VMware プライバシー プログラム

VMware の包括的なプライバシー プログラムにより、お客様は自らの個人データについて、プライバシーが確保され、責任を持って処理されているという安心感を持つことができます。

サービス プロバイダーとしての個人データの保護

VMware はデータ処理者として、以下のような方法で、お客様がデータ保護およびプライバシーの要件を順守できるようにします。

契約

お客様が VMware のサービスに対して提供する個人データの継続的な保護について、VMware の契約上の義務をご確認ください。

裁判所命令、行政機関からのアクセス要求、法執行機関からの要求

VMware が行政機関からのアクセス要求、召喚状、裁判所命令、その他の法的要件や規制要件にどのように対応するかをご覧ください。

データ転送の仕組み

欧州経済領域、スイス、英国から第三国へ個人データを転送する際に VMware が利用する仕組みについてご覧ください。

復処理者

VMware が連携している、VMware の代理としてサービスを提供するサードパーティのリストをご確認ください。ご登録いただくと、リストに変更があった場合に通知を受け取れます。

VMware の製品およびサービス

VMware が収集して処理する個人データは、お客様が購入されるサービスによって異なります。プライバシーに関するデータシートおよび UEM の開示に目を通し、VMware がサービス提供に関連して処理する個人情報をご確認ください。

事業者としての個人データの保護

VMware は管理者として、以下のような方法で、データ保護およびプライバシー要件を順守しています。

プライバシー通知

VMware のプライバシー通知では、収集される個人情報とその使用方法、保存期間、だれが情報にアクセスできるかについて詳しく説明しています。

VMware におけるプライバシー保護の文化

VMware プライバシー ポリシーとトレーニング プログラムを通じ、VMware の従業員はお客様のデータを保護する方法を確実に理解します。また、必要に応じてデータ保護責任者が相談を受けています。

プライバシー バイ デザインと処理の記録

VMware では、プライバシー審査、処理活動の記録、転送影響評価などを含む、包括的なプライバシー プログラムを実施しています。

マーケティング設定とデータ主体の権利

VMware はお客様のプライバシーを尊重しており、お客様が自らの個人情報について選択および管理できるようにしています。

FAQ

「お客様コンテンツ」とは、お客様またはお客様のユーザーが、お客様のアカウントに関連する処理、保存、またはホスティングのためにクラウド サービスにアップロードするあらゆるコンテンツを指します。サポート サービスの観点からは、「お客様コンテンツ」とは、サポート サービスの一環としてお客様が VMware に提供するあらゆるコンテンツを指します。「お客様コンテンツ」の定義は、VMware 一般条項でご覧いただけます。たとえば、お客様またはお客様のユーザーが Workspace ONE に保存するデータなどがお客様コンテンツに該当します。ただし、お客様のアカウント情報(お客様の氏名、ユーザー名、電話番号、お客様のアカウントに関連付けられた請求情報など)は「お客様コンテンツ」の定義に含まれません。また、お客様のクラウド サービス使用に関連して VMware が収集する情報も「お客様コンテンツ」に含まれません。これらの情報は、VMware のプライバシー通知に従って処理されます。

お客様コンテンツの所有権は、常にお客様が保持します。お客様コンテンツを処理、保存、ホスティングする際にどの VMware Cloud Services を使用するか、およびどの情報をお客様コンテンツとして VMware Cloud Services にアップロードするかはお客様が決定します。また、お客様にクラウド サービスを提供するために必要な場合、またはお客様と締結した VMware 一般条項で規定され、許可されている場合を除き、 VMware がいかなる目的でもお客様コンテンツにアクセスしたり、使用したりすることはありません。さらに、VMware がお客様コンテンツをマーケティングまたは広告用途に使用することはありません。

VMware は、複数のシステムおよび環境にわたるアプリケーションの構築、管理、保護、実行を可能にするエンタープライズ ソリューションをお客様に提供します。VMware がお客様に提供するサービスの性質上、一般に、行政機関がお客様コンテンツへの直接的なアクセスを要求する正当な理由はないと考えていますが、Schrems II 判決に従い、お客様が管理者として処理するデータについてコンプライアンスを確保できるようにするため、VMware は以下の措置を講じました。

行政機関からのアクセス要求に関する契約義務を強化
VMware は VMware 一般条項の「必要な開示」項目を更新し、次の義務を追加することで、行政機関からのアクセス要求に VMware がどのように対応するかを明確にしました。

お客様への通知が法的に禁止されていない場合:

  • お客様への通知:お客様のコンテンツに対する開示要求があることをお客様に通知します。
  • 行政機関をお客様に差し向ける:VMware はお客様の代理を務めるサービス プロバイダーであり、お客様のコンテンツに対するすべてのアクセス要求は、お客様が指定した担当者またはお客様の法務部門に書面で依頼する必要があることを当該行政機関に知らせます。
  • アクセスの制限:お客様の許可を得た場合のみ、お客様のコンテンツへのアクセスを提供します。お客様が希望する場合、弊社は、お客様の費用負担で開示要求に異議を申し立てる合理的な措置を取ります。

VMware からお客様への通知が法的に禁止されている場合:

  • 法的有効性の評価:VMware は開示要求を評価し、法的に有効で拘束力があるかどうかを判断します。
  • 違法な要求への異議申し立て:開示要求が適用法に準拠していないと合理的に判断した場合、VMware は開示要求に異議を申し立てます。
  • 開示範囲の制限:VMware は、開示範囲を開示が義務付けられている情報のみに制限し、適用法に従って情報を開示します。

行政機関からのアクセス要求と米国当局への対応プロセスに関する透明性

VMware は、VMware の BCR で規定されている義務を含め、行政機関からのアクセス要求に対する VMware の義務とプロセスをお客様に深く理解していただくため、行政機関からお客様コンテンツへのアクセス要求を受けた場合の基本方針を定めています。

さらに VMware は、FISA 702 条および大統領令 12333 号の適用に関する Schrems II を考慮した VMware 声明を策定しました。これは、EU から米国に転送されるデータにアクセスする米国の情報機関についての懸念に対処するとともに、米国の 2 つの権限(大統領令(EO)12333 および外国情報監視法(FISA)702 条)が適用される可能性についてお客様の理解を深めることを目的としています。弊社が提供するサービスの性質から、VMware は、サービスの提供に関して 702 条または EO 12333 が適用される可能性は低いと考えています。

個人データの転送の法的根拠を確保するため、復処理者との契約を更新

EU と米国間のプライバシー シールドの無効判決を受け、VMware は、それまで EU と米国間のプライバシー シールドをデータ転送の仕組みとして用いていたすべての復処理者を対象に標準契約条項を策定しました。データ処理者である VMware は、VMware のデータ処理補足契約書に規定されているように、該当する VMware サービスを提供するにあたり、拘束的企業準則(BCR)に基づいて EU 以外へ個人データを転送します。

技術的および組織的な対策

VMware は、VMware のデータ処理補足契約書に規定されているとおり、適切な技術的および組織的対策を実装し、維持することを約束します。VMware Trust Center では、サービスを提供するにあたり、VMware がサポートしているサードパーティの認定と監査をご確認いただけます。VMware サービスの性質上、お客様はサービスの構成方法も制御することができ、目的のサービスを利用する際に処理されるデータを保護するため、管理上および技術上の必要な制御を実装できます。多くの場合、VMware はオンプレミス ソリューションとホスト型ソリューションの両方を提供します。お客様は、システムとインフラストラクチャを管理する際、どちらか必要なソリューションを選択できます。

VMware サービスによって処理されるデータの種類に関する透明性:データシート
欧州データ保護委員会(EDPB)は「Schrems II」に関する FAQ で、EU 域外へ転送する個人データに適切なレベルの保護が適用されるかを判断する基準の一つとして、転送対象データの種類を考慮する必要があり、管理者はケースバイケース分析を実施し、その転送によってもたらされるリスクを判断するべきであると説明しています。VMware サービスの利用に際して処理されるデータの種類は、各サービスの詳細でご確認いただけます。また、各サービスのデータシートは VMware Trust Center の「プライバシー」セクションで入手していただけます。Workspace ONE サービスの場合、Workspace ONE プライバシー開示もご確認いただけます。

VMware は、VMware サービスまたはサポートおよびサブスクリプション サービスを提供するにあたり、サードパーティに依頼して弊社のサービスを実行します。復処理者として個人データを処理するサードパーティの採用に関して(これらの用語はデータ処理補足契約書で定義されています)、VMware は次のプロセスと手順を実施します。

  1. 契約上の責任と国家間でのデータ転送:VMware はすべての復処理者とデータ処理契約を締結します。これにより復処理者は、データ処理補足契約書に記載されている VMware のお客様に対する契約上の責任と実質的に同様の条件で、個人データの適切なプライバシー、セキュリティ、機密性を維持する必要があります。別の正当なデータ転送の仕組みがあり、復処理者が適切な契約責任を負わない限り、VMware は EU 標準契約条項を使用します。
  2. プライバシーの審査プロセスとプライバシー バイ デザイン:VMware は新しいサプライヤーのオンボーディングを目的として、一元化されたエンドツーエンドのサードパーティ ベンダー管理プロセスを設けています。このプロセスでは、一元化されたツールを使用して、サードパーティを対象とするプライバシーとセキュリティの審査を開始、実施、追跡し、コンプライアンス確保の取り組みを支援します。VMware プライバシー チームは、復処理者が提供するサービスについて、処理される個人データのカテゴリや処理目的などを対象とする詳細なプライバシー審査を実施します。この審査には、復処理者が個人データにアクセスしたり、個人データを処理したりする際のリスクを軽減し、コンプライアンスを確実に実現するためのプライバシー管理の実装が含まれます。
  3. セキュリティ審査プロセス:VMware は、復処理者のセキュリティ審査を実施するためのポリシーとプロセスを保持しています。VMware セキュリティ チームは、すべての新しい復処理者に対し最初のセキュリティ審査を実施し、その後特定されたセキュリティ リスク レベルに基づいて継続的な監視を行います。
  4. 復処理者のリストと新しい復処理者の通知:VMware は、個々のサービスごとに使用される復処理者と、サポートおよびサブスクリプション サービスに関連して使用される復処理者のリストを保持しています。特定のサービスに関する通知を受信するよう登録しているお客様に対し、VMware は、新たに提携した復処理者について事前に通知します。

VMware では、サービスの提供か事業の運営かにかかわらず、VMware に適用される可能性のある新しい法律、規制、拘束力のあるガイダンス、判例を追跡、分析、評価する社内プロセスを定めています。プライバシー チームは、外部の弁護士、外部のプライバシー調査ツール、法律事務所のニュース アラートを活用して、新たに制定された法律や規制を把握しています。

たとえば中国、日本、カリフォルニア州、コロラド州、バージニア州、ユタ州の法律のように、特定のプライバシー法が VMware に適用されると判断された場合、VMware は法的要件を追跡し、コンプライアンスを確保するためのプロジェクト計画を実施します。このような実施プロセスの一環として、VMware プライバシー チームは社内の関連するステークホルダーに協力を依頼し、新しい法的要件に準拠するために更新する必要があるプロセスと管理を特定します。VMware プライバシー チームは、社内のプライバシー カウンシルのエコシステム(マーケティング、人事、営業などの業務領域によって運営される)を利用して、新しい法律や改訂された法律への対応をタイムリーかつ効率的に支援します。

また、VMware プライバシー チームは、標準のプライバシー トレーニングやその他の社内トレーニングを活用し、すべての従業員と契約社員が各自の業務に影響を与える可能性のある新しい法的要件について適切なトレーニングを確実に受けられるようにします。たとえば、VMware は、処理者としての拘束的企業準則へのコンプライアンスの一環として、毎年義務付けられているセキュリティおよび意識向上トレーニングを通じて必要なトレーニングを実施するとともに、ビジネス行動規範を更新して新しい要件を反映しました。

弊社のクラウド サービスのセキュリティは、VMware にとって最大の重要性を持ちます。VMware がクラウド サービスを保護する方法の詳細については、Trust Center の「セキュリティ」ページをご覧ください。VMware は、ISO 27001 規格に準拠した情報セキュリティ管理プログラムを有しており、このプログラムに対し、適切な管理、手順、手続きが実施されていることを確認するための審査を年 1 回以上行っています。

お客様が VMware Cloud Services を利用するにあたり、その際に処理するデータの種類に応じて、クラウド サービスの利用に適用される法律を順守するために必要な技術的、組織的、管理上の制御を構成し、実装する責任はお客様が担います。お客様コンテンツのセキュリティに関連するお客様の責任は該当する契約で定められており、これには、(a)お客様がお客様のユーザーに提供しているアクセスを管理する、(b)クラウド サービスを適切に構成する、(c)クラウド サービスの内外にお客様コンテンツを移動させるときにお客様コンテンツのセキュリティを確保する、(d)必要に応じて暗号化技術を使用してお客様コンテンツを保護する、(e)お客様コンテンツのバックアップを作成することが含まれます。

サービス プロバイダーとしての個人データの保護方法

VMware はデータ処理者として、管理者であるお客様が弊社サービスを利用する際にデータ保護法を順守できるように、包括的なプライバシー プログラムを策定しています。

契約上の責任

以下のプライバシーに関する契約は、VMware 一般条項(VMware ONE Contract Center でご覧いただけます)を補足するものです。
データ処理補足契約書(DPA)

データ処理補足契約書(DPA)

お客様の個人データのセキュリティ、機密性、完全性を保護するために、VMware が負う契約上の責任です。

GDPR 補完的措置に関する補足契約書

GDPR 補完的措置に関する補足契約書

Schrems II 判決の結果として改訂された EU 標準契約条項に準拠した、VMware データ処理補足契約書の重要な部分です。

提携事業者契約(BAA)

お客様が HIPAA の適用対象事業者である場合に、特定のサービスにおいて VMware が保護医療情報に関して果たすべき義務を定めています。

データ転送の仕組み

VMware は、お客様コンテンツとしてお客様からサービスに提供された個人データを、処理者としての立場で、欧州経済領域、スイス、英国から第三国へ転送する場合があります。

拘束的企業準則

VMware は処理者として欧州経済領域(「EEA」)、スイス、英国から第三国へ個人データを転送する際に、拘束的企業準則(BCR-P)に従います。BCR は、EU の一般データ保護規則(「EU GDPR」)、スイスの連邦データ保護法(「FADP」)、英国のデータ保護法におけるデータ転送の仕組みです。VMware の BCR-P は、グループ内同意書(「IGA」)を通じて VMware 企業グループのメンバーを法的に拘束し、BCR-P がお客様との契約において参照されている場合、メンバー間の個人データの転送すべてに適用されます。

欧州経済領域とスイス

VMware の EEA BCR-P は、2018 年 5 月 23 日付でアイルランド国データ保護委員会を主管官庁とする欧州各国のデータ保護機関から承認されました。この BCR-P は、GDPR 後の管理を実施するために 2021 年 5 月に更新され、さらに Schrems II 後の要件を実施するために 2022 年 10 月に再度更新されました。VMware は毎年必要に応じて、BCR-P の修正を含め、アイルランドの DPA による変更に合わせて更新を実施しています。年次更新は毎年 5 月に実施しています。

スイス国外に個人データを転送する場合も同様に、VMware は EEA BCR-P に従います。

VMWARE BCR-P

処理者としての BCR に関する FAQ

英国

英国における処理者としての拘束的企業準則(「UK BCR-P」)の適用は現在保留となっており、VMware のデータ処理補足契約書は UK BCR-P の発効時に更新されます。一方、VMware は、VMware が処理者として行動する場合に、EEA BCR-P に規定されている保護を英国から第三国への個人データの転送に拡大することに、データ保護補足契約で合意しています。

国家間でのデータ転送に関する FAQ

復処理者

VMware は、VMware の代理としてサービスを提供するサードパーティと提携する際、お客様の個人データを保護するために、定められたプロセスおよび手続きに従います。

国家間でのデータ転送のための標準契約条項

VMware は、すべての復処理者とデータ処理契約を締結し、VMware のデータ処理補足契約書に規定されている契約上の責任と実質的に同等の条件で、個人データのプライバシー、セキュリティ、機密性を維持することを復処理者に義務付けています。EEA、スイス、または英国からの安全、確実かつ合法的なデータ転送を保証し、その後の転送を保護するために、VMware は、別の正当なデータ転送の仕組みが存在しない限り、EEA の標準契約条項(「EEA SCC」)、英国の国際データ転送契約、または英国の EEA SCC 補足契約書に従います。

復処理者リストと通知

VMware は、各 VMware サービスで使用される復処理者のリストを保持しています。

お客様は、通知を受け取るよう登録することにより、ご利用のサービスについて新たな復処理者との提携があった際に通知を受け取ることができます。

裁判所命令、行政機関からのアクセス要求、法執行機関からの要求

VMware は適用法に準拠しつつお客様のコンテンツを保護することをお約束します。

行政機関からのアクセス要求、召喚状、裁判所命令、行政機関による措置、その他の法的要件または規制要件によってお客様のコンテンツを開示するよう求められた場合に VMware がどのように対応するかについては、VMware 一般条項(必要な開示)および処理者としての拘束的企業準則(BCR-P)に準拠するものとします。

VMware は、行政機関からのアクセス要求および必要な開示について、VMware 一般条項で規定されている義務を順守する能力に影響を与える適用法を認識していません。

いかなる場合も、VMware は、民主主義社会で必要とされる範囲を超えた大規模、過剰、または無差別な方法で個人データを開示することはありません。

透明性に関するレポート

毎年発行されるこのレポートでは、VMware が世界各地で受け取った行政機関および法執行機関からの要求の数が示されています。

米国当局:FISA

外国情報監視法(FISA)702 条および大統領令(EO)12333 号に関する VMware の声明です。

行政機関からのアクセス要求

VMware は、お客様コンテンツに関連するアクセス要求への対応において、一連の基本原則を指針としています。

VMware の製品およびサービス

VMware は、弊社のサービスによって処理される個人データを理解するのに役立つデータシートと、弊社の統合エンドポイント管理プログラムとデータ使用プログラムの概要を説明する追加のリソースを提供しています。

 検索結果

VMware Carbon Black Cloud のプライバシー方針

このクラウドネイティブのセキュリティ ソリューションによって収集される個人データの種類と、VMware がそのデータをどのように処理および保護しているかをご確認ください。

VMware Cloud on AWS のプライバシー方針

VMware Cloud on AWS SDDC の個人データに関する責任の所在、および VMware がそのドメイン内のデータを保護する方法についてご確認ください。

VMware Cloud Disaster Recovery のプライバシー方針

VMware Cloud Disaster Recovery サービスに関連して、VMware がお客様の個人データをどのように処理し、保護しているかをご覧ください。

VMware Cloud Web Security のプライバシー方針

このセキュア Web ゲートウェイによってどのような個人データが収集されるか、またそのデータを VMware がどのように処理および保護しているかをご確認ください。

CloudHealth by VMware のプライバシー方針

VMware が、マルチクラウド環境を最適化するために、信頼性の高いプラットフォーム上で個人データをどのように処理および保護しているかをご確認ください。

VMware Horizon のプライバシー方針

VMware Horizon Service に関連して、VMware がお客様の個人データをどのように処理し、保護しているかをご覧ください。

VMware SD-WAN のプライバシー方針

このネットワーク オーバーレイ ソリューションによって収集される個人データの種類と、VMware がそのデータを保護するために果たしている役割をご確認ください。

VMware Secure Access

Secure Access ホスト型サービスで VMware が個人データをどのように処理し、保護しているかをご覧ください。

VMware Tanzu Mission Control

VMware Tanzu Mission Control サービスに関連して、VMware がお客様の個人データをどのように処理し、保護しているかをご覧ください。

VMware Tanzu Service Mesh のプライバシー方針

VMware Tanzu Service Mesh に関連して、VMware がお客様の個人データをどのように処理し、保護しているかをご覧ください。

VMware Workspace ONE のプライバシー方針

このデジタルワークスペース プラットフォームによって収集される個人データの種類と、VMware がそのデータをどのように処理および保護しているかをご確認ください。

Workspace ONE 統合エンドポイント管理

VMware Workspace ONE 統合エンドポイント管理は、プロセスの自動化、エンドユーザーのデバイスとアプリケーションの管理、およびエンタープライズ レベルのセキュリティに対するスケーラブルなアプローチを提供する単一ソリューションです。VMware は、お客様が法律に基づいて透明性に関する義務を順守するのを支援するために、Workspace ONE プライバシー開示を公開しています。お客様は管理者としての立場から、この開示資料と、お客様による Workspace ONE の構成、使用、展開に基づき、お客様のユーザーに対してプライバシー通知を提供することができます。詳細については、Workspace ONE 統合エンドポイント管理(UEM)の製品ページをご覧ください。

製品およびサービスの改善

VMware は、提供するサービスの改善とお客様のカスタマー エクスペリエンスの向上を目的とする分析およびカスタマー エクスペリエンス向上プログラムで使用するために、お客様組織における VMware の製品とサービスの使用に関する情報を収集しています。

プライバシー バイ デザインと処理の記録

プライバシー審査、転送影響評価、処理活動の記録は、リスクの軽減とコンプライアンスの確保を目的として設計されている VMware プライバシー プログラムの不可欠な構成要素です。

プライバシー審査

VMware の製品およびサービス

VMware は、オンプレミス製品およびホスト型サービスのライフサイクルを通じてプライバシー バイ デザインのフレームワークを導入しています。

プライバシー バイ デザインのフレームワークには以下が含まれます。

  • 製品やサービスをプライバシー審査に提出する際の指示書。
  • プライバシー審査を実施する指定法律顧問。
  • データ処理の影響評価(必要な場合)。
  • 適用されるデータ保護法とプライバシー法に準拠して製品およびサービスを設計するための一般的なプライバシー要件。

サードパーティ ベンダー

VMware は、新しいサプライヤーのオンボーディングを目的として、一元化されたエンドツーエンドのサードパーティ ベンダー管理プロセスを設けています。

VMware プライバシー チームは、ベンダーが提供するサービスについて以下のようなプライバシー審査を実施しています。

  • 処理される個人データのカテゴリや処理目的の判定。
  • ベンダーが個人データにアクセスしたり、個人データを処理したりする際のリスクを軽減し、コンプライアンスを確実に実現するためのプライバシー管理の実装。

転送影響評価

VMware は、EEA、スイス、または英国から適切なステータスを付与されていない第三国へ転送される個人データについて転送影響評価(TIA)を実施しています。

VMware が TIA を実施する社内プロセスは、欧州データ保護委員会(EDPB)のガイダンスと、英国情報コミッショナー事務局の国家間移転リスク評価およびツールに準拠しています。

これには以下が含まれます。

  • 国レベルの分析。
  • 行政機関によるアクセスを評価するための VMware ベンダーからの追加情報の収集。
  • VMware の製品とサービス、サードパーティ復処理者、および社内業務に対するプライバシー審査の一環としての TIA の実施。

VMware が行政機関からのアクセス要求にどのように対応するか、またそのような要求の可能性などの詳細については、TIA に関する FAQ を参照してください。

処理活動の記録

処理活動の記録(RoPA)では、VMware が組織としてどのような個人データをどこで保持しているかを概説しています。情報監査とデータマッピングによって作成される RoPA は、VMware の個人データ処理活動の包括的な記録であり、以下に関する情報が含まれます。

  • データ カテゴリ
  • データ主体
  • 処理の目的と法的根拠
  • データ受信者
  • 保持スケジュール
  • 技術的および組織的な対策の説明と安全対策の文書化
  • 弊社の復処理者が実施する処理活動

VMware の RoPA は定期的に見直され、更新されます。VMware は、規制上の義務を順守するために、必要に応じてデータ保護当局にアクセスを許可します。

VMware におけるプライバシー保護の文化

弊社では日々、データのプライバシーに影響を与える選択をしています。すべての意思決定が正しいものであることを確実にするために、VMware ではポリシー、トレーニング、そしてデータ保護責任者との協議を活用しています。

プライバシー ポリシーと慣行

VMware は、個人データを確実に保護し、製品やサービスのセキュリティの脆弱性を特定、防止、解決するための包括的なポリシーと慣行を設けています。

これらのポリシーと慣行は、継続的に見直され、更新されています。

プライバシー トレーニング プログラム

VMware の従業員には、一般的なプライバシー トレーニングと役割に応じたプライバシー トレーニングの両方を定期的に受けることが義務付けられています。また、全従業員が秘密保持契約を締結することも義務付けられています。

データ保護責任者

VMware プライバシー チームは、個人データの保護、規制上の義務とコンプライアンス、データ保護の影響評価に関する問題について、また監督当局との連絡窓口として、データ保護責任者と適宜連携します。

お客様自身がデータのプライバシーを管理

VMware は、個人データを保護するためにお客様が行う選択を重視するとともに、お客様のプライバシーの権利を尊重します。
マーケティング コミュニケーションの設定

イベントの案内、ニュースレター、学習プログラムの提供など、広告と販売促進コミュニケーションに関する設定を確認して更新することができます。

プライバシーお問い合わせフォーム

お客様の個人データについて質問がある場合、またはプライバシー法に基づくお客様の権利を行使する場合は、VMware にお問い合わせください。

Cookie の管理

VMware Cookie 通知は、弊社による Cookie およびこれに類似する技術の使用についてお知らせするものです。VMware の Web ページの右下にある [Cookie の設定] ボタンをクリックすると、設定を管理することができます。