運用管理の効率化

 

vSphere with Operations Management を使用することで、データセンターのインテリジェントな運用管理と自動化が実現します。健全性とパフォーマンスの監視および管理、キャパシティの計画と最適化、アプリケーションのパフォーマンス向上のためのワークロードのインテリジェントな配置と再調整、予測分析によるスマート アラートの生成、セキュリティの強化によるコンプライアンス確保が可能です。

(3:06)

vSphere のユースケース:インテリジェントな運用管理と自動化

健全性監視とパフォーマンス管理

健全性の低下、パフォーマンスのボトルネック、およびキャパシティ不足に関するスマート アラートを通知します。健全性およびパフォーマンス低下の原因を視覚的に追跡し、インフラストラクチャ内およびゲスト OS レベルで行われた特定の構成変更との関連を明らかにします。お客様のインフラストラクチャ環境全体を詳細に表示できるため、パフォーマンスの異常、障害、リソース制約、およびボトルネックの迅速な特定と分析が可能です。統合管理機能によって、コンピューティング、メモリ、およびストレージ リソースの展開を簡素化し、プロアクティブに管理します。

(0:59)

健全性およびパフォーマンスの強力な管理機能の活用

問題の解説、修正ガイダンス、自動アクションを提供するスマート アラート

インテリジェントな運用管理のための直感的なダッシュボード

キャパシティのプランニングと最適化

パフォーマンスのトレンド、予測、長期予測によって、将来のニーズに備えたインテリジェントなキャパシティ プランニングが可能です。オーバープロビジョニング状態の仮想マシンを一覧で確認して、適切にサイジングを行い、未使用のリソースを回収して再利用し、統合率を高めます。

(1:00)

キャパシティの最適化およびプランニングの強力な機能を利用して、少ないコストで多くを実現

残り時間のダッシュボードによるキャパシティ プランニングとリスクの回避

(4:20)

キャパシティ プランニングの基礎

インテリジェントなワークロードの配置と再調整

データセンター、クラスタ、およびホストのワークロードの利用状況を確認できます。再調整処理では、1 回のクリックでデータセンターのワークロードを調整し、競合を解決してパフォーマンスを向上させることができます。VMware Distributed Resource Scheduler(DRS)との緊密な連携により、ワークロードのパフォーマンスを維持しながら、クラスタ間で分散させることも可能です。vRealize Operations はクラスタ間の配置を実行するタイミングを判断し、DRS はクラスタ内の最適な配置先を判断します。DRS のアフィニティ/非アフィニティのルールおよび制約をすべて遵守しており、FT、HA、SRM など、DRS のエンタープライズ クラス対応の機能も活用できます。

(1:10)

ワークロードのインテリジェントな配置と再調整によるリソース競合の削減

(4:07)

vRealize Operations によるワークロードのインテリジェントな配置

vRealize Operations のインテリジェントなワークロードの配置機能を利用して、リソースの競合を解決してクラスタ間でワークロードを分散させる方法を解説します。

予測に基づくロード バランシング

Predictive DRS による予測に基づくロード バランシングは、vSphere with Operations Management の自己学習機能と予測分析機能を生かした革新的な技術です。環境の動作を学習し、使用パターンに基づいて今後の需要やスパイクを予測してワークロードを事前に再調整するため、リソースの競合を未然に防ぎます。この機能により、アプリケーションのパフォーマンスを維持してすべてのワークロードに必要なリソースを割り当てられるようになり、遅延の影響を受けやすいアプリケーションや、定期的に需要が急増するアプリケーションなど、さまざまなシナリオに対応できる非常に便利な機能です。

(1:24)

予測に基づくロード バランシングによるパフォーマンスの確保

自己学習型の予測分析

自己学習型アルゴリズムと予測分析を監視データと関連付けることで、根底にあるパフォーマンスの問題を通知するインテリジェントなアラート機能が実現します。これにより、推奨される修正方法を明確に示し、問題を迅速に解決することができます。vSphere には 600 を超えるパフォーマンス指標があり、包括的な視認性によって、運用中の健全性やリスクを管理できます。お客様の環境に合わせてしきい値が動的に調整されるため、アラートの誤作動が大幅に減少します。

(5:18)

コンセプト ビデオ:アラートと症状分析

自己学習型の予測分析機能から得た情報の活用と自動修正

セキュリティの強化によるコンプライアンス確保

仮想および物理インフラストラクチャ全体にわたり、vSphere のセキュリティ強化によってコンプライアンスを維持します。テンプレートでは、数百ものセキュリティ強化条件と比較してユーザー環境の状態を確認できるため、コンプライアンス違反を速やかに特定し、修正できます。また、コンプライアンスを確認するジョブをスケジュール設定して必要な頻度で自動実行し、変更を早期に特定して自動的に修正することができるほか、環境内のさまざまなレベルのパフォーマンス低下と、変更イベントとの関連付けを行うことも可能です。

(1:45)

シンプルに運用できる包括的な組み込み型セキュリティ

(5:32)

vSphere のセキュリティ強化:VMware vRealize Operations 6

コンプライアンス機能では、ホスト、仮想マシン、およびオペレーティング システムが、業界のベスト プラクティスを使用し、また法規制に従ってセキュアに実行されていることを確認できます。