SaaS 管理スイートでクラウドの導入を促進

 

VMware vRealize Cloud Universal は、自動化、運用、ログ分析に関する SaaS とオンプレミスの機能を組み合わせて、クラウドの導入を促進します。柔軟なライセンス形態と提供方法が用意されているため、オンプレミスでも SaaS でもクラウド管理を展開可能であり、必要に応じてこの 2 つの環境間で自由に移行できます。

 

SaaS 管理スイートを採用することで、クラウドの俊敏性、スケーラビリティ、効率性が向上します。

SaaS 管理スイートのメリット

柔軟な利用形態

クラウド管理をオンプレミスでも SaaS でも展開でき、必要に応じて切り替えることができます。

ニーズに合わせたクラウドの導入

柔軟なライセンス形態と提供モデルを活用して、お客様のペースでワークロードをクラウドに移行できます。

俊敏性、スケーラビリティ、効率性

SaaS 管理とプロアクティブなサポートにより、イノベーションを迅速化できます。

IDC:ハイブリッドクラウドとマルチクラウドの複雑さに対処するにはクロスクラウドの統合管理および制御が必要

世界中の企業の 71% が、共有のクロスクラウド管理制御プレーンを確保することが肝要であると考えています。SaaS 管理スイートでハイブリッドクラウドとマルチクラウドの管理を統合して、生産性、コンプライアンス、セキュリティを向上させる方法をご覧ください。

IDC レポートをダウンロード

vRealize Cloud Universal で実現できること

柔軟なクラウド管理

1 つのライセンスでクラウド全体にわたる管理を SaaS またはオンプレミスで展開できます。

クラウドとの連携

フェデレーション分析とセルフサービス カタログにより、クラウドへの移行を加速できます。

イノベーションの促進

最新の vRealize 機能により、アプリケーションやソフトウェアの市場投入を迅速化できます。

クラウド導入の推進

クラウドファースト戦略との整合性を確保しながら、お客様のペースでワークロードをクラウドに移行できます。

IT コストの削減

1 つのライセンスでクラウドへの既存の投資を保護して、予算とリソースを有効利用できます。

vRealize Cloud Universal に含まれる製品

vRealize Automation Cloud

マルチクラウド環境をシームレスに自動化

vRealize Operations Cloud

運用を自動化して、人的介入が不要な手間のかからないハイブリッドクラウド管理を実現

vRealize Log Insight Cloud

SaaS ベースのインテリジェントなログ収集により、クラウド全体の運用状況を可視化し、迅速なトラブルシューティングを実現

vRealize AI Cloud

強化学習によってインフラストラクチャを継続的に最適化

vmw-skyline

付属サービス:VMware Skyline によるプロアクティブなサポート

1 つの SaaS ワークフローで高度なトラブルシューティングによってプロアクティブに対処し、追加サポートの必要なしに統一されたセルフサービス エクスペリエンスを享受できます。

Skyline の詳細情報  Pathfinder で Skyline を体験 

スポットライト 

クラウドへの移行を促進する 5 つの方法

クラウドへの移行を促進する 5 つの方法

将来を見据えた SaaS 管理で、IT 部門との連携を強化し、ビジネス成果を向上させる方法をご覧ください。

vRealize Cloud Federated Analytics

Video Play Icon
(4:13)

vRealize Cloud Federated Analytics

1 つの画面で環境全体のワークロード最適化について分析および計画する方法をご確認ください。

vRealize Cloud Universal の SaaS 管理スイートの購入方法 

vRealize Cloud Universal には、独自の機能をそれぞれの価格で提供する 3 つのエディションが用意されているため、お客様はクラウド管理のニーズに合わせてユースケースを簡単に実現できます。vRealize Cloud Subscription Manager、vRealize Cloud Federated Catalog、vRealize Cloud Federated Analytics、および vRealize AI Cloud は、vRealize Cloud でのみ利用可能であり、3 つのエディションすべてに含まれています。また、各エディションには、統一されたセルフサービス エクスペリエンスを提供する VMware Skyline のプロアクティブなサポートも含まれています。

 

  • Standard:自動運用のユースケースをサポートします。インテントベースのパフォーマンスの継続的な最適化、効率的なキャパシティ管理、プロアクティブなプランニング、インテリジェントな修正の実現を目指す企業を対象としています。
  • Advanced:プログラム可能なプロビジョニングのユースケースをサポートします。サービスの提供と継続的な管理を自動化し、IT インフラストラクチャ サービスの迅速な提供を目指す企業を対象としています。
  • Enterprise:アプリケーション運用のユースケースをサポートします。従来型のアプリケーションとコンテナベースのアプリケーションの迅速な提供を目指す企業を対象としています。

cloud.vmware.com でエディションを比較し価格を確認

よくある質問(FAQ)

既存の vRealize Suite ライセンスを vRealize Cloud Universal にアップグレードできますか?

はい。単体製品の vRealize および vRealize Suite をご利用いただいているお客様は、サブスクリプション アップグレード プログラム(SUP)を通じて vRealize Cloud Universal または vCloud Suite Subscription にアップグレードできます。

オンプレミス ライセンスと SaaS ライセンスはどの程度の頻度で切り替えることができますか?

オンプレミスと SaaS の間でのライセンスの切り替えという概念はありません。vRealize Cloud Universal は、使用量に基づいて料金が発生します。お客様の使用量が測定されて集計されるため、オンプレミスと SaaS のコンポーネントを必要な分だけ自由にご利用いただけます。

vRealize Cloud Universal のデモを利用する方法を教えてください。

cloud.vmware.com にアクセスしてデモをリクエストしてください。

vCloud Suite Subscription について教えてください。

vCloud Suite Subscription では、vSphere と vRealize Cloud Universal Management を組み合わせて、クラウドベースのインフラストラクチャを管理できます。

利用方法

cloud.vmware.com にアクセスして、製品ドキュメントを閲覧し、デモに登録し、価格とライセンスの詳細を確認してください。

製品ドキュメント

vRealize Cloud Universal と vCloud Suite Subscription の機能に関する詳細を確認してください。

デモをリクエスト

無償のガイド ツアーに登録して、お客様の現在のクラウド環境の準備状況を判断してください。

エディションの比較

お客様固有のビジネス ニーズに基づいてクラウドへの移行に最適な選択肢を見つけてください。