Fault Tolerance について

VMware vSphere Fault Tolerance(FT)は、プライマリ仮想マシンをミラーリングする仮想マシンのライブ シャドウ インスタンスを作成することで、アプリケーションの継続的な可用性を提供します(最大 4 個の仮想 CPU をサポート)。ハードウェア障害が発生した場合、vSphere FT はフェイルオーバーを自動的に行い、ダウンタイムとデータ損失を防ぎます。

フェイルオーバー後、vSphere FT は新規のセカンダリ仮想マシンを自動的に作成して、アプリケーションを継続的に保護します。

オペレーティング システムや基盤となるハードウェアに依存しない、アプリケーションの保護

vSphere Fault Tolerance は、従来の高可用性製品では保護できない自社開発のアプリケーションやカスタム アプリケーションを含む、最大 4 個の仮想 CPU を搭載したあらゆる仮想マシンを保護します。主な機能は次のとおりです。

  • ファイバー チャネル、Internet Small Computer Systems Interface(iSCSI)、Fibre Channel over Ethernet(FCoE)、ネットワーク接続型ストレージ(NAS)など、すべてのタイプの共有ストレージに対応
  • vSphere でサポートされているすべてのオペレーティング システムに対応
  • 既存の VMware vSphere Distributed Resource Scheduler および VMware vSphere High Availability(HA)クラスタとの連携により、高度なロードバランシングと仮想マシンの最適な初期配置を実現
  • バージョン管理メカニズムにより、パッチ レベルが異なる場合でも互換性のある vSphere FT 互換ホスト上であれば、プライマリ仮想マシンとセカンダリ仮想マシンを実行可能

シンプルなセットアップと開始/停止

vSphere FT では、既存の vSphere HA クラスタを活用することにより、1 つのクラスタ内の任意の数の仮想マシンを保護できます。管理者は vSphere Web Client からポイント アンド クリック操作で、特定の仮想マシンの vSphere FT を開始または停止できます。期末処理など、特定の期間に継続的な保護が必要となるアプリケーションに、vSphere FT を使用できます。