業界トップクラスの柔軟な展開オプションを提供する、将来の変化に対応可能なハイパーコンバージド インフラストラクチャ

vSAN を活用した統合ハイパーコンバージド インフラストラクチャ(HCI)を vSphere と組み合わせることで、コンピュートとストレージを単一の統合プラットフォームで管理できます。将来の変化に対応できる HCI とハイブリッドクラウドの導入を容易化し、ビジネスの俊敏性の向上、運用のスピードアップ、コストの削減を実現する統合ソリューションです。

HCI へのシームレスな進化

既存のツールの使用が可能であり、利用中のハイパーバイザーや主要パブリッククラウドと統合できる、セキュアなハイパーコンバージド ソリューションの採用により、仮想化の範囲をストレージまで拡張できます。

統合アプリケーション管理

VMware Tanzu の統合機能を利用して、仮想マシンとコンテナ ベースのアプリケーションの両方をシームレスに管理できます。

コストの削減

業界標準のサーバ上で最新のストレージ テクノロジーをサポートできるため、高いコスト パフォーマンスを実現します。

柔軟な展開

業界トップクラスの幅広いエコシステム(18 の OEM サーバ ベンダーと、AWS、Azure、Google Cloud、Oracle Cloud、IBM Cloud、Alibaba Cloud をはじめとする主要なパブリッククラウドのネイティブ サービス)で、場所を問わずに HCI を使用できます。

vSAN のメリット

妥協のない拡張性

VMware HCI Mesh を使用すると、アプリケーションのニーズに基づいてコンピュートとストレージを柔軟かつ効率的に拡張できます。

運用の簡素化

最小限のトレーニングで、新しいインフラストラクチャとアプリケーションを容易に展開できます。

Developer-Ready インフラストラクチャ

開発者は大規模なアプリケーションの開発に必要な機能をセルフサービスで入手でき、IT 管理者は仮想マシンとコンテナの管理に必要なガバナンスを確保できます。

関連リソース

vSAN が選択される理由

お客様がデータセンターの運用を簡素化し、設備投資コストを削減するために vSAN を選択されている理由を解説しています。

インフラストラクチャのモダン化に向けた 3 つのステップ

テクノロジーへの投資を活用し、将来の変化に対応可能なインフラストラクチャ環境を構築する方法を解説しています。

HCI に関する Gartner のマジック クアドラント

VMware は、マジック クアドラントで従来に引き続きハイパーコンバージド インフラストラクチャ ソフトウェア分野のリーダーに位置付けられました。

エディションの比較

Standard

ハイブリッド環境に最適です。仮想マシンごとにストレージ ポリシーを設定できます。

Advanced

Standard Edition の機能に加え、オールフラッシュの領域効率化機能を備えています。

Enterprise

Advanced Edition の機能に加えて、ソフトウェアベースの保存データ暗号化とストレッチ クラスタ機能を備えています。

Enterprise Plus

パフォーマンスの最適化、効率的なキャパシティ管理などの高度な管理機能を備えています。

FAQ

vSAN のメリットは次のとおりです。

  • シームレスな拡張:vSAN は vSphere と統合されています。同じツールとスキルを活用して、仮想化の範囲をストレージまで拡張できます。
  • 業界をリードする柔軟性:18 社の OEM サーバ ベンダーが提供する認定ソリューションにより、または主要なパブリッククラウドのネイティブ サービスとして、HCI を実行できます。
  • マルチクラウド機能:エッジからコア、クラウドまでにわたり、一貫性のある運用と本質的なセキュリティによる保護を実現できます。
  • 従来型アプリケーションとモダン アプリケーションの両方を同じプラットフォーム上で実行できます。

vSAN クラスタを構成するには、専用のローカル ストレージ デバイスを備えた 2 台以上の物理ホストと共有ウィットネスが必要です。詳細については、システム/サーバ用 VMware 互換性ガイドおよび vSAN 用 VMware 互換性ガイドを参照してください。

vSAN は VMware vSphere Hypervisor と統合されているため、ほかのソリューションでよくあるように、クラスタ内のすべてのホストにストレージ コントローラ仮想アプライアンスを展開したり、ハイパーバイザー以外のソフトウェアをインストールしたりする必要がありません。vSAN クラスタの構成および管理は vCenter Server のみで行います。

はい。vSphere では、vSAN や vSphere Virtual Volumes に加えて、従来型データストアも使用できます。ほとんどの場合、vSphere Storage vMotion を使用すれば、タイプが異なるこれらのデータストア間で仮想マシンを移行することができます。そのため、ストレージ ソリューションのメンテナンスや利用終了の際に、既存のワークロードを簡単に移行できます。

vSAN への移行に向けて既存の環境を評価するには、無償の HCI Assessment をリクエストしてください。収集したデータを vSAN ReadyNode Sizer に取り込むことで、適切な vSAN ReadyNode サーバ構成の決定に活用できます。

ストレージ キャパシティを増やすには、ノードを追加してクラスタをスケールアウトする方法と、キャパシティを追加して既存のノードをスケールアップする方法があります。クラスタのクイックスタートを使用すると、vSAN クラスタにコンピュートとストレージのキャパシティを簡単に追加できます。

vSAN では 4 種類の導入オプションが提供されており、共同設計によるターンキー システム、Global Partner Appliances、vSAN ReadyNode、クラウド プロバイダーによるサービスとしての提供を利用できます。詳細については vSAN の導入オプション を参照してください。

vSAN を有効化する方法の詳細については、vSAN のドキュメントを参照してください。

vSAN クラスタ の構成手順については、vSAN のドキュメントの手順ごとの説明を記載したガイドを参照してください。

vSAN ReadyNode は、VMware HCI ソフトウェア向けに事前構成され、テストを経て認定を受けた x86 サーバです。ReadyNode はそれぞれ構成が vSAN に最適化されており、必要な CPU、メモリ、ネットワーク、I/O コントローラ、ストレージを搭載しています。詳細情報については vSAN ReadyNode を参照してください。

vSAN 運用の 10 のヒント
  • Technical Documentation
Microsoft SQL Server
  • Technical Documentation
vSAN の LinkedIn
  • Communities
vSpeaking Podcast
  • Communities
VMUG
  • Communities

導入に向けて

将来の変化に対応可能な HCI を備えたハイブリッドクラウドにより、コストと複雑性を軽減できます。ハンズオン ラボによる vSAN の試用と、無償のオンライン HCI Assessment をご利用いただけます。