダナイゼーション

NSX Hybrid Connect では、WAN 向けに最適化されたセキュアなハイブリッド相互接続により、データセンター間でのアプリケーションの一括移行や移動が容易になるため、最新のデータセンター アーキテクチャの導入を促進できるほか、管理の簡素化やアプリケーション戦略の変更も可能です。

データセンターの拡張

NSX Hybrid Connect は、データセンター間の相互接続において優れたパフォーマンスを発揮するため、IT ポリシーの更新や管理を行いながら、大規模なワークロードの移行をダウンタイムなしで実行できます。ビジネス継続性を維持したまま、従来のデータセンターと最新のデータセンターをセキュアに接続可能です。