VMware Site Recovery Manager がディザスタ リカバリ ソフトウェアとして最適な理由

ポリシーベースのシンプルな管理

ポリシーベースの自動化により、vSphere Web Client から管理できる統合リカバリ プランを使用して、数千台の仮想マシンを容易に保護できます。

あらゆるストレージとの互換性

vSphere ReplicationVirtual Volumes(VVOL)、および VMware の主要なストレージ パートナーが提供するアレイベースのレプリケーション ソリューションとネイティブに連携することで、高い柔軟性と幅広い選択肢を提供します。

ハイブリッドクラウド対応

VMware Cloud on AWS 向けの VMware Site Recovery で、エンドツーエンドのサービスとしてのディザスタ リカバリ保護を実現します。既存の投資を活用して容易に導入できるため、ハイブリッドクラウドの導入に向けた備えとしても活用できます。

TCO の削減

自動フェイルオーバー/レポート作成機能により、時間のかかる監査業務を合理化できるため、ディザスタ リカバリの運用コストを削減可能です。

Site Recovery Manager(SRM)8.3 の新機能

vSphere Virtual Volumes(VVOL)のサポート

SRM のアレイベースのレプリケーションでは、従来のデータストアと VVOL のデータストアがサポート、統合されており、ディザスタ リカバリのオーケストレーションを簡素化することができます。

迅速なデータ保護

論理ユニット番号(LUN)上または VVOL のレプリケーション グループ内に作成された仮想マシン(VM)を自動的に検出、保護することにより、急速に変化する環境で確実にデータを保護します。また、VMDK のディスク サイズを保護対象サイトからリカバリ サイトへシームレスに変更し、手作業によるエラーや過失を回避します。

自動化の強化

管理の簡素化と、ディザスタ リカバリ ソリューションにおける可視性の最大化に向けて、自動化機能の向上と UI の強化を実現する新しいツールが追加されています。

スポットライト

Site Recovery Manager 8.3 の概要

プライベートクラウド全体でアプリケーションの可用性と可搬性を実現する、業界トップクラスのソリューションの新機能をご確認ください。

Site Recovery Manager による迅速なリカバリとシステムの中断の最小化

金融コングロマリットの Shriram Value が、ディザスタ リカバリと事業継続性プランの策定に SRM を選択した理由をご紹介します。

Site Recovery Manager の試用

データセンターの移行計画やディザスタ リカバリ プランの実行を、実際にお試しいただけます。インストール不要で、無料でご利用いただけます。

 

サービスとしてのディザスタ リカバリ(DRaaS)

VMware Cloud Disaster Recovery と VMware Site Recovery Manager を使用して、オンプレミスのワークロードを VMware Cloud on AWS に移して保護できます。

トレーニング

受講可能な Site Recovery Manager のトレーニング コース一覧を掲載しています。

購入オプション

VMware Site Recovery Manager には、Standard と Enterprise の 2 種類のエディションが用意されています。

どちらのエディションも、「保護対象の仮想マシン」ごとにライセンスが提供され、仮想マシン 25 台分を 1 パックとして販売しています。

ライセンス

Standard

Enterprise

保護できる仮想マシンの最大数

1 サイトあたり仮想マシン 75 台 ライセンス制限なし

 

 

機能

Standard

Enterprise

VMware Cloud Foundation との連携

リカバリ プランの統合管理

本番環境に影響を与えないテスト

ディザスタ リカバリ フェイルオーバーの自動化

データセンターの計画的な移行

自動的な再保護とフェイルバック

アレイベースのレプリケーションのサポート

仮想マシンの自動的な保護

vSphere Replication のサポート

拡張ストレージのサポート

 

Cross-vCenter vMotion のオーケストレーション

 

Virtual Volumes(VVOL)のサポート

 

FAQ

Site Recovery Manager(SRM)は、災害時にダウンタイムを最小限に抑えるように開発された、業界をリードするディザスタ リカバリ管理ソリュ―ションです。統合リカバリ プランのポリシー ベースの管理、自動オーケストレーション、ダウンタイムなしのテストを可能にします。仮想マシン向けに設計されており、vSphere 環境内のすべてのアプリケーションを管理できる拡張性を備えています。

フェイルオーバーおよびフェイルバックの自動化とオーケストレーションにより、災害時のダウンタイムを確実に最小限に抑えます。組み込み型のダウンタイムなしのテスト機能によって、目標復旧時間(RTO)を確実に達成します。

総合すると、SRM は自動化によって管理を簡素化し、迅速で予測可能性の高いリカバリ時間を保証し、総所有コストを最小化するソリューションです。SRM は、ディザスタ リカバリ、災害の回避、データセンターの計画的な移行、サイトレベルでのロードバランシング、アプリケーションのメンテナンス テストなど、さまざまなユースケースに対応できます。

Site Recovery Manager は、VMware Server および基盤となるレプリケーション テクノロジーを通じて vSphere と連携し、非常に高い柔軟性と豊富な選択肢を提供します。vSphere Replication、vSphere Virtual Volumes(VVOL)と連携したストレージ アレイとネイティブに連携できるほか、ストレージ レプリケーション アダプターを使用して、主なストレージ ベンダーが提供するさまざまなストレージ アレイベースのレプリケーション ソリューションとも連携できます。

また、リカバリ プランの構成プロセスを提供し、ユーザーを支援します。フェイルオーバー時やテスト時には、SRM がリカバリ プランを自動的に実行します。SRM を使用することで、業務時間内でもシステムを停止させずにテストを頻繁に実行できるため、予測可能性の高いリカバリ目標を実現できます。オーケストレーション ワークフローの自動化により、リカバリ時間は分単位に短縮されます。サイト間での仮想マシンの大規模なライブ マイグレーション オーケストレーション機能により、ダウンタイムを伴わずにアプリケーションを移動することも可能です。

Siite Recovery Manager では、vSphere Replication、vSphere Virtual Volumes(VVOL)と連携したストレージ アレイ、アレイベースのレプリケーション、iSCSI 向けのストレージベースのレプリケーション、ファイバー チャネル、または NFS ストレージ アレイのいずれかの使用が必要です。ストレージベースのレプリケーションの場合、VMware ではストレージ パートナーと協力し、お客様が使用するストレージおよびストレージ レプリケーション プラットフォームに SRM を導入できるよう取り組んでいます。SRM は、ストレージ ベンダーによって SRM との連携用に開発、認定されたストレージ レプリケーション アダプター(SRA)プラグインを通じて、さまざまなレプリケーション ソフトウェアと連携しています。VVOL と連携したストレージ アレイを使用する場合は、SRA に代わり VASA Provider を使用できます。SRA およびサポートされているストレージの最新の一覧は、ストレージ パートナー互換性マトリックスを参照してください。SRM と VVOL の互換性マトリックスはこちらをご覧ください。

VMware Site Recovery for VMware Cloud on AWS は、Site Recovery Manager および vSphere Replication 上に構築されていますが異なるサービスです。Site Revocery は、オンプレミスと VMware Cloud on AWS の両方のワークロードを保護するオンデマンド型の DRaaS を提供します。このサービスは、オンプレミスのデータセンターと VMware Cloud on AWS の間だけでなく、VMware Cloud on AWS の異なるインスタンス間のディザスタ リカバリ イベントにおける、ワークロードのリカバリを自動化します。VMware Cloud on AWS にレプリケートされるワークロードを、必要に応じて起動できます。

vSphere Replication は、vSphere 仮想マシンをハイパーバイザー ベースでレプリケーションする VMware のテクノロジーです。部分的または全体的なサイト障害から仮想マシンを保護します。ストレージに依存しない仮想マシン主体のレプリケーションによって、ディザスタ リカバリの簡素化が可能です。また、複数時点のリカバリ機能と、目標復旧ポイントのカスタマイズ構成機能(5 分 ~ 24 時間)を備えた、さまざまな基盤となるストレージ ソリューションをサポートしています。

さらに、仮想ディスク単位で構成されているため、どの仮想マシンをレプリケートするかをきめ細かく管理できます。プライマリ サイトからリカバリ サイトへのレプリケーション、単一サイトの 2 つのクラスタ間でのレプリケーション、複数のソース サイトからターゲット サイトへのレプリケーションが、基盤となるストレージ アレイにかかわらず可能です。vSphere Replication は vSphere プラットフォームの機能の 1 つであり、Site Recovery Manager とネイティブに連携しています。

保護対象サイトとリカバリ サイトの双方で、vSphere、vCenter Server、および Site Recovery Manager の各インスタンスが必要です。また、仮想マシンをリカバリ サイトにコピーするための基盤となるレプリケーション製品も必要です。vSphere Replication、Virtual Volumes(VVOL)と連携したストレージ アレイ、またはサードパーティ製のアレイベースのレプリケーション ソフトウェアからお選びいただけます。アレイベースのレプリケーション ソフトウェアを使用する場合は、ストレージ レプリケーション アダプター(SRA)も必要です。

Site Recovery Manager 評価センターにアクセスしてください。Site Recovery Manager の評価を成功させるための技術資料やインストール デモを、広く取り揃えています。

VMware Site Recovery は、クラウドの柔軟性と経済性を利用して短時間で保護を提供します。オンプレミスのセカンダリ DR サイトを構築する必要がなく、容易に VMware on AWS 環境を立ち上げることができます。また、Site Recovery では、これまでと同じ馴染みのあるツールと運用環境(オンプレミスからパブリッククラウドまで)を利用できるため、ディザスタ リカバリ(DR)の運用が大幅に簡素化され、「1 日での DR」を実現することができます。

その他の質問と回答については、Site Recovery Manager に関する FAQ の完全版をご覧ください。