VMware vRealize Suite:ハイブリッド クラウド管理プラットフォーム

vRealize Suite は、セキュアで一貫性のある運用の下に、あらゆるクラウドで開発者がアプリケーションを構築できるよう支援するハイブリッド クラウド管理プラットフォームです。開発者にとって使いやすいインフラストラクチャ(仮想マシンとコンテナをサポート)と、ハイブリッド クラウドやマルチクラウドに共通のアプローチを提供し、Amazon Web Services、Azure、Google Cloud Platform などの主要なパブリック クラウドをサポートします。

vsphere
(2:48)

VMware vRealize Suite:クラウド管理プラットフォーム

vRealize Suite によって、IT 部門は開発者があらゆるクラウドでアプリケーションを迅速に構築できる環境を提供できます。

vRealize Suite ROI Calculator

vRealize ROI レポートを無償でダウンロードできます。

レポートのダウンロード

開発者のニーズに対応した IT 環境

開発者と DevOps のニーズに今まで以上に適切に対応できる IT 環境をどのように構築できるかを解説します。

vRealize のアップグレード キャンペーン

vRealize Operations Advanced または vRealize Suite Standard へのアップグレードを割引価格でご利用いただけます。

了解更多

vRealize Suite の機能

アプリケーションの運用

開発者は、高度に分散されたマイクロサービスベースのクラウド アプリケーションのリリース、トラブルシューティング、パフォーマンス最適化を迅速かつリアルタイムで実施できます。

運用の自動化

IT 部門は、運用上およびビジネス上の目的に基づいて、キャパシティとパフォーマンスを継続的に最適化できます。

プログラム可能なプロビジョニング

開発者と IT 部門は、包括的なライフサイクル管理の下、API、カタログ、CLI を通じて、クラウド上のインフラストラクチャやアプリケーション リソースに簡単にアクセスできます。

vRealize Suite に含まれるコンポーネント

vRealize Automation 

パーソナライズされたインフラストラクチャ、アプリケーション、カスタムの IT サービスの提供を自動化します。

vRealize Operations 

AI/機械学習(ML)ベースのパフォーマンスとキャパシティの最適化により、アプリケーションからインフラストラクチャにいたるまでの運用を自動化します。

vRealize Suite Lifecycle Manager 

vRealize 製品のインストール、設定、アップグレード、パッチ適用、エラー修正、健全性、コンテンツ管理を自動化します。

vRealize Log Insight 

ログ管理とログ分析をリアルタイムで実行します。

vRealize Business for Cloud 

クラウド インフラストラクチャのコスト算出、使用率の測定、およびサービスの価格設定を自動化します。

相乗効果:お使いのクラウドに推奨される製品の組み合わせ

VMware は、Software-Defined Data Center(SDDC)の要素であるコンピューティング、ネットワーク、ストレージ、管理機能をネイティブに連携させており、

そのなかでも vRealize Suite は、エンタープライズクラスのハイブリッド クラウドを構築、実行するための共通のアプローチを提供します。vRealize Suite を使用した VMware ベースのハイブリッド クラウドには、次のようなメリットがあります。

  • 従来型アプリケーションとクラウド ネイティブのコンテナ化されたアプリケーションの双方に優れた俊敏性、管理性、効率性を提供
  • IT 部門によるアプリケーション開発チームへの幅広い選択肢の提供サービス リクエスト用に複数のサンドボックス モデルを用意することで、開発者がツールを自由に選択可能

 

Kubernetes を使用したコンテナ ベースのアプリケーション開発

vRealize Automation + VMware PKS

詳細情報 

アプリケーション基盤の保護

vRealize Automation + NSX
vRealize Network Insight + vRealize Log Insight + NSX

視聴する 

ハイブリッド クラウドの運用

vRealize Operations + VMware Cloud on AWS

視聴する 

クラウドネイティブ アプリケーションの運用

vRealize Operations + VMware PKS

視聴する 

Software-Defined プライベート クラウドの実現

VMware Cloud Foundation

詳細情報 

DevOps:アプリケーション リリースの自動化と継続的デリバリ

vRealize Automation + vRealize Code Stream

視聴する 

ハイパーコンバージド インフラストラクチャの運用

vRealize Operations + vSAN

視聴する 

スポットライト 

vRealize Suite の製品解説

クラウド サービスの迅速な提供、クラウド運用の効率化、クラウド コストの最適化をどのように実現できるかを解説します。

VMware Cloud on AWS 向けのハイブリッド クラウド管理ソフトウェア

vRealize Suite は VMware Cloud on AWS に対応し、ハイブリッド クラウドの統合管理を実現します。

詳細情報:vRealize Automation + VMware Cloud on AWS

vRealize によるインテリジェントな運用がもたらす総合的経済効果

VMware が委託した Forrester の Total Economic Impact Study によると、数値化可能な ROI は 119 %、回収期間は 3 か月、3 年間の正味現在価値(NPV)は 140 万ドルであることがわかりました。

削減できるコストを確認
(0:45)

vRealize Suite を展開、管理する最適な方法

ハイブリッド クラウド向けのクラウド管理プラットフォーム

vRealize Suite のクラウド管理プラットフォームはクラウドのパワーを最大限に引き出します。

市場での評価

IDC が VMware を IT 自動化市場のリーダーに選出

新設された IT の自動化と構成管理のカテゴリで、VMware が市場をリードする企業として選出されました。

無償のレポートをダウンロード 

Ovum が VMware をマルチクラウド管理のリーダーに選出

Ovum の独立系アナリストによる評価で VMware Cloud Management Platform がマルチクラウド管理の総合的なリーダーに選出されました。その理由をご紹介します。

無償のレポートをダウンロード 

Forrester が VMware をハイブリッド クラウド管理のリーダーに選出

VMware はクラウドの監視、製品ビジョン、市場展開戦略、パートナー エコシステムに対する Forrester の評価で、もっとも高いスコアを獲得しました。

無償のレポートをダウンロード 

お客様事例

(2:58)

Polaris Alpha

DevOps に対応した新たな開発環境を 48 時間で構築

(3:21)

SAIC

vRealize Automation により、わずか数分で、セキュアかつ迅速にリソースをプロビジョニングできるようになりました。

(2:10)

Insight Enterprises

クラウドを活用したビジネス変革の推進

(2:30)

Guardian Life Insurance

vRealize、NSX、Horizon の連携による、より良い顧客サービスの提供

Video Play Icon

ニューメキシコ大学

vRealize Automation によるコンプライアンスの強化

(2:51)

Dell EMC

拡張性のある運用により、スタッフを増員することなく 40 倍から 100 倍のワークロードをサポート

比較 

VMware vRealize Suite には 3 種類のエディションが用意されており、要件やユースケースに合わせて、機能と価格から最適なライセンスと最適なクラウド管理機能を容易にお選びいただけます。どのエディションでも vRealize Suite Lifecycle Manager をご利用いただけます。

 

Enterprise Edition:アプリケーション運用のユースケースをサポートします。従来型のアプリケーション、コンテナ ベースのアプリケーションを含め、アプリケーションの迅速な提供を目指す企業に最適です。Enterprise Edition の製品解説はこちらをご覧ください。

 

Advanced Edition:プログラム可能なプロビジョニングのユースケースをサポートします。サービスの提供と継続的な管理を自動化し、IT インフラストラクチャ サービスの迅速な提供を目指す企業を対象としています。Advanced Edition の製品解説はこちらをご覧ください。

 

Standard Edition:運用の自動化のユースケースをサポートします。予測分析機能とスマート アラートによる、アプリケーションのパフォーマンスと可用性の向上を目指す企業に最適です。Standard Edition の製品解説はこちらをご覧ください。

 

vRealize Operations、vRealize Automation、vRealize Log Insight、vRealize Business for Cloud Advanced、vRealize Suite の下位エディションから vRealize Suite へのアップグレードをご用意しています。サードパーティ製品との連携、アダプタ、管理パックを利用することで、vRealize Suite をさらに活用できます。詳細については、Solution Exchange をご覧ください。

 

vRealize Suite は、VMware vCloud Suite および VMware Cloud Foundation でもご利用いただけます。

 

 

vRealize Suite の各エディションの比較

vRealize Suite では、特定の要件やユースケースに対応する 3 つのエディションをご用意しています。

ライセンス 

VMware vRealize Suite のクラウド管理プラットフォームで用意されている 3 つのエディション:
Standard、Advanced、EnterprisePortable License では、複数ベンダーによるプライベート クラウドとパブリック クラウドを共通のライセンスで管理できます。

 

ハイブリッド クラウド向け Portable License

VMware vRealize Suite のクラウド管理プラットフォームのライセンスには、Portable License Unit(PLU)が適用されます。お客様は、オンプレミスの vSphere 環境、サードパーティ製ハイパーバイザー、物理サーバ、サポート対象のパブリック クラウドで実行するワークロードを柔軟に管理できます。ライセンスの切り替えや変換は必要ありません。

 

vRealize Suite は、1 つの PLU ライセンスで、1 個のオンプレミスの vSphere CPU または 1 個の VMware Cloud on AWS の CPU に展開された OSI/仮想マシンを、無制限に管理できます。また、(1)その他のサポート対象のパブリック クラウドに展開された OSI、または(2)サードパーティ製ハイパーバイザーおよび物理サーバに展開された OSI については、15 個までの OSI を 1 つの PLU ライセンスで管理できます。

 

 

Portable License Unit

VMware の Portable License Unit(PLU)を利用すると、さまざまなワークロードを柔軟に管理できます。

リソース