ネイティブな視認性と大規模な分析を実現

データセンター全体の可視性の向上

ステートフルなレイヤー 7 の検査と完全なワークロード コンテキストにより、データセンター全体のすべてのフローを可視化して詳細な情報を取得できます。これにより、セキュリティの盲点を解消してインシデントの修正時間を短縮することが可能です。

セキュリティ運用の統合

NSX UI 内にセキュリティ運用コンソール、ファイアウォール ポリシーの推奨事項、管理を組み込むことにより、ツールの増加を大幅に抑制し、インフラストラクチャ チームとセキュリティ チーム間のコラボレーションを強化します。

展開の簡素化

ハイパーバイザーに組み込まれた分析エンジンにより、重複パケットや大型の集中型アプライアンスの複雑性というネットワーク オーバーヘッドを排除します。

直感的な分析アプローチのメリット

NSX へのネイティブ実装

包括的なレイヤー 7 のパケット検査

分散アーキテクチャ

包括的なワークロードのコンテキスト

導入に向けて