vRealize Operations for Horizon で VDI の監視とレポート作成を実行

vRealize Operations for Horizon を使用して、Horizon だけでなく、NVIDIA GRID ベースのデスクトップとアプリケーションを管理できます。SLA 準拠のプロアクティブなアラート機能によって、データセンターからエンド ユーザーまで、スタック全体の健全性とパフォーマンスを簡単に監視できます。

vRealize Operations for Horizon でデスクトップ環境の問題を解決

Video Play Icon
(3:09)

スタック全体の健全性の監視

ユーザーが影響を受ける前に、vRealize Operations for Horizon でデスクトップ環境の問題を解決できます。

vRealize Operations for Horizon の機能

Horizon 環境の監視

単一のプラットフォームで Horizon 環境を監視できるだけでなく、監視対象をデータセンターまで拡張できます。

優れたユーザーの使用環境の実現

動的なしきい値を備えたスマート アラートによって、システムの弱点を容易に隔離し、パフォーマンスをプロアクティブに最適化できます。

スタック全体の監視

NVIDIA GRID のデスクトップを含め、ハイパーバイザー レイヤー、ネットワーク、セッション、ユーザー、アプリケーションの健全性を単一のコンソールから追跡できます。

高度な分析機能とレポート作成機能の活用

お客様の環境をプロアクティブに監視、トラブルシューティング、および修正し、組み込み型のレポート機能を活用できます。

使用率の向上

過剰にプロビジョニングされているハードウェアを再利用して要領よくリソースを再構成し、使用率を最適化します。

成功のためのプラン

使用率とトレンド分析用のメトリックを使用すれば、将来的なインフラストラクチャのニーズを高い精度で予測できます。

スポットライト 

vRealize Operations for Horizon では、Horizon からその基盤となるインフラストラクチャ、さらに NVIDIA vGPU まで、エンドツーエンドのスタックの健全性とパフォーマンスを監視できます。

vRealize Operations for Horizon が IT の問題の解決にどのように役立つのかをご確認ください

Video Play Icon
(4:54)

仮想デスクトップの健全性とパフォーマンスの監視

vRealize Operations for Horizon が IT の問題の解決にどのように役立つのかをご確認ください。

vRealize Operations for Horizon コミュニティ

vRealize Operations for Horizon コミュニティ

vRealize Operations for Horizon のユーザー同士で情報を交換できます。

オーストラリア政府は vRealize Operations for Horizon を使用して価値を実現しました

キャンベラの政府機関による価値の実現

オーストラリア政府は vRealize Operations for Horizon を使用して価値を実現しました。

Horizon 7 の詳細

VMware Horizon 7 はデスクトップとアプリケーションの管理をシンプルにします。

製品ページ

主な機能

vSphere における Horizon 環境のパフォーマンスの監視

管理者は、単一のコンソールを使用して、アプリケーションとデスクトップのパフォーマンス メトリックと使用量に関する情報を取得できます。完全にカスタマイズ可能なダッシュボードが、仮想アプリケーションや仮想デスクトップから基盤となる vSphere インフラストラクチャまで、エンド ユーザー コンピューティング環境の健全性を詳細かつ自動的に追跡します。

優れたユーザーの使用環境の実現

ユーザーとセッション中心のメトリックを分析するゲスト内メトリックによって、エンド ユーザー コンピューティング環境全体の問題を迅速に検出およびトラブルシューティングできます。分析対象には、CPU、RAM、ディスクの使用量、ログイン時間、PCoIP プロトコルと Blast プロトコルのパフォーマンス、アプリケーションの使用環境などが含まれます。システムの弱点を容易に隔離してパフォーマンスをプロアクティブに最適化します。

高度な分析機能とレポート作成機能の提供

Horizon のインフラストラクチャおよびユーザー ワークロードの通常の運用パターンを自動的に学習します。分析機能を活用して「固定」ではなく動的なしきい値に基づいたアラートを設定することにより、過剰なアラートを最小限にとどめながらシステムの不備を見つけ出すことができます。問題がエンド ユーザーに影響を及ぼす前に詳細な内容が通知されるため、環境をプロアクティブに管理できます。ユーザー中心のダッシュボードや、設定なしですぐに利用可能な、使用状況やライセンスのコンプライアンスについてのレポートを活用できます。また、一般的なコマンドで環境を容易に修正できます。

総所有コスト(TCO)の削減

稼動中のコンピューティング、ストレージ、およびネットワークのリソースをマッピングして、依存関係を評価および分析します。これによって、VDI 環境の健全性、リスク、および効率性の状況を容易に確認できます。過剰にプロビジョニングされているハードウェア、ボトルネック、およびリソースの制約を特定することで、インテリジェントな運用が実現します。リソースやシステムを必要に応じて再構成して、使用率を最適化します。

NVIDIA GRID との連携

NVIDIA GRID デスクトップのグラフィック パフォーマンス診断機能を拡張し、管理者が単一の画面から管理できるようにします。ダッシュボードで Horizon および NVIDIA の環境全体を把握できます。これには、セッションごとの GPU 使用率、GPU メモリの使用状況とエンコードのメトリック、GPU のタイプ、GRID からのユーザーごとのアラート、GPU の使用サイクルとメモリの「ヒート マップ」が含まれており、管理者はユーザーに影響が及ぶ前にパフォーマンス低下の警告を受け取ることができます。