大規模なデータのログの一元的な収集

vRealize Log Insight の新機能

vRealize Log Insight と vRealize Log Insight Cloud の最新機能をご紹介します。

DevOps 向けに設計されたログの包括的な可視化

VMware vRealize Log Insight Cloud を利用することで、DevOps チームは、複数のネイティブ パブリッククラウド全体にわたってアプリケーションとインフラストラクチャの「デジタル エクスペリエンス」を向上させることができます。eBook で詳細をご確認ください。

ログ データからの実用的なインサイト

マシンが生成するデータの規模と量は急激に拡大しており、その分析は大変な作業です。VMware SDDC、VMware Cloud、マルチクラウド環境の状況に対する直感的な方法での視覚化とインテリジェントなクエリにより、問題が検知された際に解決のための実用的な情報を得られるとともに、根本原因の分析も迅速に行えます。vRealize Log Insight は、オンプレミス製品またはサービスとして購入できるため、柔軟な利用方法で複数のパブリッククラウドをまたぐ可視化を実現できます。

迅速なトラブルシューティングと分析

革新的なインデックス作成と機械学習ベースのインテリジェントなグループ化によって、高性能な検索が可能となり、インフラストラクチャおよびアプリケーション全体の異常をすばやく特定できます。

DevOps の考え方の採用

vRealize Log Insight Cloud を使用することで、今日の組織に求められる、ユーザーに対する優れたデジタル エクスペリエンスの安定的な提供という課題に対応するために必要な、アプリケーション、インフラストラクチャ、ネイティブ パブリッククラウドの健全性チェックを実行できます。

大規模な分析

マシンが生成する、構造化されていないログ データ(アプリケーション ログ、ネットワーク トレース、構成ファイルなど)を収集して自動的に構造を特定し、大規模な分析を行うための高性能なインデックスを作成します。

DevOps に求められるスピードに対応したログ管理

VMware vRealize Log Insight Cloud が、サービス品質の改善、運用効率の向上、根本原因の分析の迅速化を実現するうえで DevOps チームが直面する障害の克服にどのように役立つかご確認ください。

vRealize Log Insight の主要機能

全体的なログの収集と分析

IT 環境内のすべての要素(オペレーティング システム、アプリケーション、ストレージ、ファイアウォール、ネットワーク デバイス)に接続して、エンタープライズ環境全体の可視化を実現します。

vRealize Operations との連携

vRealize Operations との連携により、運用の可視化機能とプロアクティブな管理機能がインフラストラクチャおよびアプリケーション全体に拡張されます。

VMware Cloud ナレッジの組み込み

VMware Cloud テクノロジーのサポートが組み込まれているため、IT 環境全体の一元的な分析が可能になります。

直感的な GUI と容易な展開

シンプルな対話式の検索や高度な分析用のクエリを簡単に実行して状況をすばやく確認できるため、ただちにその価値を活用でき、IT 効率を向上させることができます。

エンタープライズクラスのスケール

VMware が行った最新の内部テストでは、10 億件のログ メッセージを対象としたクエリ テストで、vRealize Log Insight は主要な競合製品と比較して 3 倍速く結果を返しました。

柔軟な利用形態

オンプレミス ライセンスまたは SaaS を選択できます。単体でのご利用、vRealize Suite の一部としてのご利用、または vRealize Cloud Universal を通じたサブスクリプションでのご利用が可能です。

関連リソース

vRealize Log Insight の概要

vRealize Log Insight の概要

vRealize Log Insight によってどのようにインフラストラクチャからアプリケーションまでのトラブルシューティングとセキュリティを強化できるかをご覧ください。

製品評価ガイド

製品評価ガイド

vRealize Log Insight をインストールして構成し、最大限に活用する方法を詳しく説明します。

vRealize Log Insight の製品解説

vRealize Log Insight の製品解説

vRealize Log Insight の機能について解説するガイド ツアーをご利用いただけます。

エディションの比較

vRealize Log Insight for NSX

NSX に無償で付属しています。vSphere および NSX のログ データに限定されます。

  • vSphere と NSX
  • 監査ログ

vRealize Log Insight

オンプレミスで利用できます。データに制限はありません。

  • vSphere と NSX
  • その他の VMware サービス
  • サードパーティ製テクノロジー

vRealize Log Insight Cloud

柔軟な価格体系でサービスとして利用できます。

  • vSphere と NSX
  • その他の VMware サービス
  • サードパーティ製テクノロジー
  • VMware Cloud on AWS、AWS、Microsoft Azure、Google Cloud Platform
  • ログの保持期間:30 日間
  • ネイティブのログ アーカイブのサポート

VMware Cloud on AWS 向け vRealize Log Insight Cloud

VMware Cloud on AWS に付属しており、フル機能にアップグレードすることも可能です。

  • vSphere と NSX
  • VMware Cloud on AWS 監査ログ コンテンツ パック
  • VMware Cloud on AWS の NSX-T ファイアウォール ログ、VMware Cloud Services プラットフォーム(CSP)の監査ログ、VMware オンプレミス製品のログ、VMware 以外のログ(パブリッククラウド、アプリケーション、コンテナ)
  • ログの保持期間:7 日間
  • 1 日あたり 1 GB

*その他の VMware サービスには、Tanzu Kubernetes Grid、Horizon View、vCloud Director、VMware Workspace ONE Access、VMware SRM、vRealize Automation、vRealize Network Insight、vRealize Operations、vRealize Orchestrator、vRealize Suite Lifecycle Manager、vSphere、vSAN などが含まれます。

*サードパーティ製テクノロジーには、Apache、Arista、Cisco、Dell EMC、ExtraHop、F5、日立、HPE、Huawei、Juniper、Lenovo、Linux、Microsoft、MongoDB、NetApp、OpenStack Oracle、Palo Alto Networks、Pivotal、Puppet、Veeam などの 50 を超えるソースが含まれます

オンプレミス

オペレーティング システム
インスタンス単位

プロセッサー単位、仮想マシン数に
制限なし

オペレーティング システム インスタンス(OSI)単位:OSI の定義は、単一の IP アドレスを持ち、ログを生成するサーバ(仮想または物理)であること。OSI ごとのログ データには制限なし

料金の詳細については、こちらのフォームよりお問い合わせください。

最寄りの認定リセラーは、Partner Locator で検索できます。

CPU 単位:1 CPU からのすべてのログ データ ソースを対象とし、CPU ごとに固定料金を適用。ハイパーバイザーやゲスト OS の数は問わない

料金の詳細については、こちらのフォームよりお問い合わせください。

最寄りの認定リセラーは、Partner Locator で検索できます。

収集の期間

表示価格はデータ量 1 GB あたりの月額

オンデマンド

1 年契約

3 年契約

保持期間:該当なし

0.10 ドル

0.10 ドル

0.10 ドル

インデックス パーティション

表示価格はデータ量 1 GB あたりの月額

オンデマンド

1 年契約

3 年契約

保持期間:7 日間

1.62 ドル

0.99 ドル

0.76 ドル

保持期間:15 日間

1.59 ドル

1.35 ドル

1.03 ドル

保持期間:30 日間

2.39 ドル

2.03 ドル

1.55 ドル

インデックスなしのパーティション

表示価格はデータ量 1 GB あたりの月額

オンデマンド

1 年契約

3 年契約

保持期間:6 か月間

0.39 ドル

0.33 ドル

0.29 ドル

保持期間:12 か月間

0.78 ドル

0.66 ドル

0.59 ドル

保持期間:36 か月間

2.34 ドル

1.99 ドル

1.76 ドル

保持期間:60 か月間

3.89 ドル

3.31 ドル

2.94 ドル

保持期間:84 か月間

5.45 ドル

4.63 ドル

4.11 ドル

クエリ スキャン(インデックスなしの場合)

オンデマンド

スキャン対象 1 GB あたり
0.005 ドル

*ログ収集の期間にかかわらず、ログ管理用のストレージ階層にはインデックスあり/なしのいずれかまたは両方を選択可能

*収集の期間:オンデマンドは時間単位で課金され、最低料金なし。1 年または 3 年の契約では、全額前払いを条件として追加割引を利用可能

*vRealize Log Insight は、Portable Licensing Unit として、vCloud Suite または vRealize Suite にバンドルして購入することもできます。このオプションでは、ライセンスの切り替えや変換を行うことなく、オンプレミスの vSphere とサポートされているパブリッククラウドでワークロードを柔軟に管理できます。

サポート内容の比較表

機能

インデックスあり

インデックスなし

クエリ

追加料金が必要

Live Tail

ダッシュボード

分析

アラートと通知

ログの転送

ログの処理(フィルター、マスキング)

コンテンツ パック

ログのエクスポート

メトリックの抽出と転送

ログの保持

最大 30 日間

最大 7 年間

FAQ

vRealize Log Insight は、異種混在環境に対応するスケーラブルなログ管理機能を提供するログ分析ツールです。直感的で実用的なダッシュボード、高度な分析機能、幅広いサードパーティ製品に対応する拡張性を備え、運用に関する詳細情報を把握できるため、迅速なトラブルシューティングが可能になります。

オンプレミスと SaaS のどちらを使用するかによってインストール方法が異なります。

vRealize Log Insight(オンプレミス)は仮想アプライアンスとして提供され、これを vSphere 環境に展開します。

vRealize Log Insight Cloud(SaaS)の場合は、クラウド プロキシをインストールし、データを受信するための接続を構成します。

vRealize Log Insight には主に次のような機能があります。

  • vRealize Operations との連携によるエンドツーエンドの運用管理 
  • vSphere およびその他の VMware 製品に関する組み込みのナレッジ
  • あらゆる種類のマシンが生成するログ データの収集と分析
  • 自動アラートによる問題の特定と追跡

その他の主な機能については、データシートをご覧ください。

vRealize Log Insight を使用すると、運用コストを削減し、運用効率を向上させることができます。さらに、vRealize Operations と組み合わせれば、最高クラスのツールを連携させて包括的な運用管理を行うことができ、ROI が最大化します。

vRealize Log Insight の主なユースケースは次のとおりです。

  • リアルタイムのログ管理
  • 迅速なトラブルシューティングと根本原因の分析
  • カスタム クエリとダッシュボード

vRealize Log Insight は、オンプレミス製品および SaaS として提供されています。どちらの場合も、単体で、または VMware のさまざまなスイート製品にバンドルしてご購入いただけます。ライセンス モデルには、OSI 単位、CPU 単位、SaaS、または Portable Licensing Unit の 4 つがあります。詳細については、価格のセクションを参照してください。

現在、vRealize Log Insight Cloud がサポートしているのは、AWS と vSphere ベースのオンプレミス プライベートクラウドです。

vRealize Log Insight Cloud は世界中で利用できます。

vRealize Log Insight はオンプレミスで利用しますが、vRealize Log Insight Cloud はサービス(SaaS)として提供されます。どちらも、プライベートクラウド全体にわたるインサイトと根本原因分析機能を提供します。vRealize Log Insight Cloud はさらに、パブリッククラウド全体を包括的に可視化する機能も提供します。

vRealize Log Insight は、IT 環境全体を可視化します。強力なログの集約、分析機能を備え、根本原因を迅速に特定できます。構造化されていないログ データに構造を追加し、VMware 環境でより迅速なトラブルシューティングを実現します。詳細については、データシートをご覧ください。

オンプレミスで使用する場合、vRealize Log Insight は仮想アプライアンスとして OVA ファイル形式で提供されます。要件については、製品ドキュメントをご覧ください。

vRealize Log Insight Cloud には Web ブラウザーを使用してアクセスします。vRealize Log Insight Cloud のパフォーマンスを最適化するために、最新の Chrome または Firefox ブラウザーの使用をおすすめします。

ログは VMware 環境からリアルタイムで収集、処理されます。

ユーザー定義パーティションは 10 個まで作成できます。

パーティションが不要になった場合は、運用を終了できます。パーティションの運用を終了した後でも、パーティション内のデータはアカウント内に保持され検索が可能ですが、そのパーティションを再構成することはできません。運用を終了したパーティションは、そのパーティションに設定されたデータ保持日数が経過すると削除されます。

はい。異なるタイプのパーティション間でのデータ移動は可能です。移行を行う場合、移行先として選択したパーティション タイプに関連するストレージ コストに基づき、データ再収集のための料金が発生します。

vRealize Cloud Universal サブスクリプション以外:超過料金は Log Insight Cloud のオンデマンド料金に従って計算されます。
vRealize Cloud Universal サブスクリプション:超過料金は購入した vRCU のエディションまたはサブスクリプションの料金に従って計算されます。vRealize Cloud Universal の価格については、https://www.vmware.com/jp/products/vrealize-cloud-universal.html をご覧ください。

ご興味をお持ちの方はこちら

vRealize Log Insight を使用すると、データの管理、運用の可視化、迅速なトラブルシューティングを実現できます。