Pulse IoT Center による IoT デバイス管理

VMware Pulse IoT Center は、エッジ インフラストラクチャと IoT デバイスを管理するための、セキュアなエンタープライズ クラスのソリューションです。IT 部門と OT 部門の両方を対象としており、あらゆる IoT のユースケースでご利用いただけます。Pulse IoT Center を活用すれば、IoT の導入を簡素化し、スケーラブルに管理を自動化することができます。また、IT のセキュリティ標準をエッジおよび IoT インフラストラクチャに拡張できるほか、IoT データの価値を最大限に引き出すことができます。

(3:32)

VMware Pulse IoT Center の製品概要

Pulse IoT Center は、異種混在の IoT エッジ システムとコネクテッド デバイスの大規模なオンボーディング、構成、管理、監視、保護を実現します。

Pulse IoT Center 2.0 の最新情報

Pulse IoT Center の最新バージョンについてご紹介します。

Pulse IoT Center による IoT デバイス ライフサイクル管理のメリット 

管理範囲の拡大

多様な IoT デバイスとアプリケーションに対応し、数百万台ものデバイスまで拡張可能な、一貫性のある管理および監視のフレームワークで管理をスケーラブルに効率化できます。

セキュリティの強化

IT のセキュリティ標準をエッジおよび IoT インフラストラクチャに拡張し、すべてのコネクテッド デバイス、アプリケーション、ネットワークに対するきめ細かい可視性と制御性を確保できます。

迅速な拡張

標準化されたデバイス登録、接続、一括オンボーディングにより、IoT を簡単に導入して拡張できます。また、メトリックの収集を自動化して、運用を効率化できます。

スマートな運用

あらゆるデバイス、あらゆるアプリケーション、あらゆるクラウドにわたるデータの収集とオーケストレーションを効率化することで、IoT の運用を日常業務に組み入れることができます。

Pulse IoT Center の機能

シンプルなオンボーディング

手間のかからないデバイス登録、一括オンボーディング、デバイス テンプレートを活用することで、時間や技術スキルをあまり必要とせずに、多様な IoT デバイスとアプリケーションを迅速かつ大規模に導入、プロビジョニング、構成できます。

統合管理

異種混在の IoT およびエッジ デバイス、アプリケーション、ファームウェアを、単一のコンソールと画面で大規模に監視できるため、IoT 管理のサイロ化を解消できます。

クローズド ループ型のデータ オーケストレーション

データの移動と柔軟なデータ フローを可能にしてビジネス プロセスと統合することで、IoT データを有効に活用できます。

POC から本番環境への拡張

SaaS によってパイロット版の稼動を迅速に開始し、ビジネス ニーズの変化に応じてオンプレミス環境へと移行できます。

エンタープライズ システムとの連携

REST API を通じて既存のサーバ側の監視およびアラート機能とシームレスに連携する一方、クライアント側では C 言語ベースの SDK を通じて柔軟に連携します。

エンドツーエンドのトラスト モデル

エージェントでの最小限の権限の実行、一意のデバイス ID、TLS による保護された通信、RBAC、カスタム ロールなど、一貫したセキュリティ フレームワークにより、IT のセキュリティ標準をエッジおよび IoT インフラストラクチャに拡張できます。

組み込みのセキュリティ機能 

デバイスのセキュリティ管理

承認、スケジュール、有効化、インストールをきめ細かく制御しながら、アップデート/パッチを迅速に構成してファームウェアやソフトウェアにセキュアに配信できます。

脅威の検出とエスカレーション

デバイスのメトリックのしきい値を設定して監視することで異常を発見します。ルールベースのアラートと API ベースでのサードパーティ製システムとの連携によって、エスカレーションが実行され、修復アクションがトリガーされます。

認証と認可

各ゲートウェイでは、なりすましを防ぐため、サーバとの通信時に、認可されたアクセス コントロール リストが使用されます。デバイス セッションでは HMAC ベースの認証トークンを使用して、サーバとの継続的な通信が行われます。

ネットワーク セキュリティ

サードパーティ製ソリューションとの連携により、脅威がリアルタイムで検出されます。今後のバージョンでは、VMware NSX との連携により、マイクロセグメンテーションのサポートが採用される予定です。

ユースケース

アセットの追跡と管理

ネットワークに接続されるモノやゲートウェイが増加すると、その位置情報の追跡、安全の確保と容易な管理、プロビジョニング、設定を可能にする必要があります。Pulse IoT Center を活用すれば、デバイスのメトリックのしきい値を設定して監視し、ルールベースのアラートと API ベースでのサードパーティ製システムとの連携によって、自動修復アクションをトリガーできます。

IoT インフラストラクチャの健全性の監視

油田、施設の天井、機械の内部、クレーン、ジェット エンジンなどに設置されたセンサーのような IoT デバイスは、ほとんどが遠隔の場所や無人の場所にあります。Pulse IoT Center ではリアルタイムの監視とアラートが可能なため、IoT インフラストラクチャの健全性を継続的に追跡できます。

運用分析

運用データ(CPU 使用率、バッテリー寿命など)を抽出し、履歴データやほかのデバイスからの情報と関連付けることにより、IoT インフラストラクチャのパフォーマンスを可視化して、異常を特定することができます。

無線通信(OTA)でのソフトウェアとセキュリティの更新

IoT デバイスのソフトウェア ライフサイクルの継続的な保守は、特にセキュリティの観点から非常に重要です。Pulse IoT Center では、すべてのコネクテッド デバイスを単一のコンソールで大規模な範囲にわたってきめ細かく可視化し、制御できます。デバイスの状態の可視化と認識、セキュリティの脅威への対応、セキュリティ パッチの管理と展開、ファームウェアのアップデートは、すべて無線通信でリアルタイムに行うことができます。

データの収集とオーケストレーション

エッジおよび IoT デバイスは、常にデータ ストリームを生成していますが、このデータはユーザーが管理してアクション可能なものにする必要があります。Pulse IoT Center では、あらゆるデバイス、あらゆるアプリケーション、あらゆるクラウドにわたってデータ フローの収集とオーケストレーションを行うことで、データの価値を最大限に引き出すことができます。

スポットライト

Pulse IoT Center 2.0 の最新情報

VMware Pulse IoT Center 2.0 の機能をご紹介します。

Edge and IoT ブログ

VMware の Edge and IoT ブログで最新情報をご確認ください。

Pulse IoT Center 2.0 Web セミナー

Pulse IoT Center 2.0 の概要とデモを紹介する Web セミナーにご参加ください。

Liota:大規模な IoT の導入を支えるスマートで軽量なエージェント

プロジェクト Liota とは

Little IoT Agent(Liota)は、特定のベンダーに依存しないオープンソースの IoT ソフトウェア開発キット(SDK)です。モノ、ゲートウェイ、クラウド/データセンター間でデータを管理、監視、オーケストレーションするための IoT アプリケーションを開発できます。

 

Liota を活用するメリット

  • 使いやすい Python 環境で IoT ゲートウェイ アプリケーションの開発を簡素化
  • センサーのデータを収集、分析、保管、共有することで、有用な最新情報を取得
  • 同じアプリケーションをゲートウェイの種類ごとに用意する必要がないため、アプリケーションのイノベーションにより注力可能

Liota と VMware Pulse IoT Center の関係性

Liota は、VMware Pulse IoT Center のクライアント側モジュールとして、エッジ ゲートウェイや組み込みの「モノ」に常駐し、クラウド/データセンターの VMware Pulse IoT Center コンソールにデータを送信します。

vmware-liota

Liota の詳細情報

データシートを読む