クラウド サービスとしてのセキュリティとネットワーク

AWS、Azure、GCP、Alibaba、VMware Cloud、Salesforce、Zoom などの主要な IaaS および SaaS プロバイダーの手前まで SD-WAN を拡張して、クラウド内のアプリケーションとワークロードへの安全で最適な自動アクセスを提供します。拡張性に優れた SASE プラットフォームと世界中に展開された VMware Points of Presence(PoP)を通じ、ゼロトラスト ネットワーク アクセス(ZTNA)と次世代のセキュア Web ゲートウェイ(SWG)を最大限に活用して、ユーザーや分散されたワークロードをあらゆるレベルで脅威から保護します。

Leading Change:Anywhere Workspace で信頼を構築する

シームレスで制約のないワークスペースの提供を担う皆様に最適な機会です。5 月 5 日~ 6 日のグローバル ローンチ イベントにぜひご参加ください。

VMware Secure Access Service Edge のメリット

クラウドファーストのアプローチ

VMware SD-WAN クラウド ゲートウェイを使用することで、マルチクラウド環境の相互接続が可能になります。VMware SASE サービスは完全にクラウドベースであるため、利用と拡張が容易です。 

Intrinsic Security

コンテキストベースのアクセス、ネットワーク セキュリティ、アプリケーション保護、ワークロード暗号化などの堅牢なセキュリティにより、あらゆるレベルでサイバー攻撃から保護できます。

アプリケーションのパフォーマンス確保

単一のリンクしか利用できず、ネットワークの性能が低下した状態でも、ミッションクリティカルなアプリケーションのユーザー アクセスと最適なエクスペリエンスを確保できます。

シンプルな運用

自動化機能とゼロタッチ プロビジョニングにより、導入と運用開始を簡素化できます。導入後の運用を変革し、実用的なインサイトによって自己修復型のネットワークを実現します。

SASE のための VMware 製品

ビジネス ポリシー、構成、モニタリングを 1 つの画面で管理できる統合エッジおよびクラウド サービス モデルを実現する、シンプルで包括的なセキュリティとネットワーク サービスについて詳細をご確認ください。

VMware SASE Platform

場所を問わない、アプリケーションへの安全で信頼性の高いアクセスの提供

VMware Secure Access

リモート/モバイル ユーザーへの安全で高パフォーマンスなアクセスの提供

Workspace ONE

ゼロトラストを実現するデジタルワークスペース プラットフォーム

VMware SD-WAN

WAN 接続を仮想化するプラットフォーム

VMware Edge Network Intelligence

ネットワークの健全性とアプリケーションの提供に関する実用的なインサイトの自動生成

関連リソース

クラウドでのネットワークとセキュリティの統合

このホワイトペーパーでは、SASE のニーズを促進する市場とテクノロジーの動向や、SD-WAN とセキュリティの融合がもたらすパワーについて Frost & Sullivan が解説します。

 

場所を選ばない働き方を支える SASE 対応の WAN エッジ

場所を選ばない働き方のトレンドや、従来の WAN と VPN のアプローチが機能しなくなった理由について Dell’Oro Group が説明しています。

VMware SASE Platform ソリューションの概要

VMware SASE Platform で、場所を選ばない働き方の新しい常識に効果的に適応する方法をご確認ください。

FAQ

理想的な SASE ソリューションは場所を問わないアクセスを一貫性のある安全な方法で実現しますが、すべてのベンダーがこの課題に対応しているわけではありません。統合されたネットワークとセキュリティを提供する SASE ベンダーを選択すれば、運用の複雑さを軽減することができます。SASE ソリューションで必要なことは、クラウドファーストのアプローチを採用し、ゼロトラスト ネットワーク アクセス(ZTNA)やスケーラブルなネットワーク機能(クラウドベースの SD-WAN など)を含む、堅牢で本質的なセキュリティ機能も提供していることです。

SASE を採用すると、アプリケーションのパフォーマンス向上やデータのセキュリティ強化などのメリットが得られ、場所を問わず一貫性のある最適化されたネットワーク アクセスが可能になります。さらに、優れた SASE ソリューションでは、クラウドファーストのアプローチに基づいてシンプルな運用を実現できます。

SASE は、運用の複雑さやサイバーセキュリティの侵害など、多くの課題を解決します。ただし、SASE はネットワークとセキュリティを統合する手法であるため、部門がサイロ化されている場合は実装が困難になる可能性があります。また、複数の製品やベンダーが必要な場合は特に、ベンダーの選択も問題になる可能性があります。

企業は、アプリケーションをクラウドに移行しながら、それらのアプリケーションにユーザーがリモートでアクセスできるようにしています。同時に、企業は進化し続けるセキュリティの脅威から自らを守る必要があります。SASE を使用すると、IT 部門は、ユーザーがオフィスにいるかその他の場所にいるかに関係なく同じエクスペリエンスを提供して、このような変化への対応を推進できます。SASE は、ネットワーク サービスとセキュリティ サービスを組み合わせて、エッジとクラウドの統合サービス モデルを実現します。

SASE の採用を実行に移す場合は、IT 部門の準備が整っていることを確認してください。SASE はネットワークとセキュリティ機能を統合する手法であるため、ネットワーク チームとセキュリティ チームの連携が取れていないと、採用が難しくなります。また、柔軟性を提供するベンダーを見つけることも重要であり、理想的には利用するベンダーを 1 つか 2 つに絞って複雑になるのを避けるべきです。