IT アプリケーションやサービスのプロビジョニングと構成の管理は手動で行われることが多く、時間がかかるうえに、ミスが発生しやすく、一貫性も確保しづらい状況です。セキュリティや運用上の重大なボトルネックの発生につながる可能性があり、企業にとっては競争上のデメリットにもなります。データセンターの最後の重要な柱である、ネットワークとセキュリティにも、従来のアプローチの課題を本当の意味で解決する自動化機能が備わっておらず、同様の課題が起こり得ます。

VMware NSX は、ネットワークとセキュリティ サービスの自動化を実現するネットワーク仮想化プラットフォームです。標準化と一貫性により、スピードとセキュリティが向上します。

(1:56)

VMware NSX による自動化

ハンズオン ラボ:IT の自動化によるプライベートクラウドの容易な運用

自動化のユースケース

IT の自動化

時間や場所を問わず、組織や地理的な境界を越えて、必要なアプリケーションやサービスを迅速かつセキュアに自動で展開できます。

マルチテナント インフラストラクチャ

自動化によって、共有インフラストラクチャ上のマルチテナントへのネットワークやセキュリティ サービスのプロビジョニングと提供が可能になります。これにより、資産の使用率が向上し、インフラストラクチャ全体のコストを低減できます。

開発者向けクラウド

開発者は、オンデマンドのネットワークとセキュリティ サービス用の統合 API を使用できるため、IT 部門は常時対応が必須ではなくなり、より多くの価値をビジネスに提供する業務に注力できます。

お客様事例

(2:40)

 

Exostar:IT 運用の自動化と簡素化

Exostar は、セキュリティを犠牲にすることなくマルチテナントのクラウド環境を運用しながら、新しいネットワークとセキュリティ サービスのプロビジョニングと管理にかかる時間を大幅に削減しました。

「弊社では、ネットワークとセキュリティのサービスを Software-Defined Infrastructure に移行することによって、インフラストラクチャ全体の視認性の向上、プロセスの効率化、コスト削減を実現しました。これらの成果は、従来のハードウェア ベースのアプローチでは叶いませんでした」

— Exostar、Director of IT、Raj Dasgupta 氏