強力で使いやすいインフラストラクチャ自動化プラットフォーム

vRealize Automation のデータシート

vRealize Automation の一貫性のあるポリシー、制御、コンプライアンスにより、セルフサービスのプロビジョニングを実現する方法をご紹介します。

vRealize Automation SaltStack Config

vRealize Automation の新機能

最新のリリースの強化された新しい機能をご確認ください。

複数のクラウドやデータセンターにまたがる一貫した自動化

vRealize Automation はクラウドのセルフサービス化、ガバナンスに基づくマルチクラウドの自動化、そして DevOps ベースのインフラストラクチャ管理とセキュリティを実現するように設計されているため、IT の俊敏性、生産性、効率性を向上させて、将来のビジネスに備えることができます。
市場投入までの期間の短縮

市場投入までの期間の短縮

高度なワークフローと俊敏なテンプレート化機能により、手動での作業が軽減されます。 

優れた操作性

優れた操作性

直感的なセルフサービスの利用環境を提供するとともに、ライフサイクル全体を通じてマルチクラウドを迅速に設定、管理できます。 

セキュリティと制御

セキュリティと制御

マルチクラウド環境全体で一貫したポリシーを確立し、ネイティブのコンプライアンス管理、柔軟なガードレール機能、脆弱性の修正によってインフラストラクチャを強化できます。

イノベーションの促進

イノベーションの促進

Infrastructure as Code および DevOps の原則に基づいて構築された将来に対応するプラットフォームを利用して、新しいクラウドネイティブ テクノロジーの採用を促進できます。

vRealize Automation の機能

クラウドに依存しないテンプレート

Infrastructure as Code により、単一のクラウド テンプレートを VMware Cloud や主要なパブリッククラウド(AWS、Azure、Google Cloud など)に展開できます。 

一元化されたポリシーと制御

あらゆるクラウドを対象としたロールベースのポリシーを含む柔軟なガードレール機能により、適切なセキュリティとコンプライアンスを維持できます。

拡張性とカスタマイズ

vRealize Orchestrator、アクションベースの拡張性(ABX)、および代表的なサードパーティ製ツールとのデフォルト連携により、優れた拡張性とカスタマイズを実現できます。

構成管理

直感的な構成の自動化、脆弱性の修正、およびコンプライアンスの確保により、仮想環境やクラウド環境における導入時と導入後の管理を可能にします。

セルフサービス型マルチクラウド

一元化された一貫性のある IaaS コンサンプション レイヤー、セルフサービス カタログ、べき等性のある REST API により、すべてのクラウドでインフラストラクチャ リソースをリクエストおよびプロビジョニングできます。

インフラストラクチャのパイプライン

インフラストラクチャのユースケースでは、CI/CD 向けに作成された、ユーザーフレンドリーなリリース自動化パイプラインを利用できます。

関連リソース

機能とメリット

vRealize のビデオとポッドキャスト

vRealize Automation を利用して環境を簡素化する方法の詳細を、「Feature Focus」ビデオ シリーズおよび「Ask An Expert」ポッドキャストでご確認ください。

総合経済効果(TEI)

総合経済効果(TEI)

vRealize Automation が組織にもたらすコスト削減とメリットについてご説明します。

エンタープライズ IT における DevOps のトレンド

エンタープライズ IT における DevOps のトレンド

IT プロフェッショナルにとっての DevOps とはなにか、そして導入における最大の課題や障壁についてご紹介します。

エディションの比較

Standard Plus

状態管理および導入後の自動化が可能な基本エディション

 

  • vRealize Automation SaltStack Config

Advanced

一元化されたポリシーと制御機能を備えたフル機能エディション

 

  • Standard Plus の全機能
  • vRealize Orchestrator とアクション ベースの拡張性(ABX)
  • Service Broker および Cloud Assembly
  • VMware Cloud Templates

Enterprise

さらなる統合とマルチクラウドのサポート

 

  • Advanced の全機能
  • ネイティブ パブリッククラウドのエンドポイント
  • DevOps、Code Stream、Kubernetes(Tanzu の統合を含む)
  • サードパーティの構成ツールの統合

SaaS

オンデマンド

期間のコミットメントや契約は不要で、いつでもキャンセルが可能です。

1 年のサブスクリプション

全額前払いとなり、早期終了はできません。

3 年のサブスクリプション

全額前払いとなり、早期終了はできません。

標準料金(OSI あたりの料金)
$0.04527(OSI/時間)
$245.0(OSI/1 年)
$571.2(OSI/3 年)
時間あたりの料金
$0.04527(OSI/時間)
$0.02797(OSI/時間)
$0.02174(OSI/時間)
オンデマンドと比較した節約分
該当なし 最大 38%
最大 52%
超過分
該当なし オンデマンド価格を月単位で請求
オンデマンド価格を月単位で請求
請求 オンデマンド
前払い
前払い
サポート
付属 付属
付属


オンプレミス

こちらのフォームよりお問い合わせください。最寄りの認定リセラーは、Partner Locator で検索できます。

営業部門へのお問い合わせ

検索結果

June 15, 2020

重要なワークロードの展開アクションを管理し、承認ポリシーに基づいてリソースが適切に割り当てられるようにします。クラウド組織を適切に制御するには承認が非常に重要です。承認は新規または既存の環境に適用でき、きめ細かいリソースレベルの基準に基づいて、Service Broker カタログ アイテムまたは Day 2 アクションがトリガーされます。

  • Multi-Cloud Governance
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
  • Service Broker
ブログ:更新
July 17, 2019

VMware Cloud Template をプライベートとして設定し、プロジェクト レベルで共有する要素を制御できます。

  • Multi-Cloud Governance
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
ブログ
April 25, 2019

GitHub および GitLab を統合し、アクションベースの拡張性(ABX)に Source Control インテグレーションを提供します。

  • DevOps for Infrastructure
  • Multi-Cloud Automation
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
ブログ
January 30, 2019

Cloud Security Alliance(CSA)の Consensus Assessments Initiative Questionnaire(CAIQ)に完全対応します。CAIQ は、IaaS、PaaS、SaaS 製品に含まれているセキュリティ管理について文書化するためのもので、業界で広く採用されています。

  • Compliance & Security
  • Cloud Assembly
  • Code Stream
  • Service Broker
CSA レジストリ プロファイル
August 22, 2019

再利用可能および消費可能なネットワーク オブジェクト。NSX ネットワーク オブジェクトをスタンドアロン オブジェクトとしてオンデマンドでプロビジョニングします。ネットワークとロードバランサーのプロビジョニング、割り当て(既存のオブジェクト)、構成、展開後の再構成をサポートしています。

  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
ブログ:パート 1 ブログ:パート 4
August 28, 2018

VMware Cloud on AWS の包括的な自動化とガバナンスのソリューション(シンプルなアカウント設定、VMware Cloud Templates エンドポイント、既存のワークロードのオンボーディング、ライフサイクル管理、ガバナンス)。

  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
  • Service Broker
January 31, 2019

GCP のマシンとディスクを VMware Cloud Templates リソースとして使用します。

  • Multi-Cloud Automation
  • Cloud Assembly
ブログ
April 26, 2019

PKS エンドポイントに接続し、プロジェクト間で PKS プランを共有します。クラスタを作成するためのセルフサービス リクエスト。管理者がプロジェクトに共有クラスタを提供しました。エンドポイントで既存の PKS クラスタを検出し、追加します。

  • DevOps for Infrastructure
  • Kubernetes Automation
  • Platform Integrations
  • Cloud Assembly
ブログ
May 15, 2019

Cloud Assembly によるプロビジョニング時およびプロビジョニング解除時に、Ansible オープンソースを利用してアプリケーションと構成管理をワークロードに提供します。

  • Multi-Cloud Automation
  • Platform Integrations
  • Cloud Assembly
ブログ
November 12, 2020

ネットワーク フィルターを備えた Infoblox を統合して外部 IPAM 構成を実装し、関連するネットワークの選択を簡素化します。

  • Platform Integrations
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
ブログ
June 19, 2019

環境内の各マシンの Day 2 アクションを [Deployments] 画面で管理および実行します。

  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
  • Service Broker
ブログ
September 19, 2019

IPv6 または IPv4(ピュアまたはデュアル スタック)を使用して、vSphere クラウド アカウントおよびエンドポイントの IP 識別とルーティングを行います。

  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
ブログ
February 20, 2021

2021 年 2 月の最新情報:VMware Cloud on AWS 環境のセキュリティ グループの設定とルールを再構成または変更しました。環境をアップデートして、セキュリティ ルールとファイアウォール ルールをワークロードに組み込み、プロビジョニング後の Day 2 アクションとして、または反復的にこれらのルールを構成します。設計キャンバスで、NSX セキュリティ グループをオンデマンドで作成するか、既存の NSX セキュリティ グループを割り当て、専用の [Security] タブですべてのセキュリティ グループを追跡します。

  • Multi-Cloud Automation
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
ブログ:パート 3
July 16, 2020

組織のニーズに合わせてロールをカスタマイズし、きめ細かなアクセス コントロールを実施します。vRealize Automation Cloud には既定のロールが多数用意されていますが、カスタム ロールを定義することで、組織のさまざまなアクセス要件に対応できます。権限レベルには「管理」、「実行」、「表示のみ」があり、この製品の機能領域全体に適用されます。

  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
  • Code Stream
  • Service Broker
ブログ
December 18, 2020

組織のニーズに合わせてカタログ リクエスト フォームを調整できます。アイテム フィールドとブランドをカスタマイズし、入力オプションを動的に調整します。CSS を使用して、カスタム フォームを編集、インポート、またはエクスポートします。

  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Multi-Cloud Automation
  • Service Broker
ブログ:vRO による拡張 ブログ:CSS と複雑な入力タイプ
April 21, 2020

vRealize Automation Cloud を使用して、vSphere ワークロードのプロビジョニングとライフサイクル管理を自動化します。事前定義された配置ルールとリソース ポリシーに基づき、オンデマンドで、または VMware Cloud Templates の一部として、セルフサービスの vSphere マシンを使用します。vSphere 7 のサポートが含まれます。

  • Platform Integrations
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
July 16, 2020

仮想プライベート ゾーン(VPZ)を設定および管理し、テナント分離を維持しながら、プロジェクト間で IaaS リソースを共有します。共有インフラストラクチャ マルチテナンシーにより、マネージド サービス プロバイダーはリソースの最適な割り当てと制御を実現できます。この機能を使用することで、プロバイダー組織は、VPZ を定義してテナント組織に割り当てることができます。現在、VMware Cloud Partner Navigator(旧称 VMware Cloud Provider Hub)を介してプロバイダー組織でサポートされています。

  • Cloud Assembly
  • Code Stream
  • Service Broker
August 29, 2018

パーソナライズされたサービス カタログにより、API またはストアフロント インターフェイスを介して、プロジェクトおよびロールベースのアクセス コントロールとリソース ガードレールを使用します。

  • Multi-Cloud Automation
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Service Broker
January 31, 2019

全般的な値、ストレージの詳細、ネットワーク、カスタム プロパティ、テンプレートの表記など、オブジェクトの詳細を設計キャンバスで確認します。

  • Multi-Cloud Automation
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
August 28, 2018

クラウド アカウントのリソースをプロジェクトに公開します。

  • Multi-Cloud Governance
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
August 31, 2020

vRealize Operations Cloud ベースの価格設定カードを適用し、新規導入時の初期費用や既存の環境のコストを確認できます。vRealize Operations Cloud が必要。

  • Platform Integrations
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
  • Service Broker
ブログ
March 25, 2021

イメージ テンプレートに含まれている追加ディスク(起動ディスク以外)を表示し、管理します。vRealize Automation Cloud で仮想マシンの追加ディスクを認識し、Day 2 アクションとして別々に処理できるようになりました。

  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
ブログ
July 17, 2019

ワークロード リソースのタグ付けポリシーにより、タグの増加を抑止します。

  • Multi-Cloud Governance
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
  • Service Broker
ブログ
January 30, 2019

オンプレミスとクラウドのリソースに CI/CD パイプラインを手早く実装できます。テンプレート エンジンから Docker と Git のエンドポイントを統合します。ポストプロセス ビルド テスト(Junit、JaCoCo、Checkstyle、FindBugs)を適用します。

  • DevOps for Infrastructure
  • Code Stream
February 19, 2020

Ansible Tower インテグレーションによって展開されたリソースの構成管理をサポートします。新しい環境と既存の環境の両方について、Ansible コンポーネントを VMware Cloud Templates として直接使用できます。

  • Multi-Cloud Automation
  • Platform Integrations
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
ブログ
August 29, 2018

ユーザーをリソースに関連付けます。クラウド ゾーン、Kubernetes ゾーン、VMware Cloud Templates をプロジェクトに割り当てることで、リソースへのアクセス許可をプロジェクト レベルで定義します。コストをプロジェクトごとに監視できます。プロジェクト レベルの顧客プロパティを適用すると、拡張性がさらに高まります。

  • Multi-Cloud Governance
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
January 30, 2019

System & Organization Control(SOC)レポートは、重要なコンプライアンス基準と目標(SOC 2 Type 1 要件)を VMware Cloud on AWS が達成しているかどうかを示す、独立した第三者機関による調査報告書です。このレポートの目的は、運用とコンプライアンスをサポートするために設定された基準をお客様(およびお客様の監査人)に理解していただくことです。

  • Compliance & Security
  • Cloud Assembly
  • Code Stream
  • Service Broker
March 31, 2020

ポリシーを使用して露出を制限し、リソースの割り当てを最適化します。プロジェクト内で環境ごとに制限を設定し、CPU とメモリの消費を制御します。プロジェクトの制限を設定して、クラウド ゾーンにストレージを割り当てます(現在は vSphere ベースのワークロードのみ)。

  • Multi-Cloud Governance
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
ブログ
August 21, 2019

自動化されたワークロードとタグ オンボーディングを使用し、既存のワークロードのライフサイクルを管理します。

  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
August 29, 2018

単純な構成と複雑な構成で配置ロジックをトラブルシューティングします。プロジェクト、フレーバー、イメージ、制約タグを組み合わせて、どのような配置になるかをシミュレーションします。

  • Multi-Cloud Automation
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
August 29, 2018

VMware Cloud Marketplace に用意されているコンテンツを利用できます。

  • Platform Integrations
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
  • Service Broker
November 12, 2020

vRealize Automation でアラートを追跡し、同じコンソールで直接アクションを実行します。任意のクラウド オブジェクトにアラートの割り当てが可能で、さまざまなアクション(リソースの再利用、クラウド ゾーンの分析、オーナーへの通知など)を実行できます。vRealize Operations Cloud が必要。

  • Platform Integrations
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
January 30, 2019

SO/IEC 27001:2013 では、組織のコンテキスト内で情報セキュリティ管理システムを確立、実装、管理、および継続的に改善するための要件が規定されています。

  • Compliance & Security
  • Cloud Assembly
  • Code Stream
  • Service Broker
認定書
August 28, 2018

リソース全体にタグを適用し、ルールに基づいてワークロードをゾーンに配置できるようにします。

  • Multi-Cloud Automation
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
March 31, 2020

カタログから直接 Code Stream パイプライン リクエストを使用し、組織内での DevOps 範囲を拡大します。パイプラインをカタログ アイテムとして使用すると、プログラマーだけでなく、IT 部門やビジネス部門のユーザーも DevOps プロセスにアクセスできるようになります。さらに、一貫したガバナンスやカスタム リクエスト フォームなど、Service Broker のすべての機能を CI/CD プロセスで使用できます。

  • DevOps for Infrastructure
  • Code Stream
  • Service Broker
ブログ
January 30, 2019

docker push から Code Stream パイプラインをトリガーします。Docker ベースの情報をパイプラインに渡します。パラメータ化された値をパイプラインで使用することで、より柔軟なパイプラインを作成できます。

  • DevOps for Infrastructure
  • Platform Integrations
  • Code Stream
ブログ
August 29, 2018

Cloud-Init を使用して Linux イメージをカスタマイズします。複数のパブリッククラウドやプライベートクラウドで利用されます。

  • Multi-Cloud Automation
  • Cloud Assembly
August 28, 2018

タスクに関する通知のスケジュールを設定します。E メール、Jira チケット、または webhook を受信できる外部システムの形式で通知できます。承認ステップを追加して、重要なステップの実行を制御します。

  • DevOps for Infrastructure
  • Multi-Cloud Governance
  • Code Stream
July 17, 2019

VMware Cloud Templates を展開する前に妥当性をテストすることで、時間とリソースを節約できます。

  • Multi-Cloud Automation
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
ブログ
August 21, 2019

Service Broker ポリシー エンジンを使用し、既存のワークロードの Day 2 アクションにアクセスして編集できるユーザーを制限します。

  • Multi-Cloud Governance
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Service Broker
May 15, 2019

フルスクリーン YAML エディターを使用し、Infra-as-Code の機能を最大限に活用できます。

  • Multi-Cloud Automation
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
ブログ
December 19, 2020

複数のクラウドに配置された既存のコンピュートと接続型ストレージ リソースを一括管理し、Day 2 アクションを実行します。1 回限りのオンボーディングを適用するか、ルールベースの継続的なプランを定義し、既存のインフラストラクチャを vRealize Automation Cloud で管理することで一貫した運用を実現できます。オンボーディングしたリソースのカスタム プロパティを定義し、組織を簡素化します。

  • Multi-Cloud Automation
  • Cloud Assembly
ブログ
February 20, 2021

CloudHelath を統合すると、ネイティブ AWS と Azure について、パフリッククライド リソースのコストを環境レベルおよびプロジェクト レベルで可視化できます。CloudHealth が必要。

  • Multi-Cloud Automation
  • Multi-Cloud Governance
  • Cloud Assembly
April 25, 2019

vRealize Orchestrator を Service Broker からカタログ アイテムとして直接公開し、使用します。ポリシーを適用してワークフローの使用を制御します。

  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Service Broker
ブログ
May 18, 2020

vRealize Orchestrator の機能を使って Day 2 アクションを作成します。カスタム Day 2 アクションを使用し、現在の環境に合わせてカスタマイズされたプロセスとワークフローを自動化し、実装します。

  • Multi-Cloud Automation
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
ブログ
November 12, 2020

AWS 固有のサービス(EC2 Dedicated、S3、Route53、Redshift、RDS、Lambda、KMS、Kinesis、IAM、EMR、Amazon DB、Amazon API Gateway)を使用してクラウド テンプレートを作成します。

  • Multi-Cloud Automation
  • Cloud Assembly
ブログ ブログ:Amazon DB および Amazon API ゲートウェイ
January 30, 2019

パイプライン/タスク障害発生時のプロセス。パイプラインで障害が発生したときは、ロールバック タスクとしてパイプライン実行します。VMware Cloud Templates 環境を以前のバージョンへ自動的にロールバックし、Kubernetes クラスタ環境を以前の YAML バージョンへ自動的にロールバックします。

  • DevOps for Infrastructure
  • Code Stream
August 22, 2019

プライベート ネットワーク、アウトバウンド ネットワーク、ルーティング ネットワークの優先 IP モード([DHCP]、[Static]、または [Mixed])を定義します。

  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
  • Code Stream
  • Service Broker
August 28, 2018

CodeCommit またはプル リクエストからパイプラインを実行します。コミットの一部として、Git からプロパティにアクセスします。開発者のネイティブ コンストラクトを使用してコードの実行を自動化します。

  • DevOps for Infrastructure
  • Platform Integrations
  • Code Stream
January 22, 2020

AWS アジア太平洋地域(シドニー)リージョンで vRealize Automation Cloud のホスティングが可能になりました。

  • Regional Availability
  • Cloud Assembly
  • Code Stream
  • Service Broker
March 31, 2020

ロールの割り当てに基づいて、許可するアクセス レベルを制御します。使用可能なロールには、「管理者」、「ユーザー タイプ」、「表示のみ」があります。プロジェクト レベルと組織レベルの両方でロールを割り当てることができます。

  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
  • Code Stream
  • Service Broker
August 29, 2018

AWS 米国西部(オレゴン)リージョンで VMware vRealize Automation Cloud のホスティングが可能になりました。

  • Regional Availability
  • Cloud Assembly
  • Code Stream
  • Service Broker
April 20, 2020

標準でサポートされていないサードパーティの IPAM ソリューションを vRealize Automation Cloud に容易に統合するための SDK。

  • Platform Integrations
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
June 22, 2020

AWS 欧州(フランクフルト)リージョンで vRealize Automation Cloud のホスティングが可能になりました。

  • Regional Availability
  • Cloud Assembly
  • Code Stream
  • Service Broker
ブログ
August 31, 2020

ServiceNow ITSM プラグインを介して、vRealize Automation Cloud カタログ アイテムを共有、使用、管理します。vRealize Automation Cloud は、クラウドのすべての機能を ServiceNow ITSM にもたらします。また、クローズド ループ ガバナンスと高度なワークロード ライフサイクル管理アクションにより、クラウドとビジネス リクエストに単一の統合カタログを提供します。マルチレベルの承認、カスタム リクエスト フォーム、メール通知、障害発生時の自動チケット作成を備えた高度なワークフローを実装します。オーランド、マドリード、ニューヨークの ServiceNow バージョンをサポート。

  • Multi-Cloud Automation
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
  • Code Stream
  • Service Broker
ServiceNow Store のリンク ブログ:バージョン 8.1 ブログ:バージョン 8.0.1
April 26, 2019

テンプレート リソース タイプとして Kubernetes クラスタを使用します。Kubernetes クラスタのライフサイクルを容易に構成、展開、管理できます。

  • Kubernetes Automation
  • Cloud Assembly
ブログ
April 26, 2019

GitHub と連携します。テンプレート定義を外部から取得し、GitHub または IDE でネイティブにテンプレートを操作します。

  • DevOps for Infrastructure
  • Multi-Cloud Automation
  • Platform Integrations
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
ブログ
November 12, 2020

Terraform を使用して vRealize Automation の構成要素(クラウド アカウント、クラウド ゾーン、プロジェクト、マッピング、プラットフォーム統合)を構成し、VMware Cloud Templates を展開して公開します。さらに、その他の Service Broker カタログ アイテムをプロビジョニングして「Day 2」アクションを実行します。これらの機能により、Terraform の使用時に、vRealize Automation でのみ対応できるユースケースやさらに便利なユースケースが可能になります(VMware Cloud のセットアップと使用、クラウドに依存しない環境、ルールベースの配置、ワークロードのライフサイクル管理、一貫したリソース ポリシーなど)。最新バージョンは Terraform レジストリによって検証され、利用可能になります。最新アップデートの GitHub リリース ノートをご覧ください。

  • DevOps for Infrastructure
  • Multi-Cloud Automation
  • Platform Integrations
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
  • Code Stream
  • Service Broker
Terraform レジストリ GitHub リンク ブログ
October 24, 2019

環境の所有権を割り当て、表示と管理の権限をオーナーまたはプロジェクト管理者に限定するか、すべてのプロジェクト メンバー間で所有権を共有します。

  • Multi-Cloud Governance
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
  • Service Broker
ブログ
August 29, 2018

VMware Cloud Templates をネイティブに反復処理し、リリースし、復元します。ネイティブの VCS を使用し、グラフィックとスクリプトの両方でバージョンを比較します。

  • Multi-Cloud Automation
  • Cloud Assembly
August 22, 2019

ネットワーク リソース(ロードバランサーや仮想マシン NIC など)のプロビジョニングと管理を有効にします。これらは、タグを利用するテンプレートやプロジェクトで使用できます。

  • Multi-Cloud Automation
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
ブログ
January 31, 2019

プロパティ補間を使用してテンプレートの機能を拡張:プロパティ内の条件ステートメント、プロパティの遅延バインディング(IP アドレス)、インライン プロパティ式(count、to_upper、base64_encode、to_json など)。

  • Multi-Cloud Automation
  • Cloud Assembly
ドキュメント ブログ
January 31, 2019

GitLab と連携します。テンプレート定義を外部から取得し、GitLab または IDE でネイティブにテンプレートを操作します。

  • DevOps for Infrastructure
  • Multi-Cloud Automation
  • Platform Integrations
  • Cloud Assembly
December 18, 2020

vRealize Automation Cloud を使用して、ネットワークのプロビジョニングと構成をコードとして自動化します。vRealize Automation Cloud には、プロバイダーやオンデマンド ネットワークを作成したり、NSX を統合して既存の Software-Defined Networking を使用したり、パブリッククラウド プロバイダー(AWS、Azure、GCP)のネットワーク リソースを使用したりする機能が用意されています。vRealize Automation Cloud は、NSX ポリシー モード、ポートを転送するための DNAT ルール、高度なロードバランサー構成、NSX Manager と vCenter との 1 対多の関連付け、最新の NSX-T バージョンをサポートしています。ロードバランサーの健全性モニタリングのセットアップと構成もサポートしています。NSX-T Tier-1 ルータ(または NSX-V ESG)は、同じ環境内のネットワーク間で再利用できます。

  • Multi-Cloud Automation
  • Platform Integrations
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
ブログ:パート 1 ブログ:パート 2 ブログ:パート 4
January 30, 2019

EU 一般データ保護規則(GDPR)に準拠。EU 一般データ保護規則(GDPR)は、EU におけるデータ主体の基本的なプライバシー権および個人データを保護します。データ保護、セキュリティ、コンプライアンスに関する基準の引き上げと調整を目的とする厳しい要件が定められています。

  • Compliance & Security
  • Cloud Assembly
  • Code Stream
  • Service Broker
January 31, 2019

複数のクラウドにまたがるワークロードのリース期間、猶予期間、有効期限を定義します。

  • Multi-Cloud Governance
  • Service Broker
April 25, 2019

アクションベースの拡張性(ABX)をサービス ブローカーからカタログ アイテムとして直接公開し、使用します。ABX の使用を制御するためのポリシーを適用します。

  • Multi-Cloud Automation
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Service Broker
ブログ
January 30, 2019

ISO 27017 は、クラウド コンピューティングの情報セキュリティに関するガイドラインを示しています。ISO 27002 標準および ISO 27001 標準のガイドラインを補足する内容として、クラウド専用情報セキュリティ制御の実装を推奨しています。

  • Compliance & Security
  • Cloud Assembly
  • Code Stream
  • Service Broker
証明書
May 18, 2020

vRealize Orchestrator の機能を使用して、現在の環境に固有のリソース要素を開発します。カスタム リソースを VMware Cloud Templates のリソース タイプとして組み込み、完全に管理できます。

  • Multi-Cloud Automation
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
ブログ
January 31, 2019

Azure に固有のサービス(リソース グループ、トラフィック、ストレージ、SQL、検索、Redis、キー、関数、DNS、アプリなど)を使用してテンプレートを作成します。

  • Multi-Cloud Automation
  • Cloud Assembly
October 24, 2019

Day 2 アクションとして、vSphere マシンへのリモート アクセスを許可します。

  • Multi-Cloud Automation
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
  • Service Broker
ブログ
January 28, 2021

テストの結果、vRealize Automation Cloud は Google Cloud VMware Engine(Google Cloud でホストされる VMware のクラウド ソリューション)と連携して適切に動作することが確認されています。

  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
  • Service Broker
Web サイト
August 31, 2020

Kubernetes オペレーターが vSphere with Kubernetes を利用できるようにします。vSphere with Kubernetes のスーパーバイザー ネームスペースを vRealize Automation Cloud から直接作成します。スーパーバイザー ネームスペースをプロジェクトに割り当て、Kubernetes リソースへのアクセスを提供します。スーパーバイザー ネームスペースをテンプレート リソースとして使用し、Service Broker カタログで共有してセルフサービスを有効にします。ここでは、使いやすいインターフェイスでリクエスト入力をカスタマイズできます。さらに、高度なポリシー エンジンにより、リソース制限と承認を使用して適切なレベルの制御を適用できます。

  • Kubernetes Automation
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
  • Service Broker
ブログ:セルフサービスのスーパーバイザー ネームスペースとリソース制限 ブログ:vRealize Automation で Kubernetes を使用
May 19, 2020

AWS Lambda、Azure Functions(パブリッククラウド)、OpenFaaS(オンプレミス)で、FaaS(サービスとしての機能)を介してアクションを実行します。サブスクリプションを使用して、アクションをインフラストラクチャのライフサイクル イベントに関連付けます。VMware Cloud Templates で入力を作成し、パッケージの依存関係と要件を定義します。アクションのバージョンを設定して、リリースします。複数のクラウドにまたがるアクションのワークフロー チェーンを作成し、障害発生時のアクションを定義します。プロジェクト間で ABX アクションを共有します。PowerShell、Python 3、NodeJS の各言語がサポートされています。

  • Multi-Cloud Automation
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
ブログ:ABX の概要 ブログ:ABX の改善 ブログ:オンプレミスの ABX ブログ:ABX で PowerShell と共有をサポート
June 1, 2020

AWS アジア太平洋地域(シンガポール)で vRealize Automation Cloud を提供。このリージョンでのホスティングが可能になりました。

  • Regional Availability
  • Cloud Assembly
  • Code Stream
  • Service Broker
ブログ
January 30, 2019

ISO 27018 は、クラウド上の個人データの保護に焦点を当てた行動規範です。ISO 情報セキュリティ標準 27002 に基づいており、パブリッククラウドの個人識別情報(PII)に適用される ISO 27002 規格の実装ガイダンスとなります。また、ISO 27002 規格セットでは扱われていないパブリッククラウド PII 保護要件に関する追加の規格と、それに関連するガイダンスも提供しています。

  • Compliance & Security
  • Cloud Assembly
  • Code Stream
  • Service Broker
認定書
November 13, 2020

オブジェクト レベルまたはワークロード レベルで、プロビジョニングしたワークロードのライフサイクルを管理します。標準のアクションには、リースの変更、削除、再起動、サイズ変更、電源オン/オフ、更新、スナップショット、サスペンド、タグ編集、健全性モニターを含むロードバランサーの再構成、ネットワークの再構成、ストレージ DRS データストア クラスタのディスク作成、別のネットワークへの仮想マシンの移動があります。

  • Multi-Cloud Governance
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
  • Service Broker
ブログ:ネットワークの再構成
September 19, 2019

Cloud Assembly と Service Broker を使用して、Kubernetes のネームスペースを作成、構成、管理します。具体的には、ポリシーに基づいてネームスペースをプロビジョニングし、ロールを割り当ててネームスペースへのアクセスを制御します。さらに、Kubernetes クラスタ上のネームスペースを管理よび共有し、カタログからネームスペースを要求します。

  • Kubernetes Automation
  • Cloud Assembly
  • Service Broker
ブログ
August 29, 2018

Puppet Enterprise で Puppet ロールを使用します。

  • Multi-Cloud Automation
  • Platform Integrations
  • Cloud Assembly
December 16, 2020

標準のインテグレーションを使用し、Active Directory 構成のどこに仮想マシン オブジェクトを配置するかを指定します。Active Directory は VMware Cloud Templates でも構成できます。その場合、リソースの権限をより詳細に定義できます。

  • Platform Integrations
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
ブログ
March 3, 2020

vRealize Orchestrator のワークフローとプラグインを使用して IT システムを拡張します。サブスクリプションを作成し、ワークフローをライフサイクル イベント(ネットワーク イベントなど)にバインドします。

  • Platform Integrations
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
ブログ
July 17, 2019

G-Cloud 11 Digital Marketplace に vRealize Automation Cloud が追加されました。G-Cloud 11 は、公共部門におけるクラウドベースのサービスの導入促進を目指す英国政府のプログラムです。

  • Compliance & Security
  • Platform Integrations
  • Cloud Assembly
  • Code Stream
  • Service Broker
Cloud Assembly Service Broker Code Stream
August 29, 2018

クラウドに依存しないテンプレートを設計し、定義されたポリシーに基づいて任意のクラウドにワークロードをプロビジョニングできます。フレーバー マッピングを使用して、複数のクラウドにサイズ プロファイルを適用します。イメージ マッピングを使用してクラウド間でイメージを関連付け、イメージ レベルの制約を適用することで、イメージごとに配置を制御します。ネットワーク機能をクラウド全体で利用すると同時に、ネットワークの機能とサブネットをクラウドごとに構成できます。クラウドに固有のストレージ構成を使用します。AWS、Azure、GCP、VMware でサポートされているクラウドに依存しないオブジェクト:マシン、ロードバランサー、ネットワーク、セキュリティ グループ、ストレージ ボリューム

  • Multi-Cloud Automation
  • Cloud Assembly
December 17, 2020

リソース最適化の機会をエンドユーザーに通知し、再利用アクションを促すことで、データセンターを最適な状態で実行します。このアクションには、電源オフ、サイズ変更、削除などが含まれます。

  • Platform Integrations
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
June 15, 2020

vRealize Operations Cloud の連携により、ワークロードの健全性指標を監視します。vRealize Operations Cloud が必要。

  • Platform Integrations
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
December 17, 2020

最新の vRealize Orchestrator の機能を vRealize Automation Cloud と VMware Cloud on AWS で利用できるようになりました。最新のワークフロー自動化プラットフォームである vRealize Orchestrator は、手動で実行している IT タスクとプロセスを自動化することで、IT の俊敏性を向上させるとともに運用リスクを軽減します。このリリースでは、vRealize Automation Cloud 向け vRealize Orchestrator に、最新の HTML5 インターフェイス、高度な Git インテグレーション、複数のスクリプト言語、ワークフロー スキーマとアクションを実行/デバッグする機能が搭載されています。また、vRealize Orchestrator と ABX は同じアプライアンスに展開され、VMware Cloud Services の自動認証を使用して vRealize Automation Cloud を容易に連携できます。さらに、最新の vRealize Orchestrator を VMware Cloud on AWS 環境でも使用できるようになりました。

  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
ブログ
August 29, 2018

AWS CloudFormation テンプレートをカタログ アイテムとして公開し、利用ルールとアクセス ルールを適用します。既存の AWS CloudFormation テンプレートのオンボーディングを簡素化します。

  • Multi-Cloud Automation
  • Service Broker
August 28, 2018

開発者や DevOps の間で広く利用されているツール(Agent、Artifactory、Kubernetes、Bamboo、Jenkins、Docker、Docker Registry、E メール、Git、Jira、PCF、Microsoft Team Foundation Server、vRealize Orchestrator など)を連携します。

  • DevOps for Infrastructure
  • Platform Integrations
  • Code Stream
ブログ
September 19, 2019

Service Broker のポリシーが選択したスコープ内で適用される場合、そのポリシーをさらに詳細に定義できます。ポリシー基準は論理式で定義され、この式に基づいて環境が評価されます。

  • Multi-Cloud Governance
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Service Broker
ブログ
September 19, 2019

API を使用して、クラウド環境をセットアップ、使用、管理します。Swagger ベースの API ドキュメントを簡単に参照できます。

  • DevOps for Infrastructure
  • Multi-Cloud Automation
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
  • Code Stream
  • Service Broker
ドキュメントのリンク ページ ブログ:API コレクション ブログ:CSP API トークン
June 15, 2020

vRealize Operations Cloud のメトリックとルールに基づく高度なワークロード配置により、ワークロードのパフォーマンスとキャパシティを最適化します。vRealize Operations Cloud が必要。

  • Platform Integrations
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
ブログ
August 31, 2020

Terraform は VMware Cloud Templates のファーストクラス オブジェクトです。Terraform 構成を Git から取得し、テンプレート オブジェクトとして提示できます。このようなキャンバス オブジェクトを使用し、VMware Cloud Templates の機能と配置ロジックに Terraform の広範性を組み合わせることで、ハイブリッド ブループリントを生成できます。vRealize Automation Cloud では Terraform の状態を一元的に管理できるため、複数の環境を効率的に連携させ、状態ファイルの競合やデータの損失、データの破損を防止できます。どのような構成でも、Day 2 アクションを環境レベルで適用できます。また、VMware Cloud Templates でネイティブにサポートされているリソースの場合は、Day 2 アクションをオブジェクト レベルで適用できます。再利用可能な TF 構成ファイルを含むすべての Terraform プロバイダーは、Service Broker カタログ アイテムとしてセルフサービスで使用できます。これにより、RBAC とリソース ポリシー(リース、承認)を使用して一貫したアクセス コントロールとガバナンスを実現すると同時に、Terraform ファイルのリクエスト フォームをカスタマイズできます。

  • DevOps for Infrastructure
  • Multi-Cloud Automation
  • Cloud Assembly
  • Code Stream
  • Service Broker
ブログ Web セミナー
August 21, 2019

Cyber Essentials の目的は、組織がサイバー攻撃に対する基本的な保護を実装しており、サイバー セキュリティに真摯に取り組んでいることを顧客に証明できるようにすることです。

  • Compliance & Security
  • Cloud Assembly
  • Code Stream
  • Service Broker
認定書のダウンロード
January 22, 2020

Service Broker カタログから直接、マーケットプレイス OVA ファイルを展開します。

  • Platform Integrations
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Service Broker
ブログ
January 31, 2019

ワークロードの展開プロセスを監視し、トラブルシューティングを行います。Day-2 アクションを監視します。

  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
  • Service Broker
January 31, 2019

発生したコストをプロジェクトごと、および環境ごとに追跡します。プライベートクラウド リソースとパブリッククラウド リソースのコスト基準を設定します。

  • Multi-Cloud Governance
  • Cloud Assembly
  • Service Broker
March 25, 2021

機密データを保護します。データベースの暗号化されたプロパティを保護し、機密データの漏洩を防ぎます。vRealize Automation Cloud では、シークレット変数を作成して暗号化し、VMware Cloud Templates または拡張ワークフローの一部として使用できます。

  • Multi-Cloud Automation
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
ブログ
August 28, 2018

設定済みのパイプライン ダッシュボードで主要なデリバリ KPI を追跡します。監視対象のメトリックには、平均検出時間、平均故障間隔、平均デリバリ間隔、平均修復時間、上位のステージ障害とタスク障害などがあります。自社のビジネスにとって重要なメトリックを監視するカスタム ダッシュボードを作成します。

  • DevOps for Infrastructure
  • Multi-Cloud Governance
  • Code Stream
March 25, 2021

このコマンドラインを使用して、Code Stream の CI/CD パイプラインを操作します。Golang に組み込まれ、kubectl CLI に基づくこの機能を使用すると、Code Stream Rest API を直接操作できます。

  • DevOps for Infrastructure
  • Code Stream
ブログ GitHub リポジトリ VMware Fling
July 17, 2019

カスタム命名機能を使用して、仮想マシンの命名規則を定義します。

  • Multi-Cloud Governance
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
  • Service Broker
ブログ
July 16, 2020

VMware Cloud on AWS エンドポイントを利用および自動化するためのクラウド サーフェスを数分で確立。VMware Cloud on AWS では、完全に自動化されたクラウド環境を迅速にオンボーディングし、セットアップできます。さらに、vRealize Automation Cloud の 45 日間無料評価が含まれているため、この期間中に、VMware Cloud on AWS へ移行した場合のメリットを確認できます。

  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
  • Code Stream
  • Service Broker
ブログ
August 28, 2018

Gerrit のコード レビューから Webhook のパイプラインを実行します。

  • DevOps for Infrastructure
  • Platform Integrations
  • Code Stream
December 17, 2020

プロパティ グループを使用し、チームをより効率的に管理します。プロパティ グループを使用すると、クラウド環境のプロパティをテンプレート化し、VMware Cloud Templates の新しいカタログ リクエストで再使用できます。

  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
November 20, 2019

簡単な 3 つのステップでセルフサービスの OpenShift Kubernetes クラスタとネームスペースを定義し、プロジェクト チームに提供します。OpenShift リソース接続を設定し、選択したチームに OpenShift Kubernetes クラスタを割り当てます。さらに、現在サポートされている OpenShift 3.x を使用し、タグを設定してルールベースの利用を有効にします。

  • Kubernetes Automation
  • Platform Integrations
  • Cloud Assembly
ブログ
August 29, 2018

VMware Cloud Templates の入力を使用してユーザー サービス リクエストに対応し、YAML プロパティの値を参照します。

  • Multi-Cloud Automation
  • Cloud Assembly
August 29, 2018

コンピュート、ネットワーク、仮想マシン、ストレージ オブジェクト、ボリュームなどのリソースを複数のクラウドから即座に検出します。

  • Multi-Cloud Automation
  • Cloud Assembly
  • Self-Service Hybrid Cloud
February 20, 2021

AWS カナダ(中央)リージョンで vRealize Automation Cloud のホスティングが可能になりました。

  • Regional Availability
  • Cloud Assembly
  • Code Stream
  • Service Broker
September 1, 2020

VMware Cloud Templates を設計するための直感的なドラッグ アンド ドロップ キャンバス。キャンバスにオブジェクトを追加すると、宣言型 Infrastructure-as-Code YAML スクリプトが自動的に作成されます(逆の場合も同様)。高度なコーディング知識は必要ありません。タグを適用して配置ルールを定義します。「自由形式」のプロパティをメタデータとして追加するか、拡張機能を使用します。プロパティとタグのオートコンプリート機能により、一貫したスクリプトを容易に開発できます。

  • DevOps for Infrastructure
  • Multi-Cloud Automation
  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly
ブログ:VMware Cloud Templates の概要 ブログ:vRealize Automation Cloud の Infrastructure-as-Code
March 2, 2020

VMware Cloud Templates トポロジーの一部またはスタンドアロンとして、パーシステント ストレージをオンデマンドで提供します。当初は API を介してのみ利用可能です。

  • Self-Service Hybrid Cloud
  • Cloud Assembly

FAQ

vRealize Automation は、イベント駆動型の状態管理とコンプライアンス確保を可能にする、最新のインフラストラクチャ自動化プラットフォームです。クラウドのセルフサービス化、ガバナンスに基づくマルチクラウドの自動化、DevOps ベースのインフラストラクチャの提供に関わるコントロールとセキュリティにおいて組織を支援することを設計思想としています。IT 環境の複雑さを軽減し、IT プロセスを合理化し、DevOps 対応の自動化プラットフォームを提供できるため、スケーラビリティ、スピード、柔軟性、信頼性が向上するというメリットがあります。

vRealize Automation は、GitHub、Ansible、Puppet などのサードパーティ サービスのほか、Infoblox のような外部 IPAM プロバイダーとも統合できます。詳細については、「他のアプリケーションとの vRealize Automation の統合」を参照してください。

vRealize Automation は、アプリケーションをプロビジョニングおよび管理するためのポータルを提供することで、IT サービスの提供を自動化します。この製品はさまざまなコンポーネントを通じて、マルチクラウドのプロビジョニング、アプリケーションやインフラストラクチャの自動提供、ソフトウェア構成管理、およびワークフローの自動化を可能にします。

vRealize Automation の各コンポーネントのハードウェア要件の詳細については、vRealize Automation ハードウェア仕様のドキュメントを参照してください。

ハンズオン ラボ(HOL)で vRealize Automation の基本操作を体感いただけます。また、高度な機能を試用できるアドバンス レベルのラボも用意されているため、複雑なサービス オーサリング機能などをお試しいただくことも可能です。ハンズオン ラボは無償で使用でき、ブラウザーから数分で利用を開始できます。インストールは不要です。

はい。vRealize Automation をご利用のお客様が、俊敏性や効率的な IT サービス デリバリをどのように実現しているかをご紹介するお客様事例をご用意しています。ビジネスと IT の課題解決に向けて、実際に自動化機能がどのように活用されているかをご参照いただけます。また、お客様事例のインサイトを解説する eBook もご用意していますのでぜひご活用ください。

vCloud Director または vSphere にアプリケーション サービスをインストールできるように、vCenter Server クラスタ構成に特定の要件を満たすストレージとネットワークを設定してください。

VMware Cloud Templates は、VMware Cloud infrastructure のプロビジョニングとオーケストレーションを定義します。vRealize Automation のテンプレート化エンジンとして、プライベート/ハイブリッド/パブリッククラウドの全体に展開するインフラストラクチャ リソースを指定します。

vRealize Automation SaltStack Config は、vRealize Automation で利用できる強力なソフトウェア構成管理機能です。これを使用すると、ソフトウェアにおける、最適化されコンプライアンスが確保された状態を容易に定義したうえで、強力かつ直感的な構成自動化機能により、仮想、ハイブリッドクラウド、パブリッククラウドの環境全体に適用できます。

Twitter
  • Communities
ブログ
  • Communities
YouTube
  • Communities
LinkedIn
  • Communities
VMUG
  • Communities

導入に向けて

あらゆるワークロードをあらゆるクラウド上で設定、展開、管理できます。