マルチクラウドに対応したエンタープライズクラスのストレージ

VMware Cloud Flex Storage を活用すると、ホストを追加することなくストレージ容量を拡張し、運用を効率化できます。シンプルなクラウドの経済性を活かして提供される VMware のクラウド ストレージ サービスは、VMware Cloud on AWS 向けにネイティブに統合された伸縮性に優れたソリューションであり、弊社がフルマネージド サービスとしてご提供します。また、シンプルな従量課金制の料金モデルを採用しており、お支払いは必要なリソースに応じた料金のみになります。
拡張性と伸縮性の向上

拡張性と伸縮性の向上

論理的な容量/使用可能な容量(平均データ削減率に基づく)をデータストアあたり最大 400 TiB まで拡張可能なエラスティック ストレージを活用することで、ホストを追加購入することなく、容量消費の大きな需要に対応できます。

運用の簡素化

運用の簡素化

VMware が提供するエンドツーエンドでシームレスに統合された使いやすいサービスにより、VMware Cloud Flex Storage と VMware Cloud on AWS の間での一貫性のあるエクスペリエンスを実現し、運用を効率化できます。

コストの削減

コストの削減

シンプルな従量課金制の消費モデルにより、TCO を削減できます。お支払いは使用したリソースに応じた料金のみで、不要なコンピュートを追加することなく、容量を拡張することができます。

ストレージ容量の独立したスケーリング

ホストを追加購入することなく、ストレージ容量を拡張することができます。

VMware による管理

VMware が提供と運用を行い、直接サポートするシングル ベンダー ソリューションです。

必要に応じた柔軟なスケーリング

必要に応じて柔軟にストレージ容量を調整できます。

エンタープライズクラスのストレージ機能

保存データの暗号化、グローバルな重複排除と圧縮、データ完全性などのデータ サービスが組み込まれ常時動作しています。

VMware Cloud on AWS とのネイティブな連携

VMware の Cloud Console で数回クリックするだけで、データストアを簡単にアタッチすることができます。

使用したリソースの容量に応じた料金のみのお支払い

GB 単位のシンプルな料金モデルで、使用したストレージ容量に応じた料金のみをお支払いいただきます。

VMware Cloud Flex Storage サービスは、オンデマンド、または 1 年間か 3 年間のサブスクリプション(1 ファイルシステムあたり最低 25 TiB)でご利用いただけます。サブスクリプションの場合、ストレージ容量は 1TiB 単位で追加できます。価格には Production Support(プロダクション サポート)が含まれます。
Error!
>
<
Pricing List Price / GiB Effective Monthly Savings over On-Demand
On-Demand (hourly)
1-year Subscription
3-year Subscription

Pricing

On-Demand (hourly)
-
-
-
1-year Subscription
-
-
-
3-year Subscription
-
-
-

FAQ

VMware Cloud Flex Storage における VMware のビジョンは、マルチクラウドに対応したエンタープライズクラスのストレージ/データ管理サービスを提供することです。複数のクラウドで一貫性のあるシームレスなデータ管理環境を提供しながら、コンピュート、ストレージ パフォーマンス、ストレージ容量の多次元的なスケーリングを可能にすることで、幅広いワークロードに対応することを目標にしています。

VMware Cloud Flex Storage は、本番環境での利用に耐えられるよう長年に渡って開発、強化されてきた成熟したエンタープライズクラスのファイルシステム上に構築されており、このファイルシステムの源流は VMware が 2020 年 7 月に買収した Datrium のストレージ製品「D-HCI」にまで遡ります。これは、VMware Cloud Disaster Recovery サービスを支えているファイルシステムでもあります。このファイルシステムには、ログ構造化ファイルシステム(LFS)設計が採用されており、ストレージのパフォーマンスと容量を独立してスケーリングできる 2 階層設計になっています。ファイルシステムのアーキテクチャについては、Chief Technologist であり Datrium の創設者でもあるサザラ・レディ(Sazzala Reddy)のブログで詳しく解説されています。LFS と 2 階層設計の組み合わせに加え、効率的なスナップショット機能と不変性も備えているこのファイルシステムは、バックアップやディザスタ リカバリ、ランサムウェア対策、復旧など、さまざまなユースケースに多目的に対応できます。VMware Cloud Flex Storage では、この実績あるテクノロジーをプライマリ ストレージに拡張してパブリッククラウドで利用できるようにすることで、従来のワークロードと最新のワークロードに対して優れたストレージ パフォーマンス、拡張性、およびコスト効率をもたらします。

最初のリリースでは、VMware Cloud on AWS をご利用のお客様を対象に、アプリケーションやデータのニーズに合わせてクラウド リソースをより適切に調整できる新しいアプローチを提供します。お客様は、VMware がフルマネージド サービスとして提供する分離型のクラウド ストレージ/データ管理サービスを購入できます。このサービスは、拡張性と伸縮性に優れ、VMware Cloud on AWS にネイティブに統合されています。VMware の Cloud Console で数回クリックするだけで、ホストを追加することなくストレージ環境をスケーリングできるほか、アプリケーション単位で必要に応じてストレージ容量を柔軟に増減させることができます。また、シンプルな従量課金制の消費モデルもお客様にとってメリットとなります。VMware では、VMware Cloud Flex Storage を vSAN の補完ストレージとして提供しています。vSAN との併用によって、クラウドにおけるレジリエンス、パフォーマンス、拡張性、コストの面でより優れた柔軟性を実現でき、お客様は高い価値を実感できます。

VMware Cloud Flex Storage は、本番環境での利用に耐えられるよう長年に渡って開発、強化されてきた成熟したエンタープライズクラスのファイルシステム上に構築されており、このファイルシステムの源流は VMware が 2020 年 7 月に買収した Datrium のストレージ製品「D-HCI」にまで遡ります。これは、VMware Cloud Disaster Recovery サービスを支えているファイルシステムでもあります。このファイルシステムには、ログ構造化ファイルシステム(LFS)設計が採用されており、ストレージのパフォーマンスと容量を独立してスケーリングできる 2 階層設計になっています。ファイルシステムのアーキテクチャについては、Chief Technologist であり Datrium の創設者でもあるサザラ・レディ(Sazzala Reddy)のブログで詳しく解説されています。LFS と 2 階層設計の組み合わせに加え、効率的なスナップショット機能と不変性も備えているこのファイルシステムは、バックアップやディザスタ リカバリ、ランサムウェア対策、復旧など、さまざまなユースケースに多目的に対応できます。VMware Cloud Flex Storage では、この実績あるテクノロジーをプライマリ ストレージに拡張してパブリッククラウドで利用できるようにすることで、従来のワークロードと最新のワークロードに対して優れたストレージ パフォーマンス、拡張性、およびコスト効率をもたらします。

はい、このサービスは VMware がフルマネージド サービスとして提供しています。

まず、北米(AMER)、ヨーロッパ、中東、アフリカ地域(EMEA)、中南米(LATAM)で提供が開始されます。アジア太平洋地域(APAC)については、次回リリースでのご提供を予定しています。VMware Cloud Flex Storage は、VMC および VMware Cloud DR に対応しているすべての AWS リージョンで利用可能になる予定です。

VMware Cloud Flex Storage の主なユースケースは以下のとおりです。

  • シームレスで費用対効果に優れたクラウド移行:VMware Cloud on AWS を利用したシームレスでコスト効率の高いクラウド移行を検討しているお客様に対して、VMware Cloud Flex Storage は真のエンタープライズクラスのストレージを提供します。データ レイヤーのリワークやストレージの再設計を行うことなく、仮想マシンのリフト アンド シフトを行えるようにすることで、複雑さを軽減し、価値実現までの時間を短縮します。VMware Cloud on AWS にネイティブに組み込まれ、手作業による構成なしですぐに利用できるストレージ ソリューションにより、運用を簡素化できます。

  • 伸縮性に優れたデータセンターの拡張:VMware Cloud on AWS を利用したデータセンターの拡張を検討しているお客様は、VMware Cloud Flex Storage を使用することで、リソースの動的スケーリングを用いてストレージ容量を容易に追加できます。一般的なシナリオとしては、高パフォーマンスのバースト容量、データ分析のためのオンデマンド スケーリング、クラウドへのコスト効率に優れたデータ リポジトリの長期保存などがあります。これによりお客様は、自社データセンターとパブリッククラウドのなかから利用ニーズにもっとも適した場所を選択して、データを保持することができます。その結果、VMware vCenter コンソールからの一元管理が可能となり、VMware 環境として一貫性が確保されたエンタープライズクラスのハイブリッドクラウド環境が実現します。

  • ストレージの負荷が高いワークロードのスケーリング:特定のワークロードについては VMware vSAN のローカル インスタンス ストレージを使用して VMware Cloud on AWS で実行しているが、ストレージ バウンドのワークロードもあるというお客様の場合、VMware Cloud Flex Storage が提供する分離型のストレージ サービスを利用することで、あらゆるワークロードに個別に適合するように、パフォーマンスとストレージ容量をそれぞれシームレスかつ適切にスケーリングできます。VMware Cloud Flex Storage は、大量のデータを迅速かつ柔軟に、コスト効率よくスケーリングするための最適なソリューションです。

本サービスの詳細については、VMware Cloud Flex Storage のページ(https://www.vmware.com/jp/products/cloud-flex-storage.html)をご覧ください。また、VMware Cloud Flex Storage がお客様のビジネスにもたらすメリットについては、営業担当者またはパートナーにお問い合わせください。

ご興味をお持ちの方はこちら

ホストを追加することなく、シンプルな従量課金制の消費モデルとエラスティック ストレージのメリットを活用しましょう。