VMware Integrated OpenStack による OpenStack API を使用したクラウド リソースの制御

本番環境向けの OpenStack を VMware インフラストラクチャ上に迅速かつ容易に展開し、運用できるようにすることで、開発者の生産性の向上を支援します。ベンダーに依存しない API によって Software-Defined Data Center (SDDC) をさらに活用できます。

(3:39)

クラウドによるビジネス バリューの迅速な実現

VMware のインフラストラクチャ上に OpenStack インフラストラクチャを展開、管理することで、新しい知識を習得することなくこれまでの VMware 製品の運用経験を基に、ビジネス バリューを迅速に実現できます。

VMware Integrated OpenStack 3.0 の新機能

新機能と機能拡張をご紹介します。

詳しく見る

製品解説

この製品解説
では、VMware Integrated OpenStack の詳細情報をご紹介します。

詳細情報

Integrated OpenStack について

OpenStack の迅速な導入

既存の VMware インフラストラクチャ上で、開発チームに OpenStack API を提供できます。

シンプルな展開と運用

既存の専門知識を活用し、VMware のクラウド管理プラットフォーム ツールやテクノロジーを使用して、VMware インフラストラクチャ上に OpenStack を迅速かつ容易に展開、運用、アップグレードできます。

リソースの制御

VMware の SDDC インフラストラクチャ コンポーネント上で、クラウド リソースを制御および管理できます。このコンポーネントには、もっとも信頼性の高いハイパーバイザー (VMware vSphere)、最高レベルのネットワーク仮想化プラットフォーム (VMware NSX)、業界最先端のハイパーコンバージド ストレージ (VMware vSAN) が含まれます。

vSphere Enterprise Plus の拡張

vSphere Enterprise Plus Edition、vSphere with Operations Manager Enterprise Plus Edition、vCloud Suite をお使いのお客様、vSphere Standard と NSX Advanced を併用されているお客様、および新規にご購入いただくお客様は、VMware Integrated OpenStack を無料でご利用いただけます。

スポットライト 

VMware Integrated OpenStack により、VMware インフラストラクチャをクラウドへと拡張できます。

(2:38)

VMware は OpenStack のイノベーションの推進を支援

VMware では、30 人以上のエンジニアが少なくとも 7 つの重要なプロジェクトに従事し、OpenStack の技術面と情報面の両方の成熟度を高める取り組みを進めています。

OpenStack White Paper: 仮想化インフラストラクチャにスピードと俊敏性をもたらす OpenStack

このホワイトペーパーでは、従来のワークロードとクラウド環境のワークロードとの違いや、OpenStack と VMware のテクノロジーを組み合わせて使用するための 3 つの手法を解説しています。

機能

オープン アーキテクチャ

DevOps にフォーカスしたアジャイル開発に移行している場合でも、クラウド ネイティブのアプリケーションを開発している場合でも、VMware の SDDC インフラストラクチャ上で DefCore 準拠の OpenStack API を使用することで、アプリケーション開発部門はイノベーションの推進と俊敏性の向上を期待できます。

展開とアップグレードの効率化

展開方法はシンプルで簡単です。OpenStack の仮想アプライアンスをダウンロードし、vSphere Web Client を使用して展開します。パッチ適用の機能を備えているため、OpenStack のインフラストラクチャへの影響を最小限に抑えながらパッチ適用とアップグレードを容易に実行できます。

Software-Defined Data Center 向けに最適化

OpenStack サービスを使用して vSphere、NSX、vSAN と連携することで、最適な仮想マシンの統合率、拡張性の高いネットワーク、信頼性に優れた共有ストレージを実現します。 これらの強力なソリューションのすべての機能を活用して、SDDC の価値を最大限に高めることができます。

インテリジェントな運用管理

事前に定義されたワークフローにより、キャパシティの追加と削除、構成の変更、パッチの適用、アップグレードなど、一般的な OpenStack の操作を自動化できます。特別な設定をしなくても、vRealize Operations Manager および vRealize Log Insight と連携できるため、OpenStack のインフラストラクチャの監視やトラブルシューティングを迅速かつ容易に実行できます。

単一のサポート窓口

OpenStack とその基盤となる VMware インフラストラクチャの両方に、VMware のサポートを提供します。VMware Integrated OpenStack のサポートはオプションでの提供となり、別途ご購入いただく必要があります。

コンパクトな管理制御プレーン

VMware Integrated OpenStack には、高可用性 (HA) モードとコンパクト モードの 2 種類の展開モードがあります。

  • 高可用性モード: 最適化されたアーキテクチャにより、本番環境に対応する耐障害性、拡張性、パフォーマンスを提供します。
  • コンパクト モード: コンパクト アーキテクチャ モードにより、2 台の仮想マシン上に完全な OpenStack 制御プレーンを展開します。支社や、高可用性が必要ないテスト/開発環境に最適です。

技術仕様

NSX-V のコンポーネント

Integrated OpenStack とともに展開する場合は、NSX-V のコンポーネント用に CPU、RAM、ディスク容量を追加する必要があります。

  • 仮想マシン: 4 台
  • CPU: 16 個
  • RAM: 24 GB
  • ディスク容量: 120 GB

(注: オプションの Edge の要件は含まれません。)

ソフトウェア

NSX-V を展開する場合:

  • vSphere VC 5.5 U3 Enterprise Plus 以降
  • ESXi ホスト バージョン 5.5 Update 2 以降

展開モード

VMware Integrated OpenStack には High Availability (HA) モードとコンパクト モードの 2 種類の展開モードがあります。 各展開モードのサイズ設定の詳細は、VMware Integrated OpenStack インストールおよび構成ガイドを参照してください。

購入方法

vSphere Enterprise Plus、vSphere Operations Management、または NSX with vSphere Standard の有効なライセンスをお持ちのお客様は、VMware Integrated OpenStack をダウンロードできます

ライセンス コストは不要で、ほかの VMware 製品とは別に提供されます。今すぐダウンロード

 

VMware Integrated OpenStack のサポートが必要な場合は、CPU 単位の年間サポートをご購入いただく必要があります。最小注文単位は 50 CPU です。