自動化による生産性の向上とコストの削減

 

vRealize Automation は、ポリシー ベースのセルフ サービス ポータルを通じて、オンプレミスとパブリック クラウドの両方にわたり、インフラストラクチャおよびアプリケーション リソースの迅速な提供を実現します。

 

IT 部門は、俊敏性の向上と変化し続けるビジネス ニーズへの対応というプレッシャーに常にさらされています。vRealize Automation を使用すると、手動のプロセスを自動化して、IT サービスとアプリケーションを迅速に提供できるため、IT 部門の即応性を高めることができます。vRealize Automation は、開発者と IT 部門の生産性の向上、コストの削減、高度なガバナンスと管理性の維持という点でもメリットをもたらします。

vRealize Automation の概要

Video Play Icon
(2:27)

vRealize Automation の概要

開発者と IT 部門が、完全なライフサイクル管理のもと、API、カタログ、CLI を通じて、クラウド上のインフラストラクチャやアプリケーション リソースに簡単にアクセスできます。

vRealize によるネットワークの自動化

Video Play Icon
(2:48)

vRealize Automation によるネットワークの自動化

vRealize Automation と NSX による、アプリケーション中心のネットワークとセキュリティの自動化をご紹介します。

vRealize Automation のデータシート

vRealize Automation の詳細情報

詳細情報

提供までの期間短縮

ロシア最大の銀行の 1 つである Raiffeisenbank が新サービス提供までの時間を短縮した事例

詳細情報

VMware への投資を最大限に活用するには

今すぐ登録

メリット

開発者の生産性向上

インフラストラクチャおよびアプリケーション リソースを迅速に提供できるため、開発者の生産性が向上し、市場投入までの期間が短縮されます。

運用効率を高める

効率化と自動化、最適化されたワークロードの配置と利用によって、運用コストを削減できます。

ハイブリッド クラウド全体のガバナンスと管理性

事前定義されたポリシーに基づいて、ハイブリッド クラウド全体のリソース、コスト、データを管理できます。

柔軟な選択肢

拡張パックやマーケットプレースを通じて、構成管理機能をはじめとするサードパーティ製ツールを活用できます。

機能

セルフサービス プロビジョニング

統合 IT サービス カタログにより、インフラストラクチャ、コンテナ、アプリケーション、カスタム サービスをエンド ユーザーに提供できます。

ハイブリッド クラウド全体における一貫性

オンプレミスとパブリック クラウドにわたる一貫性のある自動化と管理を実現します。プライベート クラウド、VMware Cloud on AWS、パブリック クラウド(Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azure、Google Cloud Platform(GCP)など)をサポートしているため、ワークロードに合わせて最適なプラットフォームを選択できます。

ガバナンスと管理性

ロールベースのアクセス コントロール機能を備えた ID 管理。

高度なブループリント

ドラッグ アンド ドロップ形式のインターフェイスを備えた視覚的なキャンバスを使用し、インフラストラクチャとアプリケーションのモデリングを行えます。CLI または API を使用して完全にコードのみでモデリングすることも可能です。

ライフサイクル管理

構成要素とそれらの関係のプロビジョニングから、サイズ変更、再利用、運用終了まで、ライフサイクル全体を通じて展開を管理できます。

拡張性の高いプラットフォーム

Puppet や Ansible などの既存の構成管理ツールのほか、マーケットプレースを通じて入手したサードパーティ製ツールを活用できます。

お客様事例

Cerner

Video Play Icon
(2:58)

Cerner

vRealize Automation を活用した開発者の強力なサポート

ADP

Video Play Icon
(2:05)

ADP

ADP はプライベート クラウドを構築したことで、新規サービスの迅速な提供を実現すると同時に、重要なシステムとデータを保護し、信頼性を確保

IHS Markit

Video Play Icon
(3:19)

IHS Markit

IHS はパブリッククラウドからプライベートクラウドに移行することで、コストを削減し、ガバナンスとセキュリティの要件に対応

比較

機能
vRealize Automation Advanced
vRealize Automation Enterprise
機能 統合サービス カタログと API 機能による自動化されたセルフ サービス
vRealize Automation Advanced
vRealize Automation Enterprise
機能 マルチ ベンダーのハイパーバイザー、物理エンドポイント、パブリック クラウドのサポート
vRealize Automation Advanced
vRealize Automation Enterprise
機能 ニーズに応じたガバナンスとコンプライアンス ポリシー
vRealize Automation Advanced
vRealize Automation Enterprise
機能 リソースのライフサイクル管理
vRealize Automation Advanced
vRealize Automation Enterprise
機能 リソースの適切なサイジングと再利用
vRealize Automation Advanced
vRealize Automation Enterprise
機能 エコシステム パートナー ツールとの連携のための拡張オプション
vRealize Automation Advanced
vRealize Automation Enterprise
機能 ベンダーとパートナー企業によるブループリント、プラグイン、その他のコンテンツを提供する Marketplace
vRealize Automation Advanced
vRealize Automation Enterprise
機能 サービス カタログ価格の自動設定(vRealize Automation および vRealize Business for Cloud と連携)
vRealize Automation Advanced
vRealize Automation Enterprise
機能 IaaS
vRealize Automation Advanced
vRealize Automation Enterprise
機能 Anything as a Service(XaaS)
vRealize Automation Advanced
vRealize Automation Enterprise
機能 アプリケーション スタックのプロビジョニングと管理
vRealize Automation Advanced
vRealize Automation Enterprise
機能 構成管理ツールとのシームレスな連携
vRealize Automation Advanced
vRealize Automation Enterprise
機能 コンテナ管理
vRealize Automation Advanced
vRealize Automation Enterprise

リソース