vRealize によるインテリジェントなハイブリッド クラウド管理

vRealize Cloud Management の概要

vRealize Cloud Management を活用して、アプリケーション、インフラストラクチャ、プラットフォームの各サービスをハイブリッドクラウド全体にわたり一貫性のある方法で展開、運用する方法をご確認ください。

vmw-announcing-vrealize-cloud-universal.png

vRealize Cloud Universal の発表

自動化、運用、ログ分析を 1 つのライセンスに統合した新しい SaaS 管理スイートをご覧ください。

Forrester Wave:ハイブリッドクラウド管理

Forrester によるこのレポートでは、vRealize をリーダーとして位置付けています。VMware が他社とは一線を画する卓越したハイブリッドクラウド管理プロバイダーと評価される理由となった、3 つの主要な差別化要因の詳細をご覧ください。

一貫性のあるハイブリッドクラウド管理を実現する方法

vRealize と VMware Cloud on AWS に関して、機能の評価、アナリストによる評価の参照、導入した場合の ROI の計算などを行うことができます。

クラウドをビジネスの中心として活用する 3 つの方法

どのようにインフラストラクチャ/運用リーダーが、これら 3 つの戦略的優先事項を推進して、管理性を維持しながらクラウドの展開を加速させているかご確認ください。

vRealize の最新リリースの新機能

vRealize Cloud Management の最新リリースに搭載されている、一貫性のあるクラウド管理を支援する新機能と強化機能をご紹介します。

vRealize によるハイブリッド クラウド管理のメリット

イノベーションの促進

サービスに迅速かつ容易にアクセスできることにより、ビジネスの俊敏性とイノベーションの機会を引き出すことができます。

効率性の向上

一貫性のある運用により、ダウンタイムの短縮、効率性の向上、エンドツーエンドでの可視化、リスク管理が可能になります。

管理性の強化

運用とガバナンスの統合により、管理性の向上とリスクの低減を図ることができます。

vRealize Cloud Management のユースケース

IT のモダナイゼーション

  • セルフサービス プロビジョニング、パフォーマンスの自動最適化、即応性のあるキャパシティ管理により、パブリッククラウドのような運用と迅速なサービス デリバリを実現します。
  • Infrastructure as Code と構成管理を利用した、再現性、一貫性、信頼性に優れたプロセスの適用により、インフラストラクチャのプロビジョニングを自動化できます。
  • AI を使ったワークロードの自動最適化により、アプリケーションのパフォーマンスを継続的に最適化します。
  • ダウンタイムの短縮、効率性の向上、エンドツーエンドでの可視性の確保、リスクの管理を可能にします。

クラウドの進化の加速

  • クラウド全体に一貫性のある運用をもたらし、ハイブリッド クラウドおよびパブリック クラウドのイノベーションを促進します。
  • コンポーネントの依存関係、ネットワーク要件、およびセキュリティの状態を包括的に把握し、アプリケーションの移行を確実に行えるようになります。
  • プライベートクラウドとパブリック クラウド全体を対象に、もっともコスト効率に優れた環境を展開先として選択することができ、さらに、さまざまな環境で実行しているすべてのビジネスクリティカル アプリケーションを可視化できます。
  • 任意のエンドポイントに一貫性のある方法でアプリケーションを展開し、セキュリティ ポリシーを常に順守させることができます。

開発者の生産性の確保

  • 俊敏性に優れた最新の開発環境を提供する、Developer-Ready インフラストラクチャを実現します。
  • 可用性とパフォーマンスを確保した、開発者向けのプラットフォーム サービスを提供します。
  • Infrastructure as Code と構成の自動化により開発環境を効率化し、展開時間を短縮します。
  • DevSecOps の分野のベスト プラクティスを従来の IT プロセスに取り入れることで、開発者が必要とする俊敏性とスケーラビリティに対応します。

 

 

ハイブリッド クラウド管理を支援する VMware 製品

vRealize Cloud Management は、複数のクラウドにわたる IT サービスのプロビジョニング、管理、最適化に、DevOps の手法および自動運用に基づくプログラム可能な自動化を提供します。これにより、一貫性のある運用に基づく一貫性のあるインフラストラクチャを提供できるようになります。vRealize Cloud Management を構成する各製品はオンプレミス製品と SaaS の両方で提供されています。

vRealize Automation

セルフサービスの自動化と組み込みの構成管理により、俊敏性、生産性、効率性が向上します。

vRealize Operations

自動運用を通じて SDDC およびクラウド環境の最適化、プランニング、拡張を行います。

vRealize Log Insight

一元的なログ管理、運用状況の詳細な可視化、インテリジェントな分析機能を提供します。

vRealize Network Insight

ネットワークの可視化と分析機能の提供により、可用性とセキュリティに優れた最適なネットワーク インフラストラクチャの構築を可能にします。

お客様事例

vRealize を 2020 年 のカスタマーズ チョイス に認定

2020 年 の Gartner Peer Insights「Voice of the Customer:IT Infrastructure Monitoring Tools」は、VMware 製品をカスタマーズ チョイスに認定しました。お客様からの評価をご確認ください。

エンタープライズ サービス クラウドがビジネス イノベーションを促進

「プラットフォームの標準化、プロセスの簡素化、高度な自動化によりメリットが得られ、クラウドをより効率的に管理できるようになりました」

 

– Swisscom、Head of Cloud Platform Development、Marco Hochstrasser 氏

クラウド間のシームレスな相互運用の実現による IT 環境の簡素化

「以前はリソースのプロビジョニングに 10 日間かかっていましたが、今ではわずか数時間に短縮されています。その結果、開発者の生産性とユーザー体験が大幅に向上しました」

 

– Cognizant、IT Infra AVP、Vellayain Manohar 氏

運用効率の向上を促進し、セキュリティと効率性を確保

「VMware との協力関係は、現在も将来も実践的なものであり続けると考えています。VMware は近年の成功の鍵になっています。今後もそれが続くことを期待しています」

 

– GILAI、CIO、Sandro Lensi 氏

市場での認知

IDC:vRealize を IT 自動化のリーダーとして認定

IT の自動化と構成管理の部門において、VMware が 4 年連続で市場をリードする企業として選出された理由をご確認ください。

OMDIA:マルチクラウド管理をリードする VMware

最適なハイブリッドクラウド/マルチクラウド管理ソリューションを選択して、アプリケーション、ワークロード、サービスを効果的に提供する方法をご確認ください。

IDC:vRealize をハイブリッドクラウド管理のリーダーとして認定

クラウド システムおよびサービス管理ソフトウェア市場の詳しい分析をご覧いただき、VMware がこの分野をリードし続けている理由をご確認ください。

ソリューションの詳細

IT リーダーにとっての 3 つの戦略的優先事項

パブリッククラウドの導入に関する調査結果、俊敏性を組織で実現する方法、開発をモダン化するうえでの課題についてご確認ください。IT リーダーが現在推進している 3 つの戦略的優先事項をご覧ください。

ビジネス上のリスクを低減するには

パブリッククラウドの導入に関する調査結果、俊敏性を組織で実現する方法、開発をモダン化するうえでの課題についてご確認ください。IT リーダーが現在推進している 3 つの戦略的優先事項をご覧ください。

IT 部門の存在意義を高めるための 7 つのステップ

ビジネスを保護しながらエンドユーザーが必要とするものを入手できるようにサポートすることで、IT とエンドユーザー間のギャップを埋める方法をご紹介します。

運用の自動化がもたらす総経済効果

トップクラスのハイブリッドクラウド管理ベンダーが、増え続けるマルチクラウドの使用とインフラストラクチャの複雑さに対応するために取り組んできた方法をご確認ください。Forrester は ROI が 303%、投資回収期間が 3 か月未満、3 年間の NPV が 750 万ドルとして vRealize Operations のメリットを定量化しています。

クラウド管理戦略

パブリッククラウドの導入に関する調査結果、俊敏性を組織で実現する方法、開発をモダン化するうえでの課題についてご確認ください。IT リーダーが現在推進している 3 つの戦略的優先事項をご覧ください。

vRealize Cloud Management 製品

vRealize Cloud Management は、オンプレミス製品としても SaaS としても、さまざまな組み合わせで利用可能であり、お客様のビジネスに最適な機能をご提供します。

vRealize Cloud Universal による SaaS 管理

SaaS バージョンとオンプレミス バージョンの vRealize Automation、vRealize Operations、vRealize Log Insight を 1 つのライセンスで利用して、クラウドの導入を促進できます。

vRealize Suite による基本的なクラウド管理

vRealize Suite は、自動化、運用、ログ分析をオンプレミスでのライフサイクル管理と統合するソリューションです。vCloud Suite は、vRealize Suite と vSphere を組み合わせたソリューションです。

VMware Cloud Foundation を活用したモダン アプリケーション インフラストラクチャ

VMware Cloud Foundation には、vCloud Suite のすべてのコンポーネントに加え、VMware の主要なストレージおよびネットワーク製品である vSAN と NSX が含まれます。

SaaS サービスの比較

VMware vRealize Cloud Management は、VMware のソフトウェアを利用するためのシンプルかつ柔軟なオプションを提供するソリューションです。このサービスでは、個々の vRealize サービスを 1 ~ 5 年のサブスクリプションとしてオンデマンドで購入できるほか、VMware vRealize Cloud Universal を利用して SaaS スイートとしても購入できます。

 

単一サービス

1 ~ 5 年のライセンス期間のもと、ハイブリッドクラウド環境をすぐに開始できるオプションです。

vRealize Cloud Universal

自動化、運用、ログ分析、フェデレーションを 1 つのライセンスにまとめたスイートです。


vRealize Automation Cloud

   

vRealize Operations Cloud

   

vRealize Log Insight Cloud

   

vRealize Network Insight Cloud

   

VMware 製品サポート

   

vRealize AI Cloud

   

vRealize Cloud Subscription Manager

   

vRealize Cloud Federated Catalog

   

vRealize Cloud Federated Analytics

   

VMware Skyline との連携

   

 

*単一サービス:vRealize Log Insight Cloud Log Archival は別途購入できます。

*vRealize Cloud Universal:vRealize Log Insight Cloud Data Ingestion と vRealize Log Insight Cloud Log Archival は別途購入できます。

 

相乗効果:お使いのハイブリッド クラウドに推奨される製品の組み合わせ

ソフトウェア ベースのプライベートクラウド

VMware Cloud Foundation

ハイパーコンバージド インフラストラクチャの運用

vRealize Operations + vSAN

ネットワークの自動化

vRealize Automation + NSX
vRealize Network Insight + vRealize Log Insight + NSX

ハイブリッドクラウドの運用

vRealize Operations + VMware Cloud on AWS