実績のある自動運用ソリューション

Forrester が実施した総合的経済効果(Total Economic Impact:TEI)に関する調査では、導入コスト、メリット、柔軟性、リスク要因といったあらゆる角度から vRealize Operations が分析されています。実際にお客様が得られた効果は次のとおりです。
計画外ダウンタイムの削減

計画外ダウンタイムの削減

問題の平均修復時間(MTTR)の短縮

問題の平均修復時間(MTTR)の短縮

運用効率の向上

運用効率の向上

ハードウェア コストの削減 + ストレージ コストの削減(10%)

ハードウェア コストの削減 + ストレージ コストの削減(10%)

vRealize Operations による可視性、効率性、パフォーマンスの向上

vRealize Operations を使用すると、わずか 3 年間で 300% の ROI を実現できます。

自動運用の効果の測定

vRealize Operations を導入した場合の経済的効果の分析結果が得られます。

クラウド管理に関する Forrester との共同 Web セミナー

コスト、リスク、ROI を含めた、クラウド管理のベスト プラクティスをご確認ください。

 

成果を実現されている先進的なお客様事例

業種を問わず世界中の多くの企業が、データセンターのモダナイゼーションにより、パフォーマンス、可用性、コストの最適化を図っています。VMware が提供する IT 運用管理の自動化ソリューションを導入することで、物理、仮想、クラウドのあらゆる環境において、IT 運用を合理化および自動化できます。

 

業界有数の運用管理ソリューション

VMware が提供するインフラストラクチャ管理ソリューションにより、従来は複数のツールを必要とする機能を単一のツールで実行できます。物理、仮想、クラウド環境から、ネットワーク、コンテナなどあらゆる環境を可視化、管理することが可能です。また、AI を活用した、高度なデータ分析プラットフォームを提供しているのも VMware ソリューションの特長です。
エンタープライズ規模のトラブルシューティング

エンタープライズ規模のトラブルシューティング

スピードは多くの企業にとっての最重要課題です。vRealize Operations は、迅速かつ効果的に問題を解決するための透明性と可視性を提供します。

拡張可能なオープン プラットフォーム

拡張可能なオープン プラットフォーム

包括的な SDDC の統合、マルチクラウドの管理、物理/仮想/クラウド環境に拡張できるスケーラブルなプラットフォームの構築を支援します。

優れた実績を誇る市場のリーダー

優れた実績を誇る市場のリーダー

お客様からの信頼は市場をリードする企業に集まります。VMware は、過去 7 年にわたり IDC からクラウド システム管理市場をリードする企業として選出されています。

市場での評価

VMware はクラウド管理で 10 年近い実績があり、包括的な AI ベースの最適化は多くのお客様に選ばれています。VMware が IT 運用管理のリーダーである理由をご覧ください。

自動運用がもたらすベネフィット

ハンズオン ラボで機能を体感

ハンズオン ラボで機能を体感

AI と予測分析を活用した VMware vRealize Operations を利用することで、アプリケーションからインフラストラクチャにわたり運用を自動化し、工数をかけることなく本番環境を運用できます。無償のハンズオン ラボでぜひその機能を体感してください。

 

  • 継続的なパフォーマンスの最適化
  • キャパシティとコストの管理
  • プロアクティブなクラウドの計画
  • インテリジェントな修正
  • コンプライアンスの統合管理

VMware が提供する統合運用管理プラットフォームは、ハイブリッドクラウドおよび HCI 環境の最適化、計画、拡張に役立つとともに、マルチクラウドの包括的な監視に貢献します。

ご興味をお持ちの方はこちら