運用のリスクを軽減しながら、高品質のアプリケーションと IT コードをより短期間でリリース

VMware vRealize Code Stream は、リリース自動化と継続的デリバリ機能により、発行頻度の高いアプリケーションや IT コードのリリースにも確実に対応します。

こちらのデータシートで vRealize Code Stream がデリバリ パイプラインの自動化にどのように役立つのかをご確認ください。

(3:26)

vRealize Automation と vRealize Code Stream の概要

vRealize Automation と vRealize Code Stream の連携による、迅速なアプリケーションの提供とアプリケーション アーティファクトの管理をご紹介します。

vRealize Code Stream の機能

より迅速なコードの提供

リリース プロセスの自動化と制御により、アプリケーションの市場投入までの期間を短縮し、効率的に IT コードの変更を行うことができます。

既存のツールとプロセスの活用

組み込みの連携機能や使いやすい SDK により、既存の一連の開発ツールを活用できます。

より信頼性の高いコードの提供

リリース パイプラインの各段階で、アプリケーションや IT コードの正しいアーティファクト バージョンと構成を追跡、調整、テストすることにより、リスクを低減し、品質を高めることができます。

ガバナンスと視認性の強化

リリース パイプラインの各ステージのステータスが、統合されたビューとレポートに表示されるため、ガバナンスや部門間のコラボレーションが強化されます。

機能

アプリケーション提供の自動化

アプリケーション コードから Infrastructure as Code まで、あらゆるソフトウェアのリリース プロセスをモデリングできます。シンプルな単一ノードのオンプレミス アプリケーションから、複雑なマルチティア、クラウドベースやハイブリッドの次世代アプリケーションまで、広範囲のアプリケーションをモデリング可能です。

オープン ソースのエンジン

vRealize Code Stream は、より高速かつ軽量になったオープン ソースの Project Xenon エンジンをベースとしており、大規模環境でもパイプラインやタスクを容易に展開、実行できるほか、タスクの並行処理もネイティブでサポートされます。

Project Xenon 

パイプライン モデリング

パイプラインのモデリングによって、ステージ間の移行ルールだけでなく、デリバリ プロセスの各ステージでソフトウェアのビルド、展開、テストに使用するワークフロー タスクやガバナンス ポリシーの構成が可能です。企業のリリース プロセスの成熟度に合わせて vRealize Code Stream のパイプライン テンプレートを部分的な自動化から完全な自動化に変更することもできます。

アーティファクトの管理

vRealize Code Stream はアーティファクト モデリングと解決サービスをサポートしており、アプリケーションの特定のビルド バージョンを展開するときに、アーティファクトの適切なバージョンを自動的に取得できます。

リリースごとの適切なアーティファクト バージョンの提供

継続的デリバリに移行し、リリースの頻度が上がると、アーティファクトの追跡はますます重要です。vRealize Code Stream を使用することで、ソフトウェアのリリース サイクル全体にわたってバイナリ アーティファクトを簡単に制御、保存、管理し、毎回適切なアーティファクト バージョンを展開できます。

アーティファクトの追跡

アーティファクト リポジトリには、仮想マシン テンプレート、vRealize Automation のサービス ブループリントなどのバイナリ オブジェクトも保存できます。また、Code Stream Management Pack を組み合わせて使用することで、アーティファクトと、それに関連する依存オブジェクトを追跡できます。

Code Stream Management Pack 

リリースのダッシュボードとレポート

Code Stream には、すべてのアクティブなパイプラインを示すサマリー ビューが用意されているほか、各パイプラインの End-to-End ビューでは、すべてのユーザーが、完了したタスク、進行中のタスク、エラーが発生したタスクを確認できます。

視認性の向上と生産性の追跡

組み込みのレポートでは、リリースの品質や一定期間の効率性を評価できます。複数の環境にわたるリリース ステータスを統合的に表示させることで部門間の情報共有を強化できるため、新しいソフトウェア リリースの品質向上や、迅速なデリバリを実現できます。

拡張可能なフレームワーク:既存のツールやプロセスの活用

既存のソフトウェア開発ライフサイクル ツールを使用して、ソフトウェア デリバリ パイプライン内の各ステージで、ビルド、展開、テストのタスクの連携を管理できます。

特別な設定が不要な外部ツールとの連携

Jenkins、Microsoft Team Foundation Server 2015、Artifactory、Yum、Git などのソフトウェア ライフサイクル ツールがサポートされています。vRealize Automation でサービスのブループリントがモデリングされるため、パイプラインのタスクでアプリケーションのプロビジョニングと展開をトリガーできます。vRealize Automation 7 の統合ブループリント機能を使用すると、インフラストラクチャ、ミドルウェア、アプリケーション スタックをモデリングできます。

購入方法

vRealize Code Stream は単体製品として、オペレーティング システム インスタンス単位(OSI)またはプロセッサー(CPU)単位でライセンスをご購入いただけます。