VMware vSAN は、プライベート クラウドとパブリック クラウド環境に対応する vSphere ネイティブのフラッシュ最適化済みストレージにより、業界をリードするハイパーコンバージド インフラストラクチャ(HCI)ソリューションを強化します。

vSAN は、Software-Defined Data Center の核となる構成要素です。

VMware vSAN の概要

Video Play Icon
(3:39)

vSAN の製品概要

ハイパーコンバージド インフラストラクチャ ソリューションにおいて、vSAN が業界をリードするソフトウェアである理由をご紹介します。

データセンターの次なる革新の推進

30 分間を有効活用

新しい vSAN 6.7 ライトニング ラボは、わずか 30 分で vSAN のエッセンスを体験できます。インストールは不要です。

vSAN のデータシート

セキュアなハイパーコンバージド インフラストラクチャへシームレスに移行できます。

詳細情報

革新的な vSAN の最新機能

最新リリースの主要な新機能をご紹介します。

最新情報を見る

Web キャスト:HCI がハイブリッド クラウドの理想的な構成要素である理由

vSAN を利用したハイパーコンバージド インフラストラクチャを最初に導入することにより、VMware Cloud Foundation の導入と真のハイブリッド クラウド アーキテクチャ実現までの道のりが容易になります。

今すぐ登録する

vSAN を搭載したハイパーコンバージド インフラストラクチャ ソリューションのメリット

フルスタックの HCI へのシンプルな進化

  • ハイパーバイザーや主要なクラウドにネイティブ対応
  • コンピューティング、ストレージ、ネットワークなどにおける既存ツールの使用
  • 既存の投資の保護と最適化

幅広い柔軟性

  • さまざまなベンダーが認定ソリューションを提供
  • 最新テクノロジーの「Day One」サポート
  • ポリシーベースの管理によるリソースの統合

マルチクラウド機能

  • エッジからコア、クラウドまで一貫性のある運用
  • 保存中および転送中のデータの本質的なセキュリティ
  • 数百のパブリック クラウド プロバイダーに対応

vSAN のユースケース

ビジネス クリティカルなアプリケーション

Oracle、Exchange、SAP などのビジネス クリティカルなアプリケーションを、エンタープライズ クラスの信頼性、セキュリティ、パフォーマンスで実行できます。vSAN のオールフラッシュ アーキテクチャは、ノードあたり 150,000 を超える IOPS と 1 ミリ秒未満の遅延を実現しており、VMware のお客様の 60 % 以上が、vSAN を使用してビジネス クリティカルなアプリケーションを実行しています。vSAN および BCA テストの詳細情報については、それぞれのリファレンス アーキテクチャをご覧ください。

仮想デスクトップ インフラストラクチャ

小規模からスタートし、必要に応じてダウンタイムなしで拡張できるため、インフラストラクチャ コストを低減できます。vSAN は従来のストレージ アレイよりも高いパフォーマンスと低い TCO を実現し、データセンター内の統合クラスタ上で仮想マシンを実行することで、エンド ユーザーにデスクトップ サービスを提供します。仮想デスクトップ インフラストラクチャのワークロード テストの詳細情報については、評価結果のホワイトペーパーをご覧ください。

リモート オフィスおよび支社の管理

ローカルの IT スタッフがいなくても、リモート オフィスと支社を管理できます。vSAN では、メイン データセンターから一元管理できる、費用対効果と可用性に優れたシンプルなソリューションを利用できるほか、仮想マシン単位または CPU 単位のライセンスを柔軟に選択することが可能です。リモート オフィス向けの vSAN の詳細情報については、ソリューションの概要をご覧ください。

ディザスタ リカバリ

IT スタッフがほとんどいない、またはまったくいないリモートの災害対策サイトでのデータ保護、インフラストラクチャ コストの削減、ディザスタ リカバリ(DR)の運用と管理の簡素化が可能です。VMware Site Recovery Manager と vSAN、vSphere Replication を併用することで、複数の仮想マシンのリカバリのオーケストレーションと自動化が可能です。vSAN によるディザスタ リカバリの詳細情報については、ソリューションの概要をご覧ください。

スポットライト 

HCI のイノベーションをリード

2018 年の Gartner のマジック クアドラントで、VMware が再びハイパーコンバージド インフラストラクチャのリーダーに選ばれた理由をご確認ください。

VMware vSAN HCI キット

データセンターの次なる革新の推進

VMware の経営幹部が HCI の次なる展開について語ります。

HCI のリーダー

HCI としてもっとも展開されている vSAN

451 Research で、VMware vSAN はHCI 市場をリードする製品と評価されました。

Microsoft SQL Server に対応する vSAN

こちらの新しい ESG ホワイトペーパーで、今日のデータベースの課題の解決に HCI が役立つことをお確かめください。

ホワイトペーパーを読む

お客様が VMware vSAN を選択する理由

インフォグラフィックを見る

VMware vSAN によるデータセンターのコスト削減

インフォグラフィックを見る

お客様事例

17,000 社以上の導入実績を誇る VMware vSAN

Video Play Icon
(1:28)

17,000 社以上の導入実績を誇る VMware vSAN

vSAN を利用した Software-Defined Data Center の構築事例をご紹介します。

業界

vSAN を搭載したハイパーコンバージド インフラストラクチャは、世界中のさまざまな業界で 17,000 社を超えるお客様にご活用いただいています。

各業界における vSAN 活用例をご覧ください。

比較

vSAN の各エディションの仕様を比較して、貴社の VMware ハイパーコンバージド インフラストラクチャ環境に最適なエディションをご確認ください。

  • Standard Edition:ハイブリッド環境に最適なエディションです。仮想マシンごとにストレージ ポリシーを設定してストレージ管理を簡素化、自動化できます。
  • Advanced Edition:Standard Edition の機能に加えて、オールフラッシュの容量効率化機能(重複排除、圧縮、イレイジャー コーディング)により、オールフラッシュを使用する場合に高いコスト効率でパフォーマンスが向上します。
  • Enterprise Edition:Advanced Edition の機能に加えて、ソフトウェアベースの保存データ暗号化とストレッチ クラスタにより、ハードウェアの選択肢が広がり、コストの削減が可能になります。
  • Remote Office Branch Office Edition:vSAN for ROBO は、統合率の低いリモート サイトでの使用に最適です。vSAN のStandard、Advanced、Enterprise の各エディションに応じたパック数(1 パック=25 台の仮想マシン)で販売され、複数のリモート サイトで利用可能ですが、1 サイトにつき最大 25 台の仮想マシンという制限があります。
  • Desktop Edition:vSAN for Desktop は、VDI ユーザー向けのライセンス オプションです。1 つの VDI 環境における同時接続ユーザー(CCU)単位で販売され、10 ライセンスと 100 ライセンスのパックがあります。vSAN for Desktop は、vSAN Advanced のライセンスが付属した Horizon Advanced と Horizon Enterprise のバンドルにも含まれています。
  • HCI Kit エディション:VMware HCI Kit には vSAN と vSphere の両方が含まれており、vSAN を搭載するハイパーコンバージド インフラストラクチャをコスト効率よく、シンプルに導入できます。

vSAN のライセンスとパッケージに関するホワイトペーパーを読む

Standard
Advanced
Enterprise
製品コンポーネント
Standard
Advanced
Enterprise
ライセンス権限
Standard CPU、VDI デスクトップ、ROBO の仮想マシン単位
Advanced CPU、VDI デスクトップ、ROBO の仮想マシン単位
Enterprise CPU、VDI デスクトップ、ROBO の仮想マシン単位
Storage Policy-Based Management
Standard
Advanced
Enterprise
vSAN のスナップショットとクローン
Standard
Advanced
Enterprise
ラックの認識による柔軟な障害対応
Standard
Advanced
Enterprise
レプリケーション(5 分の RPO)
Standard
Advanced
Enterprise
ソフトウェアによるチェックサム
Standard
Advanced
Enterprise
オールフラッシュのサポート
Standard
Advanced
Enterprise
ブロック アクセス(iSCSI)
Standard
Advanced
Enterprise
QoS:IOPS の制限
Standard
Advanced
Enterprise
インライン重複排除と圧縮(オールフラッシュのみ)
Standard
Advanced
Enterprise
イレイジャー コーディング:RAID 5/6(オール フラッシュのみ)
Standard
Advanced
Enterprise
vCenter の vRealize Operations
Standard
Advanced
Enterprise
ローカル環境の障害を保護するストレッチ クラスタ
Standard
Advanced
Enterprise
保存データの暗号化
Standard
Advanced
Enterprise

導入に向けて

vSAN の概要  

まず、vSAN の概要をご紹介するビデオをご覧ください。

ライトニング ハンズオン ラボ  

次に、vSAN の機能を体験できる 30 分のハンズオン ラボをお試しください。

ハンズオン ラボ  

続けて、vSAN のさまざまな機能をご試用ください。

HCI Assessment  

最後に、デジタル トランスフォーメーションに向けた第一歩として、無料の HCI Assessment にご登録ください。

リソース 

vSAN のテクニカル リソースとビジネス リソースを、評価から最適化にいたるあらゆる段階でお役立てください。ストレージと可用性に関するその他の技術文書は StorageHub で参照いただけます