概要

VMware vSphere

VMware vSphere HA(High Availability)

VMware vSphere High Availability は、オペレーティング システムおよびその上で実行しているアプリケーションに依存せずに、仮想マシン上で実行しているアプリケーションに必要な可用性を提供します。High Availability は、仮想 IT 環境内のハードウェアやオペレーティング システムの障害に対して、費用対効果に優れた統合的なフェイルオーバー保護を提供します。High Availability により、次のことが可能になります。

 

  • VMware vSphere ホストと仮想マシンを監視し、ハードウェアとゲスト OS の障害を検出
  • サーバ障害を検出すると、マニュアル作業なしで、クラスタ内の他の vSphere ホスト上で仮想マシンを再起動
  • オペレーティング システムの障害を検出すると、仮想マシンを自動的に再起動し、アプリケーションのダウンタイムを回避

メリット

インフラストラクチャ全体の保護機能の強化および拡張

オペレーティング システムやアプリケーションに関連付けられている可用性ソリューションは、セットアップと構成が複雑です。これに対し、High Availability の機能を利用すると、vSphere Client インターフェイスからマウスを 1 回クリックするだけで構成できます。High Availability は構成がシンプルで、リソース要件は最小であり、使用することで次のことが可能になります。

 

  • アプリケーションやゲスト OS の変更なしで、すべてのアプリケーションを一貫した方法で自動的に保護
  • IT インフラストラクチャ全体において一貫した 「最前線での防御」 の確立
  • フェイルオーバー オプションがないアプリケーションや、従来は保護の対象ではなかったアプリケーションも保護

スケーラビリティ

High Availability は、仮想マシンとその仮想マシンを実行するホストを監視することで、可用性に優れた環境の基盤を提供します。High Availability は、スケーラビリティ、信頼性、および操作性に優れた実績のあるソリューションです。

 

  • マスターとスレーブのノード関係:プライマリ ノードとセカンダリ ノードのモデルを置き換えます。この新しいクラスタ内のノード間の関係モデルでは、単一のプライマリ ノードによって可用性に関するアクションが調整され、すべてのアクティビティと状態が VMware vCenter Server に通知されます。これにより、可用性の高い環境を設計するために必要な計画策定の多くが不要となります。管理者は、ホストがプライマリ ノードであるかセカンダリ ノードであるか、またホストがどこにあるかを気にする必要はありません。これは、ブレード シャーシや、ストレッチ クラスタ環境に High Availability を展開する場合には特に重要です。
  • IPv6 ネットワークのサポート:大規模な「アドレス」空間が必要な IT 部門は、既存のネットワーク インフラストラクチャを全面的に活用できます。
  • シンプルな展開メカニズム:vSphere High Availability のエージェントの展開や機能の構成などのルーチン タスクを迅速かつ容易に完了できます。

信頼性

障害発生時、高可用性ソリューションが機能するかどうかが不確かであるとしたら、非常に不安です。VMware はお客様からのフィードバックに基づいて、安心して使用できるように High Availability に次の機能を追加しました。

 

  • 外部コンポーネントへの依存の解消:High Availability は DNS 解決に依存しません。このため、外部コンポーネントの停止によって High Availability の運用が中断する可能性が低減されます。
  • 複数の通信パス:クラスタ内の High Availability のノードは、管理ネットワークだけでなく、ストレージ サブシステム経由でも通信できます。複数の通信パスによって冗長性が強化されたため、vSphere ホストとその仮想マシンの健全性をより正確に評価できます。
  • 仮想マシン間の非アフィニティ ルール:High Availability は VMware vSphere Distributed Resource Scheduler で定義される仮想マシン間の非アフィニティ ルールに準拠しているため、フェイルオーバー後の VMware vSphere vMotion による移行が不要です。

使いやすさ

High Availability のインターフェイスでは、クラスタ内の各ノードの役割と状態をすばやく確認できます。エラー状態のメッセージもわかりやすく、容易に対処できます。High Availability で万が一問題が発生した場合でも、1 つのログファイルで問題を確認できるため、解決までの時間を短縮できます。