Project Maestro

Project Maestro は、テクニカル プレビュー段階のテレコム クラウド オーケストレーション ソリューションです。最新のネットワーク機能およびサービスの開発期間を短縮するとともに、あらゆるネットワークおよびクラウドで自動化を簡素化することで運用の俊敏性を高めます。

主なメリット

開発期間の短縮

特定のベンダーに依存することなく標準に準拠したシンプルな手法で、VNF やネットワーク サービスの設計および導入を行うことで、ネットワーク サービスの開発期間を短縮します。TOSCA テンプレートのカタログの活用、認定パートナーからの新しいテンプレートの取得、使いやすいビジュアル コンポーザーによる独自のテンプレートの作成が可能です。あらかじめ組み込まれた複数の Virtual Infrastructure Manager(VIM)との連携機能により、マルチテナントおよびクラウド全体で VNF の導入とインスタンス化を、数秒以内にシームレスに実行できます。

使用環境の向上

柔軟性と耐障害性に優れたサービスにより、顧客体験を向上させます。リアルタイムの意思決定機能と包括的なテレコムクラウドの可視化機能を活用したクローズドループ型の管理により、高い SLA と全体的なサービス品質の確保が可能です。分散型データセンターとアベイラビリティ ゾーン全体にわたり、ネットワーク機能とサービス ワークロードの分散を自動化することで、最適な品質と総合的な耐障害性を実現します。

運用の自動化

ライフサイクル全体の管理の自動化機能により、マルチクラウドの俊敏性を活用した運用プロセスを組み込むことができます。包括的な意思決定エンジンを使用してポリシーを定義および適用することで、導入から実際の運用までを自動化します。運用プロセスの効率化により、複雑でミスが発生しやすい手作業の操作を削減すると同時に、動的スケーリング、ワークロードの移行、クローズド ループの回復をすべて分散データセンター エコシステム内で行うことで、全体的なリソース利用率を最適化します。

オーケストレーションの効率化

VMware のクラウド テクノロジーへのネイティブ統合により、オーケストレーションまでの時間を短縮します。独自のマルチ VIM、ハイブリッド クラウド、マルチクラウドの機能を提供することで、非常に効率的なワークロードの配置、移行、継続的同期を実現しながら、さまざまな VIM API の使用を最適化し、複雑性を抽象化します。高度な連携プロジェクトを効率的な製品展開へと変革させることが可能です。

一貫したオーケストレーション

仮想マシンおよびコンテナベースのインフラストラクチャからワークロードのシームレスな導入とオーケストレーションを行うことで、将来の変化に対応可能なサービス デリバリ基盤を実現します。コアからエッジ、プライベート クラウドからパブリック クラウドへワークロードを分散することで、真の最新のネットワーク統合オーケストレーションを実現します。

相互運用の簡素化

モジュール方式のモデル ベース ソリューションとして構築された G-VNFM および NFVO コンポーネントにより、あらゆる SOL 準拠の ETSI MANO アーキテクチャを統合できます。VMware Ready for NFV プログラムも、VMware インフラストラクチャとオーケストレーターの両方に VNF 認定を提供することで相互運用性を強化します。このプログラムにより、一貫したエンドツーエンドでのソリューションの運用と管理を実現することができます。

スポットライト 

テレコム クラウドのオーケストレーションとは

テレコム クラウド オーケストレーションをテーマにした TelecomTV の Martyn Warwick とVMware のソリューション担当副社長ガブリエレ・ディ・ピアッツァ(Gabriele Di Piazza)によるインタビュー動画です(SDN/NFV World Congress 2019 での撮影)

Project Maestro

Project Maestro

Project Maestro は、あらゆるネットワークおよびクラウドにわたるネットワーク機能およびサービスのオーケストレーションと管理の自動化を通じて通信サービス プロバイダーを支援するソリューションです。

機能

ターンキー アーキテクチャ

VMware vCloud NFV インフラストラクチャ(VIM/NFVI)への組み込み型の連携機能を備えた、パッケージングされた NFV オーケストレーション(NFVO)機能と汎用 VNF Manager(G-VNFM)機能です。

マルチ VIM 管理

マルチ VIM およびテナントの自動検出に加えて、インフラストラクチャからオーケストレーションへの継続的な同期により、容易に登録できます。

導入の簡素化

オープン スタンダードを活用したディスクリプター テンプレートを統合することで、従来は長期サイクルだった VNF およびサービスの導入をわずか数分まで短縮します。

強力なビジュアル コンポーザー

ビジュアル コンポーザーの直感的なインターフェイスを使用して、独自のマルチベンダー ネットワーク サービスまたは VNF ディスクリプターを作成します。

標準ベースの相互運用性

オープンな SOL 標準インターフェイスを活用した MANO 準拠のアーキテクチャにより、South/North および East/West インターフェイス間でベンダーに依存しない相互運用性を実現します。

ハイブリッド クラウドの構成

エッジからコア、プライベート クラウドからパブリック クラウドまで、複雑な VNF/NS インスタンスの展開および管理のユースケースをサポートします。

プログラム可能な自動化

VNF およびネットワーク サービスのライフサイクル全体で、クローズド ループ ポリシー用の単純なルールや複雑なルールを設定することにより、自動運用の動作をカスタマイズします。

エンドツーエンドの可視化

ポリシー、ワークフロー、保証を強化するために、VNF/EMS および VIM/NFVi の障害およびパフォーマンス管理(FM/PM)を一元化します。

Ready for NVF パートナー プログラム

 

VMware は主要なすべての NEP を含む複数の VNF ベンダーと積極的に協力しており、Ready for NFV プログラムで認定を行っています。VMware Ready for NFV は包括的な認定プログラムで、サードパーティが開発した VNF と ETSI 準拠の VMware vCloud NFV プラットフォーム間の相互運用性と運用準備完了を保証します。VMware vCloud NFV プラットフォームを使用して、複数のベンダーが提供する VNF を迅速に導入して展開できるよう通信サービス プロバイダーを支援するプログラムです。VMware の Project Maestro は、このプログラムを活用してネットワーク機能ベンダーとの相互運用性を促進し、中立かつ事前テスト済みのエンドツーエンドの MANO ソリューションを実現します。