Pulse IoT Center によるエッジ インフラストラクチャと IoT デバイスの管理

VMware Pulse IoT Center は、エッジ インフラストラクチャと IoT デバイスを管理するための、セキュアなエンタープライズクラスのソリューションです。IT 部門と OT 部門の両方を対象としており、あらゆる IoT のユースケースでご利用いただけます。Pulse IoT Center を活用すれば、IoT の導入を簡素化し、スケーラブルに管理を自動化することができます。また、IT のセキュリティ標準をエッジおよび IoT インフラストラクチャに拡張できるほか、IoT データの価値を最大限に引き出すことができます。

(3:32)

VMware Pulse IoT Center の製品概要

Pulse IoT Center は、異種混在の IoT エッジ システムとコネクテッド デバイスの大規模なオンボーディング、構成、管理、監視、保護を実現します。

Pulse IoT Center 2.0 の最新情報

Pulse IoT Center の最新バージョンについてご紹介します。

Pulse IoT Center による IoT デバイス ライフサイクル管理のメリット 

管理範囲の拡大

多様な IoT デバイスとアプリケーションに対応し、数百万台ものデバイスまで拡張可能な、一貫性のある管理および監視のフレームワークで管理をスケーラブルに効率化できます。

セキュリティの強化

IT のセキュリティ標準をエッジおよび IoT インフラストラクチャに拡張し、すべてのコネクテッド デバイス、アプリケーション、ネットワークに対するきめ細かい可視性と制御性を確保できます。

迅速な拡張

標準化されたデバイス登録、接続、オンボーディングにより、IoT の導入と拡張を簡素化できます。また、メトリックの収集を自動化することで、運用を効率化できます。

スマートな運用

あらゆるデバイス、あらゆるアプリケーション、あらゆるクラウドにわたるデータの収集とオーケストレーションを効率化することで、IoT の運用を日常業務に組み入れることができます。

Pulse IoT Center の機能

シンプルなオンボーディング

容易なデバイス登録、オンボーディング、デバイス テンプレートを活用することで、時間や技術スキルをあまり必要とせずに、多様な IoT デバイスとアプリケーションを迅速かつ大規模に導入、プロビジョニング、構成できます。

統合管理

異種混在の IoT およびエッジ デバイス、アプリケーション、ファームウェアを、単一のコンソールと画面で大規模に監視できるため、IoT 管理のサイロ化を解消できます。

クローズド ループ型のデータ オーケストレーション

データの移動と柔軟なデータ フローを可能にしてビジネス プロセスと統合することで、IoT データを有効に活用できます。

POC から本番環境への拡張

SaaS によってパイロット版の稼動を迅速に開始し、ビジネス ニーズの変化に応じてオンプレミス環境へと移行できます。

エンタープライズ システムとの連携

REST API を通じて既存のサーバ側の監視およびアラート機能とシームレスに連携する一方、クライアント側では C 言語ベースの SDK を通じて柔軟に連携します。

エンドツーエンドのトラスト モデル

エージェントでの最小限の権限の実行、一意のデバイス ID、TLS による保護された通信、RBAC、カスタム ロールなど、一貫したセキュリティ フレームワークにより、IT のセキュリティ標準をエッジおよび IoT インフラストラクチャに拡張できます。

デバイスのセキュリティ管理

承認、スケジュール、有効化、インストールをきめ細かく制御しながら、アップデート/パッチを迅速に構成してファームウェアやソフトウェアにセキュアに配信できます。

脅威の検出とエスカレーション

デバイスのメトリックのしきい値を設定して監視することで異常を発見します。ルールベースのアラートと API ベースでのサードパーティ製システムとの連携によって、エスカレーションが実行され、修復アクションがトリガーされます。

認証と認可

各ゲートウェイでは、なりすましを防ぐため、サーバとの通信時に、承認されたアクセス コントロール リストが使用されます。デバイス セッションでは HMAC ベースの認証トークンを使用して、サーバとの継続的な通信が行われます。

ネットワーク セキュリティ 

サードパーティ製ソリューションとの連携により、脅威の監視と検出ができます。今後のバージョンでは、VMware NSX との連携により、マイクロセグメンテーションのサポートが組み込まれる予定です。

IoT インフラストラクチャの管理に役立つ Pulse IoT Center

アセットの追跡と管理

ネットワークに接続されるモノやゲートウェイが増加すると、その位置情報の追跡、安全の確保と容易な管理、プロビジョニング、設定を可能にする必要があります。Pulse IoT Center を活用すれば、デバイスのメトリックのしきい値を設定して監視し、ルールベースのアラートと API ベースでのサードパーティ製システムとの連携によって、自動修復アクションをトリガーできます。

IoT インフラストラクチャの健全性の監視

油田、施設の天井、機械の内部、クレーン、ジェット エンジンなどに設置されたセンサーのような IoT デバイスは、ほとんどが遠隔の場所や無人の場所にあります。Pulse IoT Center ではリアルタイムの監視とアラートが可能なため、IoT インフラストラクチャの健全性を継続的に追跡できます。

運用分析

運用データ(CPU 使用率、バッテリー寿命など)を抽出し、履歴データやほかのデバイスからの情報と関連付けることにより、IoT インフラストラクチャのパフォーマンスを可視化して、異常を特定することができます。

無線通信(OTA)でのソフトウェアとセキュリティの更新

IoT デバイスのソフトウェア ライフサイクルの継続的な保守は、特にセキュリティの観点から非常に重要です。Pulse IoT Center では、あらゆるコネクテッド デバイスを単一のコンソールで大規模な範囲にわたってきめ細かく可視化し、制御できます。デバイスの状態の可視化と認識、セキュリティの脅威への対応、セキュリティ パッチの管理と展開、ファームウェアのアップデートは、すべて無線通信で行うことができます。

データの収集とオーケストレーション

エッジおよび IoT デバイスは、常にデータ ストリームを生成していますが、このデータはユーザーが管理してアクション可能なものにする必要があります。Pulse IoT Center では、あらゆるデバイス、あらゆるアプリケーション、あらゆるクラウドにわたってデータ フローの収集とオーケストレーションを行うことで、データの価値を最大限に引き出すことができます。

IoT の導入による業界の変革

IoT のリアルなユースケース

業界固有の課題を解決する IoT のリアルなユースケースをご覧ください。

スマート マニュファクチャリング

スマート マニュファクチャリングの導入により、データに基づく運用の強化、工場のさらなる自動化を進め、パーソナライズされた製品や新しいサービスを提供するテクノロジー企業へと進化する企業が増加しています。

コネクテッド トランスポーテーション

IoT は、車両の設計や製造、物流、保険、販売など、輸送業界全体に変革を起こしています。車両、消費者、交通インフラストラクチャをインターネット経由で接続することにより、運転環境や安全性を大幅に向上させつつ、コストを削減することができます。

コネクテッド リテール

IoT を活用することで、変化の激しいお客様のニーズへの迅速な対応、サプライ チェーンのさらなる効率化、新たなお客様の行動パターンの把握、カスタマー エクスペリエンスの最適化を行えます。これにより、売上の大幅な増加とブランド イメージの向上が実現し、競争優位性を高めることができます。

スマート バンキング

IoT の導入により、非効率なプロセスの見直しや、カスタマー エクスペリエンスの向上だけでなく、お客様のニーズに合わせた製品やサービスを大幅にパーソナライズすることが可能です。

コネクテッド ヘルスケア

ヘルスケアやウェルネスの分野で IoT を活用することによりもたらされるグローバルな経済効果は、2025 年までに 1 兆 6,000 億ドルになる見込みです。IoT の活用により、患者、医療サービス従事者、保険会社が情報をリアルタイムに把握できるため、環境や効率性の向上、コスト削減、患者ケアの改善を行うことが可能です。

スマート シティ

IoT を活用するスマート シティでは、コストやリソース消費量の削減と安全性の強化が可能なため、市民の QOL(生活の質)を高めることができます。リアルタイムのトラフィック管理やスマート街路灯などの IoT デバイスにより、スマート シティ構想のコスト削減効果は、全世界で 4 兆 6,000 億ドルになると予想されています。

エネルギー、石油、ガスのスマート化

リモート資産管理、スマート メーター、スマート グリッドなどの技術を活用した IoT によって、運用の効率化を図り、従業員の安全性を強化しながら、コストの削減や環境資源の保全が可能です。

オープンソース

Photon OS

Photon オペレーティング システム(OS)は、コンテナを効率的に実行する安全な実行環境を提供します。Photon OS は、クラウドネイティブ アプリケーション、クラウド プラットフォーム、および VMware のインフラストラクチャ向けに最適化されたオープン ソースの Linux ディストリビューションです。Photon OS と Pulse IoT Center を組み合わせることで、エッジのデータ発生ポイントの近くでデータ分析やデータ フィルタリングなどを行う、クラウド ネイティブ アプリケーションやコンテナベースの最新のアプリケーションを実行することができます。

EdgeX

EdgeX Foundry は、プラグ アンド プレイ型の IoT エッジ ソリューションを構築するための、柔軟性に優れた、オープンソースのマイクロサービス フレームワークです。この取り組みの中心となっているのは、ハードウェアや OS にまったく依存しない、リファレンス ソフトウェア プラットフォームでホストされる相互運用型のフレームワークです。業界標準を統一し、IoT ソリューションの展開を加速する、プラグ アンド プレイ型コンポーネントのエコシステムを実現することを目的としています。

Liota

Liota は、VMware Pulse IoT Center のクライアント側モジュールとして、エッジ ゲートウェイや組み込みの「モノ」に展開され、モノから VMware Pulse IoT Center へのデータ フローを支援します。特定のベンダーに依存しないオープンソースの IoT ソフトウェア開発キット(SDK)として、モノ、ゲートウェイ、クラウド/データセンター間でデータを管理、監視、オーケストレーションするための IoT アプリケーションを開発できます。

スポットライト:Pulse IoT Center に関する最新情報

Pulse IoT Center 2.0 の最新情報

VMware Pulse IoT Center 2.0 の機能をご紹介します。

Edge and IoT ブログ

VMware の Edge and IoT ブログで最新情報をご確認ください。

Pulse IoT Center 2.0 Web セミナー

Pulse IoT Center 2.0 の概要とデモを紹介する Web セミナーにご参加ください。