VMware Telco Cloud Operations

VMware Telco Cloud Operations は、仮想環境と物理環境のギャップを解消し、リアルタイムで自動化にサービスを保証するソリューションです。複数のネットワーク レイヤーにまたがり、パフォーマンスを包括的に監視および管理することで、インサイトの迅速な取得、コスト削減、カスタマー エクスペリエンスの向上を実現します。

 

特長 

単一の管理画面による管理

VMware Telco Cloud Operations では、エンドツーエンドで一元的にサービスを監視し、ネットワークを管理できます。物理デバイス(ホスト、スイッチ、ルータ)と仮想環境(SD-WAN、SDN、NFV)が相互に関連付けられるため、運用チームはインサイトを迅速に取得し、必要なアクションを自動的に実行できます。導入も非常に迅速に行えるため、すぐに運用を開始できます。

根本原因分析の自動化

サービス環境、物理環境、仮想クラウド環境にまたがり、ネットワーク インシデントの根本原因が自動的に分析されるため、問題の分離と修復を迅速に行うことができます。無関係なアラームは自動的に抑止され、複数のドメインのわたって根本原因を迅速に特定できます。維持すべき静的なルールはなく、運用を簡素化し、コストのかかるルールの維持管理を削減できます。

マルチテナント、マルチベンダー環境の管理

マルチテナントおよびマルチベンダーがサポートされているため、CSP は、さまざまな環境の複数のお客様を単一のエコシステム内で監視し、プロアクティブに管理できます。この透明性によって CSP は自社の環境を可視化、分析、最適化でき、迅速な問題解決と高可用性を実現して厳格な SLA に対応できます。

パフォーマンス管理と分析

機械学習ベースの分析により、すべてのネットワーク ドメインについてネットワーク パフォーマンスを詳細に把握できます。運用チームはカスタマイズ可能なグラフィカル ユーザー インターフェイスを使用し、ネットワークやサービスのパフォーマンス分析、およびデバイスの統計情報を容易に可視化できます。VMware Telco Cloud Operations はパフォーマンスのベースラインを自動的に設定し、異常な動作が検出された時点で通知を生成することで、アプリケーションのパフォーマンスを向上させます。

物理トポロジーと仮想トポロジーの検出

VMware Telco Cloud Operations の高度な自動検出機能により、複雑なマルチベンダー ネットワーク(物理、仮想、テナント、サービス)のトポロジーが検出され、包括的なグラフィカル トポロジー ビューとして運用担当者に提示されます。ネットワークへの変更は自動的に検出され、トポロジーが更新されます。サポート対象のデバイスは 4,000 種類以上におよびます。

自動化アクションの起動

SD-WAN オーケストレーターや SDN コントローラ、VNF マネージャ、NFV オーケストレーター、OSS システムなどのオーケストレーション ツールが統合されているため、自動化されたクローズドループのアクションを起動して、サービスを迅速に復旧できます。問題の検出時にはアラートを生成し、対応する OSS システムを介してアクションを自動的にリクエストします。

VMware Telco Cloud Operations

仮想ネットワークと物理ネットワークを包括的に一元管理し、エンドツーエンドでサービス レベルを保証します。階層を横断してインサイトを取得し、複数のネットワーク レイヤーを対象にサービスの健全性を監視することで、パフォーマンスを最大限に高めます。

機能

SD-WAN の監視

VMware SD-WAN by VeloCloud や Cisco Viptela SD-WAN など、マルチベンダーによる SD-WAN エンタープライズ サービスの監視をサポートしています。マルチテナントのサポートと障害管理を行えるよう完全に統合されており、ネットワーク全体にわたって問題の分離と影響の評価を行うことができます。

ビジネスへの影響度分析

運用担当者は、ビジネスへの影響度に応じて、テナントやサービスに優先スコアを割り当てることができます。影響度分析に基づき、価値の高いサービスや SLA を契約しているテナントのインシデントを自動的に優先し、サービスを迅速に復旧できます。

自己適応エンジン

VMware Telco Cloud Operations は、継続的な更新を必要とするルールベースのエンジンではなく、管理対象のシステムに自動的に適応する、高度な多次元の決定論的モデルベースのエンジンを使用します。何千ものイベントを収集して、既知のパターンやシグネチャと関連付け、問題の根本原因を突き止めます。

NFV の保証

VMware Telco Cloud Infrastructure と連携してマルチテナントの分散 NFV をインテリジェントなアプローチで保証し、マルチベンダーの仮想コンピュート(vSphere)、仮想ネットワーク(NSX-T)、VMware Integrated OpenStack(VIO)、VMware vCloud Director(vCD)、OpenStack ソリューションをサポートします。

SLA 管理

リアルタイムのパフォーマンス メトリック、および機械学習によるベースライン設定、アノマリー検知、アラートの生成により、今日の動的なネットワークに迅速に対応し、お客様に影響が生じる前に問題を回避するために必要なインサイトを運用チームに提供します。

連続稼動時間の増加と MTTI/MTTR の短縮

サービス、プロトコル、インフラストラクチャ間の関係を自動的に判断し、問題の根本原因をすばやく特定して、解決策の提案を含めた診断内容を提示します。ネットワーク オペレーターが最重要課題に注力し、お客様に迅速に対応できるよう、お客様、コスト、サービスへの影響を基にイベントの優先順位を決定します。

構成管理

ネットワーク デバイスの構成を自動的に検出し、これらの構成のバックアップを維持して、コンプライアンスを確実に遵守するために継続的な監査を実施します。ネットワーク管理者は、複数のデバイスを同時にアップグレードしたり、それらの構成を一括して変更したりできます。

仮想 EPC の保証

4G LTE および VoLTE のネットワーク サービスをサポートしている vEPC にサービス中心の Common Information Model(CIM)を適用し、複数のレイヤー(VNF コンポーネント、VIM テナンシー、クラウド インフラストラクチャ、物理ネットワーク)にわたって関連付けることで、根本原因分析や問題の切り分けを行います。

スポットライト

テレコム クラウドの運用

物理ネットワークと仮想ネットワークを包括的に可視化および自動化し、エンドツーエンドでサービス品質を保証するとともに、将来にわたってネットワークをサポートします。

お客様事例

VMware Telco Cloud Operations を導入し、ネットワークの複雑性の緩和、SLA の達成、ネットワーク アラームの大幅な削減を実現した大手通信サービス プロバイダーの事例です。

SD-WAN の保証

VMware Telco Cloud Operations によって複数のネットワーク レイヤーを横断的に可視化し、SD-WAN および IP/MPLS ネットワークを効率的に一元管理する方法をご覧ください。

SD-WAN のお客様事例

業界をリードする大手サービス プロバイダーは VMware Telco Cloud Operations を利用し、IP/MPLS インフラストラクチャと、その上に構築した仮想 SD-WAN 間での接続の問題を解消しました。

FAQ

VMware Telco Cloud Operations

VMware Telco Cloud Operations とはなんでしょうか?

VMware Telco Cloud Operations は包括的なサービス保証ソリューションです。通信サービス プロバイダーや大規模企業は、従来の物理インフラストラクチャと新しい仮想ネットワークの両方を一元的に監視および管理できます。  マイクロサービス アーキテクチャを基盤とするこのソリューションは、優れた柔軟性と拡張性を提供します。

VMware Telco Cloud Operations は運用インテリジェンスへのアプローチを自動化することで、運用コストの削減、連続稼動時間の向上、SLA の達成、新しいサービスの迅速な運用を実現します。物理レイヤー、仮想レイヤー、サービス レイヤーからなる複雑なマルチベンダー ネットワークのトポロジーを自動的に検出し、包括的かつグラフィカルなトポロジー ビューとしてユーザーに提供します。  高度な自己適応型エンジンを利用することで、ネットワークで発生した問題の根本原因を自動的に突きとめ、ビジネスへの影響度に基づいて優先順位を付けます。さらに、無関係なアラームを抑止して、必要な情報を運用担当者に通知し、OSS やオーケストレーション ツールと連携してクローズドループのアクションを実行します。 

VMware Telco Cloud Operations ではパフォーマンス分析を行えますか?

はい。VMware Telco Cloud Operations には、パフォーマンス分析機能とグラフィカルなレポート ダッシュボードが組み込まれています。機械学習を利用して、動的なパフォーマンス ベースラインを自動的に設定し、異常な動作をすぐに特定して運用担当者に警告します。VMware Telco Cloud Operations では、アンダーレイとオーバーレイ両方のネットワークの状況をコンテキストベースで把握できるため、インシデントに正確に優先順位を付け、アプリケーション パフォーマンスに重大な影響が生じる前に対処できます。 

パフォーマンス管理分析の使用例を教えてください。

VMware Telco Cloud Operations には、パフォーマンス分析、ベースライン設定、動的なしきい値設定、異常検出、警告など、機械学習に基づくさまざまな機能が用意されています。  パフォーマンス管理分析のユースケースをいくつか紹介します。

  • SD-WAN に影響を与えるジッターとパケット ロス
  • vCPU 競合の増加、メモリ使用量の増加
  • (BGP の再構成に伴う)ルータ インターフェイスでの帯域幅使用量の減少
  • インターフェイス使用率および特定のインターフェイスでの廃棄率の増加
  • トラフィックの急増によるパケット レートの増加、インターフェイスの利用率の増加
  • NetFlow をサポートしているデバイスから収集した NetFlow 情報(ジッター、遅延、パケット ロスなど)

VMware Telco Cloud Operations をクラウド環境に展開できますか?

はい。VMware Telco Cloud Operations は、容易に利用できる VMware テクノロジーを基盤とするソリューションです。  業界標準のコンテナ作成機能と管理機能を内部で使用し、一連のマイクロサービスを実行して、プライベートクラウド環境またはパブリッククラウド環境に仮想アプライアンスとして展開されます。 

ビジネス要件や SLA に基づいて、ネットワークの問題を知らせる通知に優先順位を付けることはできますか?

はい。ビジネスへの影響度やお客様のタイプに基づいて、インシデントに優先順位を付けることができます。たとえば、ビジネス要件に応じて、特に重要なお客様、組織、特定の地域を優先させることができます。

VMware Telco Cloud Operations はネットワーク運用の向上にどのように役立ちますか?

VMware Telco Cloud Operations の機能は、通信サービス プロバイダー(CSP)のネットワーク運用チームに直接的なメリットをもたらします。まず、VMware Telco Cloud Operations にはネットワーク全体を可視化する機能が用意されています。複数のデリバリ ドメインにわたってサービスを追跡し、トランスポート、物理、仮想、サービスの各レイヤー(SD-WAN を含む)でネットワークを監視および管理できます。  また、ネットワーク インフラストラクチャを対応するサービスにマッピングし、正確なトポロジーと依存関係マッピングを維持します。

ネットワークの可視性が向上し、サービスとインフラストラクチャの関係性が明らかになるため、ネットワークの連続稼動時間が増加し、ネットワークの問題を特定して修正するまでの平均時間を短縮できます。VMware Telco Cloud Operations では根本原因の自動分析機能により、本当のネットワーク問題のみが診断されます。表示される多数のシンプトムを運用担当者が自分でより分ける必要がありません。また、オーケストレーション ツール(SD-WAN オーケストレーター、NFV オーケストレーター、VNF-M/OSS システムなど)との統合により、インシデントを相互に関連付けて可視化し、修正ステップを自動化することができます。

根本原因の自動分析が重要である理由を教えてください。

多くの CSP が物理インフラストラクチャからクラウド インフラストラクチャへ移行しつつあるなか、根本原因の自動分析は、インテリジェントな運用の実現に欠かせない重要なコンポーネントです。ネットワーク運用チームは、物理レイヤー、仮想レイヤー、サービス レイヤーにわたって、問題の真の原因を迅速に突きとめる必要があります。何時間もかけている余裕はありません。VMware Telco Cloud Operations では、シンプトムではなく、本当の問題を数秒で特定してすみやかに修正できます。多数のツールで発生した何千ものアラームやアラートをユーザーに通知するのではなく、すべてのイベントをバックグラウンドで収集し、検出されたネットワーク トポロジーに照らして関連付け、問題の根本原因を特定します。さらに、影響を受けたサービスと、影響を受けたテナントやユーザーの両方に根本原因を関連付け、運用チームに通知したうえで必要なアクションをトリガーします。これにより、ビジネスへの影響度に応じた優先順付けが可能になります。たとえば、価値の高いサービスや SLA を契約しているお客様を優先させることができます。これらすべてがリアルタイムで実行されるため、連続稼動時間とお客様の QoS が最大化されます。 

今日の通信サービス プロバイダーにとって、次世代の保証が重要な理由を教えてください。

5G デジタル サービス プロバイダー(DSP)への変革を進めている通信サービス プロバイダー(CSP)にとって、俊敏性、絶えず変化する環境への迅速な対応、コストの最適化はビジネスに不可欠な要件です。これらの要件を満たすため、CSP は、俊敏性に優れたソフトウェアベースのネットワークとコンテナベースのアプリケーションを展開し、SD-WAN(Software-Defined Wide Area Network)などの新しいサービスを導入しています。さらに、従来型のデバイスやサービスを基盤とするコア ネットワークを引き続き運用すると同時に、高パフォーマンスの低遅延ネットワークを必要とする新しい IoT アプリケーションやエッジ アプリケーションもサポートする必要があります。こうした異種混在のネットワークは、運用、監視、管理が非常に複雑であり、コストも増大します。手動のプロセスやスクリプトを使用する一体型の管理ツールでは対応できません。サービスを保証するには、統合および自動化されたインテリジェントなアプローチが必要です。これらすべてのニーズを満たしているのが VMware Telco Cloud Operations です。