製品

 

VMware Workstation Player について教えてください

 

VMware Workstation Player (旧称 Player Pro) はデスクトップ仮想化アプリケーションです。個人利用の場合は無償で提供されます。商用のライセンスでは、VMware Workstation Pro および Fusion Pro で作成した制限付きの仮想マシンを Workstation Player で実行できます。

 

VMware Workstation Player は引き続き無償で提供されますか

 

VMware Workstation Player は、個人利用、および商用以外での利用の場合は無償で提供されます (企業および非営利組織での利用は商用利用に該当します)。仮想マシンについて学びたい方や、個人的に利用したい方は無償の VMware Workstation Player をご利用ください。認定教育機関の学生や教職員で、VMware Academic Program のメンバーの方は、VMware Workstation Player を無償で利用できます。

 

個人利用の VMware Workstation Player の使用に関するガイドラインはありますか

 

はい。VMware の設計およびライセンスに関するガイドラインに基づく VMware Workstation Player の使用については、VMware Workstation Player エンド ユーザー使用許諾契約書 (EULA) を参照してください。

 

無償バージョンの VMware Workstation Player の入手方法を教えてください

 

VMware Workstation Player は、ここからダウンロードできます。

 

VMware Workstation Player のオンライン ドキュメントを無償で利用できますか

 

はい。VMware Workstation Player のドキュメントは、Web サイトから英語版と日本語版の両方をダウンロードできます。

 

VMware Workstation Player の仕組みについて教えてください

 

VMware Workstation Player は、標準的なデスクトップ アプリケーションと同じようにインストールできます。インストールが完了すると、VMware Workstation Player に新しいオペレーティング システムをインストールして、別のウィンドウで仮想マシンとして実行できます。VMware Workstation Player は、パフォーマンスの最適化のために仮想マシンを作成および構成したり、PC に接続しているすべてのデバイスにアクセスするための機能を提供しています。

 

VMware Workstation Player はどのように使用できますか

 

VMware Workstation Player を使用すると、仮想マシン上でソフトウェアを作成、実行、評価、および共有することができます。

  • 作成: VMware Workstation Player を使用して、最新の 32 ビットおよび 64 ビットの Windows または Linux オペレーティング システムを搭載した仮想マシンを作成できます。簡易インストール機能を使用することで、PC 上にオペレーティング システムを直接インストールするよりも簡単に実行できます。
  • 実行: VMware Workstation Player では、誰でも Windows または Linux PC 上で仮想マシンを実行できます。VMware Workstation Player は、仮想マシンの安全性、柔軟性、可搬性を迅速かつ容易に利用するための製品です。
  • 評価: VMware Workstation Player では、仮想アプライアンスとして提供されるソフトウェアを安全に評価できます。仮想アプライアンスは、事前に構築および構成が行われているエンタープライズ ソフトウェア アプリケーションです。オペレーティング システムが仮想マシン内にパッケージングされており、追加設定をすることなくそのまま実行できます。VMware Workstation Player では、事前構成された製品によるメリットを簡単に体験できます。煩雑なインストールや構成は不要です。主要ソフトウェア ベンダーが提供する 900 以上の仮想アプライアンスを、VMware Solution Exchange からダウンロードして実行できます。

VMware Workstation Player の無償エディションと有償エディションの違いを教えてください

 

VMware Workstation Player は無償でダウンロードできますが、ライセンスを購入してライセンス キーを入力することで、次のようなメリットを得ることができます。

  • ライセンスが付与された場合の VMware Workstation Player は商用利用向けに設計されています。従業員、社内のトレーニング部門、契約社員が利用できるようにライセンスを提供しており、パートナーや見込み顧客にもご活用いただけます。
  • ライセンスが付与された場合、VMware Fusion Pro または VMware Workstation によって作成された制限付きの仮想マシンを、VMware Workstation Player で実行できます。
  • ライセンスが付与された場合、VMware Workstation Player では、インストール オプションやカスタム構成によって、システム構成ソフトウェアを使用したサイレント インストールを実行したり、使用しない機能を非表示にしたりすることで、1,000 人単位の大規模展開をサポートします。

VMware Workstation Player と VMware Workstation Pro の違いについて教えてください

 

VMware Workstation Player は、仮想マシンを迅速かつ容易に作成および実行するためのソフトウェアです。Workstation Player のユーザー インターフェイスは、できる限り簡単に操作できるように設計されています。IT 部門、システム管理者、インストラクター、ソフトウェアのサプライヤーなど、主に仮想マシンを実行する必要があるユーザー向けのソフトウェアです。

 

VMware Workstation Pro は、スナップショットの作成、クローンの作成、vSphere または vCloud Air へのリモート接続、仮想マシンの共有、仮想マシンの詳細設定などの、より高度な機能を備えています。Workstation は、開発者、品質保証エンジニア、システム エンジニア、IT 管理者、テクニカル サポート担当者、トレーナーなどの技術者向けに設計されています。詳細な比較については、Workstation Pro と Workstation Player の比較表を参照してください。

 

VMware Workstation や VMware Fusion Pro で作成された制限付きの仮想マシンを、VMware Workstation Player で実行できますか

 

はい。VMware Workstation Player を購入すれば可能です。この機能は、Workstation Player のライセンスが有効な場合にのみ実行できます。

 

VMware Workstation Player はどこで購入できますか

 

VMware Workstation Player をご希望のお客様は、VMware オンライン ストアからご購入ください。

 

インストール

VMware Workstation Player は、ほかの VMware 製品と同じマシンにインストールできますか

 

いいえ。VMware Workstation Player は、ほかの VMware 製品と一緒にインストールするようには設計されていません。Workstation Player のインストール中に、同じ PC にインストールされている VMware Workstation、VMware Workstation Pro、または VMware Server が検出されると、エラー メッセージが表示され、インストールは中止されます。ただし、Workstation Pro を購入してインストールした場合は、動作可能なバージョンの Workstation Player が含まれており、一緒にインストールされます。

 

VMware Workstation Player をインストールして使用するための PC の最小要件を教えてください

  • 一般的なホスト システムの場合、1 GHz 以上の 64 ビット プロセッサー (2 GHz を推奨) および 2 GB 以上のメモリ (4 GB を推奨) が必要です。また、64 ビットのホスト OS の実行に必要なメモリに加え、各ゲスト OS 用のメモリ、さらにホストおよびゲスト OS 上で実行するアプリケーション用のメモリが必要です。これらのメモリ要件については、各ゲスト OS およびアプリケーションに関するドキュメントを参照してください。VMware Workstation Player は、インストールに約 150 MB のディスク空き容量が必要です。PC の最小要件の詳細については、VMware Workstation Player のドキュメントを参照してください。

システム要件

  • 64 ビットの x86 Intel Core 2 Duo または同等のプロセッサー、AMD Athlon 64 FX Dual Core または同等のプロセッサー
  • 1.3 GHz 以上の CPU
  • 2 GB 以上のメモリ (推奨 4 GB)
  • Workstation 12 Player のインストール条件:
  • Workstation Player 用に 300 MB の空きディスク容量と、各仮想マシン用に追加のハード ディスク空き容量が必要。ゲスト OS に必要な空きディスク容量については、各ベンダーの推奨値を参照してください。

 

注: Workstation 12.5 Player には 64 ビットのホスト OS が必要です。

  • ホスト OS* (64 ビット):
    • Windows 10
    • Windows 8
    • Windows 7
    • Windows Server 2012
    • Windows Server 2008
    • Ubuntu 8.04 以降
    • Red Hat Enterprise Linux 5 以降
    • CentOS 5.0 以降
    • Oracle Linux 5.0 以降
    • openSUSE 10.2 以降
    • SUSE Linux 10 以降
  • 仮想マシン内での Windows 7 Aero グラフィックスのサポート
    • 3 GB の RAM (ホスト PC)
    • 2.2 GHz 以上の Intel Core 2 Duo または AMD Athlon 4200+ 以降
    • NVIDIA GeForce 9900GT 以降または ATI Radeon HD 2600 以降

* サポートされているホスト OS およびゲスト OS の最新の一覧は、VMware の互換性ガイドを参照してください。

 

VMware Workstation Player で 64 ビットの仮想マシンを実行する場合は、互換性のある 64 ビット CPU に関するナレッジベースの記事を参照してください。

 

サポート対象のゲスト OS

 

VMware Workstation 12.5 Player がサポートしている 32 ビットおよび 64 ビットのゲスト OS は数百にのぼります。Microsoft DOS から Windows 10、Windows NT Server から Windows Server 2012 R2、Ubuntu 14.10 をはじめとするさまざまな種類の Linux まで多岐にわたります。代表的なサポート対象のゲスト OS は次のとおりです。

  • Windows 10
  • Windows 8
  • Windows 7
  • Windows XP
  • Ubuntu
  • Red Hat
  • SUSE
  • Oracle Linux
  • Debian
  • Fedora
  • openSUSE
  • Mint
  • CentOS
  • Solaris、FreeBSD などのさまざまな Linux ディストリビューション

サポートされているホスト OS およびゲスト OS については、VMware の互換性ガイドを参照してください。

 

Workstation 12.5 Player は、32 ビットのオペレーティング システムをサポートしていますか

 

Workstation 12.5 Player のホスト PC には 64 ビットのオペレーティング システムが必要ですが、Workstation 12.5 Player 上の仮想マシンでは、ゲスト OS として 32 ビットの Windows および Linux を使用できます。

 

32 ビットのホストで Workstation 12.5 Player を実行したい場合どうすればよいですか

 

ホスト PC 上で 32 ビットと 64 ビットの両方のオペレーティング システムをサポートするのは、Player 6 Plus が最後のバージョンです。Workstation 12.5 Player を購入したあと、My VMware ポータルで Player 6 Plus にダウングレードすることが可能です。ナレッジベースの記事 「My VMware でライセンス キーをダウングレードする方法」 を参照してください。

ライセンスとアップグレード

Technology Guarantee プログラム

無償アップグレードの対象となるのは、どのような場合ですか


2017 年 8 月 22 日以降に VMware Workstation 12.5 Player をご購入いただいたお客様には、VMware Workstation Player の Technology Guarantee プログラムが適用されます。これは、VMware Workstation 14 Player へのオンライン アップグレードを無償で提供するものです。

  • 2017 年 8 月 22 日以降に VMware オンライン ストアまたは VMware の認定パートナーから VMware Workstation 12.5 Player をご購入いただいたお客様には、VMware Workstation 14 Player の一般公開後、Workstation 14 Player のライセンス キーが E メールにて自動的に提供されます。Workstation 14 Player が一般公開されてからライセンス キーが提供されるまで、48 時間ほどお時間をいただく場合があります。アップグレードを受け取るために、特別な手続きをする必要はありません。
  • 2017 年 8 月 22 日以降に VMware の認定ディストリビュータから VMware Workstation 12.5 Player をご購入いただいたお客様は、VMware Workstation 14 Player の無償ライセンス キーを受け取る際に、Workstation 14 Player の一般公開後、ライセンス キーと購入の証明となるものをオンラインで送信していただく必要があります。これらの情報を送信してから VMware Workstation 14 Player の無償オンライン アップグレードが提供されるまで、2 週間ほどお時間をいただく場合があります。

導入方法

 

2017 年 8 月 22 日より前に VMware Workstation 12.5 Player を購入しており、サポートおよびサブスクリプション (SnS) 契約がない場合はどうなりますか

 

2017 年 8 月 22 日より前に VMware Workstation 12.5 Player をご購入いただいたお客様で、SnS 契約を締結していない場合は、VMware Workstation 14 Player への無償アップグレードの対象とはなりません。Workstation 14 Player へのアップグレードをご購入いただく必要があります。

 

アップグレード

 

VMware Workstation 14 Player へのアップグレードが可能か確認する方法を教えてください

 

 

VMware オンライン ストアでアップグレードの購入が可能かどうかを確認するには、次の表を参照してください。

現在ライセンスを保有している製品
Workstation 14 Player への有償アップグレードが可能
Workstation 14 Player への無償アップグレードが可能
現在ライセンスを保有している製品 Workstation 12 Player (有効な SnS 契約あり)
Workstation 14 Player への有償アップグレードが可能
Workstation 14 Player への無償アップグレードが可能
現在ライセンスを保有している製品 Player Pro 7 (有効な SnS 契約なし)
Workstation 14 Player への有償アップグレードが可能
Workstation 14 Player への無償アップグレードが可能
現在ライセンスを保有している製品 Workstation 12 Player (有効な SnS 契約なし)
Workstation 14 Player への有償アップグレードが可能
Workstation 14 Player への無償アップグレードが可能

 

Workstation 14 Player のアップグレードを購入するにはどうしたらよいですか

 

VMware Workstation 14 Player のアップグレードをご希望の個人のお客様は、VMware オンライン ストアか弊社販売代理店にお問い合わせください。

 

VMware Workstation Player を購入していますが、無償アップデート (アップグレードではない) は提供されますか

 

はい。VMware Workstation Player の価格には、製品のアップデートとパッチが提供される、アップデート サービスが含まれています。アップデートとは、対象の製品バージョン内 (x.1、x.1.1 など) で提供される Workstation Player の新規リリースのことです。VMware Workstation Player が自動的にアップデートをダウンロードします。また、ユーザー自身が Workstation Player のダウンロード ページにアクセスして、アップデートをダウンロードすることも可能です。

 

VMware Workstation Player のサポートおよびサブスクリプション (SnS) 契約を締結しています。新しいバージョンはいつ提供されますか

 

一般公開日以降に契約が終了するサポートおよびサブスクリプション (SnS) 契約をお持ちの場合は、無償アップグレードの対象となります。VMware Workstation 14 Player は、Workstation Player のダウンロード ページでダウンロードできます。

 

ライセンスおよび登録

 

VMware Workstation Player を VMware に登録する方法を教えてください

 

VMware オンライン ストアから製品をご購入いただいた場合、ライセンス キーは自動的に登録されます。リセラーから購入した場合は、My VMware でライセンス キーを手動で登録していただく必要があります。ライセンス キーの登録手順については、ナレッジベースの記事を参照してください。

 

Windows バージョンと Linux バージョンを切り替えることはできますか

 

はい。同じライセンス キーを使用して VMware Workstation Player の Windows バージョンと Linux バージョンを切り替えて使用できます。ホスト OS を切り替える場合は、使用しないホスト OS から Workstation Player をアンインストールする必要があります。Linux ホストと Windows ホストの両方で VMware Workstation Player を実行する場合は、ライセンスを 2 つ購入する必要があります。

 

学生や教員は、VMware Workstation Player のライセンスを教育機関向けの割引価格 (アカデミック ライセンス) で購入できますか

 

はい、学生の方や大学の教員の方は、VMware Workstation Pro を標準アカデミック価格で購入できます。ご購入の際には、ヴイエムウェアのアカデミック取扱いリセラーにお問い合わせください。その際、資格を証明するものをご用意ください。

ダウンロードと評価版

無償の 「マイナー」 アップデートはどこからダウンロードできますか

 

VMware Workstation Player がアップデートのプロンプトを自動的に表示します。手動でアップデートを確認するには、[VMware Workstation Player] ドロップダウン メニューをクリックし、[アップデートの確認] を選択します。

 

VMware Workstation Player のダウンロード方法を教えてください

 

VMware Workstation Player は、Workstation Player のダウンロード ページでダウンロードできます。

 

VMware Workstation Player の評価版はどこで入手できますか

 

VMware Workstation Player の無償評価版は、次の Web サイトで入手できます。www.vmware.com/jp/products/player/playerpro-evaluation.html

サポート

サポート リクエストの発行

 

新しいサポート リクエストを発行したり、発行済みのリクエストの状況を確認したりするには、My VMware ポータルのお客様アカウントにログインしてください。

 

サポート サービス

 

ナレッジベースVMware コミュニティなどの Web ベースの包括的なサポート リソースに加え、次のサポート サービスを提供しています。

無償サポート

 

VMware Workstation Player のインストールに関する E メールによる無償サポートは、製品の登録日から起算して 30 日間有効です。サポート リクエストは電話または Web で発行してください。

 

 

インシデント単位のサポート

 

VMware Workstation Player のサポートは、必要に応じて購入できます。インシデント単位のサポートは、1、3、または 5 インシデント分のパックで提供しています。サポート リクエストは電話または Web で発行してください。

 

 

 

Basic Support (ベーシック サポート)

 

VMware Workstation Player を 10 ライセンス以上所有していて、ベーシック サポートをご購入のお客様は、VMware のグローバル サポート センターを 1 日 12 時間、週 5 日ご利用いただけます。これには 1 年間または 3 年間の回数無制限のサポート リクエストとサブスクリプション サービスが含まれます。

 

 

Production Support (プロダクション サポート)

 

VMware Workstation Player を 10 ライセンス以上所有していて、プロダクション サポートをご購入のお客様は、重要度 1 の問題について、VMware のグローバル サポート センターを 24 時間 365 日ご利用いただけます。これには 1 年間または 3 年間の回数無制限のサポート リクエストとサブスクリプション サービスが含まれます。

 

 

 

サポートに関する FAQ

 

無償サポート期間はいつから開始されますか

 

無償サポート期間は、VMware Workstation Player のライセンスを登録した日から開始されます。VMware のオンライン ストアで製品を購入した場合、登録は自動的に行われます。リセラーからご購入いただいた場合は、My VMware でライセンスを登録していただく必要があります。ライセンス キーの登録手順については、ナレッジベースの記事を参照してください。

 

無償サポートの期間はどのくらいですか

 

VMware Workstation Player のインストールに関する無償サポートは、製品の登録日から起算して 30 日間有効です。

 

インシデント単位のサポートは、異なるバージョンの Workstation Player に使用できますか

 

はい。VMware が正式にサポートしている製品バージョンについては、インシデント単位のサポートを購入して、サポート リクエストを発行していただけます。

 

VMware Workstation Player のサポート期間について教えてください

 

VMware Workstation Player のサポート期間は、パーソナル デスクトップ ライフサイクル ポリシーに従います。詳細についてはライフサイクル ポリシーおよびサポート終了日を参照してください。

 

VMware が無償で提供する Workstation Player のサポート リソースはありますか

 

VMware が提供するさまざまなセルフ形式のヘルプや、コミュニティによるサポート リソースをご利用いただけます。