SaaS による柔軟性に優れたマルチクラウド管理

vRealize Cloud Universal は、一貫性のあるハイブリッド/マルチクラウドの管理により、クラウドへのビジネス移行をサポートします。SaaS またはオンプレミスでの導入が可能で、必要に応じてその 2 つの間を自由に行き来することもできます。さらに複数のライセンス モデルとデリバリ モデルを活用することで、自社のペースに合わせて移行できるため、組織の俊敏性、拡張性、効率性の向上に役立ちます。

柔軟性

単一のライセンスで、クラウド管理をオンプレミスでも SaaS でも展開できます。ビジネスのニーズに応じて、SaaS とオンプレミスの切り替えやクラウド間でのワークロードの移動を、ライセンスを購入し直すことなく行えます。

運用の継続性

クラウドへの移行の進行中でも、環境全体を管理することで、ビジネス全体の運用を最適化し継続性を確保できます。

生産性

複雑な環境を機敏かつ生産的に管理しながら、自社のペースでマルチクラウドを導入し、よりすばやく確実にイノベーションを創出できます。

コストの削減

単一のライセンスで SaaS とオンプレミスの管理を選択して実施できるため、IT 予算をほかの領域に振り向けることができます。

vRealize Cloud Universal に含まれる製品

CloudHealth

マルチクラウドやハイブリッドクラウドのコストを可視化し、インフラストラクチャを最適化して無駄な支出を防ぐとともに、開発スピードやアプリケーションのパフォーマンスを犠牲にすることなく予算の超過を防止できます。

CloudHealth Secure State

インテリジェントで迅速かつスケーラブルなクラウドネイティブのセキュリティおよびコンプライアンス アプローチで、リスクの可視性を高め、構成エラーを修正できます。 

vRealize Automation

Infrastructure as Code(IaC)やオープンソース イノベーションなどの DevOps の原則を活用しながら、セルフサービスでの使用と提供により、インフラストラクチャの自動化を推進できます。

vRealize Operations

自動運用ツールを使用して、本番環境の運用を簡単に自動化できます。

vRealize Log Insight

強力な分析やその他の機能により、パブリック/プライベートクラウド全体の可視性を高めます。

VMware Skyline

プロアクティブなインテリジェンスを活用することで、問題を未然に回避したり、サポート リクエストの解決に費やす時間を削減したりすることができます。

vRealize AI Cloud

組み込みの強化学習により、ストレージの KPI を継続的に学習、適応、最適化できます。

vRealize Network Insight Cloud

プライベートクラウド、パブリッククラウド、ハイブリッドクラウドにわたり、アプリケーション セキュリティとネットワークを強化できます(VMware Cloud Universal でのみ利用可能)。

関連リソース

vRealize Cloud Universal ROI Calculator

vRealize Cloud Universal ROI Calculator

vRealize Cloud Universal を導入した場合のコスト削減額と投資回収率(ROI)を試算できます。

IDC のレポート:クロスクラウド管理

デモ:IDC のレポート:クロスクラウド管理

企業の 71% は、共有のクロスクラウド管理制御プレーンを持つことが「非常に重要」と考えています。SaaS 管理スイートがそれにどう役立つかをご覧ください。

クラウド導入の基本ガイド

将来を見据えた SaaS による管理で、IT とビジネスの連携を強化し、ビジネス成果の向上を推進する方法をご覧ください。

エディションの比較

VMware vRealize Cloud Universal は、単一のライセンスでオンプレミスでも SaaS でもクラウド管理を展開できる柔軟なオプションが用意された SaaS 管理スイートです。1 ~ 5 年のサブスクリプションとしてオンデマンドで購入できます。各サービスが世界のどの地域でホストされているかについては、 vRealize Cloud Management サービス マップをご覧ください。

Self-driving operations for:

  • Performance optimization
  • Capacity and cost management
  • Proactive planning
  • Intelligent remediation

Advanced

ハイブリッドクラウド インフラストラクチャの自動化と運用

 

All the capabilities of Standard, plus:

  • Self-service infrastructure automation across VM and container-based Kubernetes infrastructure

Enterprise

ハイブリッド/マルチクラウド インフラストラクチャの管理とセキュリティ

All the capabilities of Advanced, plus:

  • Cloud Financial Management
  • Security & Compliance
  • DevOps for infrastructure leveraging Infrastructure as Code (IaC).

Enterprise Plus

ハイブリッド/マルチクラウド インフラストラクチャとネットワークの可視化

All the capabilities of Enterprise, plus:

  • End-to-end network visibility and analytics across VMware and 3rd party network infrastructure

FAQ

VMware vRealize Cloud Universal は、自動化、運用、ログ分析、ネットワーク可視化を提供する SaaS とオンプレミスの機能を組み合わせて 1 つのライセンスで提供することで、クラウドの発展を促進できるように設計された SaaS 管理スイートです。

vRealize Cloud Universal に含まれる VMware 製品は次のとおりです。

  • CloudHealth
  • CloudHealth Secure State
  • vRealize Automation | vRealize Automation Cloud
  • vRealize Operations | vRealize Operations Cloud
  • vRealize Log Insight | vRealize Log Insight Cloud
  • vRealize AI Cloud
  • vRealize Network Insight Cloud(vRealize Cloud Universal Enterprise Plus エディションのみで利用可能)
  • VMware Skyline

 

vRealize Cloud Universal では、Standard、Advanced、Enterprise、Enterprise Plus の 4 種類のエディションをご購入いただけます。また、Enterprise License Agreement(ELA)の複数年契約によるご購入も可能になっています。このオプションは前払いで、オンプレミス ベースの無期限ライセンスと比べて最大 30% のコスト削減が可能になります。Enterprise Plus エディションは、VMware Cloud Universal および VMware Cloud on AWS の一部としてのみ利用可能です。

VMware のデータ プライバシー基準をご確認ください。詳細については、https://cloud.vmware.com/jp/trust-center でご覧いただけます。
ライセンスの適用に関しては、vRealize Suite Life Cycle Manager が vRealize 製品インスタンスからライセンスの使用状況データを収集し、そのデータを vRealize Cloud Subscription Manager(SaaS サービス)に送信します。

vCloud Suite Subscription は、vRealize Cloud Universal と vSphere Enterprise Plus の期間限定ライセンスで構成される割引バンドルです。これはクラウド管理プラットフォーム ソリューションの購入と vSphere のキャパシティ拡大を望まれるお客様を対象としています。

はい。単体製品の vRealize および vRealize Suite をご利用いただいているお客様は、サブスクリプション アップグレード プログラム(SUP)を通じて vRealize Cloud Universal または vCloud Suite Subscription にアップグレードできます。

オンプレミスと SaaS の間でのライセンスの切り替えという概念はありません。vRealize Cloud Universal は、使用量に基づいて料金が発生します。お客様の使用量が測定されて集計されるため、オンプレミスと SaaS のコンポーネントを必要な分だけ自由にご利用いただけます。

vRealize Cloud Universal では、フランス語、スペイン語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語、ドイツ語、日本語、英語の各言語と地域の設定がサポートされます。

VMware Cloud Universal(VMCU)は購入プログラムであり、製品や SKU ではありません。お客様が管理するプライベートクラウド、VMware が管理するローカル クラウド、または VMware が管理するパブリッククラウドでの導入に際して、SPP クレジットを通じて使用できます。

はい。vRealize Cloud Universal Enterprise エディションには、CloudHealth と CloudHealth Secure State を含む CloudHealth Enterprise Plus バンドルが含まれています。このバンドルでは、お客様が購入した vRealize Cloud Universal のライセンスごとに、パブリッククラウドの月額費用 500 ドル分相当を管理できます。CloudHealth Enterprise Plus の追加のキャパシティは別途購入可能です。

導入に向けて

クラウド管理をオンプレミスまたはクラウドに導入し、必要に応じて両者の間を自由に行き来できる柔軟性をぜひご活用ください。