vRealize Operations のアップグレード

 

VMware vRealize Operations の最新リリースでは、本番環境を人的介入なしで手間をかけずに運用できます。AI および予測分析機能により、継続的なパフォーマンスの最適化、効率的なキャパシティ管理、プロアクティブなプランニング、インテリジェントな修正、アプリケーションの認識に基づく運用、コンプライアンスの統合管理が可能です。

 

vRealize Operations 8.2 の新機能には次のようなものがあります。

  • vRealize Network Insight によるアプリケーション検出
  • Kubernetes との連携強化による Tanzu Kubernetes Grid と OpenShift のサポート
  • ログ メトリック相関を含むメトリック相関の拡張
  • シンプルなダッシュボードとポリシー ワークフロー
  • 価格設定、コスト算出、および測定機能の向上(vRealize Automation ワークロードとそれ以外のワークロードの両方における、仮想マシンの日次コストの粒度および価格設定のサポートを含む)

詳細については、ブログ記事をご覧ください。

vRealize Operations テクニカル ガイド

vRealize Operations テクニカル ガイド

vRealize Operations の最新機能や特長に関するガイド ツアー

アップグレードのメリット

アプリケーションのパフォーマンス確保

自社固有の IT 運用上およびビジネス上のニーズに基づいて設定を行うと、vRealize Operations はワークロードの配置を自動で行うため、時間と手間を節約し、コストを削減できます。

予測、予防、トラブルシューティング

レビュー結果と相関する証拠を自動的に検出して提示する Troubleshooting Workbench で、問題の分析をスピードアップできます。サービス検出とアプリケーションの監視により、SDDC で実行されているサービスについてのインサイトが得られます。

インフラストラクチャをクラウド プロバイダーのように運用

未使用のキャパシティを再利用し、学習した需要に基づいて仮想マシンを適切にサイジングし、調達とクラウド移行をプロアクティブに計画しながら自動的に高密度化を行います。自己学習型のキャパシティ分析機能とコストに関する情報を組み合わせることで、運用効率とキャパシティ管理の改善がコスト効率の向上にどうつながるのかを容易に把握し、追跡できます。

リスクの低減と標準の適用

業界および VMware のベスト プラクティス ベンチマークを利用して、ダウンタイムやセキュリティの脆弱性につながる構成の問題を特定し、修正します。コンプライアンスの可視性を、ハイブリッドクラウドと HCI にまで拡張できます。

アップグレードの方法 

vRealize Operations 8.2 リリースにアップグレードするには、バージョン 6.6.1 以降を使用している必要があります。vRealize Operations 6.6.1 リリースよりも前のバージョンからアップグレードする場合は、手順に従って、vRealize Operations 8.2 の Pre-Upgrade Readiness Assessment ツールを実行してください。

 

その後、以下の 4 ステップの簡単な手順でアップグレードできます。

  1. カスタマイズされたコンテンツを確認して保存します。
  2. クラスタの各ノードのスナップショットを作成します。
  3. 「vRealize_Operations_Manager-VA-xxx.pak」を使用して、製品のアップデートをインストールします。
  4. 正常にアップグレードが完了したら、スナップショットを削除します。