VMware vSphere について

vSphere は業界をリードするコンピューティング仮想化プラットフォームであり、アプリケーションのモダン化への第一歩です。ネイティブ Kubernetes を用いて再設計されたため、現在 vSphere 上で実行されている 7,000 万以上のワークロードをモダン化できます。vSphere with Tanzu を使用すれば、既存のエンタープライズ アプリケーションに加え、コンテナ化されたモダン アプリケーションをシンプルな方法で一元的に実行できます。

vSphere with Tanzu の概要

既存のインフラストラクチャ上で Kubernetes ワークロードの活用を開始する最速の方法。

ビデオを視聴する(1:30) 

vSphere 上で実行されるワークロードをモダン化

エンタープライズクラスの Kubernetes を既存のインフラストラクチャに 1 時間以内に統合できます。

eBook を読む 

vSphere のメリット

vmware-vsphere-developer-ready-infrastructure

Developer-Ready インフラストラクチャの提供

新しく導入された vSphere with Tanzu を使用すれば、既存のインフラストラクチャ上にエンタープライズクラスの Kubernetes を 1 時間以内に統合できます。DevOps チームと IT チームを連携させ、クラウド運用を簡素化できます。

vmware-vsphere-scale-without-compromise

妥協のない拡張性

SAP HANA および Epic Cache の運用データベース向けに設計された、業界をリードする大規模仮想マシンを提供します。vSphere インフラストラクチャを拡張し、クラスタあたりのホスト数を 50% 増やすことができます。

vmware-vsphere-simplify-operations

運用の簡素化

GPU を使用した AI/機械学習インフラストラクチャを提供。ソフトウェアのアップグレード、パッチ適用、ファームウェアのアップデートを簡素化するとともに、本質的なセキュリティを使用してハイブリッドクラウド インフラストラクチャを保護します。

スポットライト 

Kubernetes ワークロードの活用を開始する最速の方法

Video Play Icon
4:25

Kubernetes ワークロードの活用を開始する最速の方法

新しい vSphere with Tanzu の詳細と、Developer-Ready インフラストラクチャを迅速に提供する方法について説明します。

Kubernetes ワークロードの大規模な実行に最適な方法

Kubernetes ワークロードの大規模な実行に最適な方法

Kubernetes ワークロード対応のフルスタック インフラストラクチャを展開するもっともシンプルな方法、VMware Cloud Foundation with Tanzu について詳しく説明します。

 

 

vSphere 7 の主な機能とメリット

既存のインフラストラクチャ上でコンテナと仮想マシンの統合管理を可能にする vSphere の最新機能について説明します。

データシートを読む

Kubernetes ワークロードを実行するソリューションの選択

現在の環境に最適な VMware ソリューションは?vSphere with Tanzu と VMware Cloud Foundation with Tanzu を比較し、それぞれの特長を明らかにします。

インフォグラフィックを読む

vSphere Academy で関連情報を確認

vSphere 管理者向けのセッション ビデオやデモを集めた VMware の情報サイトです。新機能や近日リリース予定の機能を VMware のエキスパートがご紹介します。

vSphere Academy にアクセス

Kubernetes の運用を簡素化

エンタープライズクラスのアプローチとマルチクラウド運用モデルを使用し、もっともシンプルな Kubernetes 実装を提供する方法をご確認ください。

VMware Tanzu の詳細

ソリューション 

人工知能(AI)と機械学習(ML)

AI/ML アプリケーション向けの、GPU などハードウェア アクセラレーターのクラウド プールを使用する柔軟なインフラストラクチャを活用できます。

ビッグデータと最新のデータ アプリケーション

ビッグデータのインフラストラクチャ管理を簡素化すると同時に、費用対効果を高めることができます。費用対効果に優れた、一貫性のあるフェイルオーバー保護により、ダウンタイムを最小限に抑えます。高度な意思決定に必要なデータセンター リソースの構成、優先順位付け、共有を容易に行えます。

リモート オフィスと支社(ROBO)

現地に IT スタッフがいなくても、リモート オフィスや支社を管理できます。複数のリモート拠点を対象に、サーバを迅速にプロビジョニングし、ホスト構成の不一致を最小限に抑え、コンプライアンスの準拠状況を確認できます。

ハイパフォーマンス コンピューティング(HPC)

オンデマンドのインフラストラクチャ、一元的な管理、機密データのガバナンスと制御により、有用なインサイトを迅速に活用できます。vSphere Scale-Out Edition は、ハイパフォーマンス コンピューティングのワークロード向けに設計されています。

お客様事例

Cubic Mission Solutions(IT、米国):時間や場所を選ばないセキュアなソリューションの構築

「vSphere と vSAN を組み合わせることで、停止しない安定したシステムを実現できます。当社には欠かせない条件です」

- Cubic、Director of Software Architecture、Tom Lynott 氏

お客様事例を読む 

Angel MedFlight(医療、米国):「決して止めることのできない」インフラストラクチャ

「VMware のソリューションでなければ、世界各地を飛び回り、4 万フィートの上空で救命活動を行うために必要な連続稼動時間と信頼性を確保できなかったでしょう」

- Angel MedFlight、CIO、Paul Green 氏

ビデオを視聴する(2:37) 

フローニンゲン大学:データセンターのリソースの最大化

「当校にとって IT 効率は極めて重要です。vSphere ではリソースを最大限に活用できます」

- フローニンゲン大学、Virtualization Specialist、Gemma van der Voorst 氏

ビデオを視聴する(2:43) 

vSphere のエディションの比較

お客様の仮想インフラストラクチャとクラウド プラットフォームに適したエディションを選択することができます。

  • Standard:サーバ統合、事業継続性
  • Enterprise Plus:リソース管理、簡素化されたライフサイクル管理、本質的なセキュリティ、耐障害性、高度なアプリケーション対応のパフォーマンス

vSphere のエディションと機能比較

 

リモート オフィス/支社(ROBO)で可用性に優れた IT インフラストラクチャを実現するためのオプションが用意されています。

  • ROBO Standard:事業継続性、バックアップ機能
  • ROBO Advanced:ホスト構成の標準化
  • ROBO Enterprise:暗号化によるデータ セキュリティ

vSphere ROBO のエディションと機能比較

 

その他のリソース:

vSphere Standard
vSphere Enterprise Plus
概要
vSphere Standard サーバ統合と事業継続性
vSphere Enterprise Plus リソース管理、アプリケーションの可用性向上、パフォーマンスの向上
ライセンス権限
vSphere Standard CPU 単位
vSphere Enterprise Plus CPU 単位
vCenter Server Standard(別売)
vSphere Standard
vSphere Enterprise Plus