vRealize Automation のソフトウェア構成管理とセキュリティ

vRealize Automation SaltStack Config は、vRealize Automation で利用できる強力なソフトウェア構成管理コンポーネントです。ソフトウェアにおける、最適化されたセキュアな状態を容易に定義したうえで、柔軟かつ直感的な構成自動化機能により、仮想、ハイブリッドクラウド、パブリッククラウドの環境全体に適用できます。また、強力でスケーラブルなリモート実行機能により、環境全体に瞬時に変更を適用できます。

vRealize Automation SaltStack Config の概要

SaltStack Config の強力な機能を使用して、vRealize Automation でのソフトウェア構成を自動化する方法をご確認ください。

データシートを入手する 

vRealize Automation SaltStack SecOps による、インフラストラクチャのセキュリティとコンプライアンスの確保

vRealize Automation SaltStack SecOps により、セキュアかつコンプライアンスが確保されたインフラストラクチャを構築および維持する方法をご確認ください。

ブログを読む 

vRealize Automation SaltStack Config による構成自動化のメリット

効率性の向上

手間のかかる構成タスクを自動化し、貴重な人的リソースがより高価値を生む優先課題に注力できるようにします。

デリバリの加速

IT 環境全体にわたる大規模な変更を瞬時に適用できます。

セキュリティの確保

CIS 認定コンテンツを使用して、問題を迅速に検知して修正するとともに、コンプライアンスが確保されたセキュアなシステムを構築できます。

vRealize Automation SaltStack Config のユースケース

IT のモダナイゼーション

環境を問わない展開と構成

  • 仮想、ハイブリッドクラウド、パブリッククラウドの各環境にまたがる展開を容易化します。
  • シンプルで人間が理解できる Infrastructure as Code を作成し、環境内のあらゆる場所でシステムとソフトウェアのプロビジョニングおよび構成を実行できます。
  • Linux、Windows、macOS、Unix を対象とする抽象化された管理機能により、すべてのオペレーティング システムを構成および制御できます。
  • IT 環境全体にわたり、望ましい状態を自動的に維持します。

クラウドの進化の加速

インフラストラクチャの管理と保護

  • 強力な自動化とオーケストレーションの機能により、仮想、パブリッククラウド、プライベートクラウドの各環境の仮想マシンを管理できます。
  • エージェントあり/なし、API ベースなどの柔軟な管理オプションを選択して、データセンター全体を制御できます。
  • イベント駆動型のアップデートにより、重要なソフトウェアを最新の状態に保ち、脆弱性から保護します。
  • エコシステム全体の構成状態を迅速かつ容易に監査し把握できます。
  • 事前構成済みの CIS コンテンツおよび DISA STIG コンテンツを使用してコンプライアンス状態を定義し自動適用できます。

開発者の生産性の確保

自己修復システムの構築

  • Salt のイベント駆動型の自動化エンジンを活用して、システムの状態を定義することで、逸脱が発生しても即座に自動修正できます。
  • 完全に自動化されたワークフローや半自律的なワークフローを作成し、システムへの対応が必要な際にサードパーティとの連携により管理者に通知することや、ITSM チケットを発行することまでも可能です。
  • イベント駆動型のオーケストレーションにより、高度なパッチ適用とメンテナンスを実行できます。
  • 迅速でスケーラブルなリモート実行機能により、すべての対象に瞬時に変更を適用できます。