VMware Telco Cloud Automation の特長

導入期間の短縮

特定のベンダーに依存しない、標準準拠のシンプルな方法でネットワークの機能やサービスを設計し、オンボーディングすることで、ネットワーク サービスを市場に投入するまでの期間を短縮できます。TOSCA テンプレートのカタログの活用、認定パートナーからの新しいテンプレートの取得、使いやすいビジュアル コンポーザーによる独自のテンプレートの作成が可能です。さまざまな仮想インフラストラクチャ マネージャ(VIM)と Kubernetes との連携機能があらかじめ組み込まれているため、複数のテナントやクラウドにわたって VNF と CNF をシームレスにオンボーディングし、インスタンス化できます。

運用の自動化

インフラストラクチャからネットワーク サービスまで、ライフサイクル管理をエンドツーエンドで自動化することで、マルチクラウドおよびクラウドネイティブの俊敏性を運用プロセスにもたらします。包括的な意思決定エンジンを使用してポリシーを定義および適用することで、導入から実際の運用までを自動化します。運用プロセスを効率化し、複雑でミスが発生しやすい手作業を排除すると同時に、コンテナ管理、動的スケーリング、ワークロードの移行、クローズドループ型の修復を分散データセンター エコシステム内で実現することで、全体的なリソース利用率を最適化します。

オーケストレーションの統合

仮想マシンおよびコンテナベースのインフラストラクチャからワークロードのシームレスな導入とオーケストレーションを行うことで、適応性に優れたサービス デリバリ基盤を実現します。コアからエッジ、プライベートクラウドからパブリッククラウドへワークロードを分散することで、真の最新のネットワーク統合オーケストレーションを実現します。

テレコム クラウドの拡張を自動化

インフラストラクチャからネットワーク サービスまで、マルチレイヤーの自動化を使用して、新しいネットワーク コア サイトとエッジ サイトを構築できます。展開テンプレート、ゼロタッチ プロビジョニング(ZTP)、CaaS の自動化により、既存のネットワーク拠点にキャパシティを拡張したり、新しいテレコム クラウド サイトを構築したりする際の複雑さを軽減し、展開時間を短縮できます。

クラウドネイティブに対応

CaaS(サービスとしてのコンテナ)の自動化により、クラウドネイティブ アーキテクチャへシームレスに移行できます。新しい Kubernetes クラスタの登録と作成を Telco Cloud Automation から直接行えます。ネットワーク機能のリソースと運用要件に応じて、構成時およびインスタンス時に Kubernetes クラスタを最適化できます。登録されている複数のクラウドを対象に、アクティブなすべてのクラスタを 1 つの統合システムで運用、管理できます。

カスタマー エクスペリエンスの向上

柔軟性と耐障害性に優れたサービスによってカスタマー エクスペリエンスを向上させます。リアルタイムの意思決定機能とテレコム クラウドの包括的な可視化を組み合わせることで、クローズドループ型の最適な管理を可能にし、サービス品質(QoS)を高めます。分散型データセンターとアベイラビリティ ゾーン全体にわたり、ネットワーク機能とサービス ワークロードの分散を自動化することで、最適な耐障害性を実現します。

オーケストレーションの効率化

VMware のクラウド テクノロジーへのネイティブ統合により、オーケストレーションまでの時間を短縮します。独自のマルチ VIM/Kubernetes、ハイブリッドクラウド、マルチクラウドの機能を提供することで、極めて効率的なワークロードの配置、可搬性、継続的同期を実現しながら、さまざまな VIM/Kubernetes API を最適に使用して複雑性を抽象化します。高度な連携プロジェクトを効率的な製品展開へと変革させることが可能です。

相互運用の簡素化

モジュール方式のモデルベース ソリューションとして構築された G-VNFM コンポーネントと NFV オーケストレーション(NFVO)コンポーネントは、SOL 準拠の ETSI MANO アーキテクチャと統合できます。VMware® Ready for Telco Cloud プログラムは、VMware Telco Cloud Infrastructure と Telco Cloud Automation の両方を対象にネットワーク機能を認定することで、エンドツーエンドでの一貫したソリューションの運用と管理を実現し、相互運用性を高めます。

VMware Telco Cloud Automation の経済的なメリット

VMware Telco Cloud Automation のメリット

ACG が実施した調査によると、水平型のインフラストラクチャを備えた VMware Telco Cloud Automation の主なメリットは次のとおりです。

 

  • 5 年間で 344% の ROI を達成、総所有コスト(TCO)を 23% 削減
  • サービス開発および市場投入までの期間を短縮
  • 運用コストを 38% 削減
  • 統合型のオーケストレーションと自動化

Telco Cloud Automation の仕組み

VMware Telco Cloud Automation は、特定のベンダーに依存しないクラウドファーストのアプローチにより、テレコム ネットワークのオーケストレーションと自動化を実現します。そのため、相互運用が容易になり、マルチクラウド エコシステムをテレコム要件に基づいて迅速に進化させることができます。
Telco Cloud Automation の仕組み

スポットライト

概要のビデオ

すべてのネットワークとクラウドを対象に、ネットワーク機能やネットワーク サービスの管理をオーケストレーションし、自動化します。

Analysys Mason のレポート

VMware Telco Cloud Automation:マルチクラウド環境、仮想マシン環境、Kubernetes 環境における NFV オーケストレーション

データシート

VMware Telco Cloud Automation のデータシートで現在の製品バージョンの機能をご確認ください。

ブログ:最新情報を見る

最新のブログ投稿では、Telco Cloud Automation 1.7 の最新情報をご紹介しています。

機能

5G 対応のハイブリッド ターンキー アーキテクチャ

NFVO、Generic VNF Manager(G-VNFM)、CaaS、マルチクラウド管理機能がパッケージ化され、VMware Telco Cloud Infrastructure にあらかじめ統合されています。

標準ベースの相互運用性

オープン SOL および Kubernetes の標準インターフェイスを利用した ETSI MANO/CNCF 準拠のアーキテクチャにより、ベンダーに依存しない相互運用性を実現します。

マルチ VIM および Kubernetes クラスタの管理

マルチ VIM および Kubernetes クラスタの自動検出によって容易な登録を実現。インフラストラクチャからオーケストレーションへの継続的な同期も可能です。

マルチクラウド/ハイブリッドクラウドの構成

コアからエッジ、プライベートクラウドからパブリッククラウドのさまざまなテクノロジーにまたがり、複雑な CNF/VNF/NS インスタンスの展開および管理のユースケースをサポートします。

インテントベースの配置

ネットワーク機能の要件とクラウド機能に基づいて、ワークロードの最適な配置が自動的に推奨されます。

ネットワーク機能の統合管理

物理ネットワーク、仮想ネットワーク、クラウドネイティブのネットワークの機能をシームレスに管理できます。

CaaS(サービスとしてのコンテナ)の自動化

Telco Cloud Automation を使用して既存の Kubernetes クラスタを登録したり、新しい Kubernetes クラスタを作成したりできます。さらに、ネットワーク機能の要件に基づいて、クラスタ構成を自動的に調整できます。

セロタッチ プロビジョニング(ZTP)

Telco Cloud Infrastructure からネットワークの機能やサービスまで、新しいサイトのプロビジョニングを自動化します。

導入の簡素化

オープン スタンダードを利用したディスクリプター テンプレートを統合することで、これまで時間がかかっていたネットワーク機能とサービスのオンボーディング サイクルを促進します。

プログラム可能な自動化

ネットワーク機能とネットワーク サービスのライフサイクル全体を対象に、クローズドループ ポリシーの単純なルールと複雑なルールを設定することで、自動運用の動作をカスタマイズします。

強力なビジュアル コンポーザー

ビジュアル コンポーザーの直感的なインターフェイスを使用して、独自のマルチベンダー ネットワーク サービス(CNF/VNF)のディスクリプターを作成します。

エンドツーエンドの可視化

CNF/VNF/EMS および VIM/CaaS/NFVi の障害管理とパフォーマンス管理(FM/PM)を一元化することで、ポリシー、ワークフロー、保証を強化します。

FAQ

VMware Telco Cloud Automation は Project Maestro をさらに進化させた製品です。

MANO 市場のほとんどのベンダーはネットワーク機能(NEP)または OSS/BSS を扱っており、通常、オーケストレーションに対してトップダウンまたはブループリントファーストのアプローチを提案します。これらのアプローチでは、クラウド テクノロジーの急速な進化や複雑さが考慮されません。そのため、継続的インテグレーションに問題が生じたり、オンボーディング/管理プロセスが適切に機能しない可能性があります。VMware のクラウドファースト アプローチでは、クラウドに伴う複雑が解消され、MANO フレームワークのすべてのレイヤーにわたって一貫性のある運用が可能になります。この斬新な方法により、マルチ VIM インフラストラクチャまたはコンテナベースのインフラストラクチャ上で NFVI リソースの使用率を最大化するとともに、シームレスな VNF/ネットワーク サービスと同期された運用を実現できます。

VMware Telco Cloud Automation はアプリケーションやサービスの設計、オンボーディング、管理に焦点をあてており、VIM は基盤となるインフラストラクチャ レイヤーを管理します。VMware Telco Cloud Automation はアプリケーションをインフラストラクチャから分離するとともに、複数の VIM、サイト、テナントを対象に、複雑なネットワーク サービスを設計、オンボーディング、管理する機能を提供します。

VMware Telco Cloud Automation がサポートするネットワーク サービスの種類に制限はありません。一般的なサービスには、モバイル コア(LTE/5G)、高度なマルチメディア サービス、MPN、VoLTE、VoWIFI、SD-WAN/uCPE、Private LTE、vRAN などがあります。 

このソリューションは、ネットワーク機能とネットワーク サービスについて、人およびシステムがトリガーするワークフローとポリシーの自動化をサポートしています。ネットワーク機能とネットワーク サービスの標準的な自動化機能には、インスタンス化(クラウドへの配置)、拡張、修復、ロールバック、アップグレード/アップデート、終了があります。ユーザーは、カスタム ワークフロー用のインターフェイスを定義したり、標準ベースのワークフローを変更することもできます。

VMware Telco Cloud Automation はオンプレミスに展開されます。

Telco Cloud Automation ユーザーは CaaS Automation の機能を使用し、テレコム クラウド全体を対象に、Kubernetes クラスタ(ワーカー/管理)をテンプレートに基づいて一元的に作成、管理します。Telco Cloud Automation で CaaS Management を使用することで、インストール時や LCM 中、ネットワーク機能の特性に合わせて Kubernetes クラスタ構成を最適化できます。  

VMware Telco Cloud Automation は、あらゆるネットワークとクラウドにわたり、自動化を統合することによって運用の俊敏性を高めるとともに、ネットワークの機能やサービスを市場に投入するまでの期間を短縮するソリューションです。

VMware Telco Cloud Automation は、Generic VNF Manager(G-VNFM)および NFV/クラウド ドメイン オーケストレーション機能を提供します。サポート対象のインターフェイスはデータシートでご確認ください。

VMware Telco Cloud Automation は、あらゆるフォーマット(物理、仮想、クラウドネイティブ)、あらゆるベンダー(SOL001/004 準拠)のネットワーク機能のオーケストレーションと自動化をサポートしています。

はい。VMware Telco Cloud Automation は、NFV ドメインとクラウド ドメイン(仮想ドメイン)のオーケストレーションを提供します。トランスポート ドメインや仮想化されていない RAN ドメインなど、物理ドメインのオーケストレーションは行いません。エンドツーエンドのサービス オーケストレーションを統合するため、通常、これらのドメインには、それぞれ独自のオーケストレーション プラットフォームが用意されています。

VMware Telco Cloud Automation はエンドツーエンドのサービス オーケストレーターではありませんが、NFV/クラウド/アプリケーション ドメインのサービス要件を管理するこのソリューションは、ネットワーク スライス オーケストレーションに不可欠なコンポーネントです。SOL005/TMF 標準のインターフェイスを介してエンドツーエンドのサービス オーケストレーターと通信し、NFV/クラウドの要件に対応します。

Telco Cloud Automation は Kubernetes を拡張し、CSP のクラウドネイティブ要件に対応するための単一のアプローチを提供します。これらの機能には、テンプレートに基づく Kubernetes クラスタ管理/自動化、CNF ディスクリプター/パッケージ設計、CNF の展開、LCM 自動化、NFV オーケストレーションによる CNF/VNF ハイブリッド環境の管理があります。

パートナー

Ready for Telco Cloud パートナー プログラム

VMware は、主要なすべての NEP を含め多くのネットワーク機能ベンダーと積極的に協業し、パートナーのソリューションを VMware Ready for Telco Cloud プログラムで認定しています。これは、サードパーティが開発したネットワーク機能と ETSI 準拠の VMware Telco Cloud Platform 間に相互運用性があり、正常に動作することを保証する包括的な認定プログラムです。CSP は VMware Telco Cloud Platform を導入することで、マルチベンダーのネットワーク機能を迅速に導入し、展開できます。VMware Telco Cloud Automation は、このプログラムを利用してネットワーク機能ベンダーの相互運用性を保証し、特定のベンダーに依存しない、事前テスト済みのエンドツーエンド MANO ソリューションを提供します。

ご興味をお持ちの方はこちら