シンプルでセキュアなクラウド IaaS

データセンターおよびエッジ ロケーションでサービスとして利用できる VMware Cloud on Dell EMC とそのハイブリッドクラウドサービスは、シンプルかつセキュアでスケーラブルなインフラストラクチャを提供します。クラウドのような使いやすさがオンプレミスのワークロードで実現し、オンプレミス環境とパブリッククラウド環境の間で卓越した一貫性が確保されることで、日常業務で発生する摩擦が解消されます。

運用上の複雑性を低減

サブスクリプションベース/サービスベースのフルマネージドのソリューションにより、データセンターのサービスとエッジ インフラストラクチャの管理が大幅に簡素化されます。 

イノベーションの促進

VMware がエンドツーエンドでサポートするインフラストラクチャにより、IT 管理者は製品のイノベーションと差別化に集中できます。

一貫性のある運用とインフラストラクチャ

使い慣れた VMware のツールとプロセスを使用して、エンタープライズ ワークロードに対応できます。VMware のハイブリッドクラウドサービスは、パブリッククラウドのシンプルさとスケーラビリティ、およびプライベートクラウドのセキュリティと管理性を兼ね備えています。

ハードウェアとソフトウェアの統合

VMware のエコシステム内で動作するように構築された最新のハードウェアを利用できます。VMware Cloud on Dell EMC は、VxRail(Dell EMC のエンタープライズクラスの HCI に vSphere、vSAN、NSX を統合したシステム)を基盤として構築されており、VMware SD-WAN が付属します。 

VMware Cloud on Dell EMC のメリット

Intrinsic Security

保存データおよび転送中データの暗号化を含む、エンタープライズ レベルのセキュリティが組み込まれています。セキュリティ強化のために、VMware NSX によるマイクロセグメンテーション機能を利用できます。

包括的な可視性と管理性

優れたネットワークの可視性と高度なワークロード コンテキストを活用することで、脅威を特定およびブロックして、攻撃対象領域から隔離された状態に維持できます。  

設備投資コストの削減

月単位のサブスクリプションの課金サイクルでサービスをホストするため、プライベート データセンターに通常必要となる設備投資が不要になります。 

関連リソース

VMware Cloud on Dell EMC とは

増大するキャパシティの需要に対応し、老朽化したインフラストラクチャを刷新してモダン アプリケーションをサポートする方法を紹介します。

VDI 管理における上位 5 つの課題

マルチクラウド時代にオンプレミスの仮想デスクトップ インフラストラクチャを管理および保守するにあたっての課題と、それらに対処する方法を紹介します。

VMware Cloud on Dell EMC の仕組み

最新リリースに搭載された新機能から、SDDC の拠点への導入方法まで、VMware Cloud on Dell EMC について詳細に解説します。

Equinix

Equinix のコロケーション施設に展開されたフルマネージドのインフラストラクチャ サービスを利用すると、インフラストラクチャへの設備投資コストと施設のリース コストを削減できます。

Faction

低遅延/高スループットの Faction のストレージ サービスを活用する拡張可能なストレージ サービスを利用すると、ストレージを大量に消費するワークロードに対応できます。

CoreSite

主要なパブリッククラウド プロバイダーとそのサービスへの高速アクセスを提供する、ハイブリッドなマルチクラウド接続コロケーション サービスです。   

Rackspace

その他の関連するマネージド サービスを強化、拡張して、VMware Cloud on Dell EMC のお客様に提供するパッケージ製品です。

導入に向けて

VMware Cloud on Dell EMC のスケーラブルなインフラストラクチャを実際に体験することができます。ご利用は無償で、インストールも不要です。