VMware NSX は、基盤となる物理インフラストラクチャからセキュリティ機能を分離し、ハイパーバイザーに直接組み込むことで、データセンター全体に分散されます。セキュリティ対策を根本的に変えることによって、従来のアーキテクチャの欠点を解消でき、物理ネットワーク トポロジーに依存せずに、セキュリティ ポリシーが仮想ワークロードとともにインテリジェントに移動します。

NSX による、本質的に優れたデータセンターのセキュリティ モデル

セキュリティのユースケース

マイクロ セグメンテーション

NSX はネットワークのマイクロ セグメンテーションを実現した初めての製品です。ネットワークのトポロジーや複雑性に関わらず、ファイアウォールやセキュリティのポリシーをきめ細かにデータセンター内の各ワークロードに適用できます。

DMZ Anywhere

基盤となる物理ネットワークに依存せず、セキュリティと高度なサービスをワークロードに動的に割り当てられます。これにより、応答までの時間、全体的なセキュリティの状態、サードパーティ製品との連携が大幅に向上します。

エンド ユーザーの保護

NSX によるマイクロ セグメンテーションによって、個々のデスクトップの境界保護と、モバイル デバイスからアプリケーション単位での VPN アクセスが可能です。これにより、隣接するワークロード間での不正アクセスを排除できます。

お客様事例

(2:28)

Armor 社: サイバー攻撃の脅威からの顧客の保護

Armor 社は、NSX によるネットワークの仮想化を行うことで、サービスとしてのセキュリティ ソリューションの基盤とマネージド クラウドの強化を実現しました。

「NSX と VMware によって、クラウド同様の環境でお客様を統合的に管理できるだけではなく、導入初日からお客様を保護するセキュリティも実装できました」

— Armor 社、最高セキュリティ責任者、Jeff Schilling 氏