コンテナと仮想マシンの統合管理

コンテナベースのアプリケーション開発をサポートする最新の vSphere インフラストラクチャを使用すると、複雑なモダン アプリケーションの管理が、従来型アプリケーションや仮想マシンと同じくらい簡単になります。vSphere は再設計によってネイティブの Kubernetes が搭載され、vSphere 上で実行されている 7 千万以上のワークロードをモダン化できるようになりました。vSphere with Tanzu を使用すれば、既存のインフラストラクチャ上で、既存のエンタープライズ アプリケーションと並行してコンテナ化されたモダン アプリケーションを同時に実行できます。

AI/Developer-Ready インフラストラクチャの提供

AI や Kubernetes アプリケーションに効率性、拡張性、セキュリティを提供します。AI/機械学習のインフラストラクチャを提供する GPU を組み込むことができます。エンタープライズクラスの Kubernetes クラスタを 1 時間以内に導入できます。

妥協のない拡張性

インフラストラクチャを拡張することで、クラスタあたりのサポート可能なホスト数が最大 50% 増加します。SAP HANA や EPIC など、高いパフォーマンスが求められるアプリケーション、大規模仮想マシン、メモリを大量に必要とするデータベースにも対応できます。

運用の簡素化

ライフサイクル管理の簡素化により、ソフトウェアのアップグレード、パッチ適用、ファームウェア アップデートなどのメンテナンス作業が容易になり、ダウンタイムを削減できます。オンプレミスとオフプレミスの両方を単一のインターフェイスで管理できます。

インフラストラクチャとデータのセキュリティ強化

あとからポイント ソリューションとして付け足すのではなく、最初から組み込まれた本質的なセキュリティによってハイブリッドクラウド インフラストラクチャを保護します。マルウェアおよびランサムウェアによる侵害を阻止します。

関連リソース

Kubernetes ワークロードの実行方法の選択

お客様に最適な VMware のソリューションの検討にお役立てください。vSphere with Tanzu と VMware Cloud Foundation with Tanzu を比較し、それぞれの特長を確認できます。

vSphere 上で実行されるワークロードのモダナイゼーション

Kubernetes ワークロードの活用を開始する最速の方法をご紹介します。

vSphere 7 クイック スタート ガイド

アップグレードを行う 10 の理由と、最新の機能のメリットを説明するガイドです。

エディションの比較

vSphere Standard

vSphere Enterprise Plus

  • リソース管理
  • ライフサイクル管理の簡素化
  • 本質的なセキュリティ
  • アプリケーションのレジリエンスとパフォーマンスの向上

導入に向けて

インフラストラクチャにおけるニーズの進化と複雑化に対応すると同時に、新しいワークロードをサポートできます。vSphere 7 と vSphere with Tanzu の無償評価をぜひお試しください。