インテリジェントなワークロード配置

ワークロードの配置:リバランス

ワークロードの配置:リバランス

リソースの競合を解決してクラスタ間でワークロードを分散ワークロードが最適な場所に配置されないと、クラスタの利用が非効率的になり、リソースの競合が慢性的に発生します。この状況を解決するのは困難で時間がかかり、戦略的な取り組みとは言えません。vRealize Operations を利用すると、環境全体でワークロードがどのように分散され、利用されているかを視覚的に確認し、傾向を把握できるため、パフォーマンスを向上させる措置を講じることができます。また、VMware Distributed Resource Scheduler(DRS)との統合も可能になっています。

キャパシティを自動的に最適化

キャパシティを自動的に最適化

キャパシティを自動的に最適化

自動的に仮想マシンの適切なサイジングを行い、アイドル状態のリソースを回収および再利用して統合率を高めることにより、効率性が向上します。キャパシティ プランニングの一環として、What-if シナリオによるリソース最適化戦略を策定します。スプレッド シートや複雑なスクリプトは不要です。

キャパシティのトレンド分析、分析、および適切なサイジング

vRealize Operations Manager

キャパシティのトレンド分析、分析、および適切なサイジング

パフォーマンスのトレンド分析、予測、長期予測によって、将来のニーズに備えたインテリジェントなキャパシティ プランニングが可能です。オーバープロビジョニング状態の仮想マシンを一覧で示し、適切にサイジングを行い、未使用のリソースを回収して再利用します。

キャパシティ プランニングとプロジェクト管理機能を備えた高度なキャパシティ モデリング

高度なキャパシティ モデリング

企業データ:キャパシティ プランニングとプロジェクト管理

分析エンジンに「what-if」シナリオを保存し、キャパシティ モデルを指定することで、キャパシティ計算とアラートを制御します。キャパシティ プランニングとプロジェクト管理の機能は、vSphere だけでなく、物理レベルおよびアプリケーション レベルのメトリックにも拡張できます。

柔軟なグループ ポリシーおよびポリシー管理

ポリシー管理

企業データ:ポリシー管理

しきい値、アラート条件、構成設定をグループ レベルで定義し、重要なワークロードの優先順位付けを行います。特定のワークロードのタイプ、アプリケーション、またはクラスタ用にカスタム ポリシーを作成することで、さらに高度な監視が可能になります。

ユーザーおよびアクセス コントロールの管理

アクセス コントロールの管理

ユーザーおよびアクセス コントロールの管理

個々のユーザーの役割(仮想インフラストラクチャ管理者やストレージ管理者など)に応じた権限を付与し、オブジェクト、機能、アクション、およびレポートへのアクセスを個人レベルで制御します。

運用上のコンプライアンス表示と自動修正

運用上のコンプライアンスの表示

運用上のコンプライアンス表示と自動修正

構成標準をプロアクティブに適用し、変更を早期に特定して自動的に修正します。環境内のさまざまなレベルのパフォーマンス低下と、変更イベントとの関連付けを行うことも可能です。

ご興味をお持ちの方はこちら