アプリケーションのセキュリティとネットワーク接続の検出、最適化、トラブルシューティング

VMware vRealize Network Insight により、ハイブリッドおよびマルチクラウド環境で、可用性とセキュリティに優れた最適なネットワーク インフラストラクチャを構築できます。ネットワークの可視化と分析機能が、マイクロセグメンテーションでの迅速なセキュリティ展開、アプリケーション移行時のリスクの最小化、ネットワーク パフォーマンスの最適化を支援し、NSX、SD-WAN by VeloCloud、および Kubernetes 環境の確実な管理および拡張を実現します。 

vRealize Network Insight の概要

Video Play Icon
(2:26)

vRealize Network Insight の概要

vRealize Network Insight は、データセンターからクラウド、各拠点にわたるネットワークとセキュリティをインテリジェントに運用するための機能を提供します。

vRealize Network Insight の総経済効果

Forrester Consulting が vRealize Network Insight について実施した Total Economic Impact(TEI)調査の結果を紹介します。

Forrester の調査レポートをダウンロード

vRealize Network Insight Cloud

vRealize Network Insight Cloud

vRealize Network Insight Cloud は SaaS 形式で提供されており、従来と同等の規模と機能を備えているほか、SDDC、Amazon AWS、VMware Cloud on AWS、Microsoft Azure、VeloCloud by VMware をサポートしています。ぜひ詳細をご覧ください。

vRealize Network Insight で実現するメリット

vRealize Network Insight のメリットを紹介し、コストと時間の節約について Forrester Consulting が算出した数値をわかりやすくまとめています。

Forrester のインフォグラフィックを見る

お客様事例 

SDDC を構築したデータセンターでネットワークとセキュリティをインテリジェントに運用するために、多くのお客様が vRealize Network Insight を導入しています。

Alliant Credit Union(信用組合)

Video Play Icon
(2:52)

Alliant Credit Union(信用組合)

VMware vRealize Network Insight と VMware NSX は、将来のデジタル環境の保護に貢献しています。

vRealize Network Insight を活用する VMware のプライベート クラウド管理

Video Play Icon
(2:53)

vRealize Network Insight を活用する VMware のプライベート クラウド管理

マイクロセグメンテーションとデータセンターの管理において、VMware が vRealize Network Insight を活用している方法をご紹介します。

スポットライト

vRealize Network Insight 5.2 の発表

vRealize Network Insight 5.2 の発表

vRealize Network Insight 5.2 は、ハイブリッド クラウドとマルチクラウドの複数の環境にわたって、ネットワークの可視性、トラブルシューティング、分析をエンドツーエンドで実現します。

vRealize Network Insight 検索クエリ ポスター

vRealize Network Insight 検索クエリ ポスター

インフラストラクチャから詳細なインサイトを迅速に入手するための検索クエリに関する参考用資料です。

vRealize Network Insight の主要な機能とメリット

vRealize Network Insight の主要な機能とメリット

可用性に優れたセキュアなネットワーク インフラストラクチャをマルチクラウド環境で構築できます。

vRealize Network Insight のユースケース

vmw-transparent-network

ネットワークの可視化と分析

  • ハイブリッド、マルチクラウド、SD-WAN の可視化(VMware NSX、VeloCloud、VMware Cloud on AWS、Microsoft Azure をサポート)
  • オーバーレイ ネットワークとアンダーレイ ネットワーク間の接続の検出
  • ハイブリッド クラウド上のトラフィックとアプリケーションの分析
vmw-transparent-security

アプリケーションのセキュリティおよびクラウド移行の計画

  • アプリケーション(仮想マシン、コンテナ)の検出、トラフィック パターンの識別
  • セキュリティの計画:ファイアウォール ポリシーの推奨、アプリケーションのマイクロセグメンテーション
  • 仮想マシン、コンテナ、クラウドにまたがるハイブリッド アプリケーションのセキュリティのトラブルシューティング
  • 依存関係のマッピングによる、アプリケーション移行中のリスクの低減
vmw-transparent-virtualization

仮想ネットワークと物理ネットワークの最適化およびトラブルシューティング

  • アプリケーションの接続に関する問題の平均修復時間(MTTR)の短縮
  • ネットワークのボトルネックの解消によるアプリケーション パフォーマンスの最適化
  • 複数の NSX Manager にわたる管理と拡張

FAQ

vRealize Network Insight

vRealize Network Insight で使用されるポートとプロトコルはなんですか?

vRealize Network Insight で使用されるポートとプロトコルの一覧については、こちらをご覧ください。

vRealize Network Insight を利用するためのソフトウェア要件を教えてください。

vRealize Network Insight の利用には Google Chrome または Mozilla Firefox の Web ブラウザーが必要です。詳細については、システム要件のページをご覧ください。

vRealize Network Insight を利用するためのハードウェア要件を教えてください。

vRealize Network Insight Platform OVA の最小リソース要件は以下のとおりです。

  • 8 コア(4096 MHz 予約)
  • 32 GB RAM(16 GB 予約)
  • 750 GB HDD(シン プロビジョニング)

vRealize Network Insight Proxy OVA の最小リソース要件は以下のとおりです。

  • 4 コア(2048 MHz 予約)
  • 10 GB RAM(5GB 予約)
  • 150 GB HDD(シン プロビジョニング)

詳細については、システム要件ページを参照してください。

vRealize Network Insight は試用できますか?

vRealize Network Insight ハンズオン ラボでお試しいただけます。vRealize Network Insight のさまざまな機能の評価や、マイクロセグメンテーションの詳細の確認が可能です。ハンズオン ラボは無償で使用でき、ブラウザーから数分で利用を開始できます。インストールは不要です。

vRealize Network Insight を使ってリアルタイムのパフォーマンスを確認する方法を教えてください。

vRealize Network Insight は IPFIX ベースであるため、リアルタイムの監視機能は提供されません。アプリケーションの監視には VMware Wavefront の利用をご検討ください。

vRealize Network Insight はフロー アナライザーとして使用できますか?

はい。vRealize Network Insight はデータセンター内のトラフィック フローの分析に使用できます。フロー分析を開始する前に、最低 2 時間のデータ収集が必要です。手順は次のとおりです。

  1. 分析範囲を指定します。たとえば、クラスタ内のすべての仮想マシンのフローを把握したい場合は、ドロップダウン メニューから [クラスタ] を選択します。VLAN や VXLAN に接続されているすべての仮想マシンを選択することもできます。
  2. フローを分析するエンティティ名を選択します。 
  3. 期間を選択し、[分析] をクリックします。

詳細については、『トラフィック フローの分析』ドキュメントを参照してください。

リソース