データの保護と統合

 

サーバの仮想化によって、データセンターのハードウェアを統合し、ビジネス継続性を実現できます。既存のハードウェアの有効活用により設備投資コストを削減できるほか、インフラストラクチャの管理を簡素化し、運用効率を高めて、大規模なインフラストラクチャをより適切に管理できます。また、ダウンタイムを削減または排除することでビジネス継続性を確保し、オンプレミス環境を vSphere ベースのパブリック クラウドに拡張してシームレスなハイブリッド クラウド環境を実現できます。

(2:30)

データセンターの統合とビジネス継続性

サーバ仮想化

仮想化は、複数のオペレーティング システムとアプリケーションを 1 台のサーバ上で同時に実行できる、幅広く市場で活用されているソフトウェア テクノロジーです。IT の俊敏性、柔軟性、スケーラビリティを向上させると同時に、コストを大幅に削減できるほか、ワークロードの迅速な展開、パフォーマンスと可用性の向上、運用の自動化を実現できることから、IT の管理が容易になり、所有や運用にかかる負担も軽減されます。

 

 

(1:03)

ユニバーサル アプリケーション プラットフォームであらゆるアプリケーションを場所を問わず実行

(5:50)

仮想化に向けた vSphere Hypervisor の導入

仮想マシン対応のストレージ

Virtual Volumes は外部ストレージを対象とした統合および管理フレームワークで、仮想マシン レベルでの詳細な制御と、ストレージ運用の効率化が可能です。また、VMware の Software-Defined Storage(SDS)のビジョンの中核を成し、物理インフラストラクチャではなく仮想マシン中心の運用モデルを実現します。

 

 

 

(2:27)

Virtual Volumes の概要

Virtual Volumes とパートナー ソリューションとの連携をご紹介します。

API およびポリシー ベースのストレージ機能

vSphere では、VMware vSphere API for Storage Awareness(VASA)を使用して、この機能をサポートしているアレイのストレージ構成の確認や、ストレージ プロパティの設定が可能です。VASA は、vSphere ストレージ用の単一の統合制御プレーンとして、vSphere Virtual Volumes、vSAN、vSphere APIs for IO Filtering(VAIO)で使用されます。VASA を使用することで、特定のディスク アレイに関する情報がストレージ ベンダーから vSphere に提供されるため、ストレージと仮想インフラストラクチャとの連携がいっそう緊密になります。Software-Defined Storage では、Storage Policy-Based Management(SPBM)によって、アプリケーションのキャパシティ、パフォーマンス、可用性などのストレージ要件を、仮想マシン ストレージ ポリシーと呼ばれる論理テンプレートとして取得できます。従来の LUN ベースのストレージで実行されている VMFS および NFS データストアに対して、SPBM では、ストレージ リソースや機能の事前割り当てに基づいて、プロファイル ベースで管理できます。

Software-Defined Storage によるポリシー ベースの自動化

ワークロードのライブ マイグレーション

vSphere vMotion を利用することで、ダウンタイムを発生させずに、実行中の仮想マシン全体を物理サーバ間で移動できます。仮想マシンはネットワーク ID と接続状態を保持しながら、シームレスに移行することが可能です。仮想マシンのアクティブなメモリと正確な稼動状態は高速ネットワーク経由で転送されるため、移行元の vSphere ホストで実行中の仮想マシンを、移行先の vSphere ホスト上で即座に実行できます。このプロセスにかかる時間は、ギガビット イーサネット ネットワークで 2 秒未満で、この機能は、仮想スイッチ間、vCenter Server 間、長距離間でも実行できます。

vSphere のライブ マイグレーション機能

仮想マシンとデータの保護

vSphere は、ポリシーに基づいて管理される包括的な End-to-End のセキュリティ アーキテクチャを提供し、TPM 2.0 ハードウェア モジュールと仮想 TPM をサポートして、インフラストラクチャを保護します。仮想マシンの暗号化によって、仮想マシンのセキュリティ状態が向上するだけでなく、保存データをマウスのクリック操作で簡単に保護でき、移動中のデータの保護は、暗号化された vMotion 機能を使用して複数の vCenter インスタンスやバージョンの間で実行されます。vSphere では、データをハイブリッド クラウド環境(オンプレミスとパブリック クラウドの間)で移動する場合も、地理的に分散したデータセンター間で移動する場合も、データセンターをセキュアかつ簡単に移行できます。

システムの連続稼動時間の維持

vSphere High Availability(HA)は、仮想 IT 環境内のハードウェアやオペレーティング システムの障害に対し、費用対効果に優れた統合的なフェイルオーバー機能でダウンタイムを最小限に抑えます。ホストと仮想マシンを監視して、障害が検出されると、クラスタ内の別のホスト上で仮想マシンを自動的に再起動し、アプリケーションやゲスト OS の修正なしで、すべてのアプリケーションを一貫した方法で自動的に保護します。

(1:23)

ミッション クリティカルなアプリケーションのダウンタイムを排除

Video Play Icon

デモ:アプリケーションの稼動時間の向上

計画外の停止が発生した際の、VMware vSphere を使用したダウンタイムの低減、迅速なリカバリをデモで解説します。

データセンターのリソースの共有

仮想マシン テンプレート、vApp、ISO イメージ、スクリプトを 1 か所で管理できます。個別に構成と管理が可能なライブラリに、コンテンツを構成でき、ライブラリが作成されると、vCenter Server の境界をまたいでコンテンツを共有し、データセンター全体で一貫性を確保できます。仮想マシン テンプレートをホストやクラスタに直接配置できるため、一貫性のあるプロビジョニングが可能です。

vSphere Content Library

vSphere Content Library を利用することで、仮想マシン テンプレート、vApp、ISO イメージ、スクリプトを管理できます。

効率性の向上と管理の簡素化

Single Reboot と vSphere Quick Boot で、ESXi のパッチ適用とアップグレードに要する時間が大幅に短縮されます。Single Reboot は、バージョンのメジャー アップグレードを実施するときに、必要となるホストの再起動回数を 1 回に減らすことで、再起動に要する時間を大幅に短縮します。vSphere Quick Boot では、ハードウェアの初期化手順を省略できるため、残りの再起動時間が大幅に短縮されます。