vRealize Suite Lifecycle Manager による vRealize Suite の管理

vRealize Suite Lifecycle Manager は、vRealize Suite のアプリケーション ライフサイクルとコンテンツを管理するための機能を包括的に備えており、導入時間の短縮、継続的な管理タスクの軽減、エンドユーザーの生産性向上を支援します。

vRealize Suite Lifecycle Manager の技術概要

vRealize Suite Lifecycle Manager の最新機能をご紹介します。

ビデオを見る 

新しい vRealize Cloud Universal の一部

自動化、運用、ログ分析を統合した新しい SaaS 管理スイートをご覧ください。

vRealize Cloud Universal のご紹介 

機能

迅速なインストール

Easy Installer を備えた、シンプルで柔軟な展開モデルを採用しています。環境のレプリケーションと検証プロセスを自動的に実行します。

継続的な管理の簡素化

構成、証明書、ライセンス、パスワード、ユーザーの管理を自動化します。

ワンクリックでのアップグレード

環境のスナップショット機能を使用して迅速にアップグレードでき、ロールバックも容易に行えます。

コンテンツのライフサイクル管理

Bitbucket、GitHub、GitLab を使用したソース管理とコンテンツのバージョン管理をサポート。複数のユーザーや複数の異なる環境に、vRealize Suite コンテンツを自動的に展開できます。

製品内マーケットプレース

VMware Solution Exchange Marketplace と連携しているため、VMware やエコシステム パートナーが提供するコンテンツを容易に利用できます。
詳細情報

ライセンス使用量の測定

vRealize Cloud Subscription Manager と連携して、vRealize Cloud Universal のライセンス使用量の測定をサポートし、使用状況やサブスクリプション管理に関するインサイトを提供します。
データシートを読む

ベスト プラクティスの実装

組み込みの適合機能により、事前定義済みの設定を通じて、VMware が推奨するリファレンス アーキテクチャと Validated Design(VVD)に適合させることができます。

メリット

導入期間の短縮

事前チェックと検証の自動化により、展開、パッチ適用、アップグレードのプロセスが簡素化されます。

エンドユーザーの生産性向上

複数の環境を対象に、適切な vRealize Suite コンテンツを然るべきエンドユーザーに提供できます。

継続的な管理タスクの軽減

vRealize Suite のコンポーネントと構成を容易に管理できます。

ベスト プラクティスへの準拠

VMware が推奨するリファレンス アーキテクチャと実績に基づいた設計に適合させることができます。

技術仕様

ソフトウェアの最小要件

  • vCenter Server 6.0 以降
  • ESXi バージョン 6.0 以降

ハードウェアの最小要件

  • 仮想 CPU 2 個
  • 6 GB のメモリ
  • 48 GB のストレージ

サポート対象の vRealize 製品

  • vRealize Automation:7.6.0、8.0.1、8.1.0、8.2
  • vRealize Operations:8.0.1、8.1.0、8.2
  • vRealize Log Insight:8.0.0、8.1.0、8.2
  • VMware Identity Manager:3.3.2(3.3.1 はインポートのみ)
  • vRealize Network Insight:5.1.0、5.2.0、6.0